0_e1

 毎年3月の春分の時期、イランでは日本でいうところの元旦を迎える。イラン(旧ペルシャ)暦の元日「ノウルーズ」だ。

 この日を晴れ晴れしく迎える為、ノウルーズが近づくと、イラクの人々はラグを外に干して叩き、一年の埃をとる。

 だいたい3月20日前後が休日になるが、さまざまな祝賀儀式や伝統行事で何週間も祝う。

 ノウルーズを祝うため、米国議会図書館が初めて、珍しいペルシャの写本、リトグラフ、13世紀にさかのぼる書物155点をオンラインで利用できるようにした。
スポンサードリンク

歴史的に貴重な写本や書物の数々


『イーリアス』や『オデュセイア』のような、イスラム前のペルシャについての叙事詩『シャー・ナーメ』や、タージ・マハールの建設を監督した17世紀のムガール帝国皇帝、シャー・ジャハーンの生涯を描いた文献、さらに、宗教、哲学、科学についての写本もある。

1_e2
ジェームズ・スキナーの本より、インドの生活について。外科医がアヘンを使って患者の脚を治療しているところ。

 アラビアやトルコの歴史があったこともあり、さまざまな言語で書かれているものもある。この広範囲なコレクションの多様性は、これらがいかに国際色豊かだったかを示している。

2_e2
『Ghazalīyāt-i shaykh Saʻdī』という本からの写真。古いペルシャの詩の抜粋がおさめられている。
image credit:Library of Congress

ペルシャの様々な地域性を見ることができる


 「今日のわたしたちは、ペルシャとイランは同じだとインプットされているが、このコレクションを見てもらえば、さまざまな地域性があったことがわかる」と言うのは、議会図書館のアフリカ・中東地域担当専門家、ヒラード・ディナヴァリ。

 「これは同種均一のものではなく、インド、トルコ、中央アジアなど、さまざまな地域色が影響している。さまざまな民族の多様な人々が、この伝統に貢献している」

 このコレクションの多様性をひとまとめにしたひとつの例がある。19世紀始めの英軍中佐で、アングロインディアン(インド在住の英国人)のジェームズ・スキナーによる、『History of the Origin and Distinguishing Marks of the Different Castes of India』だ。

 この本は真の意味の文化の融合だと、ディナヴァリは言う。ほぼ3分の2が、ヒンデゥ・インドに特有の部族、伝統、職業などについて書かれていて、インドで語源的につながりの深かったペルシャ語で書かれ、厳選されたイラストブックの中ではあまり取り上げられなかった、一般の人々の日常生活も扱っている。

3_e3
スキナーの本に出て来る動物使い。彼はペルシャ語で自伝も書いている。

後世に歴史を残す。書物のデジタル化プロジェクト


 コレクションのほとんどは、1930年代に美術商のキルコー・ミナシアンから図書館が取得したものだ。

 デジタル化が始まる前の2014年には、展示するには脆すぎる材質の写本に特別に重点をおいて、40前後のアイテムが展示された。

 このデジタル化プロジェクトは、ほぼ終わっていて、あと15ほどの写本を残すだけになっている。これらをすべてまとめるアイデアは、過去と現在をつなぐのに大いに役立つだろう。

 「わたしたちがやろうとしていることは、昔の写本を通して、ペルシャ世界の書き物の伝統を展示するだけでなく、それらを現代世界に持ち込むことでもある」ディナヴァリは言う。

 「古代の遺物や骨董品のように見せるのではなく、それが現代にも続いているという継続性を示したい」

4_e2

6_e1

 これらペルシャの古い写本や書籍を見るには、『 Persian Language Rare Materials  |  Digital Collections  |  Library of Congress』から。

References:1,000 Years of Literary Tradition in Rare Persian-Language Manuscripts Now Online at Library of Congress | Library of Congress/ written by konohazuku / edited by parumo

あわせて読みたい
オカルト本のコレクション3,500冊分がオンライン公開予定


ルネサンス期、独創的な発明品を考案した鬼才「ジョバンニ・フォンタナ」の描いたイラスト図が無料ダウンロード公開中


日本の地図も!16世紀に描かれたファンタジー盛りだくさんの世界地図がデジタル化公開(イタリア)


チャールズ・ダーウィンの偉業を後世に伝えるデジタル・アーカイブプロジェクト


浮世絵からゴッホやピカソも!シカゴ美術館が5万点以上の所蔵作品の画像を無料ダウンロード公開

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.

  • 2019年05月08日 19:21
  • ID:1xyOyX.H0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 19:36
  • ID:JiSY3Mp00 #

魔法少女のペルシャじゃない

3

3. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 21:38
  • ID:Fxsa.c5i0 #

ペルシャの武器の資料として素晴らしい

4

4. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 22:54
  • ID:naGw2fbn0 #

たぶんミニチュアブックじゃなくてミニアチュールの本じゃないかな

5

5. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 23:03
  • ID:kVCqgLkj0 #

千一夜物語をふすまの隙間から見た思ひ出

6

6. 匿名処理班

  • 2019年05月09日 10:49
  • ID:sdmwNUwu0 #

歴史的に貴重なものっていうのは置いといて、
絵だけを見るとそんなに上手ではないよね。
写実的というよりは抽象的な絵だけど、個人的には日本の方がいいな。

7

7. 匿名処理班

  • 2019年05月09日 11:54
  • ID:VrWXtwdb0 #

馬が青いのはなんでなの?そういう品種がいたの?
それともただ単純に絵として黒い馬を書いちゃうと塗りつぶれちゃうから青で描いてるだけなのかな。

8

8. 匿名処理班

  • 2019年05月09日 12:19
  • ID:eFAat5qq0 #

>>7
馬の口くつわが青銅製でそれを舐めながら育って毛並みに青が現れる、ワザとそうしてたのか偶然なのかはわからないが、歴史的にも多く現れる事から、そういう風に育ててたのかもしれない

9

9. 匿名処理班

  • 2019年05月09日 12:21
  • ID:eFAat5qq0 #

>>6
構図の問題だね、おそらく文字文化でその補足としての挿し絵的なものだから絵画というより説明図だから、そこまで構図にはこだわってないのか、文化がないのかだろうね

10

10. 匿名処理班

  • 2019年05月09日 12:22
  • ID:eFAat5qq0 #

ペルシャ人は今のイラン人とは全然違うからな、

11

11. 匿名処理班

  • 2019年05月09日 18:28
  • ID:QzVhzZmX0 #

西洋が中世の暗い時代に、アラビアは文明が花開いていたからね。とても繊細で華麗な文化という気がする。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク