ディアトロフ峠事件
ディアトロフ峠事件の謎をついに解明 image by:public domain/wikimedia

 1959年、旧ソ連領ウラル山脈北部で男女9名のトレッキングチームが不可解な死を遂げた。

 テントは内側から切り裂かれた痕跡があったほか、遺体は下着姿で、頭蓋骨や肋骨を損傷。中には眼球や舌が失われているものもあった。数人の衣服からは高い線量の放射線物質まで検出さている。

 当時、ソ連の捜査当局は「抗いがたい自然の力」によって死亡したと発表。しかしあまりにも不可解な状況から、KGBや宇宙人が関与しているなど、さまざまな憶測が流れた。

 「ディアトロフ峠事件」と名付けられたこの謎めいた事件も、その発生から約60年の月日を経て、ついに真相が解明されたようだ。ロシア連邦最高検察庁が雪崩によるものと結論付けた。
スポンサードリンク

極寒の雪山で起きた悲劇


 1959年1月下旬、ウラル科学技術学校の学生ならびに卒業生である男女10名が、ウラル山脈オトルテン山を目指して遠征に出発した。

 途中、1名が持病のリウマチを発症したために、パーティから離脱。これが1月25日のことで、これ以降、生存中の一行を目撃した者は誰もいない。

6_e0

 2月26日、家族からの要請で一行の捜索にあたっていた救助隊が、ホラート・シャフィル山(マンシ語で「死の山」の意)で遺棄されたテントを発見。テントは損傷がひどく、内側から切り裂かれた痕跡があった。

 その後の捜索で、付近から一行全員の遺体が発見。

 死因は全員が低体温症だったが、1名は頭部、2名は肋骨をひどく骨折しており、調査からはその衝撃が交通事故にも匹敵しただろうことが分かっている。さらに後者の遺体については舌や眼球も失われていた。

 奇妙なことはまだある。極寒の雪山での事件だというのに、遺体は薄着で、靴を履いていないものもあったのだ。それどころか衣服の一部からは高い線量の放射線まで検出されている。

00

事件から60年、ついに謎が解明。雪崩による雪の圧力によるもの


 あまりにも不可解な状況で、国民からの反響が大きく、また犠牲者の遺族たちも真相の究明を訴えていたことから、ロシア連邦最高検察庁によって事件発生から60年後も捜査が続けられていた。

 そしてこのほど、ついにその謎を解明したとウラル連邦管轄区検察局次長アンドレイ・クリヤコフ氏によって発表された。

 それによると、死因は低体温症で、遺体の損傷は雪崩による雪の圧力によるものであるとのことだ。

 同氏によると、一行は雪崩の危険から逃れるために、自然の防波堤となる尾根の裏側へ避難したのだという。これは正しい判断ではあったが、当時、視界はわずか16メートルと限られており、テントを見失ってしまった。

 そこで彼らは焚き火をしたが、火は1時間後には消えてしまい、2名が低体温症で死亡。一行はここから二手に分かれて、テントを探した。

 一行のリーダーであったイーゴリ・ディアトロフが率いたグループは、テントの方向へはって向かったが、森を離れた途端に突き刺すような風に吹かれることになった。マイナス40〜45度という寒さの中、テントにたどり着くことも叶わず、やがて凍え死んだ――。

 なお、一行が薄着だったのは矛盾脱衣(寒いにもかかわらず服を脱いでしまう異常行動)と関係があると考えられている。

ディアトロフ峠事件

数トンの雪で圧死。生存のチャンスはなし


 もう一方のアレクサンドル・ゾロタリョフが率いたグループは、雪を掘って寒さをしのごうとしたのだという。だが、そのせいで雪崩を起こして潰されてしまった。遺体に見られた骨折は、重さ数トンもの雪の圧力によるものだ。

 クリヤコフ氏によると、テニスボールの片面に荷重をかけると、荷重をかけた部分ではなく、その反対側が破裂するのだという。じつは遺体の損傷はどれも体の反対側で見つかっているのだそうで、このことが雪の重みで潰されたことを物語っているとのことだ。

 「彼らの戦いは英雄的なもので、パニックに陥るようなことはなかった。が、それでも生還するチャンスは残されていなかった」と、クリヤコフ氏は語っている。

13_e

これまでに出ていた様々な説を検証、だが遺族らは...


 クリヤコフ氏らの捜査では、事件に関する諸説も検討されている。

1.UFO説
 登山当日、事件現場の南50キロの地点で奇妙な光球が目撃されているため、UFO説が提唱されているが、これは幻想であるとして否定された。

2.ミサイル発射説
 これに関連して、じつはカプスチン・ヤール演習場からミサイルが発射されていることが確認されている。しかし、それはディアトロフ峠からは見えなかったはずであるために、ミサイル関連説も否定された。

3.核爆発説
 また付近に核実験場があったために、核爆発で死亡したという説もある。しかし一行の所持品から被爆した形跡が見つかっていないため、同説は根拠なしとされた(もしそうなら検出された程度の線量では済まない。線量は大気汚染でも検出される程度だった)。

4.暴風説
 特に念入りに検討されたのが暴風説だという。現場付近では秒速50〜70メートルもの凄まじい風が吹くことがあるからだ。しかし気候学者によってこれも否定され、地震の記録がないことも確認されたという。
 
10_e0

 クリヤコフ氏によると、この発表をもって捜査は打ち切られることになるそうだ。「形式上はこれで終了。事件は一件落着」と、同氏は結んでいる。

 一方、遺族側を代表する弁護団体は、この結論に納得していないようだ。同団体は産業事故の可能性しか考えられないとして、検察の発表には同意していない。

References:mysteriousuniverse/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
ミステリーが加速する。謎めいた10の集団失踪事件


オーストラリア最大の未解決事件の捜査が再開。男性の遺体が掘り起こされる「タマム・シュッド事件」(1948年)


37年越しの殺人事件の謎がFacebookで解明。兄とその恋人を殺害した犯人を発見するまでの軌跡(イギリス)


アイランド・ミステリー。未解決事件、奇妙な現象が報告されている世界10の島


ネタバレが大惨事に!南極殺人未遂事件。読んでいた本のオチを暴露されて同僚を刺した男

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 20:47
  • ID:gIsa6f8h0 #

あれ、放射線は?

2

2. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 20:51
  • ID:83bPPP6x0 #

ウィキには、幾つかの遺体の衣服から高い放射線量が検出されたって書いてあったけど、この記事には被曝してないって書いてあるよね。
そこ、大きなポイントだと思うんだけど、どっちが正しいんだろう?

3

3. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 20:52
  • ID:CRy.Wc.v0 #

去年あたりに見た番組だと暴風説だったね
山の形と周囲の地形で竜巻みたいな風がテントのすぐ側まで来て〜みたいな感じだったと記憶してる

4

4. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 20:55
  • ID:.cyYNpqg0 #

寒いのに服を脱いじゃうシーン、映画八甲田山にもあった。

5

5. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 20:56
  • ID:hfwKy.Y20 #

うん。
俺はスパイ容疑で特務部隊に尋問・撲殺された説を推す。
付近には軍の秘密施設があり、隊の一人は実際にスパイ容疑濃厚で、
カメラなど諜報用と思しき機器を複数所持し偽名を使って帯同していた。
彼は木の下まで逃げ、その足跡ははっきりと残っており、そこで仰向けに倒れて死んでいた。
背後から襲われた形跡大。

6

6. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 21:04
  • ID:5yvQPVO10 #

※3
『奇跡体験!アンビリバボー 謎を解け!真冬のミステリー2時間スペシャル』放送日2018/12/6

これですね。乱気流に対し流体力学スパコンで計算出来る時代になってから判明したとか

7

7. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 21:05
  • ID:F1QeDyQg0 #

ん?放射線云々はどうなったの?

8

8. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 21:10
  • ID:qXgEdyHD0 #

で、放射線と内側から切り裂かれたテントの謎はどこいった?

9

9. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 21:18
  • ID:ESHMd9bp0 #

高い線量の放射線は雪崩とどう関係があるのかな?

10

10. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 21:24
  • ID:Q3AU8ybE0 #

「死に山」っていうドキュメンタリー本では、雪崩が起きるような地形じゃないって書いてあったけどね。

その著書の結論もちょっと無理があるような気はしたけど、昔のソ連の大学生の学生生活が生き生きと描かれていて、読み物として面白かった。

11

11. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 21:24
  • ID:kRKxBL640 #

舌や眼球がない遺体はなぜ?野生動物に喰われた??

12

12. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 21:25
  • ID:ySkRFqS40 #

線量は大気汚染でも検出される程度って書いてあるだろ

13

13. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 21:28
  • ID:qzuAWvFP0 #

地元の言葉で死の山と言われるくらいだから、何がしかの自然現象だろうと思う

14

14. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 21:30
  • ID:5DhKXlER0 #

矛盾脱衣は八甲田山で有名だし、当然早くから検討されていただろう……いまになってさも新しく判明したように言う必要が?
それとやっぱり放射線の謎だよね

15

15. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 21:38
  • ID:XZprhnms0 #

放射線がスルーされてる
意図めいたミスリードに見える
ケネディ大統領暗殺時の説明に使われた魔法の弾丸的な

16

16. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 21:39
  • ID:kjS1B1eI0 #

※3
同じ番組を見た。
強風を避けるために丘の裏手にテントを張ったがこの地形が竜巻に匹敵する暴風を受ける要因になってしまったって話だった。(ヘアピン渦現象)
低周波音と暴風によりテントより避難する他なかったって感じだったがこれも説の1つってだけだったのかな。

17

17. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 21:44
  • ID:PObgQOfw0 #

レニーハーリンの映画ですべて答えが出ている

18

18. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 21:48
  • ID:90S.Dh900 #

「死に山」という検証本をアメリカのサーファーが出してますね。
ロシアが調査を継続してた事に驚き。

19

19. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 21:54
  • ID:Q0OL1DTH0 #

※2
この公式調査から政府は放射線被ばくなど無かった事にしたいみたいだけど、元記事にもこの公式の結論で終わる事は無いだろうと書いてあるね。

20

20. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 22:23
  • ID:OLFNfP2P0 #

なんか、全然違う気がする。死に山以外にも色々読んだけど、どれもこれもピンとこないのばかりだったな。

21

21.

  • 2020年07月17日 22:44
  • ID:1kPnkr880 #
22

22. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 22:58
  • ID:5mElTip90 #

まあロシアの言うことだからねぇ

23

23. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 23:04
  • ID:qfNpR2FP0 #

放射性云々も内側から切り裂かれた云々も後から尾ひれが付いたものだと思う。
メアリーセレスト号事件の「食事がまだ温かいままだった」云々みたいにね。

24

24. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 23:06
  • ID:JyIPOvN50 #

>>1
蓄光塗料では?
昔のやつ結構えぐい放射線出してて塗装工が癌になってたし。

25

25. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 23:19
  • ID:Ys40l4Ll0 #

放射線は元からとても低い数値だって言われてたよね
暴風による風の渦説が一番しっくりくるなぁ

26

26. 匿名処理班

  • 2020年07月17日 23:19
  • ID:JXMnxOaK0 #

3.核爆発説
 また付近に核実験場があったために、核爆発で死亡したという説もある。しかし一行の所持品から被爆した形跡が見つかっていないため、同説は根拠なしとされた(もしそうなら検出された程度の線量では済まない。線量は大気汚染でも検出される程度だった)。

ここ読んだ??

27

27. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 00:18
  • ID:pCX785rs0 #

そもそも謎じゃなかったんです
オカルトマニアの人、正確にはオカルト系のライターの人が「謎事件だ」って言って、事故の件を掘り起こしただけの話ですし
その後に色々尾ひれがついて広まったのは皆さんが知ってる通り

28

28. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 00:23
  • ID:jkQqI0X20 #

最近外国で個人的にこの事件を追った人の本がでて、その詳細を聞くと納得できる。

ラジオ《ディアトロフ峠事件》の真相 〜前編〜
ttps://www.youtube.com/watch?v=alshqu7lxEE

29

29. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 00:27
  • ID:YqwQDEmb0 #

なんか掘り返されたくない触れられたくないって感じだな

30

30. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 00:44
  • ID:UQW57ovt0 #

雪崩の痕跡が無かった点はどう説明するんだろ(痕跡が無いので謎だった)
また第一次捜索の時点で放射線測定器を持ち出している理由も不明だよね
現代なのにすげーいい加減な調査だな

31

31. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 00:48
  • ID:.FFFNwGO0 #

結構納得いく説明なだけに少しモヤモヤする。
やっぱりこういった話は謎のままな方がロマンあるよね(勿論遺族の方達からしたらロマンもなにもないけど)

32

32. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 00:51
  • ID:.WnMH.q00 #

>>1
>同説は根拠なしとされた(もしそうなら検出された程度の線量では済まない。線量は大気汚染でも検出される程度だった)。

この山が大気汚染されているという事なのでしょうかね…

33

33. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 01:15
  • ID:84PVVNzn0 #

>>3
暴風っていうか、特異な地形で気流が異常なことになって怪音出したり低周波出たりとかそんなんじゃなかった?だからパニックになって滑落したりテント破いたり服脱いだりとかだったような。その説明でめっちゃ納得出来たんだけどな。

34

34. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 02:01
  • ID:d5iCyKbP0 #

※17
「栗ご飯がー!」

35

35. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 02:18
  • ID:rtXEfb5b0 #

何トンもの圧力が掛かったわりには骨折が頭蓋骨と肋骨だけってそんなもんなのかな?
眼球が無くなるのは圧死によるものって想像はつくけど舌までなくなっちゃうものなのか…それとも別の理由なのか…

36

36. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 02:44
  • ID:iSOAo.A90 #

一言で言うと異星人の宇宙船によるうっかり事故。
ディアトロフ隊長らが夜寝ようかと言う時に濡れた衣服を乾かしながら着替えてる時に宇宙船の発着に遭遇、あまりの轟音に雪崩れと思って着の身着のまま飛び出した。
宇宙船の発する衝撃に気絶と痙攣、そのまま死亡。その後の雪崩れで遺体は損傷。
放射能汚染もその時のもの。
異星人は何度もこの場所には調査に訪れていたので、なんでこんなところに服を着た原住生物が死んでるの?と言う認識。ウイルス汚染を恐れてちょっと遺体からサンプル回収したそうです。
まぁ、夢物語だと思ってくれて結構です。

37

37. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 03:17
  • ID:BSo2fTh00 #

>>29
そもそもロシアの体制が発表したことを信じるほうがピュアすぎる。

38

38. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 05:36
  • ID:bTBMZxVj0 #

>>24
蓄光塗料じゃなくて夜光塗料ね
蓄光塗料は光のエネルギーを溜めて後で放出するもの
夜光塗料は放射性物質が出す放射線のエネルギーで光るもの

39

39. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 06:10
  • ID:UQW57ovt0 #

遺体の状況証拠(配置・遺留品・損傷死因)のみの辻褄合わせ検証でしかないじゃんねw

40

40. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 06:42
  • ID:twqKVOBO0 #

>>35
彷徨ってる時に落下して骨折や舌を噛み切ったあたりじゃないからな?
あと眼球が無い遺体って、3ヶ月ぐらい後の再捜索で見つかったので
写真みると相当痛んだ状態になってるから腐り落ちたあたりじゃないかな?

41

41. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 07:44
  • ID:TMnowV500 #

雪崩の犠牲者なら雪に深く埋まってるだろうし、雪山での死亡の原因としてまず挙げられるのでは?
最初に雪崩説が採用されなかった点を説明できなきゃ数ある従来からの説を只繰り返してるにすぎないよ。

42

42. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 07:55
  • ID:VFsn6dIE0 #

熊に襲われたんじゃないん?

43

43. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 08:18
  • ID:ZtJFi.PY0 #

60年かけて検察局の買収に成功したとかなら面白い

44

44. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 08:19
  • ID:chTEoAMh0 #

解明(したとは言ってない

45

45. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 10:38
  • ID:H.smRGc.0 #

雪崩で死んだ例は他にもあるはずなのに、なんで今まで分からなかったの?

46

46. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 10:40
  • ID:5WCPBD9P0 #

60年もかけてこの結論では、遺族(というか弁護団?)も納得できまいよ。

47

47. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 10:44
  • ID:dDzx05WU0 #

圧死するほどの雪崩に捲き込まれたのに埋まらずに発見されたんか
ヘアピン渦による被害が一番しっくりきたんだけどなあ

48

48. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 10:51
  • ID:P50FIohJ0 #

骨折はまあ分かったし、なくなった眼球は雪の圧力で飛び出たとも考えられる…かな?
でも無くなった舌とか、内側から切られたテントに関しては言及されてないな

49

49. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 10:57
  • ID:P50FIohJ0 #

雪崩で冬眠中の熊が起こされて激怒したところに居合わせたとかかねぇ?
でもそれなら骨折以外に爪の裂傷や牙の跡とか残ってそうだけど

どのみち熊などの野生動物にしても単純な捕食目的なら最初に内臓食われるだろうけど、骨折などに言及されてる反面、内臓には言及はされてないから捕食跡はなかったんだろうと思うが

50

50. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 11:13
  • ID:WGRVkAi80 #

放射線がどうこういうけど、旧ソ連では1950年代から700回くらい核実験やってるんだから風の強い山間部なら多少の線量は出ると思うよ。

51

51. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 12:14
  • ID:PmsZbbtX0 #

ん?
放射線が検出された衣類の所持者は、普段放射性物質加工専門の街で生活してたってのは知られてないの?
当時ソ連では産業ごとに街が作られることが多く、この人はそういった街に住んでいて「他の被害者の所持品に比べ高い線量を示したが、自然界においては危険視されるような線量ではない」ということらしい

52

52. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 12:37
  • ID:WGRVkAi80 #

放射線については東西冷戦時代を知らない世代の過剰反応だろうな。
当時は毎年当たり前のように核実験が行われていたから砂漠や山間部であればちょっと線量高めの場所は普通にあったでしょ。
他にも夜光塗料から検出されたりするし、今より扱いは雑だったよね。

53

53. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 13:04
  • ID:koBKaw7H0 #

去年だったか?アンビリバボーでディアトロフ事件の原因究明やってたのは、中々良かったけどな。

54

54.

  • 2020年07月18日 13:10
  • ID:sshuzFEQ0 #
55

55. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 14:33
  • ID:0oRFzWxm0 #

>>14
普通は八甲田山見てないよ
なぜ脱いだ、てのはFAQだから報道記事なら触れるかと

56

56. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 15:34
  • ID:7gJjbQN60 #

服を脱いで迫ってきたので、「やばい、ヤられる!」と慌ててテントを内側から切り裂いて脱出したが、偶然小さな雪崩がおきて巻き込まれた……

57

57. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 17:18
  • ID:JQ7TTx8k0 #

モンゴリアンデスワーム説は!?

58

58. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 17:23
  • ID:WedokbYT0 #

※1
亡くなられた一人であるゲオルギー氏は核汚染の除去などに従事していたそうです(ゾロタリョフ氏以外は工科大学の人たちなので)この辺りも何かで汚染されてたのかもしれません。ただ、このゾロタリョフ氏はただの山岳ガイドでは説明がつかないくらいハイスペックな人物(歴戦の軍人でマルチリンガル、写真は彼が記録している、殺され方がKGBの拷問方法と似ているなどなど)やっぱり納得しないって感じですね。サマートンマンにせよ。

59

59. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 17:34
  • ID:op3qNbG00 #

>>11
時間が経っているのと
舌のない遺体は崖下に落ちて顔が川に浸かっていた

60

60. 匿名処理班

  • 2020年07月18日 19:03
  • ID:i8GF51Dt0 #

>>55
いや揚げ足取りとかいいから

61

61. 匿名処理班

  • 2020年07月19日 09:04
  • ID:sb7mlSFs0 #

面倒くせえから代々先延ばしにされてきた案件を、なにかと白黒つけたがりのアンディ次長が誰か局内の理系ミステリ好きにシナリオ書かせて「はい一件落着!」ってしただけのような気がしないでもない

62

62. 匿名処理班

  • 2020年07月19日 09:40
  • ID:dL2h33ct0 #

私はここで宇宙人説を推します

63

63. 匿名処理班

  • 2020年07月19日 09:44
  • ID:dL2h33ct0 #

※11
もし見つかった場所が地面が出てる状態なら
アリさんが食べた可能性もある

64

64. 匿名処理班

  • 2020年07月19日 15:14
  • ID:PZVsbYAt0 #

>線量は大気汚染でも検出される程度だった
こんなしょうもない線量で放射線がーって騒いでたとかアホくさ

65

65. 匿名処理班

  • 2020年07月19日 20:00
  • ID:YMcByvwX0 #

※10
オレも去年読んだわ。
著者の説自体は、なんだかなぁだったね。

66

66. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 02:43
  • ID:h7z6h0a00 #

ロシアや中国の当局発表って日頃がアレだからイマイチ信用できないけど、この手の事件の真相って案外こんな感じなのかなあ。

67

67. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 22:12
  • ID:rhCZrC1B0 #

※41、※47
ゾロタリョフたち4人(大怪我の痕跡があるグループ)はだいぶ遅れて付近の渓谷の4mの雪の下から発見されたとされてるから、テントを探そうとしたが雪崩に巻き込まれて渓谷に滑落、そのまま埋まった、で説明がつく。

68

68. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 22:37
  • ID:rhCZrC1B0 #

1960年に大陸間弾道ミサイルの打ち上げ失敗でニェジェーリンの大惨事が起こった。それが起きたバイコヌール宇宙基地と、核実験場を結ぶ直線上にこの峠があり、時期が近かったために「こっちも打ち上げ失敗に巻き込まれたのを隠蔽したのでは?」と疑われたんじゃないかなーと思う。

69

69. 匿名処理班

  • 2020年07月21日 12:25
  • ID:Ue.pQ1Nf0 #

>>26
被爆と被曝を混同している人がコメ欄にいる気がする

70

70. 匿名処理班

  • 2020年07月22日 04:18
  • ID:pWQFY9Mo0 #

ヘアピン渦で納得してたのに……
「ロシアの公式発表」って信用する気にならなくてすごい

71

71. 匿名処理班

  • 2020年07月22日 15:27
  • ID:8UtVXbgg0 #

真相がわかり次第追って報告しない!

72

72.

  • 2020年07月23日 15:07
  • ID:10V2ddBZ0 #
73

73. 匿名処理班

  • 2020年07月24日 08:04
  • ID:NYaGwBTi0 #

※5
外で拷問はしないのでは?
また、死体は隠し、行方不明として処理するのでは?
これでは、世界中の注目を集めてしまう(現にこの記事も書かれている)
雪崩ではないにしても、何かのアクシデント、に私は一票。

74

74. 匿名処理班

  • 2020年07月24日 12:34
  • ID:v2KEod6Z0 #

これならヘアピン渦の方がまだ納得できるレベルだな
あれは全ての疑問に辻褄が合ってたし
まあオカルトファンとしてはレニー・ハーリンの映画を支持したいところだけど

75

75. 匿名処理班

  • 2020年07月24日 12:47
  • ID:YRFZK.pp0 #

※2
若者達の中の幾人か《リューマチで脱落のメンバー含む》
又は彼等の知人や親類達が、地元の不要物・廃棄物の保管施設の関係者だった。

当時其処には、核実験場で使用された後、低レベル汚染物資として廃棄予定の
《防寒靴》《防寒服》《手袋》《背嚢》《テント》等が大量に存在していた
・・・という情報が在った筈。

若者たちは、物資不足の中持ち出された被爆衣類を纏っていた可能性が在る訳で
《薄着だった》《矛盾脱衣》等は、其の侭事実として受け取ってイイのか疑念が湧く。

『此の服は此処には存在していなかった=剥ぎ取りと偽物とのすり替え』
不幸な山岳遭難事故が、陰謀やオカルトめいたややこしい話になったのは、
廃棄される筈の核実験場被爆物資・汚染衣類が、横流しや無断転用に因り
安全で豊かな労働者の天国《ソ連社会》に広く逆流していた事を糊塗する為に
ソ連当局が、異説珍説奇説を乱立して目晦ましにした。
与太話の森に取り囲まれれば、真実の樹も与太話
・・・という可能性もあります。

76

76. 匿名処理班

  • 2020年07月24日 15:06
  • ID:9gXn32jN0 #

結論は理解できるけど、これを調べるために60年かかったと言われても、自分が遺族だったら納得はできない。
散々世の中でUFO説だの核実験説だの騒がれてきたのに、60年も後に、自分の家族が「ただの雪崩で死にました」って言われても、そりゃ受け入れられない。

77

77. 匿名処理班

  • 2020年07月26日 01:47
  • ID:7hb8Cd3g0 #

>>32
それほど離れていない場所で核実験やってたからそこから定期的に飛んでくる放射線物質で元々汚染されてた説は確かあったはず

78

78. 匿名処理班

  • 2020年07月31日 05:46
  • ID:pPE84.s30 #

同団体は産業事故の可能性しか考えられないとして

オカルトよりも産業事故になれば賠償金もらえるからね

79

79. 匿名処理班

  • 2020年08月08日 20:47
  • ID:Cbpt.ggu0 #

なんか一方的に幕引きを図った予感

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク