かふか
 フランツ・カフカの中編小説、「変身」は、ある朝自室のベッドで目覚めると、自分が巨大な毒虫になっていた男の主観を通して人間社会の不条理を描いた有名な作品なんだけれども、その小説の世界観を、シアトルの女性アニメーター キャロライン・リーフが映像化し、Beltesassarの短編アニメーションフェスティバルに出展したものがこれなんだそうだ。
広告
The Metamorphosis Of Mr Samsa

 なかなかのカオスな世界だたったね。こちらは同じ、カフカの「変身」をBlack Moonという劇団が演じた映像だよ。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1.   

  • 2009年05月25日 22:37
  • ID:4DEpqUvg0 #

山沙先生って誰?

2

2.  

  • 2009年05月25日 23:06
  • ID:9a3k78P30 #

グレゴール・ザムザでなんか似たようなの…って、そのもの?w

3

3.  

  • 2009年05月26日 05:09
  • ID:QbcPcl0i0 #

変身(まんがで読破)は軽く読んだ事があるけど理解出来なかった

4

4.  

  • 2009年06月01日 22:08
  • ID:zwY2waQy0 #

退廃的で良さがまったく理解できないわ
誰得

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING