彗星のような月のナトリウム尾
 地球をかすめて飛び去っていく彗星かと思いきや、ゴージャスな尾を長くたなびかせているのはお月さまだ。

 『JGR Planets』(1月28日付)に掲載された研究によると、まるで彗星のようなオレンジ色の尾は、月面に隕石が衝突して舞い上がったナトリウム原子が、太陽放射によって何十万キロも吹き流されたものなのだそうだ。
スポンサードリンク

新月にたなびく月のナトリウム尾

 月の尾、すなわちナトリウム尾が最初に発見されたのは1990年代のことだ。

 毎月数日ほど、月は地球と太陽の間を通過する。地球から見える面は影になって、月の姿は完全に見えなくなる。新月だ。月の尾が出現するのはこのときだ。

 残念なことに肉眼で見ることはできない。人間の目が検出できる光の50分の1の明るさしかないからだ。しかし高性能な望遠鏡を覗けば、かすかに輝くオレンジ色の光を目にすることができる。

 それは太陽の反対側の空をおおう霞のようで、大きさは満月の直径の5倍にも広がる。
新月に現れる月の尻尾、ナトリウム尾
credit:James O'Donoghue

明るさが大きく変化する月の尾

 月の尾は、その満ち欠けのサイクルの決まったタイミングで出現する。それなのに、なぜだか明るさが大きく変化する。

 アメリカ・ボストン大学の研究グループはその謎を解くために、2006年から19年にかけて全天カメラで月の画像を21000枚撮影した。

 そこからはいくつか予想通りのことが確認されたという。たとえば、ナトリウム尾は月の軌道が地球に近寄るほどに明るくなる。

 だが意外な事実も判明した。それは地球のそばにある「散在流星」(周期的に訪れる流星群に属さない流星)が多いときほど明るくなるということだ。

 毎年11月に訪れるしし座流星群のように、定期的に出現する流星群もあるが、それよりも散在流星の方が明るさと密接な関係にあるらしかった。

 それはいったいなぜなのか?可能性としては、散在流星の方が周期的な流星よりも高速で大きいことが考えられるという。

 月に隕石が衝突すると、ナトリウムが大量に舞い上がる。すると今度は、月上空を漂うナトリウム原子に太陽から放たれた光子が衝突して、地球の方向へ吹き飛ばす。これが月の尾の正体だ。

 だから大きな衝突エネルギーを発生させると考えられる散在流星の方が、より豪華な月の尾を出現させるらしい。

 次の新月の晩は、金色のマフラーをした月の姿を想像してみよう。暗い新月の夜空が普段よりも華やかなものに思えてくるだろう。
The Moon Has A Tail Made Of Sodium
References:agupubs. / space/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
地球の生命は月に守られていた?かつて月には強力な磁場があった(NASA)

月面ウォーター:月の日の当たる場所にも水が存在するという決定的証拠を史上初めて確認(NASA)

1110年、ヨーロッパで月が完全消失。暗黒の皆既月食の原因は日本の火山噴火だった可能性(スイス研究)

月の満ち欠けは、知らず知らずのうちに人間の睡眠に影響を及ぼしている(米研究)

地球滅亡に備えて、月に数百万種の精子や卵子のサンプルを保存する「ルナアーク」計画が提唱される(米研究)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7944 points
「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

2021年4月26日
2位
5078 points
猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

2021年4月29日
3位
5033 points
ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

2021年5月3日
4位
4835 points
母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

2021年5月1日
2684516546
5位
3989 points
小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

2021年4月29日
2663702318
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年03月18日 20:53
  • ID:zhLuE0CK0 #

次の新月がたのしみだね!

2

2. 匿名処理班

  • 2021年03月18日 21:07
  • ID:HdwI.9Sd0 #

Naだから黄色かトンネルの奴ね。
(若い子は知らないだろうが、昔はトンネルにNa灯というのが点いてて黄色い照明だった)
隕石で舞い上がった微粒子が月の周りに纏わりついてて、太陽風で流されるときエネルギーを貰い黄色く光るんだね。

3

3. 匿名処理班

  • 2021年03月18日 21:12
  • ID:bSODsLLi0 #

このしっぽのせいで酸素が無くなって地球が滅ぶんでしたっけ

4

4. 匿名処理班

  • 2021年03月18日 22:59
  • ID:dS.YBYFD0 #

>>3
タイヤのチューブを買っておけばOK

5

5. 匿名処理班

  • 2021年03月19日 07:23
  • ID:.zDg.OOl0 #

※4
ハレー彗星が来た時のデマだっけ? 前々回は100年以上前のことだけど、そのミームがまだ残っているってのも凄い話だ。

6

6. 匿名処理班

  • 2021年03月19日 11:23
  • ID:wACh37Hr0 #

※5
まあ今でも電波やウイルスとかのデマを信じている人がいるし、変わっていないと言うべきか…

7

7. 匿名処理班

  • 2021年03月19日 13:03
  • ID:lc2z9HF30 #

月の尾か。
ロマンチックな話だな。

8

8. 匿名処理班

  • 2021年03月19日 13:28
  • ID:SmYhB7Q70 #

※5
アラフィフだけど子供向けの教育漫画で読んだ記憶がある。ひみつシリーズだったかな?

9

9. 匿名処理班

  • 2021年03月19日 16:40
  • ID:gTMaOIzr0 #

人間よりも光の感知能力が高い生物には見えているのかな?

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク