トヨタが天井から吊り下げるロボットを開発
トヨタが天井から吊り下げるロボットを開発 image by:TRI

 日本は高齢化社会と言われているが、これは日本に限ったことではなく、65歳以上の年齢層は世界中で急激に増加しており、いずれは社会に大きな影響をもたらすと予測されている。

 その影響の1つが介護の問題だ。歳を取れば体が弱って、普通に生活するのも難しくなってくる。だが、高齢者ばかりの社会では、介護する若い人手が足りない。

 そこで考えられているのが家庭用ロボットの普及である。ロボットが人間に代わって介護をする未来がいつかやってくるだろう。

 来るべき未来に備え、トヨタ自動車の先端研究所が発表したコンセプトは、床の代わりに、天井をところ狭しと動き回るロボットだ。日本によくある狭くて物の多い家に配慮したものである。
スポンサードリンク

日本の狭い家でロボットと暮らすには?


 トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)の研究者が、ロボットを天井からぶら下げたのは、きちんとした合理的な理由がある。

 日本の一般家庭は狭い。しかも床にはさまざまな物が置かれているのが当たり前だ。そうした狭いスペースを人間サイズのロボットが動き回るには、なにかと不都合が生じる。そもそも大きなロボットを置くスペースだってないかもしれない。

 ならば、物を置くことができない開けた天井を移動させるようにすれば、そうした問題は一気に解決するだろう。

3_e1
image by:TRI

重たいロボットを天井に住まわせるには?


 だが、重たいロボットを天井に住まわせるのは、言うほど簡単なことではない。

 TRIはこの難題を、天井の壁側にアルミ製のフレームを配置し、それに沿ってスライドする梁を水平に渡らせることでクリアしている。

 ロボットは梁に取り付けられており、ここを左右に移動。さらに梁自体のスライド移動と組み合わせることで、天井全体を移動することができる。

 こうしたシステムを「ガントリーロボット」や「直行ロボット」という。産業用ロボットとしては存在するが、家庭用ロボットとしてはかなり斬新なスタイルだ。

 「未来にロボットを備え付ける家を設計するとしたら?」という問いから閃いたと、360度を見渡せるバーチャル・オープン・ハウス動画の中でTRIのダン・ヘルミック氏は語っている。


TRI Robotics Virtual Open House 360o

ソフト・バブル・グリッパーやVRを通じた教育


 天井からぶら下がるコウモリのような姿にばかり気を取られてしまうが、細部にも工夫が凝らされている。

 たとえば手に装着された「ソフト・バブル・グリッパー」は、空気を入れたクッションで挟むようにして物を掴めるようになっている。これなら様々な形状の物体を壊すことなく優しくホールドすることができる。

2_e1
image by:TRI

 仮想現実を通じてロボットを教育することもできる。テーブルを拭くなど、ロボットにやらせたい動作があったら、利用者はVRコントローラーでそれを実際に行うだけで、その動きがロボットにそのままプログラムされる。

 ガントリーロボットだけでなく、普通に床の上を移動するタイプのロボットもある。ただし、これらは今のところ完全な試作品であって、すぐに商品化される予定はないそうだ。

5_e1
image by:TRI

人間のニーズに沿ったロボット開発


 人工知能が飛躍的に発展している現在、あまりにも高度になりすぎた機械はどこか恐ろしさを感じさせるようになっている。

 しかしTRIのジル・プラットCEOによれば、彼らは人間のニーズや期待に沿うことに注力しているという。その理念は、人間の能力をロボットで置き換えるのではなく、増強することであるそうだ。

 「まるで若返ったかのように暮らし、働き、人付き合いができる——そんな技術を作るということです」と、プラットCEOは話している。

References:tri.global/arstechnica / techrepublic/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
AIロボットが生殖活動を行い子供を作り、進化する自然選択システムを研究する科学者たち


近い将来人間はAIロボットに脳や意識を移し替え、元の人体の葬式をあげるようになるかもしれない(イギリス未来学者)


人間をやさしく抱きしめることができる。皮膚感覚を持つロボットが開発される(ドイツ研究)


汗をかくヒューマノイドロボット「ケンゴロウ」がさらに進化。ますます人間らしい動きになって腕立て・腹筋をこなすぞ!


嫁不足問題を解決するため、中国で最新AIを搭載したロボット嫁が誕生

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
4181 points
怪我をした野生の鳥を保護したところ、犬がそばに寄り添い続け、いつしか大親友に(オーストラリア)

怪我をした野生の鳥を保護したところ、犬がそばに寄り添い続け、いつしか大親友に(オーストラリア)

2021年4月15日
904068122
2位
3886 points
個性的な顔立ちが原因で引き取り手が現れず1年も避難所にいた元野良猫、ようやく永遠の家族に巡り合える(ドイツ)

個性的な顔立ちが原因で引き取り手が現れず1年も避難所にいた元野良猫、ようやく永遠の家族に巡り合える(ドイツ)

2021年4月13日
3位
3493 points
女性の半数近くが「ハゲた男性をセクシーと感じる」と回答(アメリカとイギリスの合同調査)

女性の半数近くが「ハゲた男性をセクシーと感じる」と回答(アメリカとイギリスの合同調査)

2021年4月17日
4位
2009 points
孤児になった子ギツネが保護区へ。ある男性と出会った瞬間に深い絆を結び大親友となるまでの物語(イギリス)

孤児になった子ギツネが保護区へ。ある男性と出会った瞬間に深い絆を結び大親友となるまでの物語(イギリス)

2021年4月14日
1301848229
5位
1898 points
気候変動の影響で、ホッキョクグマとハイイログマの異種交雑が進み、ハイブリッド種「ピズリー」が続々誕生

気候変動の影響で、ホッキョクグマとハイイログマの異種交雑が進み、ハイブリッド種「ピズリー」が続々誕生

2021年4月16日
7191124550
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 16:33
  • ID:kJSLcZCJ0 #

またYAMAHAが作ってたりして。

2

2. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 16:36
  • ID:FftdxAIT0 #

フォールアウトの戦前のキッチンみたいだw

3

3. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 16:38
  • ID:ttcGJJN80 #

猫の遊び相手もできるなら買う

4

4. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 16:38
  • ID:2pL75XCd0 #

ブレードランナーのような孤独な生活ができるな
あとはホログラムでメイドさん作ってくれ

5

5. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 16:47
  • ID:I.VVohLZ0 #

「月に囚われた男」のガーティみたいに、優しくスマイリーが声をかけてくれるといいな。

>まるで若返ったかのように暮らし、働き、人付き合いができる——そんな技術を作るということです

その映画を暗喩しているようで・・・

6

6. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 16:51
  • ID:XT7IlmGc0 #

変に自律移動させるより効率的で安全性も高いかも

7

7. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 16:58
  • ID:fd5fAuN50 #

ハングドマンかな?

8

8. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 17:07
  • ID:dHxr0DJ60 #

一般家庭とは。
天井ロボ導入する財力(本体+工事費)あるなら、広い家に住んでこなれた床移動型のロボ導入すると思うけど。
まあ、既存の狭い研究施設とかなら需要あるかもね。

9

9. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 17:15
  • ID:YEsruE4J0 #

FF3の敵思い出した

10

10. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 17:45
  • ID:n.g9UqH30 #

ロボットは人型や二足歩行にこだわらなくて、本来もっと自由な形状で良いと思う。

11

11.

  • 2020年10月04日 17:51
  • ID:cnwJq.fj0 #
12

12. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 17:55
  • ID:h.NKlPs60 #

トムクールズのミッションインポッシブルの一作目で見た

13

13. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 17:59
  • ID:yXDko7TL0 #

日本の住宅は手抜きだから、即天井が抜け落ちる。

14

14. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 18:05
  • ID:mrhtRPnn0 #

ファミコンのブロック運びのロボットの
デザインは時代を先取りしまくっていたんだな。

15

15. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 18:06
  • ID:XkBfo.1o0 #

天体戦士サンレッドの天井かな?

16

16. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 18:10
  • ID:wrtwlLfF0 #

小型化目指してポテトグラたんになりそう

17

17. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 18:11
  • ID:SnNOgxmQ0 #

床に寝て起きるのがめんどくさい時「天井からひもが下りてこないかなー」と言っていたのが実現化するのか

18

18.

  • 2020年10月04日 18:19
  • ID:TSRTM6EI0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 18:25
  • ID:di6OosPB0 #

ソファでうたた寝から目が覚めて天井を這うこいつと目が合ったらやだなあ・・・

20

20. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 18:28
  • ID:jdmTlZ4a0 #

この手の機械って手順通りにしないとエラーが出てその都度
修正しないといけないから便利な反面、めんどくさい。

細かいから日ごろのメンテを怠ると
停まる度に業者に見てもらわないといけない。
トヨタ工場で似たような機械はたくさんあって案外「なんでだよ!」ってトラブルも多い。
一般家庭の普及はまだまだ十年くらい先だと思う。

21

21. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 18:43
  • ID:QZouPAbh0 #

こういう感じで天井に敷いたレールで移動してコンビニの品出しするロボットとか前発表されて無かったっけ?

22

22. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 18:49
  • ID:zUl2MLuq0 #

GLaDOSみたいだ
ケーキを作ってくれそう

23

23. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 18:50
  • ID:BRgB0QTo0 #

もっとかわいいロボを作ってくれ

24

24. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 19:19
  • ID:zgw7ncP80 #

>>1
修理代が高そう。
高齢者の住宅に無理やり売り付けるイメージしか想像できないな。

25

25. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 19:25
  • ID:TSRTM6EI0 #

誤作動(想像は色々)しない事を祈ります。

26

26. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 19:27
  • ID:sbZJqvpZ0 #

名前は忘れたが水木しげるの妖怪図鑑で見たことあるなw

27

27. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 19:50
  • ID:bxotE16l0 #

妖怪天井下りのコスプレさせたい

28

28. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 19:51
  • ID:6MDYS1P80 #

スパイダーマッ並の柔軟性とレオパルドン並の剛性、そして軽さをもつ素材が実現しない限りは当分先の話になるだろうな
そもそも天井の耐久性や使われてる素材の剛性も考慮しないと

29

29. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 20:22
  • ID:.YaDxLK00 #

一般家庭に後付けするってより、介護施設とかに付けるのが主眼なのかな。
介護施設ならコンクリ造だろうから強度はクリアできそう

そうなった場合、ロボットが世話する施設は高級になるのか廉価になるのか気になるな…。
人の温もり(?)という付加価値で、人間が世話する施設のほうが将来的には高級になったりして。

30

30. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 20:56
  • ID:cwW2vfXT0 #

重力と天井が耐えられれば、地上に配置するよりは天井に置いた方が移動や可動範囲の制約は受けずらいわな。
持ち上げるよりは、ひったり上げる方が楽だろうし。

31

31. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 21:15
  • ID:adc.FBon0 #

アシモ使えよ(それはホンダ)

32

32. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 23:07
  • ID:PYYYASlz0 #

>>4
私はメイドさんじゃなくてドラえもんがほしい!

33

33. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 23:33
  • ID:PKYNsf.q0 #

海外ではニンジャとかあだ名がつきそう

でも天井は地震で落ちてきて潰されそうで怖いので、押し入れくらいがちょうど良いと思う。夜は自分で押し入れに入って寝てくれる、短足で丸っこいロボが欲しい。どら焼き好きでもいいから

34

34. 匿名処理班

  • 2020年10月04日 23:35
  • ID:mkGXgb.c0 #

>>13
天井に貼りつけてるんじゃなくて天井までの高さがある骨組みにぶら下げてるから天井が抜けるというより床が抜ける

というかもっとコンパクトにしてくれないと日本の住宅事情には天井の高さ的に合わないかと
電灯の制約もでかいし

35

35. 匿名処理班

  • 2020年10月05日 01:40
  • ID:p.9MuWBB0 #

妖怪天井下りのスキンつければ完璧なのでは

36

36. 匿名処理班

  • 2020年10月05日 01:52
  • ID:1KGe0Us40 #

梁につけるとなると、賃貸に住んでる独居老人とかまでは想定してないのかな?
サ高住あたりで導入されて、小型化・低価格化していけば面白そうではある

37

37. 匿名処理班

  • 2020年10月05日 02:03
  • ID:cWqddS.Z0 #

これ、薄暗い部屋の中とか寝ぼけてる時に見たら、わかっててもギョッとしそう

※32
わかる
でもドラえもんのポケットがあればドラえもんはいらないかな…
あ、道具の取扱説明書としてはやっぱり必要か

38

38. 匿名処理班

  • 2020年10月05日 02:42
  • ID:t7jbrDIf0 #

サムネでヱヴァのダミーシステムが浮かんだわw

39

39. 匿名処理班

  • 2020年10月05日 02:48
  • ID:t7jbrDIf0 #

一般住宅ではコストの問題がありそうだけど、例えば新規に老人ホームや介護施設を建てるときなら良いかもね。
他には高齢者向けのマンションとかかな。

40

40. 匿名処理班

  • 2020年10月05日 07:43
  • ID:ZOZYAOmx0 #

相当前からある箱の中に両手がぶら下がってる
調理ロボット(アーム)の拡大版だよね
それと同じモーショントレースは
一般家庭にどこまで需要が有るのか
現状部屋に落ちている物をゴミか必要な物か認識できる程
人工知能は臨機応変に対応できる抜本的進化はしていない
介護用だとロボット+要介護者の体重を支える強度も心配
ソフト次第だが現状先の調理アーム同様、金持ちの玩具だろう

41

41.

  • 2020年10月05日 09:21
  • ID:sFG9ipH.0 #
42

42. 匿名処理班

  • 2020年10月05日 11:44
  • ID:lvZSB0wQ0 #

※13
君の両親は君を育てるのに手抜きしたんだね

43

43. 匿名処理班

  • 2020年10月05日 12:36
  • ID:mBRoZajb0 #

地震の多い日本で天井に負担がかかる重いものは危険。
落ちてきたら介護どころか凶器にしかならない。
画像の感じだと小型化にも成功していないので、
工場などにある古い技術としか感じない。

44

44. 匿名処理班

  • 2020年10月05日 12:44
  • ID:njqx.OtO0 #

名前はリッカーで

45

45. 匿名処理班

  • 2020年10月05日 14:31
  • ID:lxTP.G6a0 #

お化け屋敷で着信アリとして使えそう

46

46. 匿名処理班

  • 2020年10月05日 18:13
  • ID:SC7PtP0d0 #

ありだとは思う
けど一般住宅ではなく介護施設での人間の補助的に使うのが現実的かな
初期導入費用とメンテでとんでもない金額になるかと

47

47. 匿名処理班

  • 2020年10月05日 21:25
  • ID:SjIFItXt0 #

>>2
インスティチュートってそういうことか

48

48. 匿名処理班

  • 2020年10月06日 10:25
  • ID:HNTpd8u10 #

ロボットの動くさまをもっとしっかり見せて欲しいのに、
なんで外人の動画とか海外向けの動画って”私が開発しました”みたいなおっさんが自分が自分がって顔だしてドヤ顔でべらべらしゃべるのを延々見せられるんだろうか。

家庭用ロボットは最初からそれ前提で建てられた家でもないとまず難しいんじゃないかな。
レールの設置は構造体からして一般家庭とは違うだろうし、ドアの部分をどう処理するか考えないといけないし。
個人的には忍者装束を纏わせたい。

49

49. 匿名処理班

  • 2020年10月06日 15:24
  • ID:Nr92nE110 #

尻からケーブルを垂らしてぶら下がる蜘蛛みたいなロボットとかいいかも。

50

50. 匿名処理班

  • 2020年10月07日 14:37
  • ID:zcttKqtb0 #

手塚治虫のマンガで良くあったタイプ

51

51. 匿名処理班

  • 2020年10月10日 05:32
  • ID:F3mWvsj00 #

天井に吊り下げるロボットよりも、その前に子供や高齢者、障害者が快適に暮らせる家が必要です。「今や日本人の2人に1人が生涯で癌になる時代」というのが日本のキャッチフレーズ。なぜ癌が増えるのかについては追求もしない。そこに踏み込めば企業が成り立たなくなる。高齢化社会が増加すれば吊り下げロボットが必要だという発想は、電気自動車の開発に乗り遅れたトヨタの人材の育成不足と経営の失敗によるもの。原発利権に依存する日本ではロボットは不要。現実を理解していない。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク