世界最古の動物壁画
世界最古の動物壁画 image by:Griffith University

 インドネシア中部にあるスラウェシ島には、体重40-85kgのスラウェシ・ヒゲイノシシ(Sus celebensis)というイノシシの仲間が暮らしている。大昔の人間にとって大切な存在であったらしく、古い洞窟からは人類の祖先がその姿を描いた壁画が発見されている。

 『Science Advances』(1月13日付)に掲載された研究によると、そうした壁画の中には4万5500年以上前のものがあることが判明したそうだ。動物を描いたものとして、そして何かを具体的に描いた具象画としておそらく世界最古であるとのことだ。
スポンサードリンク

様々な壁画が発見されているスラウェシ島の洞窟


 1950年代より、スラウェシ島の洞窟では数多くの壁画が発見されてきた。最近まで、こうした壁画は4000年前に中国南部からやってきた新石器時代の農耕民の手によるものだと考えられてきた。

 しかしオーストラリア、ウーロンゴン大学などの研究グループがここ最近行った年代分析の結果によるならば、どうやらそれは正しくないようだ。

 たとえば2014年に報告された、人間の手を描いた壁画の表面に形成された鉱物の分析結果は、それが4万年以上前のものであることを明らかにしている。


Cave art in the tropics 2014年に報告された手形の壁画

 さらに2019年、半人半獣の人物がスラウェシ・ヒゲイノシシやアノア(スイギュウの仲間)を狩る様子を描いた壁画の年代が特定された。

 分析が示した年代は4万4900年以上前で、超自然的な存在を描いた世界最古の絵画である可能性があるという。


半人半獣が動物を狩る壁画 Earliest hunting scene in prehistoric art


世界最古の動物の壁画、4万5500年前の3頭のイノシシ


 この研究グループからの最新の発表は、南スラウェシ島の州都マカッサルにほど近い渓谷で2017年から行われている調査の結果だ。

 地元の人たちすら知らなかった壁画が発見されたのは、その谷にある石灰岩でできた「Leang Tedongnge洞窟」においてだ。赤い鉱物の色素で、何らかのやりとりをしているらしきスラウェシ・ヒゲイノシシが少なくとも3頭描かれていたという。


Oldest Cave Art Found in Sulawesi

 壁画の表面に堆積していたカルサイト(方解石)をウラン・トリウム法で分析したところ、4万5500年前までさかのぼれたとのこと。

 つまり、壁画は少なくともそれと同じくらいは古いということになり、世界最古の動物の壁画である可能性が高いという。

 研究グループによれば、これは何かの一場面を描いたものであるらしい。このようなやり方は今日の絵画では物語を伝える主要な方法だが、初期の壁画としては非常に珍しいとのことだ。

5_e1
image by:Griffith University

人類はいつアートを発明したのか?


 この発見は、私たち人類がいつ、どこで壁画を描き始めたのかを知るヒントになるという意味で、スラウェシ島近辺の世界的な重要性を示しているという。

 スラウェシ島は、アジア本土とオーストラリア大陸とに挟まれた「ワラセア」という生物地理学的な領域に属している。

 現代人の祖先は6万5000年以上前に舟でワラセアを横断し、オーストラリアに到達したと考えられているが、この地域の調査はあまり進んでいない。

 今回発見された壁画は祖先が海を渡ろうとしていた時代よりもずっと新しい。このことを考えると、スラウェシ島をはじめとする地域では、今後もっと古い壁画が発見されるだろうと期待できるそうだ。

References:We found the oldest known cave painting of animals in a secret Indonesian valley/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
氷河期の絶滅した巨大動物たちが描かれた壮大なる壁画がアマゾンで発見される(コロンビア)


古代の宇宙人を描いたものなのか?洞窟に残された謎の生命体が記された5つの壁画


1万年前に描かれた洞窟の壁画は宇宙人なのか?NASAに調査を依頼(インド)


壁面を覆いつくすような色あざやかな壁画が!4000年以上前の古代エジプトの高官の墓が発見される


いったいなぜ?全古代文明の遺物に頻繁に現れる「ミステリーバッグ(謎のカバン)」の秘密

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
48572 points
火事で燃える家の中に飛び込み子猫を救出した犬(ウクライナ)

火事で燃える家の中に飛び込み子猫を救出した犬(ウクライナ)

2021年2月20日
2位
7442 points
助けてくれた恩は一生忘れない。男性の傍に寄り添い続けて37年。深い愛情を示す白鳥の物語

助けてくれた恩は一生忘れない。男性の傍に寄り添い続けて37年。深い愛情を示す白鳥の物語

2021年2月18日
6886691360
3位
3992 points
台湾の国家機関による擬人化された疫病キャラクターが魅惑の悪役すぎると話題に

台湾の国家機関による擬人化された疫病キャラクターが魅惑の悪役すぎると話題に

2021年2月21日
4位
3790 points
80年代ポップスとヘヴィメタルに血圧低下とストレス軽減効果があることが判明(トルコ研究)

80年代ポップスとヘヴィメタルに血圧低下とストレス軽減効果があることが判明(トルコ研究)

2021年2月19日
5位
2625 points
亡き叔父の遺骨をギターに変えた男性(アメリカ)

亡き叔父の遺骨をギターに変えた男性(アメリカ)

2021年2月15日
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年01月20日 23:08
  • ID:w.bICj6u0 #

一瞬謎の世界地図かと思って当時から世界地図あったのか!?ってビックリした

2

2. 匿名処理班

  • 2021年01月20日 23:40
  • ID:.WjTcVlu0 #

ワイより上手くて草

3

3. 匿名処理班

  • 2021年01月21日 01:10
  • ID:1EjPTIG30 #

ギャートルズだ♪

4

4. 匿名処理班

  • 2021年01月21日 01:44
  • ID:lE8w.o.f0 #

左上の広げた手の浮き出し。
南米にもオーストラリアにもみられる、古代世界共通の何かのサイン。
一体何を伝えたいのか。

当時の人がこのサインに込めた気持ちを無性に知りたくなります。

5

5. 匿名処理班

  • 2021年01月21日 11:54
  • ID:sFn0aL..0 #

牛じゃないの?
イノシシ?

6

6. 匿名処理班

  • 2021年01月21日 18:47
  • ID:lgKvqV700 #

愛犬を書いたのに…

7

7. 匿名処理班

  • 2021年01月21日 21:22
  • ID:P5q9oir30 #

紙と鉛筆があれば誰でも絵を描けるが壁に絵を描くのは簡単ではないから地面のような柔らかいところに描こうと思わないのかな?と不思議。

8

8. 匿名処理班

  • 2021年01月22日 10:25
  • ID:sKC6HQq.0 #

現代人「キャラ描けば出る」
古代人「動物描けば獲れる」

こういうことだな

9

9. 匿名処理班

  • 2021年01月22日 11:17
  • ID:UyPXsnHA0 #

>>7
地面に描かれたものはナスカの地上絵以外ほぼ消えてしまった
この壁画が描かれる前にも地面にお絵かきしてる人が沢山いたと思う

10

10. 匿名処理班

  • 2021年01月22日 14:14
  • ID:z6N4jbZ80 #

鳥に見えた自分は異端なのか

11

11. 匿名処理班

  • 2021年01月23日 11:26
  • ID:XHsyKhxZ0 #

※4
見てて思うんだけど
これは子供の成長の記録ぽいよね
描いたというより明らかに手形、日本でもそういう習慣はあるよね

それを踏まえると、イノシシの絵も芸術として描いたのではなく
武勇伝を説明するのに使う参考資料と考えるといいと思う
それはもう何度も何度も同じ自慢話を聞かされるんだよw 
「この傷跡はよう・・・」ってヤツなんだよ
それを繰り返しすぎて盛りすぎると動物がライカンスロープにいつのまにかなっちゃうという

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク