野良犬と店主の友情物語
野良犬と店主の友情物語 image credit:dulci.barbosa.391

 コロナの感染者が拡大し、世界3位の感染者数がでているブラジルでは、ロックダウンにより飲食店が休業を余儀なくされたが、9月に入って、徐々に店は再開されるようになった。

 バルボサさんが経営するカフェも数か月間店を閉めていたが、以前から1匹の野良犬が毎日熱心に店を訪れており、閉店中もそれは変わらなかった。

 バルボサさんと犬はすでに深い友情を育んでいた。閉店中も店にきて、犬に餌を与えていたところ、犬からこんなサプライズプレゼントをもらったようだ。
スポンサードリンク

休業中のカフェに毎日姿を見せる野良犬に餌をやりにきた店主


 ブラジルにある1件のカフェには、去年から1匹の野良犬がよく姿を見せていた。

 店主のバルボサさんは動物好きで、自宅でも保護犬を飼っている。家には既に3匹もいることから、その野良犬を引き取ることまではできないが、いつも姿を見せることから親切に食べ物を与えてやっていた。

 バルボサさんにデネレスと名付けられたその犬は、コロナによるロックダウンでカフェが休業になっても、毎日やって来た。

2_e16
image credit:dulci.barbosa.391

 バルボサさんも、デネレスがお腹を空かせないようにと、毎回カフェに食べ物を持って出向き、デネレスの世話をしていた。

 そんな日々が続くと、バルボサさんとデネレスの間に友情が生まれ始めた。デネレスは、バルボサさんを「食べ物をくれる人」というだけではなく、友達として信頼を寄せるようになったのだ。


デネレス、バルボサさんに家族を紹介


 9月になって、ようやくカフェが再開となった。カフェのオープンを一番に喜んだ顧客はデネレスだったようで、バルボサさんの出勤に尻尾を振って喜んで出迎えてくれたという。


 デネレスは、相変わらずバルボサさんのカフェに毎朝やって来る。しかしある日、いつものように朝ご飯を貰ったデネレスは、バルボサさんにサプライズを用意していたようだ。。

 バルボサさんは、以前からデネレスがどこを住処にしているのかは知らなかった。しかし、乳の膨らみ具合から、デネレスには家族がいるのだろうと推測していた。

 その家族のもとへ、デネレスはバルボサさんを案内したのだ。


 バルボサさんが思った通り、デネレスは子犬たちのお母さんだった。これまでバルボサさんから貰った食べ物は、母犬の大切な栄養源となり、ミルクとなって子犬たちに与えられていたことだろう。

 すっかり餌を食べるまでに成長している子犬たちを見て、バルボサさんはこの先安全に子犬を保護し、いずれ養子縁組先を探してやりたいと思った。

3_e12
image credit:dulci.barbosa.391

 残念ながら、デネレスの住処はバルボサさんの家やカフェからは少し離れているという。しかし、バルボサさんはデネレスのことが大好きで、食べ物を与えると同様、たくさんの愛情も注いできた。

 「今、ちょうど犬たちの引き取り先を探しているところです。きっといい飼い主が見つかると思う」と話すバルボサさん。今は、養子縁組先が決まるまで、この小さな家族を見失わないようにベストを尽くして見守っているということだ。

written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
妊娠中の野良犬を保護、なんと15匹もの子犬を出産!(アメリカ)


やさしくしてくれたから特別に見せてあげる。女性が案内された場所には生まれたばかりの5匹の子猫が!


人になれるのを良しとしなかった野良猫が、1人の女性に心を開き、生まれたばかりの我が子の元へと案内するまで


崩壊した家屋の下敷きになった子犬を助けたい母犬が人間に助けを求め、共に瓦礫を掘り起こす救出物語(インド)


お墓に穴を掘り、その中で4匹の子犬を育てていた母犬の物語(セルビア)


片足が折れ、ボロボロの状態で町をさまよっていた母犬。10匹の子犬たちを助けてくれる出会いを求めていた(スペイン)


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
5874 points
散歩に出かけた猫、背中にオポッサムの赤ちゃんをおんぶして家に連れ帰る(メキシコ)

散歩に出かけた猫、背中にオポッサムの赤ちゃんをおんぶして家に連れ帰る(メキシコ)

2020年11月26日
2位
4365 points
ソ連が領海侵犯していると思い込んで15年、実はニシンのオナラだった(スウェーデン)

ソ連が領海侵犯していると思い込んで15年、実はニシンのオナラだった(スウェーデン)

2020年11月25日
3位
3641 points
江戸時代以来約400年ぶり。木星と土星が大接近!12月21日〜22日は世紀の大天体イベントがやってくる

江戸時代以来約400年ぶり。木星と土星が大接近!12月21日〜22日は世紀の大天体イベントがやってくる

2020年11月27日
4位
3535 points
余命わずかな愛犬の為、最後にもう一度大好きだった雪を見せたい。その願いがSNSユーザーの協力で叶えられる(カナダ)

余命わずかな愛犬の為、最後にもう一度大好きだった雪を見せたい。その願いがSNSユーザーの協力で叶えられる(カナダ)

2020年11月28日
633441328
5位
2464 points
バッテリー不要。乗る人の体重をアシスト機能に変換する世界初の自転車が登場

バッテリー不要。乗る人の体重をアシスト機能に変換する世界初の自転車が登場

2020年11月24日
4901898670
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年10月02日 12:16
  • ID:5X9DroZT0 #

あらかわいい

2

2. 匿名処理班

  • 2020年10月02日 12:50
  • ID:aW8gaixD0 #

ブラジルは単に人口が多いだけですよ
人口あたりの死者で見れば、隣接する地理と同程度
ペルーやベルギーやスペインより少ない

3

3. 匿名処理班

  • 2020年10月02日 12:53
  • ID:SgGY2BG60 #

動物にこれほど信頼されるとは
羨ましいもんだ

4

4.

  • 2020年10月02日 13:27
  • ID:zmLbzJzR0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2020年10月02日 13:37
  • ID:uPccsxZG0 #

一番目の動画が、頭を下げて挨拶してるみたいで可愛いw
あと子供達も可愛い、良い人に出会えて良かったね
信頼出来るから子供を達を紹介したんだろうな

6

6. 匿名処理班

  • 2020年10月02日 17:07
  • ID:d.fNuwZh0 #

可愛い顔してるなあ
優しい人に出会えてよかったね
親子共々幸せになって欲しい

7

7. 匿名処理班

  • 2020年10月02日 17:36
  • ID:v0LHNz3D0 #

いっぬ「暇そうだし遊んでやるぉ。」

8

8. 匿名処理班

  • 2020年10月02日 18:50
  • ID:.M0b.KTZ0 #

子供もすでに懐いてるじゃん

9

9. 匿名処理班

  • 2020年10月02日 19:59
  • ID:XQJTTuqP0 #

目がキラキラしてる

10

10. 匿名処理班

  • 2020年10月02日 23:33
  • ID:T5sucg2J0 #

デネレス、愛嬌があるね。

11

11. 匿名処理班

  • 2020年10月03日 05:55
  • ID:pQu0SRxV0 #

※2
統計の中で「少ない」とだけしか言われない13万という数字が悲しく感じる。
あとブラジルは2億人で13万人、3億人のアメリカが21万人、13億人のインドが10
万人。統計で言うならアメリカとほぼ同じで、インドよりは10倍も多い。何処を見て「少ない」と言うかだね。貴方がもし毎日ご飯と漬物しか食べられない貧困であっても、「貧困紛争地帯にいる子供たちよりマシだ」と言われて納得する人ならいいけど。

12

12. 匿名処理班

  • 2020年10月05日 03:16
  • ID:LH19yyea0 #

昔、庭に遊びに来る野良猫ちゃんにご飯をあげてた
サスケ君と名付けて2年目を迎えたある日、ぱったりと来なくなって…
身体が小さいままだったから病気か何かにかかったのかなって心配してた1ヶ月後のある朝
ニィニィと外から聞こえて、玄関開けたら随分と美人さんの黒猫と子猫2匹、傍らにはサスケ君
家族をこしらえてたから来れなかったんだと納得

アレルギーで飼うことは出来ないからって従姉妹に相談したら、その友達が家族ごと引き取ってくれた思い出

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク