mougenot4_640
 動物たちに楽器を弾かせちゃおう!という試みは、ネット上でもよく目にするのだけれど、彼らの奏でる音を音楽として構成し、アートにしてしまおうというのはなかなか思いつかない、いや、思いついても簡単にはできないと思う。

 そんなアートを実際に実現させてしまった人がいるみたいなので、今日はその作品自体をぜひ体験してほしいんだ。
広告
FROM HERE TO EAR Celeste Boursier Mougenot

 エレクトリックギターの弦に、次々とやって来てとまるのは、70羽のキンカチョウたち。そう、彼らがこの作品の主役なんだ。
mougenot1_640
 鳥たちにとって、ギターの弦は電線や木の枝と同じように見えるらしい。そこにとまって毛づくろいをし、エサを探しに行く鳥たち。そのたびに、不思議な旋律が響き渡る。
mougenot2_640
 この作品は「From Here to Ear」と銘打ったインスタレーションで、ギターと70羽のキンカチョウたちが奏でる音を、空間ごと体験するというものだ。

 インスタレーションっていうのは、大雑把に言えば、展示している空間をすべてひっくるめて一つの作品にしてしまうというようなアートの手法である。
mougenot3_640
 この作品を出店したのは、作曲家であり、現代美術家でもあるセレスト・ブルシエ=ムジュノ氏。
mougenot5_640
 セレスト・ブルシエ=ムジュノ氏は、1961年にフランスのニースで生まれたアーティストだ。マルセル・デュシャンの影響を強く受けたというそのスタイルは、「レディメイド」の既製品、つまり「今現在ここにあるモノ」をアートにするのだそう。

 彼の空間全体を使ったインスタレーションの中で、我々は目で見て鑑賞するだけでなく、耳で音を聞き、その共鳴をもってアートを体験する。ここに登場する鳥たちも、そのインスタレーションの一部なのだ。

 別の会場での作品。
From Here to Ear. Celeste Boursier-Mougenot

 ブルシエ=ムジュノさん日本でも何度か作品展を開催しているので、実際に体験したことがあるっていう人もいるかもしれないね。彼の作品をもっと聴いてみたい!というお友だちは、こちらの動画もぜひ楽しんでほしいな。

 坂本龍一氏も絶賛したという「Clinamen」という作品。
"Clinamen" by Celeste Boursier-Mougenot @ NGV (January 2016)

 ところで生き物と楽器…ときたら、昔大人気だったこの記事を思い出さないわけにはいかなかった。まだ見たことにない人、そういえば…と思いだしてくれた人も、ぜひ一度あのにぎやかなお馬さんを体験してみて!



written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。
あわせて読みたい
ウサギにピアノを教えてみた「やっぱりこいつは天才かも…」器用に鍵盤をたたくビニくんに飼い主も脱帽?


わんことの連弾が実現した?愛犬にピアノを教えてみた結果


これこそロックってヤツだろ?ガソリン缶で作ったギターの演奏を楽しむ保護リス


何て見事なテクニックなんだ!口を上手に使ってキーボードを演奏する馬が発見された


鳴くだけじゃないよ、楽器だっておまかせだわさ。ピアノの腕前を披露するニワトリの奥さん

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

    コメント

    1

    1. 匿名処理班

    • 2021年01月31日 21:34
    • ID:ZceCWol00 #

    なんだかなぁ

    2

    2. 匿名処理班

    • 2021年01月31日 21:38
    • ID:iVok31ar0 #

    予想以上に音楽だった
    池のお皿の人なんだね
    去年くらいにポーラ美術館でやってて見に行きたかったんだ

    3

    3. 匿名処理班

    • 2021年01月31日 21:46
    • ID:2NJnRpvR0 #

    ギターって下からミラレソシミだから、
    何も押さえずに弾いてもあからさまな不協和音にはならない。
    ギャンギャンな音じゃなくて透き通った音ならもっといいかも。
    あるいは12弦ギターとか。

    4

    4. 匿名処理班

    • 2021年01月31日 21:59
    • ID:sJ1kyOfY0 #

    かわいい(直球)

    5

    5. 匿名処理班

    • 2021年01月31日 22:02
    • ID:7SHgTH1q0 #

    スピーカーは別のところにあるの?
    五月蝿そう

    6

    6. 匿名処理班

    • 2021年01月31日 22:11
    • ID:YiHek5tc0 #

    1つ目は幻想的だなと思ったが、別会場の2つ目はロックだった笑

    7

    7. 匿名処理班

    • 2021年01月31日 22:33
    • ID:tGxjrmAg0 #

    可愛くてニヤニヤが止まらんかったwww

    8

    8. 匿名処理班

    • 2021年01月31日 22:40
    • ID:Mbg3PpS80 #

    旋律!
    会場に鳴り響く音色!
    囀りと羽ばたきと軋む弦!
    異なる目撃者の証言!
    キンカチョウだけが知っている

    9

    9. 匿名処理班

    • 2021年01月31日 22:45
    • ID:jGnZcXxS0 #

    かなり和音っぽくなってるしオープンチューニングにしてるのかな

    10

    10. 匿名処理班

    • 2021年01月31日 23:49
    • ID:0svwe9Zt0 #

    音結構大きいけど鳥のストレスにはならんのかな

    11

    11. 匿名処理班

    • 2021年02月01日 02:26
    • ID:BoY5Tc1M0 #

    聴いてたらめっちゃ眠くなった

    12

    12. 匿名処理班

    • 2021年02月01日 03:11
    • ID:cBzGWJuc0 #

    >>1
    愛知トリエンナーレの文鳥展示思い出して少し心配になった
    ケージツ家って飼育のプロじゃないから無理な環境に置いて落鳥させんだよなぁ
    金魚アートもやらかしてるし、こういうのは動物のプロの監修をつけて欲しい

    13

    13. 匿名処理班

    • 2021年02月01日 18:46
    • ID:xjeI7fID0 #

    カポでオクターブ上げやらも数本用意すれば、解放弦のみよりもっと楽しめるんじゃなかろうか?と想像したんだけど、それだけで頭の中で色んな音が鳴ってる( 〃▽〃)

    14

    14. 匿名処理班

    • 2021年02月01日 18:55
    • ID:u1WXbN.p0 #

    鳥とギターと言えば「赤い夕陽よ〜  燃え〜おちて〜 海を流れて〜〜  ど〜こへ〜ゆ〜く〜♪」

    15

    15. 匿名処理班

    • 2021年02月01日 20:02
    • ID:MQDcNzSl0 #

    ※2
    ポーラ美術館の展示、行ったよ。
    食器がぶつかり合う音が苦手でなければ、永遠に見ていられると思う。

    16

    16. 匿名処理班

    • 2021年02月02日 15:45
    • ID:iERBluJ70 #

    渦楽器はいいね
    鳥ギターの発想もすごい
    でも、かわいい小鳥のフォルムに爆音とエコーは似合わないので、小鳥らしいファミコン音源が合うように思う
    小鳥の小気味良い動きを見てると、まさにピコピコだよね
    そこは小鳥に楽器を合わせるか、猛禽類に変えるなどしてほしいな

    17

    17. 匿名処理班

    • 2021年02月03日 18:53
    • ID:dupENG4R0 #

    ちょっと足が心配
    バーチャルピアノにして、ちょんちょん乗ったりつつくと音が出るようなのがいいな

    18

    18. 匿名処理班

    • 2021年02月07日 00:02
    • ID:r.wlb5K50 #

    愛知トリエンナーレの文鳥の件とかあるけどこのアーティストはちゃんと鳥達の生命と環境に留意して展示してんの?
    記事にするならそこもちゃんと調べて書いて。

    お名前
    ADVERTISING
    記事検索
    月別アーカイブ
    ADVERTISING
    ADVERTISING