認知症女性が飼い犬のおかげで発見される
 軽度の認知症を患う女性が、飼い犬と共に森に散歩に出たまま行方不明になった。地域の警察やボランティアの人々が総出で探し回った。

 そしてついに3日後、女性を発見。救助隊の音に反応し犬が鳴き声を上げたのだ。3日間ずっと女性のそばを離れることなく、守り続けていたという。

 そのおかげで女性は軽傷を負った程度で済んだそうだ。
広告
Meet Max, the hero pup credited with saving a Katy mother's life while she was lost in the woods

飼い犬の散歩中、女性が行方不明に

 5月3日午後1時20分頃、アメリカのテキサス州ケイティ市に住むシェリー・ノッペさん(63歳)は飼い犬マックス(3歳)の散歩に出たまま行方不明になった。

 シェリーさんは軽度の認知症を患っており、外出時には携帯電話を持って出ていなかった。

 心配した家族がハリス郡保安官事務所に通報し、捜査員と地域のボランティア数百人がシェリーさんの捜索を開始した。
max2_e
image credit: youtube
 捜索途中、雨が降り悪天候に見舞われたが、ボランティアらは懸命に地域を歩き回った。

 ボランティアの1人は太鼓を持ってういき、「この音に犬が反応してくれれば」と何時間も太鼓を鳴らし続けた。

 すると、ジョージブッシュパークの森の中から犬の鳴き声が聞こえたという。

3日間、飼い主を守り抜いたマックス

 6日の早朝3時頃、犬の鳴き声を聞いたボランティアと捜査員らが森の奥へ進むと、黒のラブラドール・レトリバーを発見した。

 マックスは首輪もリードもつけていなかったが、3日間シェリーさんのそばを離れることはなかったようだ。

 その後、森の歩道から少し離れた湿地帯に泥にまみれて寒さに震えているシェリーさんが発見された。

 ボランティアたちがシェリーさんに近付こうとすると、マックスは飼い主を守ろうとしたのか、普段発することのない唸り声をあげて咆えたという。
max1_e
image credit: youtube
 シェリーさんは脱水症状を起こしていた他、切り傷や打撲傷を負っていたがたいした怪我はなかった。

 駆け付けた救急車によってすぐに病院へ搬送されたシェリーさんは、治療を受け、その日に退院することができたそうだ。

 マックスも獣医院で診察を受けたが、健康状態に問題はなく、家族と一緒に帰宅した。
max4_e
image credit: youtube
 シェリーさんの娘2人と息子は、母親が無事に見つかったことについて、メディアの取材でこのように話した。
max7_e
image credit: youtube
母の状態を考えると、3日間も生き延びていたことは本当に奇跡です。8日の母の日を前にして、最高に嬉しい出来事となりました。

捜索に関わってくださった全てのみなさんに心から感謝したい。コミュニティの人々の愛とサポートを実感しました。ありがとうございます。
 最悪の結果を免れたことを喜ぶ保安官事務所に加えて、ボランティアの人々も「マックスがシェリーさんを救ったのです」と喜びを露わにした。

References:Dog credited with saving missing Katy mother with dementia | khou.com/ written by Scarlet / edited by / parumo
あわせて読みたい
厳寒の中、行方不明となっていた3歳の少女、愛犬により命を救われる(ポーランド)

雪山で遭難し動けなくなった飼い主の体を13時間温め続けたマラミュート犬。両者ともに無事救助

登山で滑落したまま7日間遭難していた男性、寄り添い続けてくれた愛犬が心の支えとなり無事生還(イタリア)

ハイキング中に飼い主が死亡。発見されるまで16日間、空腹に耐えながら遺体のそばを離れなかった犬

犬が少女の命を救う。シベリアの森を彷徨い行方不明となっていた3歳の少女、12日目に無事救出(ロシア)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年05月13日 12:12
  • ID:V9wRHusf0 #

どうすればこのワンコにフリスキーモンプチを贈れますか?

2

2. 匿名処理班

  • 2022年05月13日 13:21
  • ID:CifSEAoa0 #

飼い主が認知症だなんて、「飼い主が衰えていくのを見る犬」ってこれもまた辛いシチュエーションだな
なんでお家に帰らないんだろう?帰っていいのかな?ってめっちゃ混乱しただろうなぁ
ほんと、知性のある動物が労ってもらえることを祈るよ
飼い主は愛玩動物の繁殖能力や自由を奪ってるぶん、死ぬまで安心して暮らせる環境を提供する義務があると思うんだわ

3

3.

  • 2022年05月13日 13:23
  • ID:MhaQ6wp00 #
4

4. 匿名処理班

  • 2022年05月13日 13:56
  • ID:TAJNznoQ0 #

でかしたMAX、スーパーファインプレイきみは超エライ!

5

5. 匿名処理班

  • 2022年05月13日 13:58
  • ID:qDeCUWcO0 #

63歳で認知症かぁ、悲しいな…
家族は大変だろうけど、マックスがいてくれて良かった

6

6. 匿名処理班

  • 2022年05月13日 14:15
  • ID:ExKAikmJ0 #

なんか昔のニュースで見た、認知症で家に戻れなくなったおばあちゃんが公園で野宿したらどこからともなく高齢の野良犬がやってきて一緒に寝てくれて、
次の日おばあちゃんが保護されたんだけど犬が寄り添って寝てくれなかったら凍死してたかもしれないって聞かされて、命の恩犬を引き取った一家ってやつを思い出したわ。

7

7. 匿名処理班

  • 2022年05月13日 14:27
  • ID:YNrOc7VQ0 #

ご主人が大好きなんだろうなあ。
犬って本当に人間の"パートナー"って感じだよなあ。

8

8. 匿名処理班

  • 2022年05月13日 14:30
  • ID:7L2tjStt0 #

犬は人類最良の友なんだなって

9

9. 匿名処理班

  • 2022年05月13日 15:35
  • ID:BL99qE6.0 #

ほんとに犬の愛は深いね、裏切ることなんてできない

10

10. 匿名処理班

  • 2022年05月13日 16:10
  • ID:Qc1iLqFu0 #

すごいわんこだな

11

11. 匿名処理班

  • 2022年05月13日 17:16
  • ID:t.tQlgwQ0 #

偉いねえ

12

12. 匿名処理班

  • 2022年05月13日 18:20
  • ID:jqxCAdcN0 #

※2
そうだよね。
こないだ他界した老犬がさいご1年くらいすっかりボケちゃってたんだけど、その様子を見た年下の同居犬がすごく情緒不安定になって両方のケアが必要だった。正直ずっと甘やかしてすぎてて、守られる側から守る側へのシフトはできなかった。上の犬が亡くなって2か月で下の犬は落ち着いた。
飼い主の痴呆だって感じ取れるし不安なはず。乗り越えて守る側に立つのは、人間としても尊敬するよ。

13

13. 匿名処理班

  • 2022年05月13日 19:42
  • ID:lgsS9Erw0 #

犬がどれだけ人間に対して忠実で、信頼できるかを表したニュースだね。飼い主さんと犬が無事で何よりだ。

14

14. 匿名処理班

  • 2022年05月14日 03:40
  • ID:oa.LGl3n0 #

63歳てことは早期発症型の認知症だ、
若年性は進行が速いから、多分ワンコを飼い始めたときは
まだなんともなかったんだと思う
この散歩だって前日は普通に帰れたんだよ
昨日普通にできたことが今日はできなくなる
あまりにもハイスピードだと、ワンコの理解が追い付かないかもしれない

15

15. 匿名処理班

  • 2022年05月14日 06:28
  • ID:aNLMif.q0 #

63歳にしては若く見えて元気そうだけど
外見と中身は別なんだね…
軽度とはいえ認知症の診断されるって事は
かなり症状が出てたのかな…

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING