no title

 美しく繊細な蝶に魅了される人は世界中にたくさんいるが、アメリカで蝶の羽を修復した女性のエピソードが話題になっている。

 「蝶を見たら私を思い出して」という亡き母の言葉をきっかけに、蝶の幼虫を育てていた彼女は、ある日のこと、羽がボロボロで羽化した蝶に心を痛める。

 そこで、蝶々の羽の修復方法を学び、死んだ蝶々の羽を利用して欠けていた部分を見事に修復した!

 羽がつながった蝶は、生まれて初めて飛び立つことができた。
スポンサードリンク

「蝶を見たら私を思い出して」亡き母の言葉


 テキサス州在住の刺繍家で、プロの衣装デザイナーとして活躍するロミー・マックロスキーさんは、数年前に母親をがんで亡くした。

 その後、悲しみに打ちひしがれるロミーさんを支えたのは、亡くなる直前に母親が遺したこんな言葉だった。

 「ロミー、大丈夫。心配しないで。私はあなたの様子を見に来るから。だから、これから蝶を見かけたら私があなたを愛してることを思いだして」
 
 たとえ体を失っても心はここにある。ロミーさんの母親は、愛しい娘を励ますためにそう言い遺して息を引き取ったのだ。


蝶の幼虫を飼育して成長を見届けるロミーさん


 だが、ロミーさんは蝶と出会うのをただ待つのではなく、さまざまな蝶の世話をするようになった。

1_e
image credit:facebook

 庭で蝶の幼虫をみつけたら、安全な室内に保護して飼育する。そして羽化まで見届けると、飛べるようになった蝶たちを外に放してやるのだ。

2_e
image credit:facebook

 こうしてたくさんの蝶を育ていたロミーさんだが、昨年1月に特別な世話が必要なオスの蝶と出会った。

片羽が破れて羽化したオスの蝶(オオカバマダラらしい)
3_e
image credit:facebook

 その蝶は片羽が破れた状態で羽化したようだ。それ以外は健康そのものだが、この羽では自力で飛ぶのも生きるのも無理だった。


友人が教えてくれた羽の修復方法を応用


 ロミーさんは気の毒な蝶の行く末を案じ、寿命が尽きるまで屋内で飼育すると決心。が、その直後になんとボロボロの羽を直す手段を知ることになる。

 親切な友人が、蝶の羽を修復する動画を教えてくれたのだ。普段からビーズ付きの衣装を作るなど細かい作業が得意なロミーさんにとって、それは身近で応用が利くものだった。

 動画を参考に計画を立てた彼女は、タオル、ハンガー、接着剤、つまようじ、綿棒、ハサミ、ピンセット、そしてタルカムパウダーなどを用意した。

4_e
image credit:facebook

 それから同じ種類の死んだ蝶を用意した。その蝶は羽化の途中で死んでしまった個体だったが、その羽をもう一匹の蝶に移植するのだ。


初めて蝶の羽の移植に挑戦。結果は…


 ハンガーの輪の部分で生きている蝶をそっと固定し、ハサミで裂けている部分をきれいに整えた。羽を切るのは痛そうだが、蝶にとってはヘアカットと同じ感覚だという。

5_e
image credit:facebook
 
 次に細心の注意と正確さをもって、死んだ蝶から切り取った羽の切片を生きている蝶の羽に移植した。

6_e
image credit:facebook
 
 そして接着剤で固定した後、その部分にタルカムパウダーを数回振りかけた。こうしておくと乾くにつれてはみ出した接着剤の粘着性が失われるのだ。

7_e
image credit:facebook

 この手術は幸いにもうまくいき、欠けていた部分をほぼ元通りに補修できた。

top
image credit:facebook

接いだ羽で空に飛び立った蝶


 安静とたっぷりの蜜を与えられた術後の蝶はようやく回復の兆しを見せた。初めて外に出すと、元気に羽をはばたかせた。

8_e
image credit:facebook

 「私はひどく緊張してました。でも、子供に自転車の乗り方を教えるみたいに応援したら庭を飛び回ったんです!とても驚きましたが同時にホッとしました」

 そして一周した蝶が枝に止まった時、ロミーさんは手を伸ばした。
 とっさに安全な家の中に戻してやらなきゃと思ったのだ。

9_e
image credit:facebook
 
 だが、蝶は差し出した手には乗らなかった。
 彼女が接いだ羽をちゃんと使って飛んでいったのだ。

 「心から幸せな気分になりました。ちょっとうまく説明できませんが、幸福を感じたんです。空に羽ばたいて行った彼と一緒に私の心も舞い上がりました」

亡き母親の思い出を胸に蝶を育て続けるロミーさん
10_e
image credit:facebook

 「私は蝶を放す時に愛してるわ、と声をかけて旅の無事を祈ってるんですよ」

 心を慰めてくれる蝶たちへの自分なりの恩返しとして、その成長を見守るロミーさん。彼女のエピソードは多くの人にシェアされ、大きな反響を呼んでいる。

References: facebookなど /written by D/ edited by parumo
あわせて読みたい
パタパタ動くよ!北米42種の蝶々図鑑


ハチがなつくだとぅ!?羽のないマルハナバチを保護した女性、忘れられない友情を育むことに


感嘆・・・色の魔術師、蝶や蛾の翅のゴージャスな25のマクロ写真(+動画)


”猫のゴロゴロ” から ”宇宙の始まり” まで、いまだ完全解明には至っていない20の自然現象


森全体が蝶のヴェールで身を包む。ギリシャ、ペタルデスにあるファンタジー世界、蝶の谷【高密度注意】


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年02月01日 22:42
  • ID:0z7uL56h0 #

左右の大きさ違うし
鱗粉取れたら飛べなくなるし

2

2. 匿名処理班

  • 2019年02月01日 22:44
  • ID:XSwaWQ4E0 #

蝶々蝶々いい感じ

3

3. 匿名処理班

  • 2019年02月01日 22:45
  • ID:luMbi.jG0 #

剥がれたりしない?
それだけが心配だ。

4

4. 匿名処理班

  • 2019年02月01日 22:54
  • ID:7mKxqIAD0 #

この発想は無かった。

5

5. 匿名処理班

  • 2019年02月01日 22:56
  • ID:nyC1NSap0 #

差し出した手に戻ってこないことが
素敵な場合もあるんやなって

6

6. 匿名処理班

  • 2019年02月01日 23:10
  • ID:MQgQOmbR0 #

「蝶を見たら私を思い出して」
映画のワンシーンみたいな素敵な台詞だな

7

7.

  • 2019年02月01日 23:11
  • ID:Y2cfTTpA0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2019年02月01日 23:14
  • ID:cZuv2EM70 #

これはすごい

9

9. 匿名処理班

  • 2019年02月01日 23:21
  • ID:9N.gzhSS0 #

たとえば仮に、数日で飛べなくなって死んだとしても、飛べないまま死ぬよりは蝶にとって幸せなんじゃないかなと思ったりしました。

10

10. 匿名処理班

  • 2019年02月01日 23:27
  • ID:0rcvOXKP0 #

まず生きたままの蝶にアレコレできたのがすごい!
蝶々を捕まえたことある人ならわかるとおもうけど、羽のつけ根を押さえてないと、いや例え押さえてても暴れてすぐに脚がもげたり羽が破れたりしそうになるし、麻酔なんかできないし…
職人とはいえ、本当に繊細極まる作業だと思う
色々な意見があるだろうけど、自分はその超絶技巧に惜しみない賛辞を送りたい

11

11. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 00:06
  • ID:h4u4Groa0 #

お母様の遺言センスに涙腺崩壊

12

12. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 00:11
  • ID:r2dsdojG0 #

人間に例えると、先天的に腕が短い人の先っぽを切って、死んだ人の腕を接着剤で付けた。血も骨も神経も無視して、とりあえずくっつけた感じ。すぐとれるって。うまくいくわけないやん。

13

13. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 00:12
  • ID:.3igBMYM0 #

「黄色い蝶を見ると幸運になれる」とか言う話があるけど、「今は真冬だから蝶なんか見られないだろう」とか思っていたら、思わぬところで黄色い蝶が見られたよ。

ありがちゅう、パルモタン。

14

14. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 00:12
  • ID:5S.cg5.x0 #

オオカバマダラって成虫も幼虫もなんか風格あるなあ
アメリカで特別扱いされてるっぽいのもうなずける
モナークって名前もかっちょいい

15

15. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 00:14
  • ID:l6tYeSpB0 #

「自由人(フリーマン)HERO」のぷるるちゃん(虫人(むしびと)の少女)のエピソード思い出した

16

16. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 00:15
  • ID:hkqN9lk90 #

>>1
こんなコメ承認すんなよ

17

17. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 00:16
  • ID:jYRiC22l0 #

成虫寿命の10日ぐらいは大丈夫だろさ

18

18. 特濃4.3%

  • 2019年02月02日 00:21
  • ID:AEXIUQ1I0 #

チョウは羽全体の70%を失っても日常の活動をするのが観察されてもいるらしい。
とはいえ、このオオカバマダラはカナダからメキシコまで3000キロを旅するからなぁ(世代に渡って)。しっかりした翅が必要かも。

19

19. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 00:52
  • ID:q0f3U1000 #

こうして、遺伝子疾患のある個体の遺伝子が後世へ残る事になり、この蝶の子孫には羽が破れた蝶が多数出現
結果として、この女の見えない所でより多くの蝶が死ぬ事になったのであった

20

20. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 01:04
  • ID:nwVmVt0l0 #

そうか、そうか、つまりきみはそんなやつなんだな。

21

21. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 01:07
  • ID:KTFFYdNW0 #

まぁ正常な羽よりも劣る羽で野に放ち鳥に直ぐ食われたとしても俺は好きだぜこういうの

22

22. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 01:08
  • ID:HddZB1.u0 #

蝶にさえ手を差し伸べるその深い愛に感動した

23

23. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 01:26
  • ID:50tEJeNv0 #

飛べるようになってよかったね、心がほっこりした!素敵な蝶生を!

24

24. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 01:33
  • ID:rVZF2i980 #

これは良い事をしたのかどうか自分には分からないなぁ。
価値観の違いだな。

25

25. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 01:44
  • ID:BC3lpYWo0 #

弱った蝶の夢を見たら、それは近しい者が危機的状況に陥っているサインかも知れないから気を付けろって話は聞いたことがある。

26

26. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 02:09
  • ID:95DLIDtA0 #

良かった。俺はそう思うよ。

27

27. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 02:58
  • ID:BBVlti.30 #

>>9
数日以内に交尾できて子孫を残せたら蝶としても満足なんじゃないかな
カゲロウの仲間には生まれて数時間で交尾して1日経たずにタヒんでしまう種もあるしね

28

28. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 03:09
  • ID:EOmNqibr0 #

接着剤によるわずかな重さや羽の形の不均衡も
小さな蝶の体には大きな影響だと思うけど
滑空でなくて本当に飛べたのなら凄い!

29

29. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 04:00
  • ID:RIvZiVTX0 #

>>9
深いなぁ…

30

30. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 04:52
  • ID:tXQyjsuM0 #

どうせすぐ取れる

31

31. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 05:59
  • ID:jH74wM.H0 #

超うれしい〜

32

32. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 06:13
  • ID:9oFYme7t0 #

昆虫に接着剤使っても負荷にならずに飛べるとは思わなかった

33

33. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 07:14
  • ID:KOcet36b0 #

小学生の頃、庭のミカンの木についたアゲハの幼虫を父親が見つけ次第踏み潰してしまうので、先回りして幼虫を回収し、虫かごの中で山椒の葉っぱを与えて育て、羽化したら外に放すのを繰り返してた。
ある日、幼虫を虫かごに移す為に持った時、誤って体表を傷付けてしまった。
幼虫は体液を出しながらのた打ち回り、やがて動かなくなった。
この事がショックで、幼虫を育てるのを止めた。

自分のやった事は間違っていたのだと思っていたけど、この記事で同様に育てている人がいると知り慰められた気がした。
ありがとうパルモさん!

34

34. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 07:22
  • ID:i4mHXssH0 #

>>1
大丈夫。飛べなくなるその前に、蝶の寿命が尽きる。

35

35. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 08:16
  • ID:JNJpG.ZG0 #

雪の中に放り出された黒猫たちの記事を見た後だから、余計に心を揺さぶられた。
3つの小さな命(しかも人間と同じ哺乳類)のことなど気にしない残酷な人間と、どれほどの心があるのかすら測る事すら難しい生き物を守ろうとする人間。特別なにかの宗教を信じているわけでもないけれど、神様がこの二種類の人間の存命中も死後も、差別して扱って欲しいと願う気持ちになってしまう。

36

36. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 08:30
  • ID:jELQCtuX0 #

エゴですねぇ

37

37. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 08:54
  • ID:R0x1pG300 #

昆虫図鑑のガの実験の
「死へのはばたき」を知る人なら
結果はご存じだよね。

38

38. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 09:38
  • ID:W8h.vWyM0 #

※19
羽の形態見るに、遺伝子疾患じゃなくて単に羽化の途中で羽が破れただけだと思うよ
多分子孫には影響しない

39

39. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 09:40
  • ID:JNJpG.ZG0 #

※36
この蝶は懸念されるほど相当激減して、カナダでは特別懸念動物に指定され、カナダやアメリカでは保護活動が行われている。その事実を知った上で、エゴかどうかの判断は任せる。ちなみにアメリカ大陸を移動する蝶で、寿命は北上する個体は1〜2ヶ月、南下する個体は8〜10ヶ月だそうだ。

40

40. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 10:12
  • ID:.3igBMYM0 #

この記事の「サイボーグ蝶」の羽ばたきが、世界を変えていくのさ。

それが、「バタフライエフェクト」だから。

41

41.

  • 2019年02月02日 10:36
  • ID:tdsl9OFE0 #
42

42. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 10:40
  • ID:6b32P9r00 #

>>12
神経通ってない蝶の翅と人間の腕を一緒に考える頭の悪さ
エクステとか付け爪みたいなもんだろ

43

43. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 11:06
  • ID:ppnP87rR0 #

死への羽ばたきは胴体部分の接着実験だろうよ

44

44. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 11:47
  • ID:BCTe94Ql0 #

?「先日助けていただいた蝶々です」

45

45. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 12:40
  • ID:IBSmJLgh0 #

「蝶を見かけたら私があなたを愛してることを思いだして」
こんな言葉を遺せるなんてすごいなー
ハリウッド映画でよくみる愛情表現は日本人にはオーバーすぎてフィクションぽく感じるけどアメリカ人にとっては自然なことなんだな
素敵だなー

46

46. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 13:47
  • ID:deX5Wb4W0 #

※22
ほんと愛がなかったらできないよね、これ

47

47. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 13:57
  • ID:FM3WHJ6Y0 #

※12
>蝶にとってはヘアカットと同じ感覚だという
読めない?

48

48. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 14:05
  • ID:0kB.uaK10 #

羽の修復動画、為になったわ!

羽化不全の蝶、お世話してたわ・・・

49

49. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 15:23
  • ID:cePsHBnP0 #

???「桜を見たら俺を思い出してくれないか」

50

50. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 16:00
  • ID:NF.43jo.0 #

羽根を修復した事によって、より一層、強くなった可能性もあるよ
最初はバランス取るのが難しいだろうけどちゃんと飛んだんだし

51

51. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 16:09
  • ID:6h.hRq.A0 #

蝶の翅って切っても痛くないのか…と思ってちょっと調べてみたけど
そもそも昆虫って痛覚があるのかも不明らしい
ダメージに対する反応はあるけど、それがただの神経の反射なのか痛みとして認識してるのか…
まあ仮に痛覚があったとしても他の生き物と比べたら相当鈍そうではある

52

52. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 16:15
  • ID:i4mHXssH0 #

>>12
ちゃんと飛べたっつってるだろ。人間の腕接着剤でくっ付けたら普通に使えるようになんのか?

53

53. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 16:20
  • ID:i4mHXssH0 #

>>19
遺伝子疾患は正常な個体同志の繁殖でも産まれる訳だから、

逆に疾患のある同志の繁殖でも、正常な個体が産まれる事もある。

疾患=遺伝ではないよ。

54

54. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 16:51
  • ID:bGP5E8ow0 #

蝶の羽を修復した話、どこかで読んだことがあると思ったら、1年前のライブドアニュースだった。(ttp://news.livedoor.com/article/detail/14179685/)
それはいいのですがが、当時の複数の報道を参照して、カラパイア記事で「それちゃう」な点があったので、指摘させていただきます。
ロミーさんの母がガンでなくなったのは「数年前」ではなく1998年、ロミーさんが24歳の時です。
あと、カラパイア記事にはなぜ羽化した蝶の羽が一部欠けていたかの理由が書かれていませんが、これは人為的(いや猫為的)なもので、彼女のネコ・フロキーがさなぎをおもちゃだと思って攻撃し、そのうちの1匹を傷つけてしまったためです。
傷つけられたさなぎを見守っていたロミーさんでしたが、羽化した蝶は羽の一部が癒着し、穴が開いていた。これではとてもメキシコに渡れないと落胆したロミーさんは蝶を安楽死させることまで考えたそうです。
カラパイア記事中の「寿命が尽きるまで屋内で飼育すると決心」という記述、あるいはそれを暗示する記述は、参照した報道の中にはどれにも見当たりませんでした。
破れた羽の調の写真をフェイスブックにアップしたところ、「親切な友人が、蝶の羽を修復する動画を教えてくれた」、以降はカラパイア記事の通りです。

参照:ttps://www.washingtonpost.com/news/inspired-life/wp/2018/01/18/this-costume-designer-repaired-a-baby-butterflys-wing-then-watched-in-delight-as-it-flew-away/
ttps://www.bbc.com/news/stories-43033302
ttps://www.boredpanda.com/monarch-butterfly-wing-transplantation/

55

55. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 18:10
  • ID:rxL2jQzP0 #

Live Monarch Foundationの動画いいですね。
道具と素材さえそろえば「へえこれでいいんか」ってチャレンジできる気分になれそう。
Weldwoodのコンタクトセメントが日本ではどこのメーカーの糊に相当するのかがちょっとわからないけれど。ベビーパウダー(タルク)で糊のベタつきをカバーしてしまうというのが目ウロコでした。これは接着強度を向上させる補剤の役割もあるのかしら。

56

56. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 20:37
  • ID:i.PuGXsH0 #

>>20エーミールいて草

57

57. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 21:07
  • ID:.3igBMYM0 #

※49
???「桜を見たら俺を思い出してくれないか」。
「鬼武者」ですかな?

でなければ、けむしタンとか。

58

58. 匿名処理班

  • 2019年02月02日 21:41
  • ID:b1YWmMOu0 #

「毛皮のマリー」で女の子として育てられた少年が羽のない蝶に蜜をあげて育ててるのを思い出した。

59

59.

  • 2019年02月02日 23:13
  • ID:AfoRYQ6n0 #
60

60.

  • 2019年02月02日 23:31
  • ID:ruXPwmoh0 #
61

61. 匿名処理班

  • 2019年02月03日 01:56
  • ID:1s2.8y8n0 #

例え一瞬でも自分の力で満足に飛んで風を感じられたなら、自分ならそれだけで幸せだ。

62

62. 匿名処理班

  • 2019年02月03日 03:12
  • ID:HX0H4UHD0 #

昔の昆虫図鑑に載ってたサナギを途中でカットしても孵化する話かと思った。

63

63. 匿名処理班

  • 2019年02月03日 03:25
  • ID:skhN7zW90 #

※16
まぁ感情論だけじゃなく色んな意見は必要だと思うよ

64

64. 匿名処理班

  • 2019年02月03日 04:49
  • ID:nStZc.I40 #

先日の記事でちょうちょ画像嫌だってやつがいたから
ちゃんとモザイクかけてあげるパルモ有能

65

65. 匿名処理班

  • 2019年02月03日 06:53
  • ID:5gRB47Tx0 #

人造の新種(新柄)の蝶も作れそうだな

66

66. 匿名処理班

  • 2019年02月03日 09:25
  • ID:35FBTpxB0 #

※25
蝶は今は美しいものの扱いだけど昔は人の魂が変化したものって思われてて不吉なものだったらしい
私はきれいだと思うけど

67

67. 匿名処理班

  • 2019年02月03日 14:27
  • ID:Pq7Ezn3G0 #

※12
このご時世に義手とか義足知らない人間がいるとはな・・・

68

68. 匿名処理班

  • 2019年02月03日 15:14
  • ID:2eSOpzpe0 #

※33
昔うちに生えてた小さい実をつける柑橘系の木には、毎年アゲハチョウの幼虫が10匹以上ついてたけど、成虫になれるのはそのうちの2匹程度だったから、そのまま放置したとしても鳥や肉食昆虫などに捕食されて自然に減ったと思うよ
(お父さんは木の方を優先したかったんだろう)

69

69. 匿名処理班

  • 2019年02月03日 17:32
  • ID:GN2M0CCD0 #

※5
子育てにおいてもっとも重要なこと
これができなければ依存が始まる

70

70. 匿名処理班

  • 2019年02月04日 11:56
  • ID:m4wqrAnH0 #

オオカバマダラって聞いたことある蝶だと思ったら鳥のように「渡り」をする有名な蝶だった。

ちなみにオオカバマダラより渡りの距離は短いけど、日本にもアサギマダラっていう秋に日本本土から南西諸島や台湾にかけて渡りをする蝶がいる。
ググってみれば分かると思うけど綺麗な蝶で、旅の途中でフジバカマなどの花に寄って吸蜜しているらしいから、見掛けたら優しく見守ってあげてね。

71

71. 匿名処理班

  • 2019年02月04日 14:14
  • ID:mEzKK.A40 #

※9
本当に。
私も庭で羽が傷ついて飛べない蝶をよく見つけて、屋上の花壇に移したりして天寿を全うさせようとする。でも、ほとんどが一週間ほどで死んでしまう。
でもある一頭は、もうダメかと思って手に載せていたら、頭をもたげてぐっと体を起こし、最後の力を振り絞って私の指先に、震えながら一粒の卵を残したのです。
その卵をすぐにレモンの木の葉の上に移して、その後無事に孵って幼虫までは見届けました。
手の上の産卵の時、私は自然に泣いていました。

72

72. 匿名処理班

  • 2019年02月04日 15:29
  • ID:9IZ74PoV0 #

>>20
懐かしくて草

73

73. 匿名処理班

  • 2019年02月04日 20:27
  • ID:eE.uSRKn0 #

>>49
クレイシハラ?

74

74. 匿名処理班

  • 2019年02月04日 22:03
  • ID:QIAGXF9e0 #

>>15
懐かしすぎる

75

75. 匿名処理班

  • 2019年02月04日 22:34
  • ID:cG5o.9CW0 #

泣いた

76

76. 匿名処理班

  • 2019年02月05日 00:39
  • ID:VuoHaIm00 #

ちゃんと動画を見て修復方法を知って実行したわけだし
寿命全うするくらいはもつでしょ、失敗したら多分一度も羽ばたくことなく落ちてる

77

77. 特濃4.3%

  • 2019年02月05日 02:50
  • ID:UpIB0nKD0 #

※21
大丈夫、オオカバマダラは毒蝶なので鳥には襲われないから。

78

78. 匿名処理班

  • 2019年02月05日 08:59
  • ID:TlIF0IK.0 #

この話知ってるわ

すごすぎて感動した

79

79.

  • 2019年02月05日 13:59
  • ID:HI9x.90r0 #
80

80. 匿名処理班

  • 2019年02月05日 15:06
  • ID:X2jVQMsH0 #

※15
あー、分かる。あの人の話で女の子出てくること少ないから特に印象残ってたわ。

81

81. 匿名処理班

  • 2019年02月07日 09:28
  • ID:hOo6DRAb0 #

虫にこんなことできるなんて器用すぎる。

「蝶を見たら私を思い出して」なんて素敵なお母様ですね。

82

82. 匿名処理班

  • 2019年02月13日 19:02
  • ID:oruiq1mE0 #

>>19
6年ほど蝶の採集をしている者だがこれは先天的なものではなくて、蛹のときに傷がついたとか羽化するときにどこかに引っ掛けた・うまく蛹を脱げなかった(羽化不全)とかそんな感じに見える。その場合は後天的なものなので遺伝しない。
ただ、幼虫を保護し成虫にして放すことが、本来淘汰される運命にあった、生存に不利な形質を持つ個体を拡散させることにつながる可能性は否定できないとは思う。

83

83. 匿名処理班

  • 2019年02月17日 00:07
  • ID:.68P.sGp0 #

※36
っ(鏡)

そのコメントが、自分のエゴに寄るものだと気が付く所から始めようね。

84

84. 匿名処理班

  • 2019年02月20日 12:23
  • ID:Itv.YXfx0 #

生存に不利な形質を継承することによって生きながらえる動物もおるんやで。蚕とか。

なにが良いかを判断するのは難しいことだ

85

85. 匿名処理班

  • 2019年02月21日 07:33
  • ID:AvwgDXMF0 #

>>16
否定的なコメントも受け止める余裕を持とう

86

86. 匿名処理班

  • 2019年02月25日 22:00
  • ID:5oaSLlIW0 #

>>82
羽化不全の原因になるものがあったりすると結局は後世にそれが残る可能性あるよね。
繭の形成時に問題が有る遺伝要素を持つなどうまく割れない繭を作ってしまうとか。
外的要因なら良いんだけど。心温まる話のような人の業の深さのような話だよね

87

87.

  • 2019年05月16日 21:58
  • ID:QoGimDBZ0 #
お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク