オーストラリアでUFO騒ぎ
オーストラリアでUFO騒ぎ image credit: youtube

 5月22日の夜、オーストラリア南東部の空に鮮やかな光が出現した。その光はゆっくりとした速度で燃えるように流れていたため、多くの住民が目撃し、UFOか?流れ星か?など様々な憶測が立てられた。

 中には、飛行機が燃えて墜落する寸前では?と案じた住民らからの緊急通報も相次いだようだが、果たしてこの光はいったい何だったのか。『Express』などが伝えている。
スポンサードリンク


Footage shows space junk lighting up the sky above south-east Australia

UFO?流星?夜空に現れた謎の流れる光


 5月22日の夜、オーストラリアのビクトリア州の上空に不思議な光が出現した。

 州広域にわたり上空を照らしたその神秘的な光は多くの住民らによって目撃され、撮影さるとSNSでシェアされた。



 どのクリップも、物体が鮮やかな光を放ちながら空を横切って流れていく様子を捉えている。

 目撃者の1人トム・トゥースさんは、燃え盛る光の痕跡を約30秒間見つめていたという。

これまでの人生の中で、一度もこんな光を見たことはありません。巨大で、飛行機が燃えながら墜落しているかのように見えました。とても非現実的な光でした。


 トムさんのように、「もしや飛行機が墜落するのでは」と不安を感じた住民らは、非常事態当局へ緊急通報、州の緊急センターには一時電話が殺到したそうだ。

 また、あるユーザーは「2020年は、コロナの次はエイリアンの侵略だ」とジョークを放ち、複数の人はこの光を「UFO」「エイリアンの宇宙船」と口にした。

 この光を偶然目撃したタスマニア上院議員ピーター・ウィッシュ・ウィルソン氏も、このようにツイート。

車で帰宅中、謎の光を目撃した。車を停めて撮影したが、光は丘の後ろに流れて行った。動きがとても遅く、流星群のように見えた。全く持って奇妙だ。まるで「インディペンデンス・デイ」か「宇宙戦争」のようだ。

 しかし、宇宙科学者は流星の可能性を除外した。というのも、「流星は通常、最大3秒間持続するが、彗星同様空を横切ってゆっくり移動するためほとんどその動きが目に捉えられることはない」からだそうだ。

その正体は、ロシアから打ち上げられたロケットの残骸だった


 果たしてこの光は、専門家によるとロシアの衛星を軌道に打ち上げるために使用されたロケットの残骸で、いわゆるスペースデブリ(宇宙ゴミ:地球の軌道上に打ち捨てられた宇宙機器の残骸のこと)だったようだ。

1_e6
image credit: youtube

 ビクトリア州天文学会のペリー・ブラホス副会長は、ロシアのソユーズ2-1bがモスクワの北約1000kmの地点にあるプレセツク宇宙基地から、現地時間午前10時31分に人工衛星を打ち上げたこと、使用済みのロケットステージが再び大気圏に入ったところを目撃されるに至ったことを発表し、次のように述べた。

ゆっくりと浅い角度で崩壊が起こっていたという事実は、それがエイリアンの宇宙船や流星または彗星ではないことを明らかにしています。なお、残骸は大気圏に再突入時に燃え尽きてしまい、地面に落ちることはなかったようです。


 ちなみに、目撃者の中にはこの謎の光がスペースデブリである可能性が高いと推測していた人もおり、SNSには「スペースデブリが燃え尽きているように見える。」という声も上がっていたようだ。


written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
スペースデブリ(宇宙ゴミ)を銛(もり)で串刺しにし、大気圏に突入させて銛ごと燃やし尽くすという作戦


現在も地球の軌道を周回する危険な8の物体


宇宙ごみ大作戦。パックマンのように追いかけ回収したら大気圏で燃え尽きるゴミ収集機を打ち上げテスト(ESA)


地球の大気圏を突破しようとしている不可解な物体


人に当たる確率3200分の1、人工衛星の破片が1ヶ月以内に大気圏に突入の恐れ(NASA)


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7502 points
洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

2020年11月18日
1447327229
2位
6315 points
アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

2020年11月16日
3位
4754 points
地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

2020年11月17日
9773733638
4位
4531 points
集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

2020年11月21日
764423527
5位
4243 points
3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

2020年11月16日
8673329344
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年05月26日 22:59
  • ID:ZBLH14tJ0 #

隼が燃え尽きた時と同じやん

2

2. 匿名処理班

  • 2020年05月27日 00:17
  • ID:QFBi3Sy50 #

はやぶさが燃え尽きた時と光り方が似てるから、人工物だろうと思ったら正しいっぽい

3

3. 匿名処理班

  • 2020年05月27日 00:50
  • ID:fNkFvIBP0 #

幽霊とかUFOなどはほぼ100%見間違い、思い込み

4

4. 匿名処理班

  • 2020年05月27日 02:21
  • ID:QrRdRGc10 #

※3
Unidentified Flying Object
それが何であるのか確認の取れていない飛行物体は100%UFOであってるのよ
見間違いや思い込みは関係ない
言葉の意味を正しく知ろうな

5

5. 匿名処理班

  • 2020年05月27日 03:45
  • ID:SRIl6yb80 #

ロシアのロケットの残骸ね🚀…ロシアで落下物つったら2001年の宇宙ステーション・ミール思い出すな
ミールって2001年の3月23日にニュージーランド沖に落下したんだけど76年前の同じ日にニュージーランド沖でルルイエが浮上してるんだよな(クトゥルーの呼び声)🐙
もちろんルルイエ浮上は架空の話だからなんてこたないんだけどクトゥルー神話ファンとしてはなかなか想像力を掻き立てられる物があるわ
🌍🌠(ーー;)

6

6. 匿名処理班

  • 2020年05月27日 07:50
  • ID:i5.HCODt0 #

中国のスペースデブリじゃなくて?

7

7. 匿名処理班

  • 2020年05月27日 07:58
  • ID:5iweDLyw0 #

プラネテスで構造物の投下廃棄の話があったな、まんまじゃん

8

8. 匿名処理班

  • 2020年05月27日 08:16
  • ID:4oxe1rO.0 #

オーストラリアのずーっと東の海域方面って、衛星とか落とす時の墓場じゃなかった?

9

9. 匿名処理班

  • 2020年05月27日 09:14
  • ID:9yGPvOy80 #

日本ではかつて、プロ野球ナイター中にこのデブリ大気圏突入が見られて、全国にテレビ中継されたことがありました。
グランドの選手も「なんだアリャ」てな感じで唖然と空を眺めていたな。

10

10. 匿名処理班

  • 2020年05月27日 10:24
  • ID:Xj2LEkty0 #

ごめんそれは流れ星なんかじゃないんだ

11

11. 匿名処理班

  • 2020年05月27日 11:26
  • ID:w5BX8kJZ0 #

光の尾の長さとか光度があまりに変わらないから出来の悪いCGに見えるw

12

12. 匿名処理班

  • 2020年05月27日 12:59
  • ID:4Oor9Cju0 #

※3
脳腫瘍などで幽霊の幻覚が見えることもあります。(自分はオカルト好きなので幽霊は居てほしいとは思いますが)
思い込み、見間違いと断じて流してしまうと命に関わることもあります。

13

13. 匿名処理班

  • 2020年05月27日 17:05
  • ID:eqXcNI2X0 #

※9
!?
その話もう少し詳しく聞きたい…いつごろのお話ですか?

14

14. 匿名処理班

  • 2020年05月27日 18:02
  • ID:ZmXFBnhv0 #

ロケットの打ち上げに向かないと思われるこんな高緯度に宇宙基地があるのか。しかもかなりのロケットはここから打ち上げられたとか。力技か!おそロシアw
>モスクワの北約1000kmの地点にあるプレセツク宇宙基地

15

15. 匿名処理班

  • 2020年05月28日 04:06
  • ID:1AWnn.sR0 #

この前も中国の衛星が地表まで落ちてきたばかりだし

16

16. 匿名処理班

  • 2020年05月28日 12:19
  • ID:E.aMWV.90 #

※13
もう30年近く前です。民放でした。
ニュースでも話題になった記憶がある。

17

17. 匿名処理班

  • 2020年05月29日 02:39
  • ID:HUMPyNgf0 #

「流星は通常、最大3秒間持続するが、彗星同様空を横切ってゆっくり移動するためほとんどその動きが目に捉えられることはない」。これ、原文の構文を勘違いしたようですね。
この文章を元に修正させてもらえれば、
→「流星は通常、最大でも3秒間しか持続しないため除外され、彗星も、空を横切ってゆっくり移動して一般にはその動きが目に捉えられることはないため除外される」ということだと思います。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク