ソーシャル ディスタンスをAIで監視
ソーシャル ディスタンスをAIで監視 / Landing AI

 新型コロナの感染を防ぐには、人と人との社会的距離(ソーシャル ディスタンス)を保つことが重要であるという。しかし、人間がこれを常に意識しているのは結構大変だ。

 そこでアメリカのスタートアップ「ランディングAI」は、社会的距離が保たれているかどうか機械学習でトレーニングした人工知能にチェックさせることを思いついた。

 同社が公開したデモ動画には、通りを歩く人々の映像と、緑と赤の点が表示されている画面が映し出されている。
スポンサードリンク

 機械学習でトレーニングされたニューラルネットワークが映像の中の歩行者を検出し、それが点として表される。また別のアルゴリズムが点と点の距離を測定し、他人に接近しすぎた場合は緑から赤に変化する。
 

Landing AI Social Distancing Detector Demo

既存のカメラに組み込み職場内での社会的距離を監視できる


 検出器のデモ動画は街中を映したものだが、ランディングAIが想定しているのは、工場をはじめとする職場での利用であるという。利用者の希望に応じてカスタマイズもできるらしく、顧客には大手電子機器会社、フォックスコンのような大手製造業者もいる。

 また既存の監視カメラに組み込むのも簡単であるとのこと。ただし、社会的距離が保たれていない労働者に通知する方法については、まだまだ模索している段階であるようだ(たとえばアラームを鳴らすなどが考えられる)。
社会的距離を監視するAI

 労働者の距離を監視するというアイデアは、新しいものではなく、たとえばAmazonでもまた倉庫スタッフの距離をチェックするために似たようなソフトウェアが導入されるとロイターが報じている

 従業員を監視したり、カスタマーサービスのやり取りをチェックする安価な人工知能ならすでにいくつも登場しており、今や企業はそれを簡単に導入することができる。新型コロナは、こうしたサービスの普及にただ拍車をかけているにすぎない。

ソーシャルディスタンスをチェック


労働者の権利侵害に関する懸念も


 なおランディングAIはそのブログで、検出器の利用はあくまで「従業員やコミュニティを安全に保つ」目的に限り、「同意を得て、なおかつ透明性を確保」した上で利用するべきであることを強調している。

 だが当然ながら、乱用されたり、もっと人々の権利を侵害するような形で利用される恐れだってある。

 人工知能の社会的影響を調査するAI Nowのレポートは、こうしたシステムが利用される際、「雇用者に権限と管理が委ねられており、主に低賃金労働者の不利益につながっている」と指摘。ほとんどの場合、従業員はこうした技術の利用に抗議できない状況にあると警鐘を鳴らしている。

References:Machine learning could check if you’re social distancing properly at work | MIT Technology Review/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
ドローンが社会的距離の監視。コロナ対策用にAIが内蔵された「パンデミックドローン」が登場(アメリカ)


社会的距離を実行した結果、街中テープだらけとなったシンガポールの今


精神的な社会的距離は猫で縮まる!?自宅待機中の住民たちが窓越しからネコミニケーション(アメリカ)


50年間社会的距離を置き山小屋で1人暮らす男性が、自宅待機中で葛藤する人々におくる5つの暮らしのヒント


マスクをするならフェイスハガーでありたい。社会的距離なら保てるかもしれないエイリアンなマスクを制作(アメリカ)




この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
6764 points
散歩に出かけた猫、背中にオポッサムの赤ちゃんをおんぶして家に連れ帰る(メキシコ)

散歩に出かけた猫、背中にオポッサムの赤ちゃんをおんぶして家に連れ帰る(メキシコ)

2020年11月26日
2位
5495 points
空港で横になり束の間の休息をとる兵士を必死に守ろうとする犬

空港で横になり束の間の休息をとる兵士を必死に守ろうとする犬

2020年11月30日
2435213336
3位
4419 points
ソ連が領海侵犯していると思い込んで15年、実はニシンのオナラだった(スウェーデン)

ソ連が領海侵犯していると思い込んで15年、実はニシンのオナラだった(スウェーデン)

2020年11月25日
4位
3648 points
江戸時代以来約400年ぶり。木星と土星が大接近!12月21日〜22日は世紀の大天体イベントがやってくる

江戸時代以来約400年ぶり。木星と土星が大接近!12月21日〜22日は世紀の大天体イベントがやってくる

2020年11月27日
5位
3542 points
余命わずかな愛犬の為、最後にもう一度大好きだった雪を見せたい。その願いがSNSユーザーの協力で叶えられる(カナダ)

余命わずかな愛犬の為、最後にもう一度大好きだった雪を見せたい。その願いがSNSユーザーの協力で叶えられる(カナダ)

2020年11月28日
663441332
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年04月27日 09:48
  • ID:G.Lmhlmb0 #

こうしてみると具体的な社会的距離が分かりやすいのはいいね

2

2. 匿名処理班

  • 2020年04月27日 10:07
  • ID:.NAniutQ0 #

ロボコップのオムニ社みたいな企業が出て来そうで怖い

3

3. 匿名処理班

  • 2020年04月27日 10:12
  • ID:QaughVj00 #

いけずやわぁ

4

4. 匿名処理班

  • 2020年04月27日 10:17
  • ID:.KDKlVbY0 #

フラフープもって歩く実験したらどうだろう

5

5.

  • 2020年04月27日 10:19
  • ID:RU7LDqOo0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2020年04月27日 11:09
  • ID:SqQCBQ1F0 #

そういうことか。職場の人間関係の距離感とか立ち位置を解析するのかと思った。

7

7. 匿名処理班

  • 2020年04月27日 12:37
  • ID:W10ZTlTc0 #

そこのおバカップル!ソーシャルディスタンスを保てやあっ‼

8

8. 匿名処理班

  • 2020年04月27日 13:22
  • ID:OefsBLTz0 #

中学校のときこう言う先生いた、男女で立ち話でもしようものなら「はいっそこ!近い近い近い」とか言いながら散らしに来るの。
ここだけの話し、あの先生の奥さん元教え子だよ・・・。

9

9. ナパチャット

  • 2020年04月27日 13:23
  • ID:2iSKrHMS0 #

パパ活デートでソーシャルディスタンシング出来るか?

10

10. 匿名処理班

  • 2020年04月27日 15:54
  • ID:RPArZt8U0 #

>ただし、社会的距離が保たれていない労働者に通知する方法については、まだまだ模索している段階であるようだ(たとえばアラームを鳴らすなどが考えられる)。
失業者対策で街角に監視員を立たせよう。
引っ付いて歩く人を見てピピー!そこ離れて!っていう
(ソフトいらねー!)

11

11. 匿名処理班

  • 2020年04月27日 22:26
  • ID:T8M55Z9Y0 #

我々は見られている。政府の極秘のシステム"マシン"によって常に監視されている。
開発したのはこの私だ。
テロ行為を未然に防ぐためにマシンを設計したが、一般人を巻き込む凶悪犯罪も検知する。
政府には"無用"の犯罪だ。政府は何もしないので、私が防ぐと決意した。
まずは共に戦う腕の立つ相棒が必要だ。我々は当局の目をかわし秘密裏に動く。
もしマシンが番号を告げたら、被害者でも加害者でも...必ず探し出す。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク