0_e0

 さてさて日本は花粉の季節。今年の飛散量は昨年より5倍増との予想もあるが、こんな話題はどうだろう。宇宙飛行士が月アレルギーを発症したというなんとも気の毒な話だ。

 その時アポロ17号の内部は、火薬のようなにおいがしていた。1972年12月、アポロ宇宙船で月を訪れ、足跡を残した最後の人物となった宇宙飛行士のユージン・サーナンとハリソン・"ジャック"・シュミットは、月の海の南東の岸にある、タウロス・リットロウ渓谷での調査を無事に終えた。そして、月の砂塵をかぶったまま宇宙船に戻ってきたのだ。
 
 ふたりは、宇宙服に積もった塵をはらい、ヘルメットをとった。そのとたん、シュミットがくしゃみの発作を起こして止まらなくなった。喉はむずがゆくなるし、鼻が詰まって息が苦しい。
スポンサードリンク

想定外の月塵アレルギー


 「まさか自分が月塵アレルギーだとは思わなかった」シュミットは言った。それを聞いていた地球に待機していたスタッフは、無線でシュミットの急変をからかった。

 「チェックしてないなんて、おかしいな」管制センターのジョセフ・アレンは言った。「安物のノーズ(鼻)に問題があるんじゃないか、ジャック(シュミット)」

1_e13
ハリソン・"ジャック"・シュミット

月はとにかく塵だらけ


 月に人間を送り込むことミッションには、あらゆる問題が想定されているが、「アポロの宇宙飛行士たちが指摘したおもな問題は、塵に始まり、塵に終わる、まさに塵一辺倒だった」惑星地質学研究所のラリー・テイラーは、米国土壌科学会のインタビューに答えて言った。

 アポロ11号の宇宙飛行士たちも、すべてのものを覆い尽くしてしまう塵の粒子を、いくらはらい落そうとしてもはらいきれないことに悩まされた。

 アポロ12号のクルーは、宇宙船が砂塵にまみれ、ヘルメットを脱いだときほとんど何も見えないくらいだったとぼやいた。

2_e15


月の塵は細かいガラス破片のようなもの


 月の塵は一見、柔らかで軽そうに見えるが、実際は鋭くやすりのようにザラザラしている。多くは微小隕石の衝突による破片だが、月面は風も流れる水もないため、月塵は摩耗しない。自然が作用することがないので、砂粒の角が丸くならないのだ。

 粉状になった細かいガラスの破片を吸い込んでいるようなもので、健康に重大な害を及ぼす。粒のひとつひとつがギザギザしているので、深く吸い込むとそれが肺に留まり、肺胞嚢や肺胞管を傷つける。

 結果的に月面版珪肺症(けいはいしょう)を引き起こすことになる。これは炭坑作業員がよくかかる致死性疾患で、今でもアメリカでは年間100人がこの疾患で亡くなっている。

 さらに問題を複雑にしているのは、月の塵には鉄分が多く含まれていて、この鉄を帯びた塵が最近になってアポロ宇宙飛行士の間に高血圧を引き起こしている。

4_e14

 これまでのアポロ計画の報告書で、月塵災禍のことは報告はされていたが、シュミットを思いとどまらせるほどではなかった。

 ハーバードで教育を受けたこの地質学者は、月の地形を研究するためにゆうに10年を捧げ、アメリカ地質学調査の宇宙地質学部門で働き、望遠写真を使って、月や惑星の地図を作った。

 NASAから宇宙に行くことに興味があるかと訊かれたとき、シュミットに躊躇する理由はなかった。「10秒考えて、挙手して志願した」シュミットは1999年のNASAの口述歴史記録プロジェクトでこう語った。


月塵災禍は知っていてもまさかアレルギーがあるとは・・・


 シュミットほど、月の地質に精通している宇宙飛行士はいなかった。これまでのアポロ宇宙飛行士たちは、全員軍のパイロットとしての経歴があったが、シュミットは月を歩いた最初で最後の科学者となった。

 マスコミは地質学者宇宙飛行士をロマンチックに描いて、もてはやすことはしなかった。ニューヨークタイムズは、シュミットのことを37歳の物静かでまじめな独身男で、自分のテレビやステレオも持っていない、と書いただけだった。

 月へ行くためのトレーニングで、シュミットは53週の飛行訓練コースを終了し、2100時間のフライトタイムを記録した。まさか、長年遥か彼方から研究してきた月の塵アレルギーに悩まされることになろうとは、夢にも思わなかっただろう。

5_e7

 1972年12月、シュミットは山に囲まれ、砂塵が延々と続く月のタウロス・リットロウ渓谷に降り立った。最初の月面歩行の間に、月面移動車(LRV)のフェンダーがなくなってしまい、タイヤがスピンして、LRVは砂塵を巻き上げた。

 あらゆる隙間やひだに塵が堆積し、シュミットの宇宙服の見えないところにも入り込んだ。宇宙服の関節部にも詰まってしまい、腕が動かしにくくなった。ブーツにも入ってきて、研磨作用があるせいで、ケブラー(軽くて強度のある繊維)のような3層素材でも擦り切れてしまうほどだった。

7_e5

 宇宙飛行士たちが、宇宙船に戻ってきたとき、塵をはらうのにとてつもなく長い時間がかかった。シュミットはヘルメットをとったとたんくしゃみが止まらなくなった。鼻だけでなく、目や喉までチクチクしてたまらず、口にまで入ってきてじゃりじゃりだったと、ぼやいていた。

 この状態が2時間ほど続き、NASAの医師であるビル・カルパンティエによって月塵によるアレルギー反応だと診断された。

6_e6

 厄介な月塵アレルギーに悩まされても、シュミットの勇気はくじけなかった。彼の地質学者としてのキャリアのおかげで、アポロ17号はこれまでのどのミッションよりもたくさんの岩石サンプルを集めることができた。

 そのうちのひとつは42億年前のもので、トロクトライト76535と呼ばれ、のちに月の磁界の謎を解くのに大いに役立った。

8_e0
トロクトライト76535

 シュミットはまた、月面で火山性ガラスのオレンジのビーズを見つけた。このサンプルのおかげで、月にはかつて火山活動があったことを証明したでけでなく、水が存在していたこともわかった。

 地球に戻る準備をする前に、シュミットとアポロ17号の仲間たちは、月から地球の写真を撮った。今日、それは我らが故郷のもっとも象徴的な写真のひとつになり、ザ・ブルー・マーブルと呼ばれている。

9_e4
ザ・ブルー・マーブル


Apollo 17 (Full Trip)
via:nasamentalflossなど/ translated konohazuku / edited by parumo
▼あわせて読みたい
これは小さな一歩なんてもんじゃなかった!鳥肌が立つほどのロマン。NASAがアポロ計画で撮影した8400枚の写真を公開


アポロ17号の忘れ形見?NASAの月面写真に映し出されていた宙に浮くハンマー


宇宙空間も領土主張?NASA、アポロの月面着陸地点を立ち入り禁止区域に。


今も月面に残されている7つのもの


圧倒的存在感!アポロ8号の撮影した月の写真に巨大な舌のようなものが写っていた

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年02月23日 20:36
  • ID:uHQdM.R10 #

そうだねぇ、風や水流で丸くなることがないんだからそりゃぁ刺激性高いだろうなぁ。

2

2. 匿名処理班

  • 2017年02月23日 20:36
  • ID:pNuRX0G90 #

かつては月の塵は細かすぎて液体のような振る舞いを見せるから実際に海のような地形もあるという仮説もあったほどです

3

3. 匿名処理班

  • 2017年02月23日 20:44
  • ID:DqEF4zvF0 #

もう花粉の季節か…うっ、鼻が…
しかし月の塵って厄介なんだな

4

4. 匿名処理班

  • 2017年02月23日 20:59
  • ID:IpHDZbTQ0 #

アスベストみたい

5

5. 匿名処理班

  • 2017年02月23日 21:02
  • ID:2TGOKQpJ0 #

風と水のありがたみを知ったわ

6

6. 匿名処理班

  • 2017年02月23日 21:05
  • ID:iAn5e9..0 #

やはり、地球に引きこもってるに限る

7

7. 匿名処理班

  • 2017年02月23日 21:06
  • ID:sPvqOJ3.0 #

生まれて初めて月アレルギーなんて聞いてしまった。
すごく大変そうだけど、研究心の方が勝ったのか。研究者魂スゴイ。

8

8. 匿名処理班

  • 2017年02月23日 21:23
  • ID:ZeiVDK6r0 #

想定外の月アレルギーで、運のつき

9

9. 匿名処理班

  • 2017年02月23日 21:58
  • ID:xzvBi5gY0 #

10年位前に突然オレンジアレルギーを発症したワイ、この宇宙飛行士にすごい親近感を感じた

10

10. 匿名処理班

  • 2017年02月23日 22:10
  • ID:RDyDnEQo0 #

レゴリスだっけ、宇宙兄弟で見た。

11

11. 匿名処理班

  • 2017年02月23日 22:24
  • ID:niTV1VWZ0 #

こういうの見るとやっぱり
人類は月に行ったんだなと信じられる

12

12. 匿名処理班

  • 2017年02月23日 22:44
  • ID:0f0B.xLF0 #

アスベストみたいなもんか
地味に怖いな

13

13. 匿名処理班

  • 2017年02月23日 22:56
  • ID:nzgCz4Te0 #

ゲッチリ

14

14. 匿名処理班

  • 2017年02月23日 23:19
  • ID:ADzwd3Py0 #

尿路結石みたいな感じの鋭い粒なのかな?
痛そう

15

15. 匿名処理班

  • 2017年02月23日 23:33
  • ID:LSxWBgUE0 #

そこでは人間は生きられないという月からの警告ですよ

16

16. 匿名処理班

  • 2017年02月23日 23:36
  • ID:uyUjcZv20 #

レゴリスか

17

17. 匿名処理班

  • 2017年02月24日 00:13
  • ID:YGWNRojr0 #

私は地球アレルギー。生きにくくってしょうがない。
早く脱出したいよ。笑

18

18. 匿名処理班

  • 2017年02月24日 00:43
  • ID:goYt5HUm0 #

月の塵ってきくとちょっとかっこいいのに
物理的に厄介この上ないんだなあ

19

19. 匿名処理班

  • 2017年02月24日 00:59
  • ID:SKnmWP1.0 #

アレルギー初めて出たとき滅茶苦茶焦ったってのに、もし宇宙空間でなったらって考えると地味に怖いなぁ。

月って昔はどんな風だったのかな。テラフォーミングできたらどうなるのかな。

20

20. 匿名処理班

  • 2017年02月24日 05:00
  • ID:Kv9fKIpj0 #

こういう苦労談を読んだら月面着陸は嘘だったなんて言えなくなるね

21

21. 匿名処理班

  • 2017年02月24日 06:01
  • ID:QikQmXQ20 #

水と空気の有難さが良くわかった。

22

22. 匿名処理班

  • 2017年02月24日 07:06
  • ID:RcBd9vix0 #

本気で人類が月まで行ったと思ってるおまいら
アメリカの嘘にいつまで騙されてんだよ、何年前の科学力で行ったと思ってるんだ?
現代科学でも月どころか地球から離れられないんだぜ?行ってるわけないだろw
あの変な球体の乗り物でどうやって降りてどうやって飛び立ったと思ってるんだよw
いい加減目を覚ませよ、人類が月に行くのはまだずっと先の話さ。

23

23. 匿名処理班

  • 2017年02月24日 09:31
  • ID:0.O7ucO10 #

ケプラーが擦り切れるってマジかw

24

24. .

  • 2017年02月24日 11:04
  • ID:veMJO0LJ0 #

俺も宇宙兄弟で読んだ
アスベストみたいなもんだろ

25

25. 匿名処理班

  • 2017年02月24日 11:48
  • ID:mx9hTiaq0 #

※22
「おまいら」とか君どこの星からここへ来たの?

26

26. 匿名処理班

  • 2017年02月24日 17:16
  • ID:s2Tv.aoM0 #

エンジェルヘアーも火山性の針状ガラスだったはず。

27

27. 匿名処理班

  • 2017年02月24日 22:58
  • ID:fgpueyMO0 #

火山灰みたいなものかな

28

28. 匿名処理班

  • 2017年02月25日 17:42
  • ID:C7.UPBdG0 #

※22
こういうやつって月までの距離すら知らないんだろうな

29

29.

  • 2017年02月25日 23:04
  • ID:9WJRqYW20 #
30

30. 匿名処理班

  • 2017年02月27日 04:49
  • ID:Z1wwAoov0 #

う〜ん・・・月旅行は当分延期で良いかもしれないな。アレルギーの画期的な治療法が見つかるまでは

31

31. 匿名処理班

  • 2017年03月01日 20:37
  • ID:FTFS.Q5l0 #

※17
重力も酸素もある誰もいない地球の砂漠から始めたら

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク