iStock-501157066_e
Image by Photofixstudio/iStock

 きっと、我々がが想像しているよりも早いことだろう。まもなく脳の病を治療するために電子メッシュを脳に移植するような時代がくるかもしれない。

 『Nature Biotechnology』(9月2日付)に掲載された論文では、アメリカ・ハーバード大学医学大学院の研究者がパーキンソン病やアルツハイマー病といった脳の病気をメッシュ型のインプラントで治療する方法が論じられている。

 このメッシュ型インプラントは、依存症の治療や、人間の学習能力を強化するといった治療以外の応用も期待できるそうだ。 
  
スポンサードリンク

人の認知と機械の融合


 「次のフロンティアは、人の認知と機械を融合させること」とショーン・パテル氏は話す。

 論文によれば、脳にメッシュを移植し、脳からデータを集めて神経細胞がコミュニケーションする様子を調べる。そして、それを元にして、必要に応じて患部に刺激を与えて治療するのだという。

 「刺激を与える電極は超小型で、細胞かそれより小さなものです。これまでの電極というよりは、脳内や軸索内の細胞に近いわけです。」

 現段階での脳に刺激を与える主流な方法は、比較的大きなロッドを移植することだ。ところが、脳はそれに対して免疫反応を起こしてしまうので、効果は徐々に低下してしまう。

 一方、大きさや柔軟さが脳内の細胞に似ているメッシュならば、そうした心配もない。

anatomy-1751201_640_e
Image by Gordon Johnson from Pixabay

健康な脳細胞を誘導


 脳に移植されたメッシュは電気的な刺激によって、新しく形成された神経細胞を脳の損傷を受けた部位に移動するよう促し、患部を修復させることができる。

 たとえば、脳梗塞が原因で脳のある領域の細胞が死んでしまったとしても、健康な領域の脳細胞を移動させて、ダメになったところを復活させられるのだ。
 

 メッシュの大きさ・形状・構造は、脳細胞のそれに似せてあるので、神経細胞に沿って移動するのと同じように、新しい細胞はメッシュに沿って移動することができる。

 「インプラントで、神経細胞を好みの場所に移動させるのです。」

2_e
従来の神経電極(上図)は脳の免疫反応を引き起こすが、メッシュ電極インターフェース(下図)ならそのようなことはない。

既存の電極の場合、その大きさと硬さのために慢性的な炎症を引き起こす。これは脳組織と電極との間にグリア”細胞”死による瘢痕組織を作り出し、電極を劣化させる。メッシュ電極は、脳そのものに似せた細胞・サブ細胞レベルの大きさや柔軟性があるために免疫反応をかいくぐる。


依存症治療や学習能力の強化にも有望


 メッシュが実用化されれば、放置しておけばパーキンソン病やアルツハイマー病につながるかもしれない機能不全を起こした回路を修復し、発症を未然に防ぐこともできるだろう。

 あるいは依存症の患者に使えば、インプラントからわずか500ミリ秒の刺激を送るだけで、本人の意思では抑えられない不健康な欲求を静めることもできるかもしれない。

 それどころか、人間の学習能力を強化するといった、治療以外の応用も期待できるそうだ。


悪用の恐れは?


 この類の技術は素晴らしいものである一方、どこか恐ろしさを感じさせもする。

 論文では、これによってやがては人のもっとも私的な思考まで覗けるようになるかもしれないと説明されている。

 ならばインプラントで得られたデータを企業や政府が利用するような未来とて来ないとは限らないではないか?

 あるいは、それによって思考を操作したり、個人が抱えている秘密を無理やり暴き出すといった、権力者が喉から欲しがるような使い方も考えられる。

iStock-1139231527_e
Image by kentoh/iStock

その先で待つのはユートピアか、ディストピアか


 脳インプラントというアイデア自体は新しいものではない。たとえば、実業家のイーロン・マスク氏は、「ニューラリンク(Neuralink)」という会社を通じて、同じような技術の開発を進めている。



 マスク氏は7月に、来年末までには患者の脳に移植するインプラントを完成させたいと発言。これはメッシュではなく、チップ型のもので、iPhoneのアプリとの連携も想定しているそうだ。

 ニューラリンクの当初の計画では、脊髄の損傷で四肢麻痺となった患者を対象としていたが、現在ではそれよりもさらに先の可能性を追求しているようだ。

 こうした技術は人類を次の段階に進化させる鍵となるかもしれない。しかし、同時に思考まで管理されたディストピアの到来をも予感させる諸刃の剣であるように思える。

 脳インプラントが実用化されたそのとき、あなたはそれを受け入れるだろうか?

※追記(2019/09/14)本文を一部修正して再送します。
References:Brain Implants Like Elon Musk's Neuralink Could Change Humanity Forever | Inverse/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
記憶力を15%強化する新しいタイプの脳に埋め込むインプラントが開発される(米研究)


性犯罪者の脳に埋め込み刺激を与え、性衝動を抑制するデバイスが開発中(米研究)


米軍の「最強兵士」プロジェクト。兵士の脳に埋め込むインプラント式インターフェースの開発


記憶を消去し、病気と闘ってくれる脳チップ。15年後、超人類誕生の予感。


人の気分を変える”マインドコントロール”AIチップの脳移植実験が開始される(米国防高等研究計画局)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
6245 points
アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

2020年11月16日
2位
5565 points
人間の赤ちゃん役に起用された猫の名演技。おじいさんが「赤ちゃんのお風呂の入れ方」をレクチャー

人間の赤ちゃん役に起用された猫の名演技。おじいさんが「赤ちゃんのお風呂の入れ方」をレクチャー

2020年11月15日
3位
4887 points
猫は群れると迫力が増す。圧倒的強さを感じさせる猫集団の写真

猫は群れると迫力が増す。圧倒的強さを感じさせる猫集団の写真

2020年11月10日
6644177244
4位
4472 points
病気の子羊の看病をかって出た猫、両者は大親友となり猫の羊化が進む

病気の子羊の看病をかって出た猫、両者は大親友となり猫の羊化が進む

2020年11月11日
3134145311
5位
4211 points
3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

2020年11月16日
8503320239
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1.

  • 2019年09月14日 09:51
  • ID:exwQEa9n0 #
2

2.

  • 2019年09月14日 09:54
  • ID:I5xm35bj0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 10:11
  • ID:TsC7pgNm0 #

まずは犯罪者から始めていけば良いと思う。
悪さを抑制するようにコントロールしたり、最悪の場合の再犯後の取り調べも便利そう。
犯罪者の手口、思考や傾向も分かってくるかも知れん。

4

4. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 10:12
  • ID:KCRzdNPq0 #

これ もう人間材料にしたサイボーグじゃね?

5

5. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 10:28
  • ID:UWtmmPJH0 #

メッシュ、むらむら

6

6. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 10:45
  • ID:he7GICsD0 #

脳と機械の融合する研究がどんどん進んでるね。5年後には強化人間がそこら辺歩いてるのが当たり前の未来になるのかもね。

7

7.

  • 2019年09月14日 10:53
  • ID:6MqUJsWm0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 10:57
  • ID:T6c1BM0V0 #

欲求に振り回されるのはゴメンだが、あまりに制御できると生きていこうと思うのだろうか?

9

9. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 11:03
  • ID:rXQc1jhL0 #

これを管理するのが何の英才教育も受けていない青っ洟垂らした一民間人なら自分ならノーセンキューだね。リクルートの様に公共の福祉ではなく利潤を追求するために利用されるのは目に見えている。
そもそも目的が公共の福祉だとしてもディストピアになるのは目に見えているのに。

10

10. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 11:18
  • ID:YP3ldlbd0 #

ディストピア管理の懸念はひとまず脇に置いといて、パーキンソンにはIPS細胞の臨床が既に始まってるからこのインプラントとどちらが王道だろうか。効果が確認されればIPS方式だと思われるけども。
素人考えだけどIPS移植した後、効果の発現を加速させるのにこのメッシュインプラントが有用なのではないか

11

11. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 11:37
  • ID:KmK9BnMG0 #

導入するにしても
悪用を防ぐ為の
環境整備が急務

12

12. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 11:49
  • ID:n0OH62GC0 #

精神外科の再来かな?

13

13. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 11:52
  • ID:oPF3cA2k0 #

ポストヒューマン(人間Ver2.0)の幕開けと同時にシンギュラリティ突破とかになったら、ドキドキするね……

14

14. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 11:58
  • ID:bFQS7rPb0 #

人の意思も突き詰めるとただの化学反応なのかもしれないけれど、これでコントロールされるのはなんかモヤモヤするね。

15

15. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 12:22
  • ID:lFDGOkZG0 #

サブ脳で脳を制御できるなら
先天性疾患の人を救ってあげて欲しい。
発達傷害やダウン症も不治の病ではなくなるかも知れない。

16

16. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 12:24
  • ID:2q9iOm9x0 #

>>3
犯罪組織も欲しがる物だろうしリスク高そう

17

17. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 12:34
  • ID:S7GTGtBR0 #

※8
それも制御してしまえばいいのでは?
人間をハイにするのは簡単だよ。

18

18. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 12:42
  • ID:sAr4CnAC0 #

※3
酷すぎて草
犯罪者よりもヤバい奴やん

19

19. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 13:38
  • ID:9oFnizWo0 #

最近の『犯罪白書』のデータによると、出所から5年以内に刑務所に戻る確率は、覚せい剤で49.4パーセント

再犯率は年々伸びて異常に高い

犯罪者の脳の監視をするべき

20

20. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 13:47
  • ID:UWtmmPJH0 #

頭の中でラジオが聴こえる〜てな事に

21

21. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 13:52
  • ID:PHL.kw2P0 #

ザレムやんけ

22

22.

  • 2019年09月14日 14:06
  • ID:rXQc1jhL0 #
23

23. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 14:19
  • ID:xltIG1VP0 #

アルツハイマーや脳梗塞の治療にはよいかもしれない。
ただ問題は治療目的でインプラントした人へその後研究目的と称して脳機能拡大実験が容易に行われるであろうことだ。劇的な機能拡大が認められればディストピア云々の議論が放置されたままインプラントが普及するだろう。機能拡大できない人が仕事を得られなくなれば予防接種くらいの感覚でインプラントが普及し、関連犯罪も不可避になっていく。新技術が起こす新犯罪というのはいつだって不可避だ。クルマやスマホなら持たないという防衛手段も選べただろうが、ヒトの能力そのものとなったら、逃れる術はないんじゃないかな

24

24. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 14:38
  • ID:KCRzdNPq0 #

※19
頭の中に爆弾が・・再犯? ポチットナ

25

25. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 15:39
  • ID:V2tUiY0F0 #

脳疾患は生活習慣関係なしになかば運で発症するか決まってるような病気だからこういった形で予防できるのはいいことだ。

26

26. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 16:38
  • ID:tnVnz3xB0 #

酷い偏頭痛持ちだから期待したい。

27

27. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 21:43
  • ID:6fzh0Iie0 #

昔サイバーパンクというジャンルがSFにあってのぅ…。
30年まえのことじゃったかのぅ…。
最新ニュースのはずなのになにかも皆懐かしい感じがするんじゃ。

28

28. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 22:32
  • ID:qWkj4Seb0 #

スマホの次はもしかしたら脳にデバイス入れる時代になるのかも

29

29. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 01:34
  • ID:9iYx7dZs0 #

思考盗聴

30

30. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 01:48
  • ID:arhPxEiR0 #

最近物忘れ激しいし早いところ頼むよ

31

31. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 14:25
  • ID:0mdESNmK0 #

>>16
民間に運用するってことが決まって技術がばら撒かれた時点で犯罪組織に渡ると思うからオススメしない。

学習能力の強化ってより早く洗脳が効くってことだしね。

32

32. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 16:11
  • ID:E.tLbJOd0 #

社会的な盗聴とか洗脳もこわいけど
もっとミニマムな犯罪に利用されることの方がこわい

システム管理の担当者が、メッシュインプラントの患者の脳をコントロールして、自分の代わりに犯罪させることもできるよね

患者本人に、本人がやりたくてやった犯罪だと思い込ませながら

それくらいできる技術がないと、アルツハイマーの脳を補助する、とかできないだろうし、できるだろうね

いくら管理ルールを徹底しても、個々人の魔がさす瞬間までは管理できないだろうし……こわいよこれ

33

33. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 19:04
  • ID:TUEjr8yn0 #

あー細胞のアポトーシスを人為的に誘導して脳マップを作り替えちまおうって構想か
確かに実現したら遺伝子に干渉する系の薬品を投与する必要はなくなるな

34

34. 匿名処理班

  • 2019年09月16日 01:31
  • ID:vFM1q61W0 #

色々問題はありそうだけど祖母がパーキンソンで寝たきり、自分はパニック障害な身としては是非研究を進めてほしい
死なないけど治らない病気はつらいよ

35

35. 匿名処理班

  • 2019年09月17日 02:27
  • ID:rZy5jWNh0 #

やはり人類の将来はAIとの二分化でなく、AIと人類の融合による新人類の誕生のようだな

36

36. 匿名処理班

  • 2019年09月17日 15:52
  • ID:glpQfZus0 #

※27
むしろそういうの読んで育った世代が予言の自己成就してるんじゃないの

37

37.

  • 2020年07月31日 06:06
  • ID:Ir2zE7.30 #
お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク