0_e0

 宇宙のスケールで見れば、生命は希少で、かつ儚く思えるかもしれないが、少なくとも地球上ではいたるところにそれが満ち溢れている。

 これまで極限環境から予想外にもたくさんの生物が発見されてきたが、今回、海底のその下の地殻の中で、極限環境で生きる細菌が発見だそうだ。
スポンサードリンク

生命探索の地球最後のフロンティアで細菌叢を発見


 インド洋の海底に横たわるアトランティス・バンクでは、断層線に沿って吹き上がるマグマがその上にある地層を押し上げている。このおかげで下部地殻が露出しており、地中の奥深くを窺い知るには絶好の研究場所となっている。

 ウッズホール海洋研究所(アメリカ)の研究者ヴァージニア・エッジコム氏によれば、海洋下部地殻は地球に存在する生命の最後のフロンティアの1つである。

 エッジコム氏らは、アトランティス・バンクの海底から750メートル掘削し、マグマが冷えて固まってできた「斑れい岩」からサンプルを採取。その過酷な暗闇の中で、まばらだが、多様な細菌叢を発見したという。

 発見された細菌は、極限環境で生息できることが知られているシアノバクテリアの仲間「クロコッシディオプシス属」や、多様なエネルギー代謝を行うことができる「シュードモナス属」などだ。

iStock-1024193590_e
smirkdingo/iStock

有機物を分解して生きる海底地殻細菌


 極限環境微生物の多くは、光合成を行う植物のように、自力で”エサ”を作り出すことができる「独立栄養生物」だ。

 その一例としては、地球上でもっとも雨が少ない乾燥地域として知られるチリのアタカマ砂漠の80センチの地中でメタンを代謝する細菌や、スペインの600メートルの地下で見つかった水素を利用するシアノバクテリアなどが挙げられる。

 かくもたくましい生活力で知られる極限環境微生物の仲間としては意外なことに、今回発見された微生物の少なくとも一部には、そのような自給自足能力が備わっていないようだ。

 それらの酵素活動・脂質バイオマーカー・遺伝子発現を分析したところ、一部の仲間は有機物を分解して生きていることが明らかになったのだ。

 どうやら、岩石のヒビから海水と一緒に染み出してくるわずかなアミノ酸や脂肪といった有機分子のカスを食べている可能性が高いようだ。

 中には、細胞に炭素を蓄えられるものや、「芳香族多環式炭化水素」と呼ばれる頑丈な分子から炭素を抽出できるものもいたそうだ。

 これらの「微生物は、手に入る有機化合物を効率的にリサイクルし、蓄えている」と研究論文で説明されている。

2_e0
image by:Frieder Klein / WHOI

地球は考えられている以上に多様な生物が


 なお、他の海の下部地殻にも同じような生物が生息しているかは調べてみないとわからないそうだ。場所によっては、アトランティス・バンクのようには栄養を含んだ海水が染み込んでこない可能性もある。

 しかし今回の発見によって、地球の炭素循環の範囲はこれまで考えられていた以上に大きいものであることが分かった。

 「海洋下部地殻のような地球の奥深くの生物圏の大きさに目を向けてみれば、非常にゆっくりとした代謝であっても、大量の炭素とみなせるかもしません」と、エッジコム氏は話している。

 この研究は『Nature』(3月11日付)に掲載された。

References:zmescience / sciencedaily/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
生物界の常識を覆す大発見!?サケの体内から呼吸を必要としない生物が発見される(イスラエル研究)


NASAの宇宙生物学者が深海にある生命の起源を再現(米研究)


深海2000メートルの熱水噴出孔で形成されていたのは、多様な生物に覆われた鏡のような鉱物の塔(メキシコ)


光が届かない地底で光合成するシアノバクテリアが発見される。生存メカニズムの解明が地球外生命体発見の鍵に?


二酸化炭素を食べて増殖する腸内細菌の開発に成功(イスラエル研究)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7462 points
洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

2020年11月18日
1437290227
2位
6315 points
アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

2020年11月16日
3位
4754 points
地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

2020年11月17日
9773733638
4位
4531 points
集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

2020年11月21日
764423527
5位
4243 points
3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

2020年11月16日
8673329344
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年03月16日 10:17
  • ID:DwIITIcw0 #

これ、もしかして微視サイズなら宇宙のどこにでも生命がいたりしないかね

2

2. 匿名処理班

  • 2020年03月16日 10:54
  • ID:lVlhZeg10 #

えっと…これずっと前からやってて、日本の近海でも掘削調査して発見されてますよ。
3年ぐらい前にテレビのドキュメンタリーで見ました

3

3. 匿名処理班

  • 2020年03月16日 11:12
  • ID:caYpeY7r0 #

イノセンス、それは猪木

4

4. 匿名処理班

  • 2020年03月16日 12:49
  • ID:Eedq3w7d0 #

巨大隕石が衝突した後に地殻津波が襲い地球が火の玉になったときにも地中深くで生きているバクテリアがいたおかげで生物が絶滅しなかったとNHKスペシャルでやっていた。

5

5. 匿名処理班

  • 2020年03月16日 12:56
  • ID:542cW.vb0 #

こういうの見ると別の太陽系の惑星も微生物くらいいるんじな無いかと思える。

6

6. 匿名処理班

  • 2020年03月16日 15:12
  • ID:2i17DUyb0 #

海底を750mもどうやって掘削したんだろう

7

7. 匿名処理班

  • 2020年03月16日 17:12
  • ID:9.kV1Vfc0 #

?? 昔からわかってたことで、ネイチャーに載るような新発見はないと思うが?
よくあることだが、どこが重要かを記者が理解してないんだろうな。この辺の分野は元論文を当たるほどの興味はないわ。

8

8. 匿名処理班

  • 2020年03月16日 19:29
  • ID:P6cwB5Lj0 #

エンケラドス、タイタン由来の生命も現実味が出る
潮汐での火山がある衛星だと他にもあるし
太陽に囚われないエネルギーは存在してる
となると

9

9. 匿名処理班

  • 2020年03月16日 20:43
  • ID:aSE6FrSd0 #

※6
ライザーレス掘削でしょ

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク