top

 人の飼育下にあってもまともな世話をされずに命を落としてしまうペットは少なからず存在する。
 
 その背景はさまざまだが、アメリカにてケージに閉じ込められたままやせ細り、生死の境をさまよっていた猫の回復と出会いの物語が話題になっている。

 サミュエルは愛情深い猫だ。だが、悲しいことに彼は生まれてからのほとんどを小さなケージの中で疥癬を患いながら過ごしていた。

 そんな彼がついに保護され、親切なスタッフや獣医のお世話で少しずつ回復。ついに猫好きな男性にめぐりあい、幸せで健康な暮らしを手に入れたという。
スポンサードリンク

ケージに閉じ込められていたサミュエル


 ある日のこと、米テキサス州ヒューストンにあるBARCアニマルシェルターに、まともな餌も与えられず閉じ込められていた猫のサミュエルが運び込まれた。

 彼はひどい栄養失調状態で、一刻も早い手当が必要だった。

0001_e
image credit:imgur

 やせ細ってボロボロの姿で保護されたサミュエルは、疥癬のせいで両目が腫れてほとんど開かなくなっていた。

 さらによく見ると高額な治療費を要するたくさんの病気に苦しんでいたこともわかった。

0002_e
image credit:imgur
 
 皮膚が剥がれ、窮屈なケージのせいでいくつかの傷も負っていたサミュエル。

 むごい環境で生きていた彼の命をなんとか救いたいと考えたスタッフが、その病状をネットでシェアして援助を求めた。


手当を受けて回復!だが引き取り手が見つからず…


 すると幸運なことに地元の獣医レスリー・レインズさんがこの写真に目を留め、サミュエルの治療をかって出てくれた。

0003_e
image credit:imgur

 レインズさんが勤める猫の養護施設に来たサミュエルは、少しずつ回復。1年経ってようやく健康になり、本来のゴージャスな毛並みも復活!

0004_e
image credit:imgur

 その後、狭いケージしか知らなかったサミュエルは数年かけて「猫らしさ」を学び、新たな飼い主探しを開始。

 しかし彼は愛情深い一方で、見知らぬ人には気難しく、引き取り手候補をことごとく嫌がってレインズさんを悩ませた。

0005_e
image credit:imgur

 人間と接することがほとんどなかったせいか、彼が気に入る相手がいなければふつうの飼い猫としての生活も望めなそうだった。


猫好きなスミスさんと出会い幸せな暮らしに突入!


 そんなある日のこと、待望の出会いがあった。相手はブライアン・スミスという男性で、人嫌いのサミュエルと最高に相性が良かった。

 スミスさんは13年間一緒だった猫をがんで亡くした過去があり、レインズさんが一目置くほどサミュエルをなだめるのがとてもうまかった。

0006_e
image credit:imgur

 そこでレインズさんはサミュエルの反応をうかがいながら、スミスさんとサミュエルの仲を取り持つことにした。

 以来、彼らは大親友になり、もう1年以上もいっしょに暮している。

 今はすべてがうまくいっていて、スミスさんもサミュエルもお互いに癒されながら幸せを分かちあっている。

スミスさんも猫に好かれやすいという噂のヒゲメンだったり
0007_e
image credit:imgur

 やさしい人々に支えられて九死に一生を得たサミュエル。これからはスミスさんにめいっぱい可愛がられて、ケージから解放された第2の猫生を思いっきり楽しめますように。

References:written by D/ edited by parumo
あわせて読みたい
汚れた毛が絡みつき、異形の姿になってしまった猫が保護施設の前に置き去りにされる。毛を剃ってすっきり!今では元気に(アメリカ)


ひどい感染症で誰も触ろうとしなかった子猫。保護されて1年後、今ではこんな立派な猫に(アメリカ)


ボロボロの状態で保護された野良猫、実は美しいオッドアイの白猫だった


前の飼い主が置いていった猫が、今の飼い主の猫になるまでの物語


飼い主が引き取りを放棄し、動物病院で飼うこととなった猫。自ら望んで毛皮の看護師に(アメリカ)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年01月14日 11:36
  • ID:yTgqse7P0 #

首を縛られた犬といいケージに閉じ込められたねこといい
あまりに悲惨な状態で保護される話が多くて人間の冷たさに驚愕する
こんな事言っていいかわからないけど命を奪う覚悟もないのかと

2

2. 匿名処理班

  • 2019年01月14日 11:46
  • ID:c3zJ5imf0 #

ケージに閉じ込めたまま「飼育」てそれは飼育じゃ無くて虐待だろう...。いっそ野に放ってくれればもっと早くに暖かい寝床を見つけることもできたかもしれないのに、その機会さえも奪うとか、こう言うのがたまに居るけどどう言う思考なんだろ。
サミュエルさんは残りの猫生で幸せになってくれ。

3

3. 匿名処理班

  • 2019年01月14日 11:51
  • ID:2fI6luuX0 #

なんでこんなことが起こるの?信じられない。胸が痛い
幸せになってくれずっと

4

4. 匿名処理班

  • 2019年01月14日 12:20
  • ID:iD1kmxE90 #

命って強いね。そしてサミュエルさんも強いね。
想像しただけでぞっとする環境で生き延びて、本当に尊敬に値する強さを持っている。

5

5.

  • 2019年01月14日 12:20
  • ID:iD1kmxE90 #
6

6. 匿名処理班

  • 2019年01月14日 12:42
  • ID:fdu53v4S0 #

>>1
「命」って感覚が薄いからできること。
こういうことができる人は人間も含めて「モノ」でしかない。

7

7. 匿名処理班

  • 2019年01月14日 13:10
  • ID:NKX3Il.F0 #

「疥癬」が読めなくて、俺ってアホだなあと思った

8

8. 匿名処理班

  • 2019年01月14日 13:21
  • ID:i3lXuICj0 #

公園から危険な遊具を全て撤去したり運動会じゃ全員揃ってゴールさせたり
子供の頃から危ない事や痛い事辛い事厳しい事、学校の勉強以外すべて避けるように育てられて、本当に痛い事や危ない事を知らないまま大人になっていく
子供は本来危険や痛みを肌で感じて学んでいくのにそういった機会を奪われた結果、痛みも限度も苦しみも知らない人間に育ってしまったのではないだろうか

9

9. 匿名処理班

  • 2019年01月14日 13:37
  • ID:i2sxl0Z30 #

良かったな!
目一杯猫生を楽しめ!

10

10. 匿名処理班

  • 2019年01月14日 13:49
  • ID:FyfFnIhN0 #

※6
人は生まれ落ちた時は全くの無知で、後天的に知恵をつけてゆくもの。
そういう人たちは知恵をつける機会がなかった赤子のようなもの。
後人に知恵を与える活動を先人は行う義務がある。

11

11. 匿名処理班

  • 2019年01月14日 14:29
  • ID:Yi133aGz0 #

またネコダス・ケイジか……痛ましいな
(´;ω;`)ノ🏠🐈

12

12. 匿名処理班

  • 2019年01月14日 14:35
  • ID:.ovZFkoY0 #

ニャンコが優しいおじいちゃんに出会えてよかった。

13

13. 匿名処理班

  • 2019年01月14日 14:37
  • ID:gb.Yq1Cx0 #

動物虐待とかの弱い者いじめする人間は同じ目に遭えばいい

14

14.

  • 2019年01月14日 16:27
  • ID:50SJ72XI0 #
15

15. 匿名処理班

  • 2019年01月14日 17:15
  • ID:Ijfg9kmJ0 #

予想以上にデカかった。
何となく威厳があるな。

16

16. 匿名処理班

  • 2019年01月14日 18:06
  • ID:yv3nOLfx0 #

※10
意見に反対するわけじゃないけど結構生れつきな人も多いね
ここでよく取り上げられるような人達とかもそうだし
一般人でも赤ちゃんの頃からすでに不正に対しての反応が違うって実験もあった
無知からの結果的に虐待ってはあるけど通常虐待と言われるものって性格的なものだよ

17

17. 匿名処理班

  • 2019年01月14日 19:11
  • ID:ivE8WD7K0 #

サミュエルもスミスさんもステキな毛並みでお揃いだね!

18

18. 匿名処理班

  • 2019年01月14日 20:37
  • ID:IaT5h14.0 #

※7
いやこれで一つ賢くなったじゃないか

19

19. 匿名処理班

  • 2019年01月14日 23:21
  • ID:iOQceCd.0 #

やせ細った手足とボロボロの毛並みをみて涙が止まらなくなった
なんで人間はこんな酷いことができるんだろう
でもこの子を救ったのはそれより多くの人間たち
どうかこれからも優しい人間たちが一人でも多い世界になりますように

20

20. 匿名処理班

  • 2019年01月15日 03:23
  • ID:ruyf2Iqp0 #

安心の髭と腕毛だった
共に幸せになる呪いを贈ろう

21

21. 匿名処理班

  • 2019年01月15日 15:15
  • ID:GkB2qSgN0 #

サミュエルの猫生に幸あれ、サミュエルを苦しめた者に災いあれ

22

22. 匿名処理班

  • 2019年01月16日 06:10
  • ID:A.J1Tf3Q0 #

※16
自分も同意見。残念ながら人間として必要な諸々が欠落した「人」(人間ではなく「人」)が一定数いて、そうした「人」との闘いも、我々「人間」に課せられた使命だと私は思っています。「人と人の間を知る者たち」即ち「共感」と「共生」の能力を持つヒューマノイドだけが「人間」足り得ると感じています。

23

23. 匿名処理班

  • 2019年01月16日 07:54
  • ID:iiOY4T2l0 #

※8
その傍らで幼稚園児に金魚すくいさせたりカブトムシを大量に購入してわざわざ山に放ってからカブトムシとりさせたり、体験の方法がどんどんいびつになっていってる
命の価値を学ぶためとか言ってるけど笑わせるなよと思う。幼稚園から文字通り「押しつけられた」金魚は5年、カブトムシは毎年代替わりして同じぐらい飼ってるけど当然だけど子供の友達の家のは全滅。最初は虫も魚も苦手だからしめようかとおもってたけど子供はそんな事考えないし、最初に飼う生き物がそんな結末なんてあり得ないと思ったから頑張って情もわいてきたけど、あの時心底抗議すれば良かったと思ってる
前日に「明日持って帰るのでくみおきの水をバケツにでも〜死ぬのも情操教育〜」とか簡単に書いてある幼稚園、いい加減にしろ

24

24. 匿名処理班

  • 2019年01月16日 12:43
  • ID:kifgJdqw0 #

やっぱり髭じゃないか!(歓喜)

25

25. 匿名処理班

  • 2019年01月21日 18:05
  • ID:jkbAKTE10 #

思わず電車のなかで泣いてしまった...
こんな惨いことが出来るなんて、同じ人間だと思えないし思いたくない。
サミュエルが救われて本当によかった!

26

26. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 12:33
  • ID:gO3Kzx6C0 #

※7
私も読めなかったから皆で一緒に賢くなろう!

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク