no title

 困難を抱える動物たちに、深い愛情で接し、信頼関係を築き上げ、再び人間を信じ、共に暮らしていけるよう尽力している人たちがいる。

 アメリカのミネソタ州で、里親ボランティアとして12年にわたり30匹の犬たちの世話をしてきた心理療法士の女性は、去年心に病を抱える1匹の犬の里親となった。

 この出会いが犬の心を大きく変えた。ふれあいを続ける中で、犬は閉ざしていた心を開き、深い絆が芽生えた。女性を大好きになったのだ。

 元気になった犬は新たな飼い主が見つかり、女性のもとを離れていった。だが、どうしても女性のことが忘れられなかった。犬は、97日間かけて大好きな女性のもとへ戻って来たのだ。『Western Journal』などが伝えている。
スポンサードリンク

里親ボランティアの女性、心に病を抱えた犬を預かる


 ミネソタ州セントポールに住むセネカ・クルーガーさんは、去年8月にメス犬のゼルダを里親として一時的に引き取ることにした。

 セネカさんの所にやってくる前にも他の里親ボランティアに預けられていたゼルダは、心の病を抱えており、抗不安薬を処方されていた。


 前の里親の所では症状を改善することができないまま、心理療法士のセネカさんのもとへ来たゼルダは、最初の2週間は怯えてばかりだった。1日中ベッドの下に隠れるか、同じ場所を同じスピードで歩き回る行為(ペーシング)を繰り返していたという。

 セネカさんは、飼い犬2匹の協力を得ながらゼルダの心をなんとか解きほぐそうと試みた。

 リードを着けると、多少落ち着く様子を示したので、最初の2週間はリードをつけたままでリハビリトレーニングを行った。

 さらにその2週間後、ゼルダのペーシングの回数が減り、隠れていてもセネカさんの姿を見ると出てくるようになった。セネカさんはこのタイミングで、ゼルダに抗不安薬を与えることを止めた。


症状が落ち着いたゼルダ、新しい飼い主のもとへ


 セネカさんの献身的な愛情は、ゼルダの心にちゃんと届いていたようだ。2か月後には、セネカさんに尻尾を振るようになった。2か月後には吠えて遊ぶようになった。

 大きな音や見知らぬ人にはまだ怯えるものの、元気を取り戻したゼルダの様子を見て、症状が改善していると確信したセネカさんは、今年1月に「永遠の家を見つけてあげる時期が来た」と判断した。

 飼い主は直ぐに見つかり、ミネソタ州ミネアポリス郊外チャナッセンに住む一家がゼルダの新しい家族になることに。

 ゼルダを一家のもとへ送って行く日、セネカさんはまるで我が子を手放すような辛い気持ちになり、胸を引き裂かれそうになった。

こんな気持ちになったのは、12年の里親ボランティア経験で初めてでした。涙が溢れたので、運転していた車を停めなければならなかったほどです。

ゼルダにお別れを言った後も、3日間家で鳴き続けました。(セネカさん)

 ところが...セネカさんは、別れから2週間も経たない2月6日に、ゼルダが逃げ出したという知らせを受けることとなる。


行方不明になってしまったゼルダ


 ゼルダが行方不明になったという連絡を受けたセネカさんは、すぐにいなくなった犬を追跡するボランティア団体『START』の協力を得て、ゼルダを探した。

 この時期、ミネソタ州は氷点下に達する外気温が続いており、凍える中でゼルダがどこでどうしているのかとセネカさんは毎日心配しながら過ごした。

 3月20日、セネカさんはFacebookにこの1件をシェア。


ゼルダが行方不明になってもう1か月以上になります。チャナッセンから消えたゼルダがミネトンカ湖の周辺で目撃されて以来この3週間、新たな目撃情報は出ていません。

この投稿をどうかシェアしてください。正確な目撃情報を寄せてくれた方には謝礼として100ドル(約10800円)を差し上げます。

 ゼルダは、行方不明になって2か月後にミネアポリスで目撃されていた。そこは、新しい飼い主の家とセネカさん宅のちょうど中間地点だった。

 セネカさんは、「きっとゼルダはここに戻ってこようとしているに違いない」と直感した。ゼルダの飼い主に事情を話し、ゼルダを自分の犬として登録した。

 時間の許す限りゼルダの捜索を続けていたある日、セネカさんの自宅から1.6kmほど離れた所に住む1組のカップルが「ゼルダに似た犬に餌をあげている」という情報をくれた。

 STARTのスタッフが早速カップル宅に出向き、保護するためのケージを設置。5月15日の早朝、セネカさんは犬がケージに入ったという連絡を受け駆け付けた。そこには、ゼルダとはとても思えない風貌の犬がいた。


97日間、約64km以上を旅して大好きな人のもとへ戻ったゼルダ


 小さく痩せ細り、汚れ切った犬を見たセネカさんは、「これは私の知っているゼルダと違う」と思ったが、マイクロチップスキャンしたところ、まさしくそれは探し続けていたあのゼルダだった。

 長旅の疲れで変わり果てたゼルダを思い、再会できた嬉しさでセネカさんはただただ号泣した。

奇跡に直面したら泣くことしかできませんでした。あまりにも私が知っていたゼルダの面影から変わっていたので、パッと見てすぐにわからなかったことをゼルダに謝りました。そして97日ぶりにしっかりとゼルダを抱きしめました。

ゼルダが行方不明になってからずっと探し続けてきたこと、もうどこにも行く必要はないんだということをゼルダに伝えました。

ゼルダを飼い犬として引き取ることを考えてないわけではなかったのですが、きっとゼルダはもうずいぶん前からそう決めていたのでしょう。

 このように語るセネカさん。きっとゼルダは、唯一心を許せる人間の傍にずっといたかったのだろう。約64kmの距離を97日間かけて、大好きなセネカさんのところに戻って来たのだ。


 5月11日、Facebookでゼルダとのツーショットを動画でシェアしたセネカさんのもとには、多くのユーザーらから喜びと安堵の声が寄せられている。


written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
犬は最初に飼ってくれた家族のことを決して忘れない。たとえ捨てられた後でも・・・


絶望が希望へ変わる瞬間。森林火災で行方不明となった犬の救出・再会物語(オーストラリア)


交通事故で入院中、隣人に愛犬(セラピー犬)を預けたはずが、たらい回しにされ行方不明に。ついに感動の再会。


自宅から犬を盗まれて2年後、SNSにより奇跡の再会(ウクライナ)


運命の再会としか...3年前に行方不明になった犬、何気なく見ていたテレビ画面の中で発見(アメリカ)


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 12:12
  • ID:U6AHPUF.0 #

心の病ってとてつもなく癒やすのに時間かかるから何年ってスタンを見なきゃいけないし
実はそういった者にとって新たな環境な慣れるのってかなりのストレスになると思うんだよなあ
だから心を開いたセネカさんのもとで飼うことになってよかったと思う

2

2. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 12:13
  • ID:xwIiRDE50 #

動画見て涙でたよ
涙腺ゆるくなったな〜

3

3. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 12:35
  • ID:VhWlasP90 #

こうまでして『あなたに会いたかったんだよ!』
を表現されると、無理には離せなくなるだろうね
色々と事情は有るだろうが、犬の気持ちは良く伝わる

4

4. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 12:49
  • ID:zayjMnnm0 #

こんな小さくて可愛い子がひとりで64kも歩いて帰ったなんて泣けてくる。犬は詳しくないけど最後の動画、飼い主の女性に抱きしめられながら尻尾を股に巻き込んでるけどこれは嬉しい時でもするものなの?ずっと恐怖や不安の時のものだと思っていたので気になった。

5

5. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 12:51
  • ID:hVsmltDU0 #

泣けた…

6

6. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 12:54
  • ID:9ccdLvZn0 #

運命やなあ

7

7. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 13:10
  • ID:zayjMnnm0 #

※1
得てしてニュースなどメディアに取り上げられた不幸な生い立ちで心に傷を負った犬猫というのは飼い主に名乗り出る人が殺到する。が、こういう犬猫こそセネカさんのような「プロ」の元でないと飼育は難しいと思う。日本でもTV放映で救助された野良犬に里親がすぐ出てきたが引き取って数日後に事故死してたなんてのもあった。引き取る方は生半可な気持ちではダメだろう。

8

8. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 13:12
  • ID:FPwFgpZ.0 #

誰がゼルダだ。俺の名前はリンクだぞ。

9

9. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 13:35
  • ID:5QVwOreJ0 #

マイクロチップ重要やな。
日本も全ペットに導入して欲しい。

10

10. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 13:40
  • ID:Gbevvvoe0 #

これがゼルダの伝説って奴か…

11

11. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 15:08
  • ID:AeCgxoQs0 #

うわぁ、泣いてしまう!
人間が一緒に暮らすか選ぶばっかりだけど、
動物たちだって自分で決めたいよね。
セネカさんがわからないくらい、
やせてしまっていたのに、
連絡をくれた人ほんとにありがとう。

12

12. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 15:29
  • ID:2UacO.Bn0 #

やっと心が平穏になったと思ったら新しい家族の元へ
人間はよかれと思ってのことでも、不安でいっぱいだったんだろうな
3ヵ月も寒い中必死に戻ってきたと思うと泣ける

13

13. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 15:37
  • ID:eFpymwKH0 #

尻尾が本当に嫌な思いをした事のある子の尻尾だね、かわいそうに。
でも大丈夫、これからはきっといいことがいっぱい起こるよ!

14

14. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 15:56
  • ID:0ITqZY0N0 #

世代的には黄金の犬とか炎の犬思い出すな

心温まる話だけど真逆のレアケースも有るね

昭和の頃ジャンプかチャンピオンだかの月刊誌で読んだ読み切り漫画だったと思う

飼い主に棄てられた犬が主役で長い旅をして飼い主を探し求め、それがいつしか人の口の端に登りマスコミに注目され、飼い主も美談として持ち上げられるのにいい気になり犬を待つって展開の話だった
そしてとうとうラストシーン、テレビの中継も取材陣も見物人も大勢いる中で感動の再会を果たし飼い主に飛び付く犬 …が、その瞬間飼い主は犬の眼に血も凍る程の復讐心と怒りしか無いのに気付き悲鳴を上げそうになるが周囲は完璧に誤解してにこやかな顔のまま終わる……って感じのなんとも後味の悪い漫画だった

似たような話も現実で有るんだね
同じ様に飼い主に棄てられたゴールデンレトリバーが100劼發瞭擦里蠅鯡瓩蟷瑤ぜ腓乏みついたって話をネットで見たな(=`ω´=)

15

15. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 18:27
  • ID:WfsyuOqo0 #

実は日本でも度々起こっている。ボランティアさんから
里親さんに譲渡された後、脱走させてしまった話。
SNSに緊急で目撃情報ムと出るからね。
サポートしてくれる人はもちろんいるが、結局中心になって
動くのは譲渡した本人。その大変さは、想像にあまりある。
無事見つかった例もあるが、そうでない事も。保護犬でなく、
仔犬の時から飼っている子でも脱走するくらいだから、
これから雷と花火の時期、ほんとうに2重3重に気を付けてね。

16

16. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 18:58
  • ID:gbS.l51d0 #

感動的な話としてくくっていいのかな……
釈然としないものが残るのは俺だけ?
まぁ一つの区切り、ということなんだろうな
今後の方針とかも記事じゃわからないし

17

17. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 19:33
  • ID:42F0K9BD0 #

シェパードミックスぽいですね
シェパードは主人を決めちゃうと、主人抜きでは居られないイヌだそうです
話の前の飼い主は恐らく論外だったのでしょうが、見つけた主人の元で暮らせるようになって良かったです

18

18. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 20:28
  • ID:I6vy6Dc50 #

いまのミネソタの状態で、ゼルダが無事であることを祈る

19

19. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 20:37
  • ID:fQi7ICtY0 #

>>17
心理療法士で里親ボランティア経験も十分な人が許可出した飼い主に不足も無かろうよ。ただ里親よりもその人がゼルダにとって至上やったんや。

20

20. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 20:55
  • ID:j1a.lqAm0 #

怯えるばかりのゼルダが、何日もかけて旅をするなんて成長なのか一途なのかその両方なのか
一人とぼとぼと歩いてる姿を想像すると涙が出る
無事セネカさんに会えて一緒になれて本当に良かった!

水が無くなったぐらいでぼやく某ハスキー犬さんに爪の垢煎じて飲ませてあげたいわwww

21

21. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 21:35
  • ID:jVG59Jtr0 #

※14
懐かしい!コンタロウ作『健太の帰る日』ですね。自分もそれを思い出していました。

この記事の話と感情が真逆で、犬がそのような感情に駆られて実際に行動するものか、自分にはよく分かりませんが・・・

当時飼っていた雑種犬が、ゼルダ君に少し似ていることもあり、遠い昔の記憶がふつふつ蘇っています。ジョージ秋山先生の訃報もあって、今日はなんだか脳味噌の古漬け部分を掘り返しているような気分です。

22

22. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 21:53
  • ID:RME.1Ty90 #

あれ?この記事見たことあるけど、ワンコ系はここぐらいしか見ないのに
どこで見たんだろう
マランダーにあったのかな??

23

23. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 22:34
  • ID:VatBvG6s0 #

寿命の短い犬にとっての97日間は長いよなぁ。それほど会いたかったんやね。

24

24. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 23:29
  • ID:CIoqXaHS0 #

新しく飼い主になるはずだった一家の落胆を思うと、そちらはそちらで気の毒でならないけど、きっと新たに素晴らしい出会いがあるね。

ゼルダのいじらしさに泣けて仕方ない。
方角とか距離とか、どうして分かるんだろう。
名犬ラッシーの頃からの永遠の疑問だ。

25

25. 匿名処理班

  • 2020年06月02日 01:31
  • ID:XSjcOk1d0 #

>>15
わかります、ワンコはそのふたつが怖くて全力ダッシュしちゃうんですよね

26

26. 匿名処理班

  • 2020年06月02日 05:41
  • ID:WZAdPPOD0 #

※17 そうでもないよ。先代シェパは10才の保護犬だったが、最初からウチの子のように懐いた。
今のシェパも他の人の元へ置いていっても割と平気。いう事を聞く相手は家族というより、
犬の扱いを知ってる人。

27

27. 匿名処理班

  • 2020年06月02日 06:42
  • ID:KWuYGsY20 #

>>19
17ですが、すみません
書き方に問題がありました
話の前の飼い主=心の病の原因になった飼い主、のつもりでした
引き取り先は問題なかったと思います

28

28. 匿名処理班

  • 2020年06月03日 11:20
  • ID:kkg.MMXR0 #

>>9
昨年の6月に改正動物愛護法が成立しましたね。
内容については、検索して確認してください。

29

29. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 01:51
  • ID:L2m6W6QX0 #

泣くわこれは

30

30. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 13:51
  • ID:WoIFBZqd0 #

光栄にも選ばれた人 

31

31. 匿名処理班

  • 2020年06月05日 08:17
  • ID:1U0zjJwz0 #

>>14
覚えてる
キャンディーズ的なアイドルグループの電撃引退宣言と絡んだ内容だったな
飼い犬に手を噛まれる的なオチで

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク