コアラの体重測定
動物たちの体重測定 image credit:facebook

 動物たちの体調管理を行っている飼育スタッフにとって、動物たちのこまめな体重測定は重要なお仕事だ。

 とは言えみんなすんなりおとなしく、体重計に乗ってくれるわけではない。 

 大きさも性質も違う動物たちの体重を測るには、それぞれの特性に合った作業が必要となる。スタッフたちの愛情と熱意で支えられているのだ。

 ここでは様々な動物たちの体重測定の様子を見ていこう。飼育員さんに抱きかかえられながら、あるいはしっぽりと容器に入れられて体重を測る動物たちの愛らしさは、なかなか見られない光景である。
スポンサードリンク

1. シマウマ


 おとなしく抱っこされる動物園のシマウマの赤ちゃん。スタッフも楽しそう!

2. キリン


 キリンも小さいうちは抱っこで計測。にしてもよくおとなしくしてるもんだ。

3. シャチ


 水生動物のシャチは電気を使わないはかりで体重測定。このはかりは車などの重さも測れる特大サイズだそう。
5_e
image credit:mep.purdue.edu

4. コアラ


 8カ月の赤ちゃんコアラのカラリはお気に入りのぬいぐるみに乗って体重測定!
1_e
image credit:ZooBorns

5. コアラ


こちらはつかまる枝バージョン。
オーストラリアの野生動物公園で体重測定をする保護コアラ。

6. パンダの赤ちゃん


幼少期は意外と小さいパンダ。でも大人のオスの体重は113kg、メスは100kgほど、身長は120〜180cmにもなるからびっくりだ。

7. カエル


 大人でも小型のカエルはデジタル計量スプーンで体重チェック。ぴょんっとジャンプされたら見失ってしまいそう。
9_e
image credit:reddit

8. ナマケモノ


 ナマケモノにふさわしい計測スタイル。おっとり系のナマケモノならはかりに乗っててくれそうだけど、習性に合ったやり方が一番なのかな?

9. プレーリードッグ


 くるみが1個あれば完了の簡単なお仕事?この方法なら体重チェックも楽勝!

10. カメ


 はかりに乗せた缶の上にひっくり返して置くスタイル。縮こまってる隙にささっとチェックがベストらしい。

11. フクロウ


 フクロウの体重チェックはブリトーみたいな簀巻きスタイルが基本。このフクロウは病院で骨折の治療中だったアメリカキンメフクロウだ。
3_e
image credit:The Raptor Center




12. トラ


 ワイルド猫科のトラ先輩も赤ちゃん時代は子猫とおんなじ?箱さえあればわりとあっさり測らせてくれるもよう。

13. ペンギン


 深めのバケツが超便利?赤ちゃんらしいモフ毛がかわいいイワトビペンギン。

14. ビーバー


 もうちょっとで1kg!
 毎朝の体重測定を楽しげにこなすビーバーの赤ちゃんはすくすく成長中。

 以下の動画はイギリスのロンドン動物園で毎年行われている体重測定の様子。ライオンやヘビ、ヤマアラシなどいろんな動物の重さを測っているよ。

Weigh to go!
References:goanimalsなど /written by D/ edited by parumoあわせて読みたい
フクロウを簀巻きにすると、後頭部を鈍器で殴られたレベルのかわいさとなる。


猫と和解せよ。猫をおとなしくさせる為のタオルで簀巻きにする方法


動物たちをすまきにすると可愛さレベルアップ!ブリトーな動物たちの写真+動画


オーストラリア軍が一列に並び、コアラの赤ちゃんを抱っこして給餌


動物病院の怖さを知っている猫、仲間の猫をなんとか救い出そうと必死ファイナル(トルコ)


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年06月28日 11:44
  • ID:9bu1bqyQ0 #

やっぱ、動物は良いな。

2

2. 匿名処理班

  • 2020年06月28日 11:50
  • ID:sOikQmTQ0 #

シャチ「イエーーーーーーイ!!!!!!!!!!」

3

3. 匿名処理班

  • 2020年06月28日 11:58
  • ID:9fzyQGAr0 #

最後ビーバーの可愛さにやられた!!

4

4. 匿名処理班

  • 2020年06月28日 12:00
  • ID:0oV6rZAt0 #

シャチが何故か楽しそうww

5

5. 匿名処理班

  • 2020年06月28日 12:01
  • ID:22B7HM8P0 #

ネコ科はライオンでもトラでもダンボール箱さえあれば簡単そう

6

6.

  • 2020年06月28日 12:24
  • ID:XkHSUA2p0 #
7

7. 匿名処理班

  • 2020年06月28日 12:57
  • ID:Rs55EKh.0 #

コアラの赤ん坊は、ぬいぐるみの事を親だと思っているのかな?

8

8. 匿名処理班

  • 2020年06月28日 13:22
  • ID:e9WR9J.O0 #

ふくろうの簀巻き、野性の大型種で人間も怪我するレベルならまだしも、小型のやつならインコと同様プラケースに入れて測るのが普通だよ。
インスタ映えかなんか知らんが、最近飼い主がやたら簀巻きにして写真アップしてるの見かけるけど、簀巻きは超ストレスだから。

9

9. 匿名処理班

  • 2020年06月28日 13:47
  • ID:QTiQW7lw0 #

シャチ
あの子可愛やカンカン場娘〜

10

10. 匿名処理班

  • 2020年06月28日 13:56
  • ID:SwQiorM40 #

プレーリードッグ可愛スギィ(≧Д≦)

11

11. 匿名処理班

  • 2020年06月28日 14:02
  • ID:kHGR0..X0 #

体重計は素直に乗るんだよね

でもね

予防注射となると逃げる
必ず逃げる
首輪をつけても逃げる
連れて行こうとする前から逃げる
顔の表情とかでバレてるんのかいな

12

12. 匿名処理班

  • 2020年06月28日 15:19
  • ID:kEyVY.sy0 #

私+ワン子で体重計に乗る。私の体重を引く=わん子の体重
獣医「え?〇キロ?」
助手「そうですよねこの犬もっとありそうですよね」
うら若き娘犬に向かってなんということを

13

13. 匿名処理班

  • 2020年06月28日 15:50
  • ID:taRXVLSh0 #

ペットの体重測ってもらうと、自動的に飼い主の体重もカミングアウトすることになるのが、初めての時結構ショックなんだよな。

『靴の重さもそのまま込みで』とか獣医さんが気を使ってくれてるようで余計に危機感をえぐってくる天然コメントをしてくれるのも、少し泣けてくるんだ。

14

14. 匿名処理班

  • 2020年06月28日 15:58
  • ID:stJOz4ik0 #

>>2
『ヒーハーーー!!!!!🤪』かも

15

15. 匿名処理班

  • 2020年06月28日 16:33
  • ID:Y1.7FBzq0 #

コアラの枝バージョン、可愛くて
でもなんか笑える(^∀^)

16

16. 匿名処理班

  • 2020年06月28日 17:11
  • ID:8iKSY2K90 #

さあ良い子はどんどん測っちゃおうね〜〜

17

17. 匿名処理班

  • 2020年06月28日 18:15
  • ID:RUkQvp6.0 #

アメリカキンメフクロウ 「 92 g 」

18

18. 匿名処理班

  • 2020年06月28日 18:20
  • ID:NIv8Xx.c0 #

簀巻きフクロウ可愛すぎだろwww

19

19. 匿名処理班

  • 2020年06月28日 18:40
  • ID:1nbq1KOf0 #

※13
ほら、一般的な靴って両足で10kgくらいあるから・・・

20

20. 匿名処理班

  • 2020年06月28日 20:31
  • ID:U.VzalSG0 #

ロンドン動物園の飼育員さん、かわいいなあ(いやそっちじゃない)

21

21. 匿名処理班

  • 2020年06月28日 22:08
  • ID:jR3DC7Sw0 #

人間の女の子を体重計に乗せるのが一番大変だけどなー

22

22. 匿名処理班

  • 2020年06月28日 23:19
  • ID:RYJm5n660 #

保護飼育動物の知られざる一コマに工夫と愛情がいっぱい!!カエルまで体重管理してるとはビックリだわ。

23

23. 匿名処理班

  • 2020年06月28日 23:34
  • ID:QWz7OQLA0 #

※12 ※13
抱っこスタイル − 保護者の体重 って方式は、
乳幼児の体重測定でも、どうしてもじっとしておけず
嫌がって台座から降りようとしたり、興味本位で
表示部を掴んだり(手で支えるぶん軽くなってしまう)して
普通の方法で計測できない子は、奥の手として使うこともある。

24

24.

  • 2020年06月29日 00:26
  • ID:.wZ8kbV90 #
25

25. 匿名処理班

  • 2020年06月29日 01:29
  • ID:nygLAzbF0 #

※8
画像提供元の「The Raptor Center」は「ミネソタ大学獣医学部の一部として1974年に設立、猛禽類の健康と人口に関連する新たな環境問題の特定を支援しながら、毎年約1,000人の病気や怪我をしたラプターを診療所で診察しています(Google訳)」ということのようなんだけれども…?

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク