水没
 水と触れ合うことが多いこの時期、お池にはまってさあ大変な時に、知ってて損はない、水没時、車の中はどんなことになってしまうのか映像は、DISCOVERYチャンネルで放映された映像に日本語字幕がついたものなんだ。

 一般的に知られているのが、「車内が水で満たされればドアを開けられる」ってヤツなんだけど、実際にこれが可能なのかどうか、まずはその目でご確認してみて欲しいんだ。
広告
水没した車からの脱出は可能なのか?



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

    コメント

    1

    1.  

    • 2009年07月06日 01:44
    • ID:kTtiklOj0 #

    逆さまに落ちたらヤバそう

    2

    2.  

    • 2009年07月06日 01:48
    • ID:HeaN9rTc0 #

    新しい発見が有るのかと思って観入ったれけど、
    結果が予想通り過ぎてワロタ…w

    3

    3.  

    • 2009年07月06日 02:41
    • ID:TvRmEyrz0 #

    実際落ちたら死ぬな
    パニくって
    夜間ならなおさら

    4

    4.  

    • 2009年07月06日 02:50
    • ID:tVAsXEPK0 #

    実際にこんなことになったら確実にパニックになって冷静なら2分息がもつ奴でも30秒ともたないんだろうな

    5

    5.

    • 2009年07月06日 03:16
    • ID:qWX121Ir0 #

    パワーウィンドウは動かないもんなの?

    6

    6.

    • 2009年07月06日 03:52
    • ID:NcGgTk9D0 #

    怪しい伝説は毎回おもしろいなw
    さすがディスカバリー
    パワーウィンドウに差圧がかかるって
    動画みてないのか?

    7

    7. 狂豚

    • 2009年07月06日 05:08
    • ID:wsUagJuR0 #

    とりあえずセンターポンチ買っとくわ

    8

    8.  

    • 2009年07月06日 05:31
    • ID:VNfuXVix0 #

    一応新たな発見らしきものはある。理屈の上では車が沈みきるまで待って、ドアが開くようになってから息を止めて外へ脱出すればよいけど、実際にはできそうもないということだ。

    9

    9. jd

    • 2009年07月06日 10:33
    • ID:aiywSfdK0 #

    強化ガラスの話は勉強になった。子供も助けるとかムリだな…

    10

    10. DOBU

    • 2009年07月06日 10:42
    • ID:GcQ.WiTo0 #

    ドアガラスはードライバーでも割れる。叩くのではなく縁にあててこじるだけって教わった。フロントガラスはだめだよ。水没してからドアが開くのに1分30以上って、俺には絶対むり、想像してたよりかかるんだなー

    11

    11.  

    • 2009年07月06日 13:05
    • ID:QuHh.2LX0 #

    その辺の一般人が水中で1分30秒以上息を止めるのは無理だ。地上で、腹式呼吸を用いて腹に空気を溜めるイメージで空気を吸えばその辺の人でも1分30秒近く止められるけど、これだって方法知らん人はせいぜい50秒って所だろう。まして水中はわずかなりとも水圧あるし、焦りからぜったい酸素の消費量増えちゃう。
    待つって選択肢はありえないな。

    12

    12.  

    • 2009年07月06日 13:23
    • ID:pptaWejK0 #

    海外のこの手の奴は、隅の小窓に芸人の顔が映ってわざとらしい表情をしてたり、変なスタジオ観客の反応(「おー」とか)、無知な芸人やアナウンサーが必死で台本覚えて解説モドキを「面白おかしく」やってます、なんてのが入ってなくていいな。ああいうの、ウザすぎる。

    13

    13.  

    • 2009年07月06日 17:17
    • ID:YBPVb8Ss0 #

    後ろに乗ってる子供助けるとか
    絶対に無理だね…(´・ω・`)

    14

    14. 名無しさん

    • 2009年07月06日 17:59
    • ID:b.GCNhEQ0 #

    これは勉強になった

    15

    15.  

    • 2009年07月06日 20:35
    • ID:dohgn1UZ0 #

    これはちゃんと検証した価値があったな。
    理屈上では沈みきればドアは開くけれども、実際こんな状況で1分以上息を止められる人間なんていないだろう。
    アダムは何度も練習したからできたのであって。
    多くの人間はもしかしたら、沈みきるのを待ったせいで命を落としたんじゃないか?
    ベストな方法は、脱出用のセンターポンチなどを常備しておき、水に落ちた瞬間すばやくドアを開ける。
    まにあわなければセンターポンチで窓を壊す、ことなんだな。
    前の席の人間が急いでうしろにいけたら後ろの窓から子供も抱えて出られるんじゃないか?
    それも検証してほしいな。

    16

    16.   

    • 2009年07月06日 21:18
    • ID:L1v3x.C80 #

    さぁ息を止めるぞって準備すれば
    俺は1分30秒なら可能。
    だけど準備もなしにいきなりだったら、
    30秒くらいになっちゃうんじゃないかな。

    17

    17.  

    • 2009年07月07日 00:12
    • ID:Bbmcy20.0 #

    自分ひとりなら落ちた瞬間ドア開けでいいだろうけど
    他に同乗者がいたら彼らは流れ込む水流に巻き込まれて脱出できなくなるんじゃない?

    18

    18.

    • 2009年07月07日 00:15
    • ID:XjE63uG10 #

    車が落ちる

    シートベルトをはずす

    浸水中に座席を下げ後部座席の子供を助け

    差圧がなくなったところで窓を破壊し脱出

    “水面まで上がる”
    狭い車内で着衣のまま動くのは困難極まりない。あとエンジンの位置によって車が傾いていく方向も違うはず。
    今回はクレーンがあったから斜めで済んでるが本当なら前後のどちらかに垂直に沈んでいく車内を上下に移動しなければならない。
    いつからだったか後部座席でもシートベルトを着けることを義務付けられたしますます子供を助けるのは難しい。
    落ちた瞬間にドアを開けるのはよほどの訓練をしていない限り反応できないだろう。
    もし浸水中まだ差圧が生じている状態で窓を割ったとすると車外から大量に流れ込んでくる水に押しもどされ脱出に手間取る。
    仮に脱出しても上記の行程の間に車が沈んだ距離を上昇しなければならない。
    そうこうしてるうちに1分2分経過して溺死。
    正解は車内に酸素ボンベを置くことだな。

    19

    19. う

    • 2009年07月07日 01:22
    • ID:TrQ1t1fq0 #

    福岡の事故思い出した。
    パニック起こしながら母ちゃん死ぬほどがんばったんだろに…(;_;)

    20

    20.    

    • 2009年07月07日 08:32
    • ID:nNn9OlQ.0 #

    ※11
    禿同
    水中で、しかも危機的状況下で1分以上の息止めは現実的じゃない
    水位がドアの半分以上来てガラスを割る何らかの道具を持ち合わせて無かったらもう神に祈るしか無いよ
    HAHAHA

    21

    21.   

    • 2009年07月07日 20:08
    • ID:lK3GNRAI0 #

    あれ、爆発は・・・?

    22

    22. いやー

    • 2011年06月26日 00:56
    • ID:lZo3F9Mk0 #

    なるほど〜。
    検証結果を知ってるのと知らないのでは大違いね。

    23

    23. カウンタック

    • 2011年06月26日 01:56
    • ID:wb5Mcay70 #

    ガルウイングはどうなるの。

    24

    24.  

    • 2011年06月26日 11:29
    • ID:cz91zqp40 #

    某湖にサニーを沈めたのは私です
    ドア開かなくてもうシヌと諦めたのですが、湖底で停まったら落ち着いたのでドアあけて(重い)脱出しました
    サニー放置してたら警察から持って帰れと言われたので引き上げ
    レッカー屋で120万取られた(これだけ出しても凄い嫌がられた)

    25

    25. 897+99

    • 2011年06月29日 03:00
    • ID:CGMXAllc0 #

    311を過ぎた今となっては

    お名前
    ADVERTISING
    記事検索
    月別アーカイブ
    ADVERTISING
    ADVERTISING