net]
  
 アイルランドの牧場でロバが保護された。保護当時、ロバのショックスはロープでつながれ横たわっていた。首の周りのロープはきつくまかれており、こすれで首は傷だらけだった。

 飼い主は良かれと思ってショックスの傷を消毒しようと漂白剤をかけた。それは傷は悪化させ、ショックスは全身ボロボロの状態となっていた。

 そんな満身創痍の状態だったショックスだったが、その後ある少女の救世主となる。
スポンサードリンク

ロバのショックスはロープでつながれ傷だらけで発見された


net]

 一旦保護されたショックスは、イギリスにあるThe Donkey Sanctuary in Birminghamという育児放棄や虐待を受けた動物たちをセラピーアニマルにする施設で暮らすこととなった。ショックスはそこで、セラピーアニマルになるための訓練を受けた。


ロバのショックス、言葉の話せない少女アンバーと出会う


 そして2013年、ショックスはアンバーという口のきけない2歳の女の子と出会うこととなる。

 アンバーは双子で生まれたが、早産だったこともあり生まれた時呼吸ができなかった。アンバーは緊急気管切開手術をうけた。

 首のあたりを切り呼吸が行えるよう気管にチューブを外科的に挿入する手術である。これによりアンバーは息を吹き返したが、その手術により声帯が傷ついてしまい、全く声が出なくなってしまった。

net]

 それに加えアンバーは脳性小児麻痺を患い、筋肉を正常に動かすことができない障害を持っていた。

アンバーは言葉が話せないだけでなく座ったり、寝返りを打つことすらも苦労していました。そんな私たちに友人がドンキーサンクチュアリのことを勧めてくれたのです。

 と両親は語る。

 こうしてアイルランドの牧場の片隅で傷だらけで発見されたロバのショックスと、言葉の話せない少女アンバーが出会うこととなる。

net]


声が出せない少女と傷だらけだったロバとの出会い


 アンバーにとって、セラピーアニマルと出会うのは初めての体験だった。そしてロバのショックスにとって、アンバーは初めての患者だった。

 初めてのセラピー、初めての患者、互いに緊張もあったろう。それでも1頭と1人が絆を深めるのには時間も言葉もいらなかった。

net]

 両者が一瞬にした仲を深めたのは一目瞭然でした。互いにとっても思いやっている様子がうかがえました。

 ショックスは頭を垂れてアンバーが首に抱きつけるようにしてくれていました。アンバーはショックスに比べ体がだいぶ小さいので見ていて不安もありましたが、なんにせよお互いにぞっこんの様子で!引き離すことなんてできませんでした。

 当時の両者を見てスタッフはそう語った。

net]

ショックスはアンバーに勇気を与えた。その励ましによりアンバーはアンバー本人の中に眠っていた生命力の強さを取り戻し始める。

 ショックスの励ましで、アンバーは自らショックスに乗ろうと一生懸命がんばったのである。

net]

 大好きなショックスに乗ることのできたアンバー
net]

 アンバーはすごくうれしかった。そしてショックスも、うれしそうなアンバーを背に乗せることを誇らしく思っていた。

net]

 心と心が通じ合っていたショックスとアンバー
 お互いに痛みを知っているだけにその絆は強い。

net]

3歳になったアンバー、声を取り戻す手術をうける
はじめての言葉は「ショックス大好き!」


 そうして3才の時、アンバーは声を取り戻す手術を受けることに。しかし話すには練習が必要だった。アンバーは訓練を開始した。

net]

 まだ言葉を発することができなかったアンバーは、2013年11月、ショックスの元を訪れた。ショックスに乗り一緒に散歩した。すごく楽しかった。

 そしてショックスとお別れの時、アンバーはついに言葉を発することとなる。初めて発したその言葉は、「ショックス、大好き!」である。

 それは今まで励まし続けてくれた友達への感謝と愛情を示す言葉だった。

net]

net]

 「こんなに嬉しかったことはありません。」とアンバーの母親は語る。

 現在、アンバーは学校に通うようになり、日々強くたくましく成長中だそうだ。そんなアンバーの親友はもちろんショックス。学校が休みになると大好きなショックスに会いに来るんだそう。

net]


アンバーの成長を支え続けるロバのショックス


 「アンバーはショックスの毛づくろいをすることも、ショックスを撫でることも、ショックスと施設の広場を散歩をするのも大好きなんです。アンバーもショックスも一緒にいる時間や抱っこできる時間を大切にしているみたいです。」とアンバーの両親はコメントしている。

 ショックスとアンバーは計り知れないほどの絆で結ばれている。ショックスが自分たちの娘に与えてくれたものに感激した夫妻は、傷ついたロバと声の出ない女の子の話を絵本にすることを決意したという。是非世界の人々に、セラピーアニマルのすばらしさを知ってほしいのだという。

net]

 ショックスとアンバー、1頭と1人は、決して華々しい人生のスタートを切れた訳ではなかった。しかし今、ショックスとアンバーの未来はお互いの絆により光り輝き始めている。

net]

net]

net]

via:Little Girl Who Couldn’t Speak Tells Therapy Donkey ‘I Love You’ translated kokarimushi / edited by parumo 
▼あわせて読みたい
銃乱射事件を目の当たりにして心傷ついた子どもたちを慰めるためやってきた10匹のゴールデンレトリバー犬


法廷で証言しなければならない子供たちを癒し、支える為の犬がカナダで導入される。


今度はブタが加わった。世界初のセラピー豚がサンフランシスコ国際空港にお目見え


空港で疲れた利用客を癒すのは人なつこい犬だった。ユナイテッド航空で導入した空港のセラピードッグたち


犬と触れ合うことで、病気の子どもたちに笑顔を。ロシアの養護学校のカリキュラム「ドッグセラピー」



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 11:53
  • ID:3UV.aUGj0 #

今日は花粉の量が多いな…目から涙が…

2

2. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 11:54
  • ID:Ihmja4Rk0 #

>>傷を消毒しようと漂白剤をかけた
アイルランドではそう習うのか?常識以前な気がするけど……。

3

3. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 11:56
  • ID:UFDaPZZX0 #

ショックス、優しいな
アンバーちゃん、いい笑顔だ

元気が出たぞ

4

4. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 11:58
  • ID:ILGg2BrO0 #

漂白剤かけるなよ
何考えてんだ

5

5. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 12:03
  • ID:KSCVX3kX0 #

なにこれ美しすぎて蒸発してまう

6

6. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 12:17
  • ID:QSZ.KNK10 #

バカ野郎職場で涙が止まらねぇじゃねえか

7

7. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 12:17
  • ID:QU1vCElI0 #

漂白剤とか頭いかれてるだろ
飼い主の傷にもかけてやりたい

8

8.

  • 2017年04月25日 12:19
  • ID:jJS0cQ6F0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 12:27
  • ID:Yh9c9kQx0 #

どうやらさっき切ったたまねぎの量が多すぎたらしい。

10

10. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 12:32
  • ID:peOGErDm0 #

「ロバと美少女」
映画化決定だな

11

11. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 12:37
  • ID:JzfAL.CZ0 #

ショックスもアンバーも幸せになれて良かったー(´;ω;`)!
元飼い主の良かれと思ってってのが怖すぎる…悪気が無いだけに怖い。

12

12. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 12:40
  • ID:3ZOeOYSn0 #

※1 だよねぇ…まだ北海道は花すら開いていないのに…5枚目の写真見た瞬間に決壊したわ
なんなの、この胸に迫るのはなんなの

13

13. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 12:48
  • ID:sCMgIq1h0 #

オイラ、真っ昼間から泣いちゃったよ。

14

14. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 12:51
  • ID:7U0Att1Q0 #

堪えてたけど
>「ショックス、大好き!」
ここで涙腺決壊したよ…アンバーちゃんの言葉を引き出したショックスと、人生最初の言葉をショックスに捧げたアンバーちゃんの友情にこっちまで心が洗われた ありがとう

15

15. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 12:52
  • ID:marN7CMr0 #

良い話だ心配なことがひとつ、、いや止めて置こう その時此の子が更に成長することを願おう。

16

16. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 13:06
  • ID:3qPedbAL0 #

ロバがこんなに目が優しい生き物だって初めて知った

17

17. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 13:15
  • ID:kUyaQBLi0 #

おっさんになると涙腺が弛むんや・・・

18

18. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 13:15
  • ID:LSXAm7n.0 #

※2
カルキというか、次亜塩素酸ナトリウムをつかってると消毒というか殺菌できるから、そういう用途で使っていたかも?ただしい用法かどうかわからないし、殺菌できる漂白剤でなかったかもしれません。

で、途中までロバのほうをアンバーだと思っていて、ちょっと濃いなと思っていました。人の名前でもアンバーってつけるんですね。

19

19. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 13:18
  • ID:FnLCkAp10 #

漂白剤ってまさか塩素系・・・?

20

20. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 13:31
  • ID:WeQb1yLb0 #

ショックスの毛並みのきれいさと優しい目に
今は大事に世話されてるんだなってほっとする

アンバーちゃん明らかに表情が明るくなってるよね

21

21. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 14:11
  • ID:J0hnPu280 #

漂白剤はかけていいの?
元記事の誤訳かなんか?

22

22. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 14:19
  • ID:INzhGe.z0 #

おかしいな目の前が熱くなって何も見えなく…

やさしいせかい

わああ。゚(゚´ω`゚)゚。あああ

23

23. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 14:21
  • ID:EQONxdga0 #

※21
元記事にブリーチってあるから漂白剤。でも同じ漂白剤でも過酸化水素系だとしたら消毒剤にも使う成分らしいから間違ってないと思う

24

24. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 14:38
  • ID:PCOZ7.uM0 #

俺も花粉症ほぼ治ったはずなんだがなぁ
おかしいな

25

25. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 14:40
  • ID:IWzjivSa0 #

最近アフリカでロバが盗まれ殺されてる。ロバが更年期の漢方薬になるからで、皮を剥がれて身体が棄てられてる。現地の人は貴重な労働元であり誰もロバは食べない。中国人に盗まれる。このロバも盗まれませんように。

26

26. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 15:01
  • ID:tJiZKXgH0 #

いい話だのう

27

27. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 15:12
  • ID:.9l5tcMM0 #

消毒するから漂白剤…?
どういう教育受けたらそんなとんちんかんな事思いつくんだ

28

28. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 15:17
  • ID:ZwOHKoas0 #

写真いくつか別ロバさんに見えるけどこれもう一人の双子ちゃんの写真とごっちゃになってないか

29

29. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 16:52
  • ID:OikncX0d0 #

なんで漂白剤かけたんだよ
無知って本当罪だわ
可哀想過ぎる

30

30. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 17:06
  • ID:bZJ0N6R00 #

この話は、本になっているんだね、邦訳されたら読んでみたい。

31

31. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 17:49
  • ID:KkRm54NO0 #

ロバなのに
ウマが合ったんだな

32

32. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 17:54
  • ID:H61b.RIy0 #

※21
漂白剤はかけちゃだめだと思います。ドンキーサンクチュアリのサイトにあるお知らせやブログにショックスを引き受けた時のことは数度登場するのですが「chemical cleaning fluid」「industrial-strength bleach」などそれが何であったかには揺れがある様子。が、何にせよショックスの傷口写真を見るとどんな効果があったのか…

※28
乗馬している写真のはSocrate(写真内に名前書いてあります)さんですね。休日ふれあい体験的なものに姉妹で参加した時のものだそうでブログにもAmber's Donkey Facebookにも記事があります。写真はFbが出典かな。アンバーさんの首(喉)の装置が隠れて見えない時は眼鏡で見分けれらるっぽいです。アンバーさんが黒でホープさんは白だか銀だか。

出版記念の様子をYouTubeで見たのですが、ショックスさんは参加してないので本へのサインは足型ハンコ(原寸大?)がどんと押されるのが笑撃かつキュートでした。知らなかったのですが馬やロバの足裏にはハート型が隠れている場合があるのですね。これがまたキュート。(Amber's Donkey-andywillsfilm)

Amber's Donkey book launches,Amber's Donkey: New book about how a donkey and a little girl healed each other(donkey sanctuary org)

33

33. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 17:57
  • ID:CucC68XN0 #

ロバは優しいもんね。
そして賢い!(´ω`)

34

34. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 18:01
  • ID:lP5tLjBu0 #

人間に酷い目に遭わされたのに、それでも尚優しい気持ちを忘れないドンキー(ノ_<。)
女の子も、過酷な運命背負っているのに愛する気持ちを豊かに持っている・・・なんて美しいお話。
最後は文字が読めんかった。

35

35. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 18:22
  • ID:.io7F4me0 #

おっちゃんもうボロボロ泣いてもうたわ。ほんまええ話やわ。ありがとう、ありがとう。

36

36. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 18:52
  • ID:BpduAQf20 #

こんなん早起きせんでも泣くわ

37

37. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 19:05
  • ID:M5I9iuAY0 #

あかん……電車の中で読んでしまい堪えるのが大変。
ショックスさんとアンバーちゃんに幸あれ。

38

38. のらねこ

  • 2017年04月25日 19:19
  • ID:F9cHXv5G0 #

ええことやね。

39

39. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 20:55
  • ID:tY.nCIWW0 #

ドライアイで目薬とりにいこうと思ったけどいらなくなっちゃった

40

40. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 21:28
  • ID:9t9E8IXc0 #

偽善的なコメントで申し訳ないけど、ショックスとアンバーがこれからも幸せに暮らせますように祈っています

41

41. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 21:49
  • ID:.w.qQ3kU0 #

ショックスさんの瞳も優しいけどアンバーちゃんも本当大好き加減がひしひしと伝わる
どの写真も愛が溢れてるよ

42

42. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 22:05
  • ID:anUA8oek0 #

よくできた話だ

43

43. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 22:10
  • ID:HIr5yRpS0 #

いわゆるオキシドール(過酸化水素水)は漂白剤として使われますが、日本でもつい最近まで消毒薬として利用されていました。

44

44. 匿名処理班

  • 2017年04月26日 00:42
  • ID:.WPzpuD60 #

漂白剤?傷口に効くのか?

45

45. 匿名処理班

  • 2017年04月26日 03:14
  • ID:r9c74af20 #

ささくれた心が洗われました。素敵なお話をありがとうございます。

46

46. 匿名処理班

  • 2017年04月26日 16:05
  • ID:.Z4BI7Hr0 #

歳のせいか涙腺が…

47

47. 匿名処理班

  • 2017年04月26日 18:18
  • ID:pQEbqK9r0 #

低濃度の次亜塩素酸を傷の消毒に使うことはあるみたいだけど。

飼い主は、中途半端な知識しかなかったから、
工業製品用の濃度のものを掛けたんだろうな。

48

48.

  • 2017年04月26日 18:18
  • ID:tKwRRzu20 #
49

49. 匿名処理班

  • 2017年04月26日 18:52
  • ID:yzGF.hLO0 #

今、ラーメン屋で一人で泣いてる。

50

50. 匿名処理班

  • 2017年04月26日 22:06
  • ID:wFg.50mK0 #

元飼い主は知的か人格か何かしらに問題でもおありなのか?
きつく首を縄で締めて漂白剤とか、拷問したいとかなぶり殺したいとかの願望が無ければ普通しないだろうが
しかも、その程度でロバなんて犬や猫などよりも大掛かりな生き物を飼うなんて

51

51. 匿名処理班

  • 2017年04月26日 23:00
  • ID:g.4Q6t.s0 #

うん、このロバを食肉用に解体して命の大事さがわかる人になってもらおう!

52

52. 匿名処理班

  • 2017年04月26日 23:33
  • ID:EITKRVZL0 #

良い記事なんだけど、ショックスも誇らしく思っていた、って、人間の想像を断言されるのは少し萎える。
両者が心から惹かれあったのは事実なんだろうから、動物の気持ちを決め付けるのはやめようよ…。
それは人の思い上がりですよ。

53

53. 匿名処理班

  • 2017年04月26日 23:57
  • ID:nmYz0vri0 #

傷口に漂白剤とか拷問だな・・・
肌に触れないようにゴム手袋つけて作業するの推奨してるだろ・・・・・・
強力なものに長期間つけると手袋も劣化して溶けるというに・・・・・・・・・・・

54

54. 匿名処理班

  • 2017年04月27日 06:36
  • ID:Zxua3vNR0 #

>大好きなショックスに乗ることのできたアンバー

この画像のショックスの至福に満ちた表情に涙が出たわ
動物も自分が必要とされる事に喜びを感じるんだね

55

55. 匿名処理班

  • 2017年04月28日 20:36
  • ID:FVk5QGPz0 #

「ショックス、大好き!」
全俺が泣いた

56

56. 匿名処理班

  • 2017年04月29日 15:57
  • ID:3H.ZMYiB0 #

あれ?アカデミー賞確定の映画内容がなぜここに! 

57

57. 匿名処理班

  • 2017年04月29日 16:18
  • ID:aWA6.el10 #

泣けるなー…
子供にも動物にも、愛と光を!!
お互いに求め合って共に強く、幸せになる。
こんな素晴らしい事ってないよね。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク