20240326_105931_e
image credit:TikTok
 ニンゲンにもトロピカルな暑いところが好きな人、程よく寒い場所が好きな人、常春な感じが一番いい人など、気候に関してはそれぞれ好みがあると思う。

 動物の場合は生息地の気候に順応して進化してきたわけだから、服やエアコンで調節できるニンゲンよりも、気候への好みや適応は切実だ。彼らの健康にも直結する大問題だよね。

 砂漠気候のロサンゼルスから雪に覆われたコロラドへ、お引っ越しをしたサモエド犬の様子がネットで紹介されていたので早速見てみよう。
 ロサンゼルスで暮らしていたサモエド犬のカールくんは、もちろん雪なんてたまの旅行先で見るくらいだった。

 だが今回何と、ご主人が雪に覆われたコロラド州へのお引っ越しを決めたんだ。17時間も車に揺られての長旅だったが、目的地が近づくにつれ、窓の外の景色は一変した。

「何これ、何これ、涼しくってすごくいい感じなんだけど!」
20240326_105928_e
image credit:TikTok
 そして新居に到着すると、家の周りは一面の銀世界。
20240326_105928 (2)_e
image credit:TikTok
 雪に覆われたテラスを早速探検中。「これからここがおうちなの?」と、カールくんはこの笑顔だ。
20240326_105928 (4)_e
image credit:TikTok
 そして引っ越しから3週間が過ぎた今、雪の降る森の中を走り回ってめっちゃ幸せそうなカールくん。  雪の中ではしゃぎ回るカールくん。こんなに気に入ってくれたんなら、この引っ越しはカールくんにとっては大成功だね。
20240326_105928 (7)_e
image credit:TikTok
 サモエドはもともと寒いところで暮らしてきた犬種である。ロサンゼルスでも快適に生活していたんだろうけれど、やっぱり雪の中を好きなだけ走り回れるこの環境は、カールくんにとって幸せいっぱいの嬉しい新居になったようだ。

written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。
あわせて読みたい

泥んこたのしい!水たまりにダイブしたサモエド犬、茶色に染まって飼い主泣き笑い



すっきりさっぱりしようね!プロのトリマーの手によるサモエドのグルーミングチャレンジ



サモエド犬のブロータイム「さよなら、ボクの抜け毛…」と神妙にドライヤーの風に当たる犬



いつまでもこうしていたい…?雪に埋もれ完全同化しても家に入りたがらないサモエド犬



ピンポーン、荷物をお届けにあがりました!可愛いサモエドの配達犬さんがやってきた

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年03月27日 21:20
  • ID:.s.5U5Ee0 #

こういうのを見るとやっぱり大型の寒い地域原産の犬は日本なら北関東以北で飼った方がいいのかなと思う

2

2. 匿名処理班

  • 2024年03月27日 21:37
  • ID:xBYPyuRE0 #

埼玉でセントバーナード飼ってる人が
「夏暑くて可哀想」って言ってたわ…

3

3. 匿名処理班

  • 2024年03月28日 02:31
  • ID:J9iIFGZQ0 #

>何これ、何これ、涼しくってすごくいい感じなんだけど!
か〜〜わいい〜〜
素敵な所に引っ越せてよかったね^−^

4

4.

  • 2024年03月28日 17:07
  • ID:eMVf.GBr0 #
お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links