cover_e55
image credit: youtube

 コロナが蔓延する今、感染者を増やさないために、もはや社会的距離(ソーシャルディスタンス)の確保は世界の共通の認識となっている。

 その距離は約2メートルほどと言われているが、もっと離れる必要があるとも言われている。だがどれほど言葉や統計を示しても実感がわかないという人もいる。

 そこで、アメリカのオハイオ州保健省は、ピンポン玉とネズミ捕り器を使った実験動画をYoutubeに投稿し、社会的距離をとることがいかに大切かをわかりやすく紹介した。
スポンサードリンク


Flatten The Curve

ピンポン玉とネズミ捕り器で2つの実験を行う


 オハイオ州保健省は、物理的な距離を維持することの重要性を視覚化する非常にクリエイティブでタイムリーな動画を公開した。

 最初の実験では床にピンポン玉が乗ったネズミ捕り器を、間隔を詰めて配置。

2_e27
image credit: youtube

 そこへ、上からピンポン玉1つを投げ落とす。ボールは配置されたピンポン玉の1つに当たり、そのその衝動を受けた周りのピンポン玉も次から次へと跳ね返った。

 瞬く間に、跳ね返るピンポン玉の領域は広範囲に及び、床はカオス化した。

3_e15
image credit: youtube

 次に、ピンポン玉が乗ったネズミ捕り器を一定の間隔を開けて配置。上からピンポン玉を投げ落としてみると、ピンポン玉は床上のどのピンポン玉も妨害することなく、ネズミ捕り器の連鎖反応はおこらなかった。

 スペース(社会的距離)を置くことでカオス化(感染拡大)を防ぐことができたのだ。ピンポン玉をコロナウイルスだと考えれば一目瞭然だ。

space_e
image credit: youtube
 

マッチ棒を使って視覚化した映像も


 また、ロサンゼルスのアーティストは、マッチ棒をつかって社会的距離の重要さを示した動画を作りインスタグラムに公開した。

 マッチの炎は次々と燃え移っていくが、
 1本が移動するとそこで炎の連鎖はストップする。


 ちなみに、オハイオ州は現時点では同規模のミシガン州やペンシルベニア州、イリノイ州のコロナ感染症例と比較して3分の1未満の症例数となっており、最近も物事が適切に進められているとして称賛されたばかりだそうだ。

 オハイオ州のマイク・デワイン知事は、同州で積極的なシャットダウン措置を開始した最初の知事の1人だという。彼が、記者会見で語っていた言葉が印象的だ。

我々1人1人が、この戦いに参加しています。ですが、戦場に出る必要はまったくありません。ただじっと家にいるだけでいいのです。

written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
50年間社会的距離を置き山小屋で1人暮らす男性が、自宅待機中で葛藤する人々におくる5つの暮らしのヒント


マクドナルド、ロゴマークのゴールデンアーチを分断し「社会的距離の実行」を呼び掛けるキャンペーン


社会的距離を保ちつつファストフードを届ける方法=アイスホッケースティック


精神的な社会的距離は猫で縮まる!?自宅待機中の住民たちが窓越しからネコミニケーション(アメリカ)


社会的距離を取りつつ困っている人を助けたい。トイレットペーパーがなくなった友人にドローンで配送(アメリカ)


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
30975 points
「猫に夫を奪われました」そう語る妻の嘆きを証拠写真と共にご覧ください

「猫に夫を奪われました」そう語る妻の嘆きを証拠写真と共にご覧ください

2020年9月11日
2位
11479 points
あの犬型ロボット「Spot」が手のひらサイズに!動きもそっくりに再現した四足歩行ロボットが販売決定

あの犬型ロボット「Spot」が手のひらサイズに!動きもそっくりに再現した四足歩行ロボットが販売決定

2020年9月11日
3位
9453 points
「私は人間の敵ではない」人工知能が生成した文章が不吉すぎて震えるレベル

「私は人間の敵ではない」人工知能が生成した文章が不吉すぎて震えるレベル

2020年9月10日
4位
7561 points
生まれて間もない我が子を抱きしめながら眠るオオカミのお母さん

生まれて間もない我が子を抱きしめながら眠るオオカミのお母さん

2020年9月9日
5107023424
5位
4105 points
うれしいニュース。死んだ我が子を運びながら17日間共に泳ぎ続けたあのシャチが再び出産。今度の子は元気に育っていた。

うれしいニュース。死んだ我が子を運びながら17日間共に泳ぎ続けたあのシャチが再び出産。今度の子は元気に育っていた。

2020年9月8日
4583630215
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 16:51
  • ID:tbNlHWcg0 #

わかりやすいけど間隔の広い方は、果たして何回
撮り直したんだろうか。と勘ぐってしまう

2

2. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 16:57
  • ID:H5nTdpBa0 #

('ω')ノ「おはいおー!」

3

3. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 16:58
  • ID:p0SCCOLV0 #

マッチ男近すぎだろ

4

4.

  • 2020年04月14日 17:00
  • ID:THL098950 #
5

5. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 17:47
  • ID:cfuCXP.10 #

自分はこういう全く無関係のアイテムで例えられると逆に理解が遠のいてしまうタイプ。伝えたいことはわからなくもないんだけど、全てのネズミとりが載せてる卓球のボールが何を意味するのかとか、マッチの燃え尽きは回復というより死をイメージしてしまうなとか、例えに使われたアイテムの特性の方に意識がいってしまうので…。スーパーカメラで撮ったクシャミの映像でもおとなしく見ることにします。

6

6. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 17:47
  • ID:SVkgmGRi0 #

※1
たとえどれかにあたったとしても、その後の拡散の具合は遅くなるなるのではないかと推測は出来るわな。詰め詰めにしたのと比較したら。

7

7. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 18:03
  • ID:Znlz6BpV0 #

ちょっとずれた例え、嫌いじゃないw

8

8. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 18:13
  • ID:M6yKiQnl0 #

つまりマッチを歩けるようにすればいいと

9

9. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 18:17
  • ID:Bo9qQZgY0 #

表行きてえなぁ……体衰えてくだけだし。

10

10. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 18:33
  • ID:pSZdXd0g0 #

カミオカンデの破損事故思い出した

11

11. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 18:41
  • ID:I.s24LmN0 #

なんというか、人間って恐らく生物的な本能として密集したがるもんなんだと思う。
それに安心感を覚えるんだよ。 

集団の中に埋没することで、個を希薄にさせることで、自分へ向けられる敵意やリスクを最小化させようとする。 これは考えてやってることじゃなくて、本能だよね。

人間に限った話じゃないけど、そういう生物って沢山いる。 集団になりたがる生物や、狭い空間、暗い場所に隠れようとする生き物。 孤立は元来生命を危険に晒す行為。 これが裏目にでるようなこと(今回のような伝染・感染病)ってほぼ想定されてないんだろうね。
自然界でも、そうそう起こるようなことないし。

12

12. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 18:50
  • ID:xpk..Wdu0 #

効率化 労働生産性

喉元をすぎれば元通りになります
資本主義だから

13

13. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 18:57
  • ID:GIY..7Xp0 #

核分裂と同じなのね

14

14. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 19:07
  • ID:TqQvVY420 #

よくこんなアイデアが浮かぶなぁ、さすが

15

15. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 19:11
  • ID:t2BOkCDq0 #

こういう余計な文字を省いてしっかり伝えてくる映像好き

16

16. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 19:46
  • ID:M6yKiQnl0 #

※6
むしろそうやって「これだけお互いが離れていると、例えぶつかっても拡散は途中で止まりますよ」動画にした方がいいと思う

17

17. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 20:24
  • ID:Ku.clnE.0 #

※1
つまり、間隔を広く取ったところで無駄だって言いたいの?

18

18. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 20:56
  • ID:NOXu.6gI0 #

※9
筋トレしようや

19

19. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 22:02
  • ID:PjX.HiD30 #

※16
このほうがわかりやすいよね。
現実のピンポン玉(コロナ)はネズミ捕り(人間)にぶつかってるわけだし。

20

20. 匿名処理班

  • 2020年04月14日 22:22
  • ID:xwFXTjRk0 #

これ以前同じパフォーマンスが核分裂連鎖反応の視覚化として流行ったよね

21

21. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 00:18
  • ID:XLRjyc340 #

何でもそうだけど適度な距離感って大事だよね
コロナに関しては都市部への人口集中も裏目に出てる気がする

22

22. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 08:34
  • ID:2OzyoVN10 #

マッチ棒のやつで昔の火消しを思い出した
拡大しないために周りの家ぶっ壊すやつ

23

23. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 08:37
  • ID:Fk38uVrZ0 #

コレ三密を避けろって話よね。
え?良い?
病院内って完璧に三密なんだけど、医療従事者も避けていい?
違うよね?

24

24.

  • 2020年04月15日 09:43
  • ID:4MF1Xxbh0 #
25

25.

  • 2020年04月15日 10:37
  • ID:Fk38uVrZ0 #
26

26. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 13:52
  • ID:Rm0Nzrba0 #

>>9
お散歩は大丈夫だよ。
子供達が集まってそうな公園は避けて
家の周りをジョギングされてみては?

私は犬と散歩に行ってきます!

27

27. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 15:54
  • ID:yrdXQ7600 #

ソーシャルディスタンス?
ソーシャルディスタンシング?

28

28. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 18:30
  • ID:.AdWZLON0 #

※23
まーた0か100かでしか会話できない
感染拡大を防ぐよう心がける人が増えれば病院に運ばれる患者も減るし医療従事者のリスクも下がるんだよ

29

29. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 19:27
  • ID:JME.q7Jl0 #

>>16
多分止まらなかったんやな

30

30. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 21:28
  • ID:sb4vf0v30 #

※1 本物使わなくても最近はCGという手があるんやで?(これは実写かもしれませんが

31

31.

  • 2020年04月15日 21:56
  • ID:Fk38uVrZ0 #
32

32. 匿名処理班

  • 2020年05月02日 16:45
  • ID:AibDTRWl0 #

※17
そういうことじゃねーだろ
お前理系かよ

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク