過去最大の海洋爬虫類の化石を発見
 イギリス、サマセット州の海岸で、2mもある巨大な顎の骨の化石が発掘された。その顎の大きさからこの生物は全長25mあったと推測される。

 この骨の持ち主は、2億年前に三畳紀の海に生息していた魚竜の仲間で、これまで見つかっている海洋爬虫類の中で最大の新種である可能性が高いという。

新種な巨大魚竜の化石を発見

 この新種の魚竜の化石は、2020年から2022年にかけて英国南西部サマセット州ブルーアンカーで発見された。

 発見場所であるセヴァーン河口にちなんで、イクチオタイタン・セベルネンシス(ichthyotitan severnensis)と名づけられた。

 発見場所周辺からは、肋骨の一部やコプロライトつまり糞の化石も多数発見されているが、それが同じ生物のものとは断定するには至らなかった。

 こうした化石が発見された堆積物からは、この時代に地震や津波があったことを示す岩石も含まれている。

 これは、三畳紀の終わりに大規模な生物の絶滅をもたらした可能性がある火山活動が激しかった時代にイクチオタイタン・セベルネンシスが生きていたことを示しているという。
2_e
ツガイで泳ぐイクチオタイタン・セベルネンシスのイメージ図 / image credit:Gabriel Ugueto

魚竜とは?

 現在、100種以上が知られている魚竜は魚鰭類に属する爬虫類の一群で、中生代(2億5190万年〜6600万年前)に海を支配していた主要な捕食生物の一種だった。

 今回見つかった新種は、三畳紀末期(2億5190万年〜2億140万年)に生息していたこの仲間のひとつだという。

 魚竜は中世代初期にはすでに巨大サイズに達していたと考えられているが、最大級のものは、三畳紀後期になってから出現したようだ。

 中生代は恐竜の時代として知られているが、魚竜は恐竜ではなく、別グループの爬虫類から進化した。

 彼らの進化の道筋は、陸生哺乳類から進化してのちに海へ戻ったクジラの進化とよく似ている。彼らはクジラのように肺で呼吸し、卵ではなく子どもを産む。
2
魚竜の中で最も著名な属、イクチオサウルス / image credit:public domain/wikimedia

巨大な魚竜の仲間たち

 2016年にやはりサマセット州リルストックのウェストベリー泥岩層内10km以内で似たような種の化石が発見され、2018年に記述された。これも最大級クラスだとされているが、今回のものよりもわずかに小さいという。

 これまで最大の海洋爬虫類は、今回発見されたイクチオタイタン・セベルネンシスよりも1300万年早く現れた、体長21mのショニサウルス・シカニエンシス(Shonisaurus sikanniensis)とされているが、発見場所がブリティッシュコロンビア州であったため、セベルネンシスがこれまで知られていた種の仲間である可能性は低い。

 1972年にチベットで発見されたヒマラヤサウルス・ティベテンシス(Himalayasaurus tibetensis)という魚竜は、体長が15mあったと言われているが、これもセベルネンシスとは違う。

イクチオタイタン・セベルネンシスは最後の巨大魚竜

 イクチオタイタン・セベルネンシスは、おそらく最後の巨大魚竜の一種ではないかという。

 魚竜は白亜紀後期(1億500万年〜6600万年前)のセノマニア時代(1億500万年〜9390万年前)まで生きていたが、最終的には首長竜にとって替わられた。

 首長竜は、白亜紀の終わりに、非鳥類型恐竜とともに絶滅した海洋爬虫類だ。

 この研究『PLOS ONE』(2024年4月17日付)に掲載された。

References:Giant, 82-foot lizard fish discovered on UK beach could be largest marine reptile ever found | Live Science / Paleontologists unearth what may be the largest known marine reptile / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
新種の巨大魚竜の化石を発見。全長18メートルで地球最古の巨大生物の可能性


新たに発見された三畳紀の生物が、海洋爬虫類の歴史を塗り替えるかもしれない


白亜紀を生きた頂点捕食者 、モササウルス類の新種が和歌山県で発見される


伝説のドラゴンそっくりな2億4000万年前の海竜の全身化石が公開される


古代ワニの最後の晩餐は恐竜だった。化石からその捕食行動が明らかに

Advertisements

コメント

1

1.

  • 2024年04月22日 22:07
  • ID:TRcIXCTZ0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2024年04月22日 23:12
  • ID:DRcna0RI0 #

化石そのものの写真がないのが惜しい

化石の研究結果からまだ成長段階でこれよりもまだ大きくなった可能性が高いってのも凄い

3

3. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 08:39
  • ID:zE4HuF7u0 #

現世だとシロナガスクジラくらいだねー
(最大33m)

4

4. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 11:58
  • ID:Rhl0bAb70 #

なんで海岸で分解されずに骨が残るの?
微生物だらけじゃないの?

5

5. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 12:13
  • ID:2MsUahFr0 #

ザ・収斂進化って体型だな。

6

6. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 14:20
  • ID:wnjRf1Hf0 #

>>4
イメージ図だけ見て、記事本文は読んでいない?
そして「骨」は微生物などには分解されにくい…どころかされないので残る率が高い

7

7. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 14:41
  • ID:Rhl0bAb70 #

>>6
という事は地球は最終的に骨惑星になるのか…?
ちょっと黄ばんだ白い星に…

8

8. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 17:52
  • ID:8dLgYsw.0 #

ロマンあるなあ 時代は違うけどモササウルス科にも20メートル越える種がいたりしないかな

9

9. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 17:59
  • ID:yWNG5irl0 #

何で肝心の化石の画像がないんだ?
片手落ちにもほどがある。

10

10. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 18:47
  • ID:ug1ga3Jw0 #

昔、ジンベエザメのいる水族館に行ったけど、漏らしそうになるくらい怖かった思い出。それ以上のデカさでしかも肉食とか、古代の海は人間が生存できない世界じゃなかろうか。

11

11. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 20:24
  • ID:s4FwUDdT0 #

いきなり臨終後の絵になってて切ない・・・
せっかく生前の絵もあるんだからそっちを1枚目にしてあげてー

12

12. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 20:34
  • ID:ccV.qh.T0 #

>>9
そんな時は、英語で探してみるといいよ。
記事内にあるし。

13

13. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 20:52
  • ID:gYZwrAQQ0 #

>>10
恐竜の最盛期なんてビルみたいにバカでかい怪物じみた生物が全世界規模で食ったり食われたりし続けてたんだよね。
そう考えると嫌な言い方だけどチクシュルーブ・クレーターを作った隕石に感謝だ…。
彼らがあの致命的な隕石落下イベントを迎えていなかったら確実に我々は存在していなかった。

14

14. 匿名処理班

  • 2024年04月23日 22:03
  • ID:uTgXIEcn0 #

>>7
微生物には分解されにくいってだけで骨を食う生き物とかもいるし、有機的に分解されなくても無機的な影響(風化等)で普通に壊れて無くなるからね

15

15. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 00:19
  • ID:YTQ8zgqM0 #

顎だけで2メートルて…デカすぎる メガロドンより恐ろしい海洋捕食者だったかもな

16

16.

  • 2024年04月24日 09:50
  • ID:0kfU4Gmk0 #
17

17. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 20:09
  • ID:lMuphFnV0 #

シャチの祖先に巨大海洋生物は全滅させられた

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links