top

 先日インドにて、重い疥癬を患う年老いたオスの野良犬が見つかった。彼の皮膚はただれてボロボロになっており、命が危ぶまれるような容態だった。

 連絡を受けた保護団体のスタッフが駆け付けたとき、彼はすでに絶望の淵にあった。

 自分の命が尽きるのをひたすら待つかのように物陰で丸まっている老犬。スタッフは彼を救おうと手を伸ばしたが、彼は最初それを拒んだ。

 だがやさしくしてくれる人々に心を許し始め、彼らに自分の身を託した。
スポンサードリンク

Hiding to die, rescue of sad and suffering old dog

疥癬のつらさに耐えながら身を隠していた老犬


 のちにエドワードと名付けられた老犬は、インドのラージャスターン州の道路わきで見つかった。彼は物陰でやせ細った体を丸めたまま、疥癬の苦痛に耐え続けていた。

スクリーンショット-(4746)
image credit:youtube

 駆けつけたスタッフはいくつかの餌を手にして、エドワードを驚かせないよう慎重に近づいた。


逃げられないほど弱り切っていたエドワード


 初めのうちはうまくいきそうだった。だがエドワードは何かに気づいたようにフラフラと立ち上がり、悲しげな声を上げながらその場を逃れようとした。

スクリーンショット-(4747)
image credit:youtube

 しかしエドワードにはもう走るほどの体力も残っていなかった。せめてもの抵抗なのか弱々しく吠える彼にスタッフが布をかぶせてそっと抱き上げ、施設に運んでいった。


この人たちは助けてくれる人だ。人間へ心を開き始める。


 だがまもなくエドワードは自分が助けられていることに気がついた。人間への信頼を取り戻しはじめたのだ。そしておとなしく身を任せるようになった。

 スタッフは彼の体を入念に調べた。疥癬はヒゼンダニというダニに寄生されてできる皮膚感染症だが、エドワードの場合はかなり進行していた。

スクリーンショット-(4749)
image credit:youtube

 彼は体の毛の大半を失っており、露出した皮膚は炎症やかさぶたや傷で覆われていた。ひどい疥癬がエドワードの命をむしばんでいたのは明らかだった。

 それでもスタッフは彼の回復を信じ、たくさんの手当をほどこすことにした。

スクリーンショット-(4750)
image credit:youtube

順調に回復し、見違える姿に


 それから約2か月後。スタッフのたっぷりの愛情と心のこもった手当を受けながら治療用の入浴を何度も重ねたエドワードは幸いにも峠を越すことができた。

スクリーンショット-(4754)
image credit:youtube

 すっかり見違えたエドワード。抜け落ちていた毛並みもそろい始め、今はもう野良犬時代の面影が見当たらないほどだ。

 体もかなり楽になったようで、辛そうに沈んでた表情もおだやかになり、明るく楽し気な顔立ちに変わった。

スクリーンショット-(4755)
image credit:youtube

 すべての希望を失い、苦痛にあえぎながら身を隠していたエドワードは今、心優しいスタッフに見守られながら全快を目指している。

via:dogworld / youtubeなど / translated by D/ edited by parumo
あわせて読みたい
寄生されたらヤバイ、地球で最も恐ろしい10の寄生虫(閲覧注意)


片足が折れ、ボロボロの状態で町をさまよっていた母犬。10匹の子犬たちを助けてくれる出会いを求めていた(スペイン)


命絶え絶えに生きていた捨て犬たちが保護された後、瞳に輝きが戻るとき。捨て犬たちのビフォア・アフター Part2


Animal Aid〜見て、きれいな毛並みが戻ってきたよ!ひどい皮膚病を手当てしてもらった犬。


ボロボロの状態で保護された野良猫、実は美しいオッドアイの白猫だった


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
5364 points
猫氏、無賃乗車が発覚し乗務員に降ろされる

猫氏、無賃乗車が発覚し乗務員に降ろされる

2020年10月16日
2位
4351 points
消防士に保護された子猫、飼い犬に囲まれ育ち犬化が加速(ベルギー)

消防士に保護された子猫、飼い犬に囲まれ育ち犬化が加速(ベルギー)

2020年10月15日
3443982223
3位
3592 points
犬氏「こんな可愛い子たちほっとけない!」散歩の途中で出会った子猫を保護する優しいラブラドール

犬氏「こんな可愛い子たちほっとけない!」散歩の途中で出会った子猫を保護する優しいラブラドール

2020年10月17日
82350109
4位
3344 points
ちっちゃかわっ!5匹のコツメカワウソの赤ちゃん生まれたよ(ニュージーランド・オークランド動物園)

ちっちゃかわっ!5匹のコツメカワウソの赤ちゃん生まれたよ(ニュージーランド・オークランド動物園)

2020年10月19日
5位
2584 points
12歳で核融合炉を作った少年がギネス世界記録に認定(米テネシー州)

12歳で核融合炉を作った少年がギネス世界記録に認定(米テネシー州)

2020年10月13日
3612145474
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 11:39
  • ID:WdGl.MqR0 #

一万五千年前から受け継がれる、
これが人と犬との正しい関係。
人は犬を助け、犬は人を支えるんだ。

2

2. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 11:41
  • ID:LKoN1MVV0 #

いい子だね
怖くてもスタッフに噛み付こうとはしなかった
いい子だね

3

3.

  • 2017年12月15日 12:07
  • ID:VjuvQ.Bd0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 12:07
  • ID:ZRw8kDDV0 #

よかったなぁ

5

5. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 12:10
  • ID:jEvUhN8g0 #

ええ話やなぁ…

6

6. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 12:15
  • ID:2J6EzDqn0 #

最近、”Animal Aid”の文字を見ただけで目頭が熱くなる
そして元気になった動物とその顔を両手で挟み込むように優しく撫でるスタッフの姿で決壊する
”Old Soul”が救われて良かった
本当にこの人達の活動は凄いと思うわ

7

7. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 12:24
  • ID:nZJIBBHG0 #

死を受け入れる悲しい顔と、最後には犬の尊厳を取り戻し、尻尾を振る姿が感動的。
でも3分25秒辺りのテュピテュピテュピ…っていう謎の声が気になりすぎ。

8

8. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 12:28
  • ID:AAEK7wBq0 #

インドって痩せこけた野良犬が沢山いるけど
こういう活動もしてるんだね
幸せになってよかった

9

9. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 12:30
  • ID:ng4A.k9T0 #

共に歩んでいくなんて簡単なことのように思えるのに
共に生きることほど大変で高い壁はない

とえらそーな事書きながら画面の奥でおっさんがわんこ膝上抱っこしながら目潤ませてます。
今日も愛犬のぬくもりが身に染みるぜ

10

10. 匿名係

  • 2017年12月15日 12:42
  • ID:0pxlfcVE0 #

疥癬は犬も猫も顔つきを変えてしまうくらい辛い病気だからね。
回復して穏やかな顔になったエドワードさんの姿に涙が止まらない。

11

11. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 13:39
  • ID:Z3iEQdLO0 #

自分の事だけで精一杯な俺だけど、このアニマルエイドの人達の気持ちと老犬の生きようとする気持ちは、心のどこかに置いておかなければ。

12

12.

  • 2017年12月15日 14:04
  • ID:lDmgh9zH0 #
13

13. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 14:04
  • ID:dHOStk7e0 #

最近インドの野良犬問題はよくテレビでも取り上げられてるよね
ペットとして飼うより家畜扱いで飼う人達がまだまだ多いとか
でもこういう人達の取り組みで犬が少しずつでも助かってるのを見ると嬉しいなぁ

14

14. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 14:17
  • ID:SiaEPp1j0 #

疥癬ってヒゼンダニに寄生されれば人間でもなるけど
こんなに酷くなるもんなんだね……。
元気になってよかったなぁ。

15

15. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 14:24
  • ID:MEg9ViPp0 #

心から笑顔になれる
人間だったらどうとも思わんが

16

16. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 14:28
  • ID:gzh7sOIA0 #

疥癬って、真菌やアトピーに比べると治りが早い。こんな疥癬の犬猫見ても特効薬があるから、見捨てないでほしいなっと。

17

17. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 15:03
  • ID:Kdqk2.j60 #

最後の画像の表情を見て和んだ
穏やかな余生を過ごしてほしい

18

18. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 15:08
  • ID:KiGMSTAU0 #

しかし生き物の回復力ってすごいなと改めて思った。こんなにボロボロでも治療さえすれば毛並みまで元通りか…。

19

19. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 15:08
  • ID:XU2idADm0 #

※13
犬をペットとして飼うのも家畜として飼うのもどちらかが正しいわけではないよ。ストレスのはけ口に暴力を振るったり責任放棄するのがいけないのはペットでも家畜でも同じだけど

20

20. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 15:20
  • ID:tSFsc0x00 #

最後の写真の表情がいいね

21

21. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 15:47
  • ID:xWqzkykz0 #

犬が助かってほっとしたよ。

それにしても、激しい暴力と慈悲深さが混在している不思議な国だね。

22

22. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 16:54
  • ID:wKls95Am0 #

大きな布でさっと包んで抱き寄せる手際の良さに感心した
インドの野良ワンコは疥癬多いな

23

23. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 18:44
  • ID:rF8DIyj90 #

逃げ出した時の悲しげな声に近所の犬が「なんだ?どうした?」みたいに応えてるように聞こえた。

24

24. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 19:27
  • ID:1BJf0aDB0 #

いい話なんだけど、動画のBGMがちょっと耳障りw

25

25. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 19:31
  • ID:Uj9eRvEE0 #

物語なの?

26

26. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 19:36
  • ID:s.erTgsw0 #

最後のマジでいい写真だなー

27

27. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 20:02
  • ID:Qf9D2f920 #

何と可愛い、ブチ模様が出現するとは!

28

28. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 20:28
  • ID:6XBMMEwK0 #

元気になって良かった、素晴らしい

29

29. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 22:26
  • ID:Lyh.cNZU0 #

おっイケメンだ
治って良かったねえ
スタッフさんもお疲れさまです

30

30. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 23:26
  • ID:A.IKiJq60 #

泣いた…

31

31. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 07:38
  • ID:p.KRolwq0 #

※11
そういう心構えを持とうと思える心の余裕があれば充分さ。
それがどこかの誰かへの手助けの行動のきっかけになる。

ここでいくつもそういう行動を見てきたじゃないか。
きっとあなたはどこかの誰かの助けになれるよ。

32

32. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 15:19
  • ID:siWVkDLe0 #

キレイ事って言われるかもしれないけれど、
動物をひどい目に合わせるのも人間なら、
それを救ってあげられるのもまた人間。
できるだけ後者側の人間でいたい。

33

33. 匿名処理班

  • 2017年12月18日 09:56
  • ID:SvBpqN0z0 #

良かったね、としかいい様がないなあ。これからずっと幸せになるといいね。

34

34. 匿名処理班

  • 2017年12月18日 15:07
  • ID:HR6O.nyq0 #

すばらしい活動!
1つだけ、この方法だと犬を逃がしたり、
双方怪我しかねない。
たしか過去記事の紹介動画でも噛まれたり
してたようだし。
Eldad Hagarのドッグ・レスキュー動画を
参考にしてほしい。
食べ物で落ち着かせたら、輪にしたリードを
首に通す方法。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク