ガガーリン
 1960年代、米ソ間の宇宙開発競争が激化していった時代、ソ連では宇宙飛行士の選抜が始められ、ガガーリンも20人の候補生の一人に選ばれた。ガガーリンは他の飛行士たちとともに、宇宙飛行に必要な身体的・精神的耐久性をテストされながら、厳しい訓練を受けた。

 ついに世界初の有人宇宙飛行が行われることが決まったとき、パイロットの候補はガガーリンとゲルマン・チトフのどちらかにしぼられた。最終選考の結果、選ばれたのはガガーリンだった。この決定は政府の上層部によって行われたが、決め手となったのはガガーリンが労働者階級出身にあることに加え温和で社交的な性格と、「ユーリイ」というロシア的な名前、そして労働者階級出身の英雄という点を強調しやすい生い立ちにあったという。

 そしてついに、1961年4月12日、ガガーリンはボストーク3KA-2で世界初の有人宇宙飛行に成功した。
広告
ソース:Soviet Files: Best men for star squad - YouTube
ユーリイ・ガガーリン - Wikipedia
 この映像は、当時ソ連が行っていた20人の選抜チームの訓練風景やガガーリンが宇宙に飛び立つまでの記録を関係者のインタビューを交えながら振り返るドキュメンタリー映像である。
 飛行中にガガーリンは自分が中尉から少佐へ昇進したというタス通信のニュースを聞いた。ガガーリンも喜んだが、このような発表を飛行中のガガーリンに伝えた本当の理由は、当時の政府高官がガガーリンが生きて帰還する可能性が低いと考えていたからだといわれている。

ガガーリン、人類初。宇宙へ(1961年) ─ ソ連制作の「記録」映像
関連記事:
人類として初めて宇宙飛行を成し遂げた、ソビエト連邦のパイロット「ユーリイ・ガガーリン」のフライト映像



ロシア宇宙開発の歩みを探索、ロシア宇宙博物館に展示されている歴史的品々



大解剖、宇宙服のレントゲン写真(スミソニアン航空宇宙博物館)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1.  

  • 2012年05月04日 23:44
  • ID:c9amUXp50 #

コマロフは犠牲になったのだ

2

2. q

  • 2012年05月04日 23:47
  • ID:VCLviQZU0 #

ソ連宇宙開発といえばコマロフの悲劇。

3

3. 匿名処理班

  • 2012年05月05日 00:06
  • ID:n41c0ngt0 #

そういう「隠された悲劇」みたいなものって
何か惹かれるものがあるよね

4

4. 匿名処理班

  • 2012年05月05日 00:24
  • ID:0Mf5deN40 #

セルゲイ・コロリョフ>>>>>>>>フォン・ブラウン

5

5. コロリョフ

  • 2012年05月05日 00:34
  • ID:3PsfLbfE0 #

同期のレオノフは元気に頑張ったのにね。
ソビエト宇宙開発史ってビデオあったんだけど今もあるんだろうか?。
訓練風景など良い資料だったのに。

6

6. 匿名処理班

  • 2012年05月05日 01:44
  • ID:tpZoOw8b0 #

あの頃は、今頃宇宙旅行も、月面基地も、友人木星探査も出来てると思ったのに・・・

7

7. 匿名処理班

  • 2012年05月05日 03:32
  • ID:ubIfpdKb0 #

今は競争する必要性がなくなったから安全面重視で開発が遅れてるんかね

8

8. 匿名処理班

  • 2012年05月05日 10:01
  • ID:tsXWD33h0 #

コマロフを画像検索して泣いた(´;ω;`)
いいか、絶対するなよ

9

9. 匿名処理班

  • 2012年05月05日 17:43
  • ID:IOc6BARU0 #

クドリャフカも忘れないであげてください

10

10. 匿名処理班

  • 2012年05月05日 17:45
  • ID:yhbVarHS0 #

最後にハグしてるのフルシチョフかな。
これで大陸間弾道ミサイルへの道が開けたわけだ。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING