0_e6

 非常に不気味だが、死者が居並ぶ陰鬱な霊廟やカタコンベには妙に心惹かれるものがある。その代表例のひとつがブルガリア中北部ヴェリコ・タルノヴォ近くにあるプレオブラジェニエ修道院だ。ここには、遥か昔に死んだ修道士たちの頭蓋骨が長いこと放置されていて、礼拝堂の地下で埃をかぶっている。

 礼拝堂の薄暗い地下室、埃だらけの木の棚にずらりと並べられた頭蓋骨の状態はさまざまで、比較的保存状態のいいものから、ほとんど崩れてしまっているものまでいろいろだ。それぞれに十字の印、日付、装飾的な碑文が刻み込まれている。
スポンサードリンク

 これらの写真は、2012年10月にスコットランド人urbex写真家のニコラ・ミラーが撮影した。urbexとは、urban explorationの略で、廃墟写真を集めたサイトのこと。

 「主の変容」という意味のプレオブラジェニエ修道院は、サモヴォデネ村に近いヤントラ川のデルベント峡谷にあり、11世紀に建てられたブルガリア正教会の5つの直轄修道院のひとつと言われている。

1_e14
image credit:Nicola Miller


2_e10
image credit:Nicola Miller


3_e13
image credit:Nicola Miller


4_e11
image credit:Nicola Miller

 もともとあった修道院の建物は、オスマントルコの支配期に略奪、破壊されてしまった。のちに再建され、現在の教会は1834年頃に完成した。それから数十年後に、鐘楼や住居用の建物が建設された。

 1991年にまたしてもこの修道院を悲劇が襲った。上の崖から岩が崩れ落ちてきて、修道院の部屋をいくつか押しつぶしてしまった。怪我人は出なかったが、落下してきた大きな岩はふたつに割れ、今日までそのまま残っている。

5_e12
image credit:Nicola Miller


6_e10
image credit:Nicola Miller


7_e9
image credit:Nicola Miller


8_e8
image credit:Nicola Miller


9_e8
image credit:Nicola Miller

 地下に並ぶ修道士の頭蓋骨がどれくらい前からそこにさらされていたのかはわからないが、かなり朽ち果てていることから、相当長い間放置されていたことがうかがえる。頭蓋骨に記された日付は、修道士たちが19世紀後半に死んだことを示しているようだ。

 誰にもかえりみられることなく打ち捨てられた棺もいくつかある。フタが少し開いているということは、少なくとも誰かが中に長いこと眠る死者の顔を垣間見て、大いに動揺したことだろう。


10_e7
image credit:Nicola Miller


11_e2
image credit:Nicola Miller


12_e4
image credit:Nicola Miller


13_e2
image credit:Nicola Miller
via:The Mysterious Inscribed Skulls of Preobrazhenski Monastery, Bulgaria/ translated konohazuku / edited by parumo
▼あわせて読みたい
死が身近にあった時代、骸骨はゴージャスな宝飾品で装飾され納骨堂に眠っていた。「カタコンベの聖人たち」


600万人の死者が眠るパリ・カタコンベの外壁は今やグラフィティペイントで満ち溢れている(フランス)


背筋が凍る、世界19の悪夢の場所


5000体の人骨で埋め尽くされたポルトガル、エヴォラ骸骨礼拝堂「The Capela dos Ossos」


神のご加護があれば死体は腐らない?イタリアにある聖人の不朽体(閲覧注意)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年01月28日 20:51
  • ID:M5yfInBo0 #

落下してきて二つに割れた岩とやらの写真が見たかった

2

2. 匿名処理班

  • 2017年01月28日 20:53
  • ID:M5yfInBo0 #

落下してきて二つに割れた岩とやらの写真も見てみたかった。

3

3. 匿名処理班

  • 2017年01月28日 23:00
  • ID:1d5a0oU.0 #

おいらの骸骨が後々赤く塗られて額に白い文字で
「アホ」って書かれて飾られたりしたら嫌だなぁ、
なんて思ってしまった。
って何処の馬の骨とも分からない人間の骨にそんな価値は無いんだけどね

4

4. 匿名処理班

  • 2017年01月28日 23:02
  • ID:8PbWGjEp0 #

頭蓋骨に直接メッセージ(記録?)を書くって凄い発想…
斬新というか合理的というか、大切にされてるというか。

怖いモノ見たさで、ちょっと魅かれる。

5

5. 匿名処理班

  • 2017年01月29日 00:15
  • ID:1iLdccD30 #

※1※2ケコン

6

6. 匿名処理班

  • 2017年01月29日 00:48
  • ID:S5Pdg2UZ0 #

リラは行ったことあるけどこっちも崖っぷちに建ってるとか魅力的。ソフィアは自分が見たなかで一番美女率が高い街だったしまたいきたい。

7

7. 匿名処理班

  • 2017年01月29日 06:59
  • ID:5k51q2jZ0 #

「耳なし芳一の骨です。」
「いっぱいあるじゃねーか」
「年齢ごとにとってありますから」

8

8. 匿名処理班

  • 2017年01月29日 10:05
  • ID:YCdV1Wxk0 #

※5
ID…

9

9. 匿名処理班

  • 2017年01月29日 15:26
  • ID:Hw9spKFD0 #

木を隠すなら森の中。
もしかしたら修道士の骨ではないものが混じっているかも……?

10

10. 匿名処理班

  • 2017年01月29日 15:38
  • ID:iJKjiSb.0 #

ほとんどが顔の部分を割られて(?)いるようにも見えて
なんとなく不穏な時代背景を想像してしまう・・・

11

11. 匿名処理班

  • 2017年01月29日 16:47
  • ID:nzR6xNjz0 #

※10
当時のデスマスク採取に使用した材料の中には、
使用するには少々強めのアルカリ性物質が含まれており、
顔面骨の腐蝕を早めてしまう事も有ったみたいですね。
頭蓋の内部に有る非常に脆い蝶がい骨に損傷が無いにも
関わらず顔面の骨だけに激しい損傷が有った事からそう
推察されているだけに過ぎませんが…

12

12.

  • 2017年01月29日 23:26
  • ID:KRhmmZdz0 #
13

13. 匿名処理班

  • 2017年01月30日 00:01
  • ID:2WIz0ClX0 #

軽く調べたら19世紀頃のブルガリア正教会って、ブルガリアの文化独立運動に関わってたんだね。オスマン帝国とギリシャの教会同時に相手したなんて、凄まじい……。こりゃ修道士修道女さんだけじゃなく、独立運動に関わって亡くなった村人さんもこのご遺体の中にいらっしゃるのかも。それならせめて頭骨だけでも大事にお預かりしましょう、亡くなった時の記録も可能な限り残しましょう(紙記録で焼かれたり奪われたりしないよう、直に書き込み)って流れになっても不思議はないや。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク