0_e30

 写真家ロルフ・ミーダーが嵐の中、激しい稲妻がグランドキャニオンを直撃する信じられないような瞬間を写真にとらえた。グランドキャニオンでは、高温多湿が原因で、ここでしか見られない驚異的な夏の雷雨が体験できる。

 これらの写真は、もっとも偉大な自然の驚異のひとつであるグランドキャニオンが暮れなずむ頃、猛烈な稲妻が直撃したドラマチックな瞬間の物語である。
スポンサードリンク

 これらの見事な写真は、息をのむほどの光景をとらえている。1700万年前にこうした形になったと考えられている母なる大地の壁に激しい電流が流れ、火を噴いている。嵐の前の陰鬱な灰色の雲がネヴァダに沈む太陽の前にたちこめ、巨大な真っ白な光の流れがあたりを照らしている。

電気ショック:グランドキャニオンに打ちつける神々しい稲妻
1_e34

絶景
2_e33

自然:グランドキャニオンはまさに畏怖を覚える場所。だが、驚くべき稲妻は自然の驚異にさらにドラマをもたらす
3_e31

 ロルフは、低露出の技術を使ってこれらの写真を撮り、“グランドキャニオン、稲妻の夜”と名づけた。「こんな美しい雷雨にうたれたグランドキャニオンを見られるなんて、最高の体験だ」ロルフはナショナルジオグラフィックにこう語った。

 また、自身のブログの中にもこう書いている。「その生々しい力に、海風の中を飛ぶカモメの写真と同じような脆さと素朴さを感じて、背筋がぞくぞくした。スコット・スタールベルグとホリー・カートと共にセドナから車で二時間かけて、夕暮れのクランドキャニオンを目指した。かなりもやがかかっていたので諦めて、もっといい場所を気長に探そうと決めた。そしてついにモランポイントから、峡谷の東のはずれを荒れ狂う見事な稲妻を堪能することができた」

不穏:灰色の雲がグランドキャニオンの上に集まり、遠くの雲間から稲妻が光り始めた
4_e27

背景:ロルフは低露出の技術で、晩夏の高湿気によって起こった稲妻をとらえた
5_e24

 国立公園局によると、グランドキャニオンだけが、年間平均26000回も落雷にみまわれるという。これは夏の終わりの北米モンスーンが原因かもしれない。ここではあらゆる場所で毎日のように嵐が起こっている。

モンスーンが南東から湿った空気を運んできて、高温とあいまって発達し、局地的な激しい嵐を引き起こす。太平洋の嵐が高地に雪をもたらす冬の間でも、この付近にはにわか雨が降る。

 グランドキャニオンは長さ445キロ、幅29キロ。20億年近い年月をかけて、コロラド大地が隆起し、コロラド川やその支流が岩の層を切り開いて流れをつくってきた。最近の研究から、グランドキャニオンを貫く今のコロラド川の流れができたのは、少なくとも1700万年前だという。それ以来、川は浸食を続け、現在の峡谷の形を作ってきた。

嵐の前:稲妻がやってくる前の、岩の壁に囲まれた峡谷の大地
6_e23

雲の集結:嵐の準備を整えつつあるグランドキャニオン上空の不穏な空。晩夏の大気の状態が、ネヴァダ上空に変わりやすい気候をもたらす
8_e22

黄昏:地平線の向こうに姿を消す直前の太陽
8_e22
via:dailymail・原文翻訳:konohazuku

映像でみるグランドキャニオンの落雷


▼あわせて読みたい
多種多様な地形が四季折々の変化を見せる、壮大なる大自然保管倉庫としての「アリゾナ州」


自然が生み出した大規模テスラコイル、世界超稲妻写真


ブラジルで目撃された巨大な光の柱



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
3124 points
「人間のお医者さん、助けてください!」母猫が我が子を口にくわえ病院にやってきて治療をお願いする(トルコ)

「人間のお医者さん、助けてください!」母猫が我が子を口にくわえ病院にやってきて治療をお願いする(トルコ)

2021年4月3日
2352858427
2位
2974 points
何を話しているんだろう?2匹のキツネが楽しそうにキャフキャフおしゃべり(※要音声)

何を話しているんだろう?2匹のキツネが楽しそうにキャフキャフおしゃべり(※要音声)

2021年4月5日
7002239233
3位
2416 points
宇宙に数か月滞在すると心臓の大きさが4分の1以上も縮むという衝撃の事実が発覚

宇宙に数か月滞在すると心臓の大きさが4分の1以上も縮むという衝撃の事実が発覚

2021年4月2日
5631822328
4位
2022 points
目の見えない犬の帰宅を誰よりも待ち望んでいたのは大親友の猫だった

目の見えない犬の帰宅を誰よりも待ち望んでいたのは大親友の猫だった

2021年3月31日
1521845322
5位
1990 points
毎日同じ時間にサンドウィッチ屋に餌をもらいに来る野良犬。地域住民が協力しあってお世話(アメリカ)

毎日同じ時間にサンドウィッチ屋に餌をもらいに来る野良犬。地域住民が協力しあってお世話(アメリカ)

2021年3月29日
761890321
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2013年11月02日 21:13
  • ID:.p4Ata.O0 #

うつくしい…

2

2. 匿名処理班

  • 2013年11月02日 22:02
  • ID:.5990MK90 #

昔の人が「神の怒り」と考えたのはもっともだよな

3

3. 匿名処理班

  • 2013年11月02日 22:34
  • ID:u5d0rmw20 #

まるで地球創成期の一シーンであるかのようだ・・・
崇敬たる景色とは、まさにこのこと

4

4. 匿名処理班

  • 2013年11月02日 23:13
  • ID:NdI2h8LP0 #

なんつーか自然現象も日本とはスケールが違うな!

5

5. 匿名処理班

  • 2013年11月03日 03:07
  • ID:nv8inWHF0 #

痛そうだな・・・。

6

6. 匿名処理班

  • 2013年11月03日 12:45
  • ID:aKiuOUJA0 #

ロトの末裔はグランドキャニオンにいたのか・・・

7

7. 匿名処理班

  • 2013年11月03日 18:56
  • ID:hMwbNoG80 #

グンマーの日常かと思った

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク