no title

 アメリカには、各州に“シェルター”と呼ばれる多くの動物保護施設が存在するが、地域によっては既に満員の状態で、病気だったりすぐに新しい飼い主が見つからなかったりした場合、預けられた犬猫たちには安楽死処分が待っている。

 そんな悲しい現実から少しでも多くの犬猫たちを助けようと、救助の手を差し伸べる非営利の保護団体が存在する。

 去年4月に、オハイオ州のシェルターに運ばれて来た1匹のビーグル犬も、病気を患い、安楽死処分が決定していた。

 しかし、すんでのところで1組の夫婦に命を救われた。犬は、自分がもう安全であることを悟ったのだろう。救助してくれた男性に、感謝と喜びのジェスチャーを繰り返した。
スポンサードリンク

2歳のビーグル犬がシェルターで安楽死処分予定に


 2018年4月25日、野良犬だった2歳のビーグル犬グレゴリーは、オハイオ州のフランクリン郡動物保護施設に連れて来られた。

 最初、施設スタッフはグレゴリーの健康状態が問題ないように見えたが、後日検査をしてみるとフィラリアの陽性反応が出たため、安楽死処分にすることを決めた。

 その頃、同州フィンリーにある非営利団体「HOUND Rescue and Sanctuary」を運営するシェンリー&ジョー・カークさん夫妻は、いつものように定期的に周辺地域の保護施設をチェックしていて、グレゴリーの安楽死処分のことを知った。

 夫妻は、安楽死処分寸前の犬を施設から引き取り、飼育放棄された犬には新しい飼い主を見つけ、また引き取り手がない犬や高齢の犬、野良犬たちには、自分たちの施設で最期まで面倒をみていた。

 夫妻はすぐにグレゴリーを救助すべく施設に連絡を取り、5月1日にジョーさんは車で2時間ほどかけてグレゴリーを迎えに行った。



安楽死を免れたグレゴリー、喜びを体で表現


 普段動物たちを施設へ迎えに行く時は、ジョーさんたちはクレートに乗せて移動させている。

 しかしグレゴリーを見て、長い間施設で檻に入れられ気の毒だという思いが湧いたのだろう。クレートには入れず、車の後部座席に乗せた。

 そしてフィンリーへ戻ろうと運転していると、「もう安楽死させられる必要はない」と悟ったのか、グレゴリーはジョーさんに近付いて、まるで救われた喜びと安心を表現するかのように、ジョーさんの肩に激しく顔をすり寄せてきた。



 全身で喜びを表すジェスチャーの嵐を受け取ったジョーさんは、フェイスブックに

最高の写真が撮れました!グレゴリーは、もう安全だということを知っています!こんなに喜んで感謝の気持ちを伝えてくれていますよ!

と投稿。

 その写真を見たユーザーらからは、

・ほんとだ!最高の写真だね。フレームに入れて飾らなくちゃ!!

・犬を救ってくれて本当にありがとう!

・グレゴリーの顔が全てを物語っているね。

・安楽死処分される動物たちを全て救えたらどれほどいいか…。どの動物にも、素敵な飼い主が見つかればいいのに。

・こんなキュートな子が、安楽死寸前だったなんて…。

・グレゴリーに新しい人生を与えてくれてありがとう!あなたたちは素晴らしい。

・この犬がこれからずっと幸せに暮らせますように。

といったコメントが相次ぎ、グレゴリーを救助したジョーさんとシェンリーさんに多くの称賛の声が寄せられた。


治療を経て新たな飼い主のもとへ


 グレゴリーは、ジョーさんとシェンリーさんの施設で、順調に新しい生活をスタートさせた。同時に、獣医院でフィラリアの治療を数か月にわたり受けた。

 間もなくして、コロンバスに住むカップルがグレゴリーを引き取りたいと、ジョーさんとシェンリーさんにフェイスブックを通して連絡してきたことで、治療を終えたグレゴリーは、新しい飼い主のもとへと引き取られていった。



 そのカップルは、別のビーグル犬を飼っており、嬉しいことにグレゴリーとそのビーグル犬はとても仲良しになったそうだ。

 シェンリーさんとジョーさんによって、グレゴリーのように安楽死処分寸前で命を救われた犬たちは数えきれない。

救われた犬たちが、幸せに過ごしていく姿を見ることが、私たちには幸せです。この幸せがあるからこそ、価値のあることだと尽力して救済活動を行っています。救いを必要としていた犬たちが、救助された時に見せてくれる感謝や愛情は、私たちにはまさにプライスレスなのです。

References:TODAYなど / written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
安楽死処分寸前で2人のパイロットに救助され、アリゾナからアラバマまで飛んだ23匹の犬たち(アメリカ)


安楽死を待っていたピットブル、真の飼い主の元へ。すっかりかわいい女の子になったよ。


ずっとギュっとしてたいの。殺処分寸前のピットブルを救った女性、ピットブルから愛の嵐が待っていた(アメリカ)


世話が面倒という理由で飼い主に捨てられた生後3か月の子犬、安楽死寸前のところを救われる(アメリカ)


原因不明の病に侵され動くことも食べることもできなくなってしまった犬。安楽死直前のその時、奇跡が起きた(アメリカ)


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 11:34
  • ID:p1S17dJH0 #

まだ2歳で病気になってしまったのか…治ったかな…

2

2. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 11:43
  • ID:ANyDhCaQ0 #

マッチポンプかな?

3

3. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 12:10
  • ID:1fLQT8qN0 #

ウチも近所の農大から実験に使われる寸前の子を引き取ったことがある。
動物実験がやむを得ないものだとは知ってたつもりでも、やっぱり少し特別な感情になったよ

4

4. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 12:58
  • ID:naL2XO870 #

※1
アメリカなら、多分イミトサイドが使われ、駆除できます。ヒ素を含む強い薬で危険ですが、若い体力のある子なら乗り越えられるでしょう。
この子は、何にせよ無事に治療できたようですし、良かったです。
後は予防薬を続ければ、ファイラリアに関しては問題無いです。長生きして、幸せに暮らして欲しい。

5

5. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 13:01
  • ID:ICF3407K0 #

今はフィラリアも治るよね。
昔母が飼っていた犬はフィラリアになったのだけど、ひどい苦しみようで母がいない間に祖父が獣医を呼んで安楽死させたって言ってた。
時々フィラリア予防薬ケチってあげない人いるけど、犬飼う資格ねぇって思う。

6

6. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 13:36
  • ID:cazeub.P0 #

非営利の団体の運営費はどこから出てんだ?
1匹だけでも治療費は高額だろ

7

7. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 13:42
  • ID:8xoyDhab0 #

フィラリアは犬ならなおるよ。なのでアメリカ短絡すぎるって泡くったけど、無事に救われててよかったー。
うちにいるフェレットだとフィラリア罹患で100%氏ぬから、予防薬かならずあげてる。

8

8. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 13:49
  • ID:zUUFD0Jp0 #

救助って書き方は好きじゃないな...

9

9.

  • 2019年09月15日 14:18
  • ID:Cu14MRmN0 #
10

10. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 14:27
  • ID:XuLfF1d10 #

フィラリアって治るんだ?知らんかった

11

11. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 15:13
  • ID:ASu2fS6F0 #

新しいおうちで気の合う友達にも恵まれてホント良かったね。
グレゴリーのこのエピソードを知って、動物の保護や里親になる事に興味を持った人、フィラリアが治る病気だと知った人、それに救われた他の動物も居るかもしれない。
最高にGJな写真映りだったよグレゴリー!

12

12. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 15:46
  • ID:b0DcbrHI0 #

ウチの柴犬は購入一週間後にフィラリアが発覚した。その後の投薬により一応体内の虫は居なくなったと診断されたけど、虫が詰まった後遺症で心臓が変形していて散歩も短時間かつ平地でするよう助言された。また、今後他の病気になっても手術には耐えられないとのこと。
前の飼い主はブリーダーだったが、ウチに渡した犬は賞を取る見込みがないと判断し、治療せず放っていたようだ。私はこんなバカな話があるか、ブリーダーに突き返せと怒ったのだが、親がこの犬はウチに来る運命だったとか言い出し、結局ウチで飼うことになった。
病状が改善されるまで、毎月2万円以上の治療費が掛かった。可哀想というのは簡単だが、動物の治療は大金がかかるのでキレイ事では済まない。

13

13. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 16:10
  • ID:naL2XO870 #

#4を書いた者です。
犬のフィラリアは治せますが、どのオプションもとても危険なので、基本は予防です。予防薬と言うのも、実際にはミクロフィラリアを殺す薬です。なお血液の顕微鏡による検査は、見逃しがあり得ます。抗体検査が良いです。
くどくて申し訳ないですが、予防薬を忘れずに続けましょう。皆様の大事な家族が長生きします様に。

14

14. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 16:32
  • ID:8xoyDhab0 #

>>12
犬は物品ではないのだから、ブリーダーが治療代負担せよってなるかもしれんけど、返すことは絶対しないでしょう。フィラリア予防しないようなブリーダーじゃ、戻してもまた治療しないで見殺しにするのわかってるし。それを見越して親御さんは「うちにくる運命だった」と語っているのですね。

これかいてる方は動物のこと、特別好きではないんでしょうね。

15

15. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 16:46
  • ID:XYlpbYir0 #

ありがとう

16

16. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 17:36
  • ID:cazeub.P0 #

※14
>病状が改善されるまで、毎月2万円以上の治療費が掛かった。可哀想というのは簡単だが、動物の治療は大金がかかるのでキレイ事では済まない

これが理解できないの?


>これかいてる方は動物のこと、特別好きではないんでしょうね。

今回は2万だが、毎月200万かかったらあんたはどうするんだよ?

同じことがその口から吐けるのか?

17

17. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 18:31
  • ID:lnrfWZ480 #

※6
寄付って知ってるかね

18

18. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 18:37
  • ID:TUEjr8yn0 #

妙な話だが、シェルターに一時収容されてる薬物中毒のホームレスの為に大金を寄付する気はないが
安楽死処分を待つ憐れな動物たちを救いたいと願って保護団体に遺産を寄付する篤志家はいる

19

19. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 19:28
  • ID:E4vQtRX40 #

>>16
流石に2万から200万っていうのは極端過ぎでは?
毎月の餌代だけでなく犬だって人間と同じく医療費等も考えて飼わないといけない

※14の方は
病状が改善されるまで、毎月2万円以上の治療費が掛かった。

との文面から一般家庭でも払う事がそこまで難しくない金額にも関わらず、一度迎えた犬を突き返そうとした点に思うところがあったのでしょう。

理解出来ていないのはあなたでは?

20

20. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 23:13
  • ID:Yotjbh.X0 #

>>12
ブリーダーが一番悪いし非難する気はないけど、あなたの親に共感する
病気が発覚しても返さないわ、家族って決めた子だもん

21

21. 匿名処理班

  • 2019年09月16日 01:52
  • ID:8WaPZdpe0 #

助けた奴らも犬も幸せになーれ
       *。
      +゚★*
    ゚。;* ∧ ∧
     ・゚** ∩・ω・`)
   。*:+。・  ノ  ⊃
 +*:*+*・  し−J
:*:゚・ 。

22

22. 匿名処理班

  • 2019年09月16日 01:56
  • ID:BZv8T8pT0 #

ビーグルちゃん目バリ濃い

23

23.

  • 2019年09月16日 11:42
  • ID:K0PsPE9o0 #
24

24. 匿名処理班

  • 2019年09月16日 22:06
  • ID:SPV6ks6w0 #

※14
商品だったら返金か交換でOKだけど、動物の場合「処分されると分かっていて返す事はできない。返金+それまでの医療費+etcをペットショップが支払い」って裁判所の判決あったの見た事ある。
病気じゃなくてミニチュアダックスなのに大きくなったから訴訟したやつだったけど。(時々親が小さくても先祖返りで大きめのやつが出てくるらしい)

25

25. 匿名処理班

  • 2019年09月18日 16:33
  • ID:B.GADbI60 #

シェンリー&ジョー・カークさん夫妻、本当に尊い。
気持ちはあっても、なかなか実行に移すことができないことを実現している人たちを、心から尊敬します。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク