古代エジプトの墓の中に刻まれた死者をヘビから守るための魔法の呪文
 エジプトのギザとサッカラの間にある考古遺跡アブシールで発掘を行っていたところ、これまで知られていなかった書記官の墓が発見された。

 この墓は、神や女神の姿や魔術の文書で装飾されていただけでなく、死者がヘビに咬まれるのを防ぐための魔法の呪文が刻まれていたという。

アブシールの遺跡から発見された豪華な墓

 紀元前1000年半ば頃にさかのぼる豪華な装飾が施されたこの墓は、有名なギザとサッカラの間にあるアブシールの遺跡から見つかった。

 アブシールは、古王国時代(紀元前2686年から2181年)の広大な共同墓地とピラミッドでよく知られている。

 この墓を見つけたのは、プラハ、カレル大学のチェコ・エジプト学研究所(CIE)だ。

 古代エジプト第26、第27王朝時代の高官や軍司令官が眠る墓地がある、アブシール西部での発見だという。
View_23
室書記官ジェフティエムハトの墓室につながる地下通路 / image credit:Petr Košarek, c Czech Institute of Egyptology FF UK

書記官ジェフティエムハトは手に入れられるあらゆる呪文を必要とした

 発掘を指揮したチェコ研究所の考古学者ミロスラフ・バルタ氏は、アブシール西部のこの墓地は、アブシールとサッカラで知られている最大の共同墓地のひとつだという。

 考古学者のラディスラフ・バレシュ氏によると、墓の上部は地上に出ていて、遥か昔に破壊されてしまっていたが、墓室自体は5.24mある立坑の下にあり、装飾が施された石棺はそこにあったらしい。

 ほかにもいくつかの文書や美術品が納められていることもわかった。

 この墓は、これまで知られていなかったジェフティエムハトという王室書記官のもので、彼はペルシャ軍がエジプトに侵攻した時代に生きていた高官だった。

 骨の分析から、25歳で亡くなり、座ってばかりの仕事が原因の重度の骨粗しょう症や脊椎の摩耗など、健康問題を抱えていたことがわかった。
interior_12
ジェフティエムハトのミイラが安置されていた、西の女神を表した石棺内部 / image credit: Petr Košarek, c Czech Institute of Egyptology FF UK

魔術文書と守護の呪文

 墓室内部には、大きな石棺が置かれていて、象形文字の碑文やエジプト神話や宗教に登場する神々を芸術的に表した装飾が刻まれていた。

 考古学者のジリ・ヤナーク氏によると、描かれているものの中には、女神イシス、ネフティス、西の女神イメンテトなどがあったという。

 石棺の内部に描かれている西の女神イメンテトは、守護者と案内人の両方を表わし、同時に「死者の母」でもあった。

 これら像の脇には、死者がつつがなくあの世に行かれるようにするための文言が書かれていて、さらに保護を強化してくれる、『死者の書』からの抜粋もあるという。
Roughly
夜の巡業中の太陽神レオをおおまかに表した像 / image credit:Petr Košarek, c Czech Institute of Egyptology FF UK

ヘビから身を守り、安全にあの世に向かうための魔法の呪文

 保存状態の良いこの墓の南と西の壁は、儀式の供物でいっぱいで、天井には、空を横切る太陽の旅が描かれている。

 さらに、「私たちの星の出没」に捧げられた讃美歌も刻まれていた。しかし、墓の北側の壁で発見されたものは、話題を呼んだ。

 そこには、ヘビに咬まれたときのための呪文が延々と書かれていたのだ。

 バルタ氏は、古代エジプトでは、多くの人が毒ヘビに咬まれて死んだため、ジェフティエムハトの墓にも危険な毒ヘビの種類が刻まれたのだろうと説明している。

 だがこうした毒ヘビは、死者とミイラを守る強力な守護者の役目も果たしていたという。
burial_19
ジェフティエムハトの墓室の北壁 / image credit: Petr Košarek, c Czech Institute of Egyptology FF UK


 古代エジプトではたくさんの毒ヘビが生息していたため、ヘビに咬まれることは大きな心配ごとのひとつで、ヘビの襲撃にまつわるさまざまな信仰や儀式と結びつけられていた。

 実質的な治療と魔術的な治療法が、ヘビの脅威に対処するために開発された。

 ウラーウスのようなコブラのシンボルは、こうした致命的な毒ヘビとの遭遇の可能性に対する文化的な対策としての役割を担っていたという。

References:Češti egyptologove si v Abusiru připsali dalši objev. Nalezli Džehutiemhatovu hrobku | Filozoficka fakulta Univerzity Karlovy / Ancient Egyptian tomb was filled with magical spells to ward off snake bites / Magic Snake Spells and Texts Discovered In Egyptian Tomb | Ancient Origins / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
古代エジプトの「魔法の呪文」の解読に成功。それは恋のおまじないだった(フランス研究)


古代エジプトには想像よりもはるかに多くの毒蛇が生息していた


古代エジプトのパピルスが翻訳され、恐るべき「呪文の書」の内容が明らかに(イタリア研究)


古代エジプトのミイラ作りの材料が大量に発見される


古代エジプトにも赤ペン先生が存在した。4000年前の文字板に赤い修正文字

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年12月05日 22:59
  • ID:lOfmlTRd0 #

エターナルダークネスでウラーヌスだかなんだかの呪文があったな

2

2. 匿名処理班

  • 2023年12月06日 08:44
  • ID:GnvRI.PT0 #

地下通路と北壁カッコ良すぎる

3

3. 匿名処理班

  • 2023年12月06日 12:13
  • ID:sGrA0yrg0 #

「マングースがいます」

4

4. 匿名処理班

  • 2023年12月06日 13:25
  • ID:o9XOE0Tc0 #

ニョロニョロエッサイム ニョロニョロエッサイム 我は求め訴えたり

5

5. 匿名処理班

  • 2023年12月06日 19:58
  • ID:Ar.dKKcM0 #

エジプトの考古学では、「書記官」という役職が良く出てくるが、今の時代でいうところの書記官とは役割が違うんだろうな。
第一書記とかありそうだよなぁ。

6

6. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 23:29
  • ID:g1syr.iG0 #

>>5
中世ヨーロッパとかでもそうだけど、
書記っていうのは聖職者の一種

文字が書けるってのはもともと特殊技能で、
聖職者ってのは知識人だから文字が書けるのってのが大きな特徴の一つだった

古代世界では文字の書き手としては他に奴隷がいたけど、
奴隷より信頼を置きやすいし権威もあるという理由で
王侯が聖職者を書記として手元に置くってことが多かった

7

7. 匿名処理班

  • 2023年12月08日 21:34
  • ID:Y2rq2GWS0 #

>>6
言いたいことはわかるし、読み書きが特殊技能であることもわかるけど、その人達の政治的発言力とか権力はどのくらいだったんだろうな。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links