2.4トン級の不発弾を水中で爆破処理
2.4トン級の不発弾を水中で爆破処理 image by:youtube

 派手に飛び散る水しぶきとともに吹き上がった水柱は、ポーランド海軍が水中で第二次世界大戦中の不発弾処理を行ったときのものだ。

 不発弾は「トールボーイ」と呼ばれるもの。2019年9月にバルト海沿岸の港町シフィノウイシチェで、シュチェチン(ポーランド第二の港湾都市)へつながる運河を浚渫している最中に発見された。
スポンサードリンク


Biggest World War Two bomb found in Poland explodes while being defused

75年前の巨大爆弾を慎重に水中処理


 この「トールボーイ」爆弾は全長6メートルで、重さは5トン。その中には2.4トンの爆薬(TNT爆薬3.6トンに相当)が詰め込まれていた。小さな地震を起こせるほどの威力があり、1945年にナチスの軍艦を攻撃したイギリス空軍が投下したものと考えられている。

 ポーランド第8沿岸警備隊のスポークスマンによると、不発弾処理は前代未聞のデリケートな作戦だったとのこと。

 現場から2.5キロの範囲は通行止めになり、周辺住民750名も避難。慎重に作業が進められ、大事なく起爆することに成功した。

 コロナが大流行する今、外出する方が危険だとして、避難を拒否する住民も中にはいたそうだが、それでも住民・建物・インフラに被害はなく、作業にあたった海軍のダイバーも無事だったようだ。

1_e
image by:youtube

 大戦中、シフィノウイシチェはバルト海に駐留するドイツ海軍にとって最重要拠点であり、大規模な爆撃を受けてきた。そうした歴史から、この町ではときおり不発弾が発見されるのだという。

 1945年4月、イギリス空軍第617飛行中隊、通称「ダムバスターズ」はこの地域に駐留するアドミラル・ヒッパー級重巡洋艦「リュツオウ」に12発のトールボーイを投下。今回の不発弾は、このうちの1つであるようだ。

2_e
トールボーイ爆弾 image by:public domain/wikimedia

 「トールボーイ」はイギリスの技術者バーンズ・ウォーリスが第二次世界大戦後期の1944年に、堅牢な構築物を破壊する作戦に投入するために開発した大型爆弾である。

 小型爆弾では効果がない巨大なコンクリート構築物を貫通し破壊することが目的で、ドイツ軍のUボート基地を度々攻撃した。

References:euronews / nbcnews / / written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
第二次世界大戦の爆撃による衝撃波は宇宙の端にまで届いていた可能性(英研究)


ロシアが世界最大の核爆発映像を公開


米軍がベトナム戦争中に実際に使用した珍兵器「便器爆弾」


初公開写真で明らかとなった広島と長崎への原子爆弾投下準備の様子と原爆投下後のカラー化映像


リアル・ボンバーマン。爆弾処理隊の装備の歴史がわかる貴重な写真

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
9865 points
猫氏、無賃乗車が発覚し乗務員に降ろされる

猫氏、無賃乗車が発覚し乗務員に降ろされる

2020年10月16日
2位
5289 points
消防士に保護された子猫、飼い犬に囲まれ育ち犬化が加速(ベルギー)

消防士に保護された子猫、飼い犬に囲まれ育ち犬化が加速(ベルギー)

2020年10月15日
3484913226
3位
4862 points
犬氏「こんな可愛い子たちほっとけない!」散歩の途中で出会った子猫を保護する優しいラブラドール

犬氏「こんな可愛い子たちほっとけない!」散歩の途中で出会った子猫を保護する優しいラブラドール

2020年10月17日
834769010
4位
3940 points
ちっちゃかわっ!5匹のコツメカワウソの赤ちゃん生まれたよ(ニュージーランド・オークランド動物園)

ちっちゃかわっ!5匹のコツメカワウソの赤ちゃん生まれたよ(ニュージーランド・オークランド動物園)

2020年10月19日
5位
3938 points
人間を信じていいんだ。捨て置かれていた犬が保護され、全ての人にギュッと抱き着いて愛情を示すまでの物語(アメリカ)

人間を信じていいんだ。捨て置かれていた犬が保護され、全ての人にギュッと抱き着いて愛情を示すまでの物語(アメリカ)

2020年10月18日
803834024
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年10月15日 20:55
  • ID:.FRySULE0 #

魚が気絶し大量に浮かばなかったのかな

2

2. 匿名処理班

  • 2020年10月15日 20:55
  • ID:X1ahAQ4.0 #

リュツオウは元ドイッチュラントというポケット戦艦のほうですね。
同じ名前の艦があるのでややこしい。

3

3. 匿名処理班

  • 2020年10月15日 21:15
  • ID:Q.U5L3k30 #

これ本来は爆発させずに爆薬だけ燃やすつもりだったから処理失敗してるんだよね。
結果的に被害はなかったようで良かったけど。

4

4. 匿名処理班

  • 2020年10月15日 21:34
  • ID:d.lU0Elr0 #

この爆発の仕方をみてると劇場版仮面ライダーV3思い出すな
イメージでいうと無人島爆破したシーン辺りを

5

5. 匿名処理班

  • 2020年10月15日 22:04
  • ID:zSkzUqMQ0 #

ダムバスターズというと水切りしながら建造物を破壊する反跳爆撃というトンデモ兵器を運用した部隊だと記憶しているがこの爆弾はその後に使われたものか
さすがに反跳爆弾ばかり使ってたわけじゃないんだな……

6

6. 匿名処理班

  • 2020年10月15日 22:23
  • ID:zOJShB100 #

ヘーイ 鳥ビビってるビビってる ヘイヘーイ

7

7. 匿名処理班

  • 2020年10月15日 23:16
  • ID:dhzIUtJ30 #

WW2で使われた爆弾でこれが最大かというとトールボーイ
のあとに開発されたグランドスラムってのもがありまして、
重量威力ともにトールボーイの2倍くらいあります。
こちらは、天井の厚さ5〜6mあるコンクリート製の潜水艦
ブンカーを一発で破壊できたとか

8

8. 匿名処理班

  • 2020年10月16日 00:35
  • ID:7CfpYzl50 #

>>1
人「爆弾は水中で爆発させるか」
魚「えっ」

9

9. 匿名処理班

  • 2020年10月16日 00:39
  • ID:3U1ePZ.R0 #

日本でも今でも不発弾いっぱい見つかるよね。沖縄はもちろん東京や神戸とか空襲のあったところならどこでもあちこち…

10

10. 匿名処理班

  • 2020年10月16日 04:32
  • ID:ceOWnE2m0 #

日本でもおととい東北の港湾で見つかって昨日海自が水中爆破処理したんですけど…ポーランドの話題よりタイムリーなんだけどな。

11

11. 匿名処理班

  • 2020年10月16日 05:57
  • ID:bQM2O0Rc0 #

ヒトラーの忘れものか

12

12. 匿名処理班

  • 2020年10月16日 07:25
  • ID:tg9khazF0 #

ハダカで潜水中におならするとこうなる。

13

13. 匿名処理班

  • 2020年10月16日 10:27
  • ID:mWnVy9.h0 #

※8 

魚「ぎょっ?!」

14

14. 匿名処理班

  • 2020年10月16日 13:32
  • ID:cODf7DWH0 #

そのころのはやりなんですかね。米国でもファットマンとかリトルボーイとかいう名前の兵器がありましたね。

15

15. 匿名処理班

  • 2020年10月16日 13:52
  • ID:4vPwoUnz0 #

>>1
事前に川の上流と下流に網張ってないと入ってくるよね

16

16. 匿名処理班

  • 2020年10月16日 14:36
  • ID:VPrbksue0 #

そのうち核の不発弾なんてのが出ないことを祈るよ。
まあ核は劣化するから時間がたてば爆発しなくなるだろうけど。

17

17. 匿名処理班

  • 2020年10月16日 16:30
  • ID:9JufQr2E0 #

5トン積んで離陸できる爆撃機があったんだね〜凄いわと感心

18

18. じょん・すみす

  • 2020年10月16日 16:32
  • ID:sdJaEIGD0 #

※16
ソ連での核実験の際に、不発になった核爆弾が有った
とか言う話を聞いた事が有ります。
その後どうしたか、については聞いて無いんですが・・・

19

19. 匿名処理班

  • 2020年10月16日 17:36
  • ID:R.fvH.0s0 #

>>5
モスキートじゃこのクラスの大型爆弾運ぶのは無理よ
ランカスターとかの四発の重爆が一発懸架するのがやっと

20

20. 匿名処理班

  • 2020年10月16日 18:21
  • ID:vJ3qr.gz0 #

石原軍団に引き渡していれば有効利用してくれたかもしれない。

21

21. 匿名処理班

  • 2020年10月16日 22:19
  • ID:.z6Ui.9k0 #

※19
トールボーイ、グランドスラムを運用できるのはランカスターの専用機だけで通常型は無理。爆弾がでかすぎて専用に改造した爆弾倉じゃないと懸架できないんだわ。恐ろしいことにこの専用機は必要な搭載量を確保するために防弾用装甲板や防御用機銃まで外して軽量化していた。

しかもこの2種類の爆弾はものすごい高価だったので(グランドスラムは終戦までに40発程度しか生産されなかった)、普通の爆弾は爆撃任務の遂行が無理と判断された場合、着陸時の安全確保のために海上投棄するんだけど、投棄せずに爆弾を搭載したまま帰還した。

22

22. 匿名処理班

  • 2020年10月16日 22:57
  • ID:0Ex92TFU0 #

※10
でもそれ5t爆弾やないやろ

23

23. 匿名処理班

  • 2020年10月17日 12:21
  • ID:qydg1DuY0 #

>>11
いやwこれ作ったのイギリスだか

エリザベスの忘れ物とかチャーチルの忘れ物になるんじゃない

24

24. 匿名処理班

  • 2020年10月17日 12:25
  • ID:qydg1DuY0 #

>>17
イギリス軍戦略爆撃機
アブロ ランカスター
爆弾
最大搭載量: 10,000 kg
標準搭載量: 6,400 kg

最大2発ま搭載可能

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク