cover_e21

 ヨーロッパでの新型コロナウイルス感染が増加し続けている。このようなパンデミックの渦中においては、人々の不安や恐怖心が増長されていく。

 今後、個人の精神状態を保つことが大きな課題となってくるだろう。閉鎖中のイギリスやイタリアでは、世の中を悲観してうつになった10代の女性や、患者の治療中にコロナウイルスに感染した看護師が自ら命を絶つという悲しいニュースも伝えられている。

 そんな中、スペイン領のマヨルカ島で地元警察官らは、閉鎖中、家の中に閉じこもっている住民らを励まそうと、自発的に歌と踊りのパフォーマンスを行っているようだ。
スポンサードリンク

警察官ら、歌と踊りのパフォーマンスを住民に披露


 地中海西部バレアレス海に浮かぶスペイン領マヨルカ島では、スペイン同様住民らはロックダウン状態にあり、辛い日々を過ごしている。

 3月20日、地元の警察パトカー2台が無人の街路にサイレンを鳴らし到着。何かの非常事態かと思われたが、実は複数の警察官たちが隔離状態の住民らを励ますためにやって来たのだ。

 パトカーから降り立った警官たちは、ギターを手にしていたりヘッドセットを着けていたりして、その様子を窓から見ていた住民らは拍手で彼らを迎えた。


 すぐに、警官たちは音楽を流し歌とパフォーマンスを披露し始めた。歌って踊る警官もいれば、手拍子でリズムをとる警官もおり、見ているだけで住民たちは楽しい気持ちになったのだろう。

 流れる陽気な音楽にあわせて動画を撮影していた住民も、思わず一緒に歌う始末。

 パフォーマンスを終えた警官たちは、住民らの拍手を浴び、再びパトカーに乗り込んで去って行った。おそらく、彼らは別の地域にパフォーマンスに行ったのだろう。

 地元メディアによると、この日警官らは午後3時〜7時まで住民らを励ますために各地域でパフォーマンスをしており、翌日も別の地域を訪れたという。

辛い時期を耐える住民たちにとっていい息抜きに


 コロナウイルスの蔓延を防ぐためのロックダウン政策は致し方ないことではあるが、封鎖された社会の中で住民たちは息が詰まる思いで生活しなければならず、やはり辛いものがある。

 そんな時に少しでも住民の気持ちを癒そうとしてくれた警察官らのパフォーマンスは、たとえほんのひとときであっても、住民らにとっては大きな息抜きとなったようだ。

 また、死者数が世界最大となったイタリアでも、音楽によって人々が団結の精神を新たに示した動画がFacebookでシェアされた。


 ナポリのカンパニア州カゾーリアにある住宅街では、住民らがベランダに出て地元サッカーチームの歌を合唱。

 住民たちはこのパンデミックの中で連帯感をより一層強くしており、動画の投稿主は「私たちは、ウイルスに負けない!決してあきらめない!」と綴っている。

References:Lad Bibleなど / written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
かつて世界を襲った史上最悪のパンデミック、ワースト10


これならコロナウイルスも怖くない?ドローンに犬の散歩をさせる人が現れた模様


イギリスのおばあさん、新型コロナウイルスによる身勝手な「買占め」騒動に物申す


新型コロナウイルスの影響で休館となった水族館で、ペンギンがお客さんに。悠々と魚の水槽を見学中(アメリカ)


「ベネチアの運河にイルカが泳いでいた」はフェイクだった。多くの人がこのニュースを信じてしまった理由とは


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7758 points
引退した警察犬がハンドラーとの再会に全身で喜びを表す。嬉し涙も?

引退した警察犬がハンドラーとの再会に全身で喜びを表す。嬉し涙も?

2021年1月22日
987636123
2位
5582 points
クトゥルフに思いを寄せて。脚が触手になっているタコ脚グラス

クトゥルフに思いを寄せて。脚が触手になっているタコ脚グラス

2021年1月24日
3位
3312 points
子育て中の母猫の懐に忍び込み、子供のふりをした孤独な子猫、愛と幸せを手に入れる(インドネシア)

子育て中の母猫の懐に忍び込み、子供のふりをした孤独な子猫、愛と幸せを手に入れる(インドネシア)

2021年1月18日
2303048232
4位
2592 points
犬ってやつぁ!(涙)飼い主が骨折後、足を引きずって歩くようになった犬。飼い主の痛みに共感していた。

犬ってやつぁ!(涙)飼い主が骨折後、足を引きずって歩くようになった犬。飼い主の痛みに共感していた。

2021年1月21日
942449643
5位
2298 points
髭男の進化系。もみあげから顎を通って口髭につなげる「モンキーテール」スタイルがじわじわ人気に

髭男の進化系。もみあげから顎を通って口髭につなげる「モンキーテール」スタイルがじわじわ人気に

2021年1月22日
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年03月28日 16:48
  • ID:c30WqbV60 #

公僕の鑑じゃ

2

2. 匿名処理班

  • 2020年03月28日 17:06
  • ID:.fRGwbIH0 #

コロナ「その息を抜いた瞬間にドーン!!」

3

3. 匿名処理班

  • 2020年03月28日 17:25
  • ID:WIjSb4i.0 #

ばにゃばにゃばーにゃ!
陽気な歌は気分もやわらいでいいですね

4

4. 匿名処理班

  • 2020年03月28日 17:36
  • ID:NZ.7Twdo0 #

こういうのは孤立感を低減して、連帯感を高めるのに有意義という感じ。
いい気分転換になるね。

5

5. 匿名処理班

  • 2020年03月28日 18:28
  • ID:4RVn3T8i0 #

DJポリスがーとか言ってる場合じゃなかった
歌って踊れるポリスメンが普通にいるイタリアすごい

6

6. 匿名処理班

  • 2020年03月28日 18:35
  • ID:WeIsJIZq0 #

いいね!

7

7. 匿名処理班

  • 2020年03月28日 18:47
  • ID:2zkNFfiT0 #

イタリアの住民がベランダで歌うって話、ツイッターで美談みたいに紹介されてたけど、唾が飛びまくるんじゃないかと心配になる

8

8. 匿名処理班

  • 2020年03月28日 19:00
  • ID:ZnjGDeio0 #

うちの場合は隣のお寺が朝から今に至るまでずっと太鼓ドンドコ叩いて般若心経っぽいの唱えてるわ
ご利益はありそうだけどノイローゼなりそう

9

9. 匿名処理班

  • 2020年03月28日 21:43
  • ID:aL97ggHx0 #

※7
あの距離ならさすがに大丈夫だろ

10

10. 匿名処理班

  • 2020年03月28日 22:14
  • ID:pUGQj6.n0 #

>>9
上下の部屋両方でベランダに出て歌ってるのは、下の部屋の人が危ないと思う
あと下に通行人がいた場合

11

11. 匿名処理班

  • 2020年03月29日 00:23
  • ID:HyOFnE7H0 #

こーいう時に娯楽が必要な人って普段は幸せに暮らせてるんだろーな、、、ストレスの負荷が慣れてないから倍に感じてそう、、、

12

12.

  • 2020年03月29日 00:54
  • ID:HADCmYWZ0 #
13

13. 匿名処理班

  • 2020年03月29日 11:15
  • ID:uW86grjE0 #

近未来だと、ドローンがモニターをぶら下げて現れて、モニターには安全な場所からライブ中継するアーティストの映像が流れるのかな。
目の前でパフォーマンスしてくれるのは、安全を優先して欲しいものの、心があたたまる。

14

14. 匿名処理班

  • 2020年03月29日 13:33
  • ID:hacvv9IU0 #

ミラーにウイルスらしきものがひっ付いてるの笑っちまった

15

15.

  • 2020年03月29日 16:22
  • ID:WXoQH3t80 #
16

16. 匿名処理班

  • 2020年03月29日 23:15
  • ID:lMCVmLKK0 #

選曲が童謡なのがいいですよね
En Joan Petit
こどもたちと住民のために警察と一緒に歌って回った音楽活動のプロのかたはご自身もとても楽しそう

17

17. 匿名処理班

  • 2020年03月30日 16:11
  • ID:h3XjFkDD0 #

日本の警察音楽隊もこんな時だからこそ頑張ってほしいな

18

18. 匿名処理班

  • 2020年03月31日 10:24
  • ID:kKPIaIlA0 #

このマヨルカ島には、日本人のプロサッカー選手の久保建英選手が地元のクラブチームに在籍しています。彼も警察官のパフォーマンスに癒しと勇気を貰ったらいいなぁ。
マヨルカ島は温暖な気候で住民も優しくて凄く良い所とインタビューで答えていましたが、マジで良い島みたいですね。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク