0_e1
image credit:Marco Fieber/Flickr

 1990年のソ連崩壊後、モルドバの東、ウクライナとの国境付近の細長い土地の住民が、本国からの独立を宣言した。

 4ヶ月に渡る紛争の結果、700人の死傷者を出し、停戦が締結された。それ以来、モルドバはトランスニストリア(沿ドニエストル共和国)の事情には関わらないようにしているが、独立国家としてはいまだに認めようとしていない。ほかの国も同じだ。

 だが、当のトランスニストリアは、独立国家としてふるまっていて、独自の政府、軍隊、警察機構、郵便制度、通貨、憲法、国旗、紋章を持っている。

 いまだに国旗はハンマーと鎌が象徴する共産党のシンボルを掲げている。こんなことをするのはこの国だけだ。
スポンサードリンク


Transnistria: A land in limbo

事実上はロシアの傘下にあるトランスニストリア


600px-Flag_of_Transnistria_(state).svg_e
トランスニストリア(沿ドニエストル共和国)の国旗

 紛争の核心は、元来トランスニストリアがロシア語を話す地域だということだ。これはオスマン帝国が18世紀後半にこの地域をロシア帝国に正式に割譲したためだ。

 トランスニストリアの人々が、モルドバではなくロシアに心情的に肩入れするのも自然なことだ。今日でも、トランスニストリアはロシア語を話す人たちの最大の民族集団となっている。

 1992年7月21日、トランスニストリア戦争の終わりに休戦協定が締結されたことにより、ロシアはトランスニストリアに平和維持軍を置いていて、この国の存続に不可欠な財政、軍事、政治的支援を継続的に行っている。

 直接的、間接的なロシアの助成金は、トランスニストリア国家予算の半分近くを占めている。一般庶民へのロシアの影響力が絶大なのも確かだ。

 トランスニストリアの人々はロシアのテレビ番組を見て、子供は学校でロシア語の教科書で学び、多くの高齢者がロシアの年金を受け取っている。

1_e0
トランスニストリアを示す地図


正式に国家としては認められていないトランスニストリア


 正式に国家として認められていないことは、トランスニストリアにとって、特に若い世代の将来には必ずしも幸先が良いとはいえない。

 古い世代は、トランスニストリアが認められ、ロシアの一部になることを相変わらず望んでいるが、若い世代は仕事がないことや厳しい経済状況に苦しんでいる。

 若者たちは国外、とくにモスクワへの移住を切望していて、誕生以来、トランスニストリアの人口は3分の1以上減少している。

 イギリスの写真家、ジャスティン・バートンは、2015年にトランスニストリアを訪れ、23歳の女性アナスタシア・スパターに祖国のことを考えるか訊くと、彼女は突然泣き出したと言う。この女性はトランスニストリアから出たことがないという。

2_e0
image credit:Julia Autz

閉鎖的な社会


 ドイツの写真家、ジュリア・オーツは、トランスニストリアを旅して、若者たちの肖像を写真におさめたが、その社会は閉鎖的で、入り込むのは難しいと感じた。

 「カメラを持った西洋から来た外国人を見ると、彼らはひどくうろたえたようになったわ。多くの人は西洋の価値感とは相いれず、プーチンを崇拝し、トランスニストリアがロシアの一部になることを望んでいる」とオーツは言う。

 オーツもまたトランスニストリアの人々の表情に悲しみが染みついているのにショックを受けた。彼らの状況は絶望的なのに、それでも若者たちはとても感受性が豊かで理解力があったという。

3_e1
image credit:Julia Autz

 「若い世代はわたしにとても興味をもってくれたわ。彼らはわたしが自分の国でなにをしているか、興味深々だった。トランスニストリアには外国人はそれほど多くいないし、たいていの人々は西ヨーロッパに行ったこともない。だからとても興奮して、わたしと一緒に過ごしたがった」

周辺国との緊張が続く


 ロシアが常にそばにいて、なにかと絡んでくるため、モルドバとの関係はぎくしゃくしている。国境にとても近いところにロシアの影がちらつくことが、ウクライナにとっても脅威になっている。

 最近、ウクライナ憲兵隊がロシアは紛争地域を利用して、旧ソ連諸国の親ヨーロッパ国に圧力をかけ、EU加盟を阻んでいると非難した。

4_e1
image credit:Julia Autz

5_e0
ティラスポリにあるロシアの陸軍元帥スヴォロフの像 image credit:Babak Fakhamzadeh / Flickr

8_e

9_e

References:amusingplanet/ written by konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
地図に記載されていたが存在しない8つの幻島


内戦が激化。日本ではあまり報道されない、イエメンの現状を伝える写真


世界初の宇宙国家「アスガルディア」の国民は現在21万人。先日国民投票が実施される。


世界一小さい国家、北海の南端に浮かぶ元英国軍海上要塞「シーランド公国」


島を買い取り国家を設立。難民を全てそこに移住させるプロジェクトを計画する億万長者

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7502 points
洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

2020年11月18日
1447327229
2位
6315 points
アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

2020年11月16日
3位
4754 points
地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

2020年11月17日
9773733638
4位
4531 points
集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

2020年11月21日
764423527
5位
4243 points
3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

2020年11月16日
8673329344
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 00:38
  • ID:faG95Ark0 #

シーランド「変わった国もあるもんだな」

2

2. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 01:11
  • ID:3PoAHnWt0 #

だいたいこういう国って緩衝地としていつのまにか無いと面倒なことになるから存続してる事多いイメージ

3

3. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 02:06
  • ID:ykHgaZnA0 #

ソマリランドみたいなもんか

4

4. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 02:18
  • ID:SWikr5q90 #

15年位前の話だが、キシナウからキエフまでバスで行ったらこの地域を通っていて、ウクライナとの国境で、何か分からん名目でモルドヴァ国籍(もしくはウクライナ国籍)以外の乗客から一律定額(小額)をカツ上げしていた。領収書も配らない。ひどいやつらだと思った。

5

5. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 02:30
  • ID:W2K.wv5e0 #

住みたくもないし行きたくもないが、見てみたい気持ちは存分にある。
南オセチアやアブハジア、クルド実効支配地域とか

6

6. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 02:36
  • ID:YUf6hjyK0 #

辛くて悲しそうに見えるのは民主主義者の視点だから
共産主義者からは民主主義者は救われるべき人達に見えるかもしれない

7

7. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 02:48
  • ID:6D6vlX6r0 #

21世紀を迎えて20年にもなろうとしているのに、まだこんなことをやってるのか

8

8. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 06:18
  • ID:KQ62DQrD0 #

カリーニングラードとかクリミア半島みたいになるのかな

9

9. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 06:44
  • ID:jWnZFF550 #

ス、スープラが写ってますねん。

10

10. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 08:37
  • ID:etCbZiuk0 #

去年も今年もユーロビジョンのモルドバ代表はトランスニストリア出身のロシア系の人たちだったな。
低予算っぽさ満載だけど観客を楽しませる工夫に富んだステージングだったし、なによりアーティスト自身がすごく楽しそうにしてたことが印象に残ってる。
あと審査員投票でのロシアからの12points

11

11. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 08:50
  • ID:zuAIvdm.0 #

元から世界情勢に詳しいわけじゃないけど
この国があることを今初めて知ったわ

12

12.

  • 2018年06月16日 09:13
  • ID:eehVYuiA0 #
13

13. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 11:02
  • ID:fC3WX2lv0 #

中途半端な、立場なんだろな。

14

14. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 11:26
  • ID:SxL6M2hp0 #

この国と周辺国家の事情についてよく知らんから
記事を読んだだけだと、可哀想な面倒なやつら扱いしている西ヨーロッパの人たちが国として認めればそれだけで可哀想なやつらではなくなるのでは?としか思えなかった

15

15. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 11:50
  • ID:xAygCVGm0 #

旧ソ連領には割とあるよ
グルジア(現ジョージア)、アルメニア、アゼルバイジャンにも中央政府の支配の及ばない独立政権がある、中央政府軍も追い出されてるし完全に独立している

16

16. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 11:56
  • ID:xsPVJNdS0 #

あるもん!トランスニストリアあるもんっ!

17

17. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 12:05
  • ID:6Na1w7YJ0 #

軍服のデザインに第二次世界大戦を感じる。

ロシア周辺はこんな感じの国が多いのかな?栃ノ心がジョージア(グルジア)に里帰りしたら、「久々に国民の心が1つになれた」って大喜びだったと聞いた。

18

18. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 12:36
  • ID:Rg.vfB.P0 #

日本も空域など諸々の状況を鑑みれば真の独立国と言い難いけど
記事の国や北朝鮮もだが、国家樹立という大いなる理想を叶えたのに
その存続が緩衝地帯、外交手段と周辺国の都合で
存続が許されている国って、悲しいね

19

19. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 14:30
  • ID:w4yfzI2Z0 #

ここのワインは輸出のために、モルドバ産って表記して出してるってのを聞いたな。
トランスニストリア産だと認められないんだって。

20

20. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 19:07
  • ID:LeET0DS40 #

こういう地域の存在を知ると ロシア人の住んでる北方領土が返還されても ロシア系住民が北海道の過疎地へ移住して増えていったらロシアが何らかの援助や影響を行使しそうな気がする。ロシアの南下は本能だし気も長いからな。

21

21. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 19:08
  • ID:KIWSSvhc0 #

トム・ハンクス「えーと、デジャヴが、、」

22

22. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 19:28
  • ID:u8w6tAO00 #

※16
気持ち悪いから幼稚語は止めろ

23

23. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 22:13
  • ID:hjLX1gnj0 #

台湾「………」

24

24. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 22:50
  • ID:kYc9D0t10 #

ドニエストル:ドニエプル思い出した。

トランスなんちゃら:トランシルバニア思い出した。

25

25. 匿名処理班

  • 2018年06月16日 23:23
  • ID:4RdFgU0e0 #

4か月の紛争で死者700人って少なくない?

26

26. 匿名処理班

  • 2018年06月17日 13:23
  • ID:I78IrVFJ0 #

巨頭オ

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク