光の球
発光物体が空中爆発 Komplo Teorileri/Twitter

 5月27日夜、トルコ北東部やアルメニアの上空で凄まじい閃光が目撃された。SNSに投稿された動画を見る限り、その光を放つ球形の物体は、地面に衝突する前に轟音とともに爆発したようだ。 
 
 現地のニュースサイト『Daily Sabah』には、午後8時30分頃(現地)、アルトウィン、エルズルム、シワス、アルダハンをはじめとするトルコ北東部で光の球が目撃されたと報じられている。

 果たしてこの発光物体の正体は?
スポンサードリンク




発光物体の正体は隕石である可能性


 28日の時点でその正体は未確認とされているが、エーゲ大学(トルコ)で隕石追跡プロジェクトを指揮するOzan Unsalan氏によればどうやら「典型的な隕石」であるとのこと。

 光球はトルコ北東部のエルズルムからアルトヴィンへと通過し、ソチかジョージアに落下した可能性が高いという。事前にNASAからの通知はなかったそうだが、現在トルコの研究者と連携して、光球の性質の特定に努めているそうだ。

turkey-meteor_1024
発光物体が空中爆発 Komplo Teorileri/Twitter

毎日数百万もの隕石が地球に飛来


 じつは地球にはかなり頻繁に隕石が落下してきている。推定によれば、地球大気に突入する隕石の類は毎日数百万個にもおよぶという。しかし、そのほとんどは砂粒や豆程度の大きさなので、私たちに気づかれることなく燃え尽きてしまう。

 それよりはずっと数が少ないが、もっと大きいものも毎年のように飛来する。今回目撃されたもののように、その多くは空で壮麗な「火球」となる。

 「NASAのデータベース」には、1988年以降822個の火球が記録されている。年に平均25個の計算で、地球のいたるところに完全にランダムに出現している。

1

隕石が大気中で爆発する謎


 たいていの隕石は、地表に衝突する前に爆発してしまう。

 それが大気中で爆発するメカニズムはまだ完全には解明されていないが、どうやら大気の厚さと関係があると考えられている。

 大気に突入した隕石の前方で気圧が高まり、それが隕石表面にある小さな穴やヒビに入り込む。すると内圧が高まり、やがては爆発するのだ。

 飛散した破片はバラバラになって地上へと落下するため、いかにも危険そうに思われる。しかし意外にもそれが命中してしまった運の悪い人はこれまで100人にも満たず、それで死亡した人物となるとさらに少ないそうだ。

written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
夜空を照らす謎の発光現象に目撃者多発。オーストラリアでUFO騒ぎ、その正体は?


夜空にオレンジ色の閃光が何度も点滅。謎の発光現象が確認される(アメリカ)


謎めくミステリー。隕石が展示されているケースが突然浮かび上がる怪現象が発生(ロシア)


3700年前に飛来した隕石(もしくは彗星)の空中爆発で中東の一部が吹き飛んでいた可能性(ヨルダン)


これはいったい?ロシアの農村地帯で目撃された円盤状の発光物体

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7502 points
洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

2020年11月18日
1447327229
2位
6315 points
アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

2020年11月16日
3位
4754 points
地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

2020年11月17日
9773733638
4位
4531 points
集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

2020年11月21日
764423527
5位
4243 points
3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

2020年11月16日
8673329344
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年06月06日 22:52
  • ID:YNppZSqe0 #

辺りがワァーって明るくなるの見た事ある

2

2. 匿名処理班

  • 2020年06月06日 23:01
  • ID:rVoL.uqF0 #

いつだったかのロシアの隕石みたいに、まず爆発の衝撃波が来るから、のほほんと破片に打たれる人は少なそうな気がする。

3

3. 匿名処理班

  • 2020年06月06日 23:14
  • ID:tSaUlurP0 #

1988年からのデータベースには日本が入ってないけど、確か少なくともこの期間中に岐阜と愛知で隕石が落着しているはずだし、それもほぼ全国ニュースにならないから、他の地域にも結構あるだそうし、そうなるとあのデータベースも見落としが結構あるのでは?

4

4. 匿名処理班

  • 2020年06月06日 23:25
  • ID:S1iMTGPe0 #

まぁ地球にツッコんでくる落下物は毎日25トンとか言われるからねぇ。

5

5. 匿名処理班

  • 2020年06月07日 02:31
  • ID:U6wrUIqw0 #

「火球」ってやつかな?

6

6. 匿名処理班

  • 2020年06月07日 08:25
  • ID:Cuezt83O0 #

小さいのだけにしといて欲しい

7

7. 匿名処理班

  • 2020年06月07日 09:08
  • ID:bTxHHT9i0 #

普通に見える流れ星の大きさは米粒程度のもの。
あの動画の火球でも人握りこぶし位だよ。

8

8. 匿名処理班

  • 2020年06月07日 09:11
  • ID:IpLJVmsD0 #

※3
見落としというよりある程度以上(2.0×10の10乗J以上?)の規模の火球のみ載せてるみたい。規模が小さいとリスト外。

9

9. 匿名処理班

  • 2020年06月07日 12:26
  • ID:ziMzQz5J0 #

さよかーって感じだね。

10

10. 匿名処理班

  • 2020年06月07日 18:14
  • ID:iFPEgBdF0 #

おやおや・・
また、宇宙からウイルスが運ばれて
来ましたね^^;

11

11. 匿名処理班

  • 2020年06月08日 04:42
  • ID:PzK2SSwm0 #

もう20年以上前だけど、この動画に似たレベルの隕石をみたことがあります。カッと光った時に思わず首を竦めた、流れ星と違って大きな隕石は恐怖を覚えます。

12

12. 匿名処理班

  • 2020年06月08日 21:09
  • ID:GnPoBlZH0 #

※10
人食いアメーバかも。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク