インドプレートとユーラシアプレートが分離する可能性
 天高くそびえ立つヒマラヤ山脈の足ものとでは、地殻であるインドプレートとユーラシアプレートが雄大な力比べをしている。最新の研究によると、インドプレートが「剥離」して、上下に裂けている可能性が明らかになったそうだ。

 この新しい仮説は、地下から湧き出るヘリウム同位体の手がかりや、地震波の分析から導き出されたものだ。

 地殻プレートが裂ける可能性はこれまでも指摘されてきたが、それを裏付ける痕跡が発見されたのは初めてのことだ。

 地下で起きている壮大な地殻の押しくら饅頭は、現代の地形が作り上げられたプロセスを理解するヒントになるとともに、チベットで起きる地震を知るうえでも大切な手がかりであるそうだ。

地殻構造のインドプレートとは?

 地球の表面は「プレート」という厚さ100kmほどの岩盤でおおわれている。

 陸地の下にあるものを「大陸プレート」、海底の下にあるものを「海洋プレート」というが、大陸プレートは海洋プレートほど密度が高くない。

 そのため大陸プレートには浮力が働き、なかなかマントルへと沈んでいかない。

 ゴンドワナ大陸から分裂してできた「インドプレート」もその1つだ。
2
photo by iStock

インドプレートが分裂している可能性

 インドプレートはユーラシアプレートと衝突しているが、一説によると、それでもマントルに沈み込まず、チベットの下を水平に滑り続けているという。

 また別の説によれば、インドプレートの一番浮力が強い部分が、衝突のラインに沿ってまるで絨毯のように波打ち、プレートの下半分だけが沈み込みやすくなっているという。

 そして今回、チベットの泉で集められた手がかりや地震波の分析から、また別の可能性が浮上してきた。

 それによると、インドプレートは、ユーラシアプレートの下に滑り込みつつ、「剥離」して、上下2つに裂けている可能性があるという。

 プレートが上下に剥がれる可能性は、以前から指摘されてきたことだ。

 プレートは、浮力のある地殻と、もっと密度の高い上部マントル岩石による層でできている。だから、ぎゅっと押しつぶされると、層があわさる弱いところから裂けてしまうと考えられるのだ。

 だが、実際にそれが起きていることを示す痕跡が発見されたのは初めてのことだ。
4
image credit:agu.confex

裂け目の証拠はチベットにある

 そのような裂け目を探す研究者は、ヒマラヤ山脈に衝突しているインドプレートに注目してきた。

 アリゾナ大学の地質学者ピーター・デセレス氏(今回の研究には参加していない)は、このプレートを海の「マンタ」にたとえている。厚みのある大陸プレートとそれを挟むような左右の海洋プレートが、世界最大のエイの姿に似ているからだ。

 インドプレートはヒマラヤ山脈に衝突しているが、この時、薄い海洋プレートはユーラシアプレートの下に簡単に沈み込んでいく。

 ところが、大陸プレートはひたすらにユーラシアプレートに突進しようとする。それによる沈み込み速度の差が、インドプレートを引き裂くと考えられるのだ。

 スタンフォード大学の地球物理学者サイモン・クレンペラー氏は、その証拠を探すためにチベットに通い、数年がかりで約1000kmにわたって点在する200もの湧水からサンプルを採取した。

 そこにはヘリウムの同位体「ヘリウム3」が含まれている。これは地球が誕生したときに閉じ込められた軽い同位体で、これが豊富ならば足元にマントル岩石があるだろうことがうかがえる。一方、ヘリウム3が乏しいサンプルは、地殻から湧き出している可能性が高い。

 こうした泉のサンプルから、ヘリウム3の分布を描いた地図を作ってみたところ、ある場所で興味深いラインが浮かび上がった。

 そのラインは南北を隔てたもので、南側の泉は地殻の存在を示す一方、北側の泉はマントルの存在を示していた。

 クレンペラー氏らによれば、このラインこそが、インドプレートが無傷のままチベットの下に滑り込んでいるギリギリの境界を示すものだという。

 だが、このラインの南側、ブータンの東部国境付近のある地域では、3つの泉にマントルの痕跡があり、裂けたプレートの隙間に高温のマントル岩石が流れ込んでいることがうかがえた。
4
photo by iStock

地震波による裏付け

 この仮説は、地殻とマントルの境界を横切る地震波からも裏付けられている。何百もの地震観測点で記録された地震波のデータは、地下にある2つの塊を描き出していた。

 それもまたインドプレートの下の部分が、上から剥がれていることを示すものだ。

 もっと最近の地震波の分析では、その裂け目の始まりが西端にあるだろうことがわかっている。その裂け目の西側では、インドプレートの底は深さ200キロのところにあり、まだ無傷であることがうかがえる。一方、その東側では、深さ100km付近にある裂け目にマントル岩石が流れ込んでいるのだ。

 こうしたことは現時点では仮説であり、まだはっきりしない点もある。

 だが地球上地球上のほとんどすべての大陸が、ヒマラヤ山脈で見られるようなプレートの衝突によって作られただろうことを考えれば、今回の発見は現代の地形を理解するヒントになる。

 またクレンペラー氏によれば、新たに発見された裂け目は、現在のチベットの地震に影響している可能性もあるという。

 その裂け目の上には、「コナ・サングリ断層(Cona-Sangri rift)」がある。裂け目と地震との関係はまだはっきりしないが、プレートが裂けたり剥がれたりすることで、断層にたまるストレスに影響していると考えられるからだ。

 現代の地形には、大昔に起きた衝突によって、いくえにも重なり合った傷跡が残されている。それがその理解を難しいものにしている。だが、クレンペラー氏によれば、それこそが研究の醍醐味であるという。そこでは「10億年の歴史を垣間見ることができる」と彼は語る。

 この研究は、2023年12月に「アメリカ地球物理学連合の学会」で発表された。また現在『ESS Open Archive』でプレプリント版を閲覧できる。

References:Indian Tectonic Plate Is Splitting in Two Beneath Tibet, Latest Analysis Finds / Tectonic plate under Tibet may be splitting in two | Science | AAAS / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
インド洋で新大陸形成の兆候が。ケルゲレン諸島が明かす大陸形成の秘密


アフリカ大陸の亀裂が進行。大陸は2つに切り裂かれ海が誕生する(エチオピア)


地中海に沈む失われた大陸「大アドリア大陸」が発見される(オランダ研究)


海に沈んだ第8の大陸「ジーランディア」を形成した力が判明


1億5500万年前に失われた大陸「アルゴランド」をついに発見

Advertisements

コメント

1

1.

  • 2024年01月24日 20:30
  • ID:S03BKaOj0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2024年01月24日 20:37
  • ID:BaZkuX8m0 #

地球に踊らされるのか…

3

3. 匿名処理班

  • 2024年01月24日 22:09
  • ID:boPA0y1E0 #

サンドイッチを食べようと口元へ運んだ瞬間
具が乗って重い下側のパンと具だけが口に入り
軽い上側のパンが剥がれて鼻に張り付いた! みたいな状況ですね

4

4. 匿名処理班

  • 2024年01月25日 01:35
  • ID:oaxHvsVy0 #

ユーラシアに激震が走る!

5

5.

  • 2024年01月25日 08:06
  • ID:1rKUK.Lp0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2024年01月25日 09:59
  • ID:M9a6Nynu0 #

>>3
幼児でよく見る光景だが、表現がわかりやすくて草

7

7. 匿名処理班

  • 2024年01月25日 11:06
  • ID:cZ7JumBr0 #

日本の国土を心配しようや。
ちょっと前にリアルな出来事あったのに、脳天気な。
まぁ所詮他人事だしね。

8

8. 匿名処理班

  • 2024年01月25日 12:17
  • ID:ptl5r.7v0 #

インド人もびっくり

9

9.

  • 2024年01月25日 12:20
  • ID:xabAW7w60 #
10

10. 匿名処理班

  • 2024年01月25日 14:36
  • ID:M9a6Nynu0 #

>>7
どの地域の話だろと、地球全体の影響を与えている可能性があるプレートテクトニクス理論を元にした地殻やプレートに対する理解が進めば進むほど、
どの地域であっても、それに付随して発生して起きる地震や火山などの自然現象への理解が深まるのに何が「脳天気」なの?

狭い地域の知識しか観ないで、何とかできると思っている方が視野狭窄だし、能天気だし、完全に他人事感覚だよね

11

11. 匿名処理班

  • 2024年01月25日 18:24
  • ID:lfYxLrr70 #

そもそも地球が丸いのって真ん中に全てを引き寄せる重力があって、その上に上手いこと石塊が球状に噛み合って引っ掛かってるってだけで、丸いボールみたいな物体が存在してる訳じゃないんだよね

この記事みたいに一部分でもその均衡が崩れたらどうなるんだろうってのに思い馳せると他人事ではないよね

12

12. 匿名処理班

  • 2024年01月25日 21:31
  • ID:vFVpP3Dd0 #

二つに裂けるといっても、上下二層にか!
地殻運動ってつくづく想像を絶することが起こるなあ

13

13.

  • 2024年01月25日 22:03
  • ID:cVZHxEGO0 #
14

14. 匿名処理班

  • 2024年01月26日 10:04
  • ID:tMPGIr0B0 #

日本「地殻変動が怖くない?」
印度「ちべっと、な。」

15

15. 匿名処理班

  • 2024年01月26日 13:48
  • ID:knot5.j50 #

>>3
中身が出るというところからの想像で、デカントラップの再現なんか発生することを想像すると恐ろしいなぁ

16

16. 匿名処理班

  • 2024年01月27日 14:11
  • ID:kkYMDqjU0 #

「地殻構造のインドプレートとは?」の節で
使用されている画像の日本付近に大きな間違いがある

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links