pitbull1_e

 複数の国で輸入や飼育が禁じられているピットブルは、過去に人を襲う事件を起こしたものもいることから攻撃的な性格を持つとされ、その凶暴そうな外見と相まって、多くの人に「危険」と評価されてきた。

 しかし愛好家らは、ピットブルは本来我慢強く、飼い主に対しては忠誠心や服従心が強く、忠実なペットになり得ることを伝え続けてきた。

 最近アメリカでは、ピットブルをK9(警察犬)として訓練する警察機関が増えているという。この傾向は、マイナスイメージが多いピットブルのネガティブなレッテルを覆す一歩となっているようだ。
スポンサードリンク

保護施設からピットブルを引き取り警察犬として訓練


 K9とはアメリカでの警察犬の呼称だ。人間の4千倍〜6千倍といわれる犬の鋭い嗅覚や身体能力を生かし、高度な訓練を行うことで警察の捜査に加わり、犯罪解決に協力してもらうのだ。

 警察犬の犬種はジャーマン・シェパード・ドッグやドーベルマンが一般的だが、こうした伝統的な品種の犬は値段も高く、アメリカの全ての警察署が採用できるわけではない。

 そこで取り入れられた案が、保護施設からピットブルを引き取って、警察犬に訓練するというものだ。

K9 Gina, a proud graduate of our detection dog program with UniversalK9, has some really incredible ears, don't you...

Animal Farm Foundationさんの投稿 2017年3月20日月曜日

ピットブルは訓練可能できちんとしつければ立派な使役犬に


 米国内の複数の警察署では、外見に基づき特定の犬の飼育を禁止または制限する法律(BSL)から犬を守る団体「Protect Pit Bulls from BSL」の施設にいるピットブルを引き取り、K9にするために訓練している。

 Protect Pit Bulls from BSLのような団体は、ピットブルが訓練可能な犬であり、要求される仕事全てに効率的に応じることができるプロレベルの使役犬であることを証明するとともに、人々の品種に対する認識を変えようと努めている。

 施設スタッフによると、実際にピットブルたちは素晴らしい能力を発揮しているという。

Protect Pit Bulls from BSLさんの投稿 2016年10月18日火曜日
訓練されたジャーマン・シェパードやベルジャン・シェパード・マリノワに1万(約108万円)〜1.5万ドル(約162万円)払う代わりに、保護施設からピットブルを引き取って訓練している警察署は増えています。(Protect Pit Bulls from BSLスタッフ)


ピットブルの能力は警察犬に向く


 Universal K9(ユニバーサルK9)やAnimal Farm Foundation(アニマルファーム基金)所属の動物訓練士らは、保護施設から引き取られたピットブルを他の犬種同様に、麻薬や爆発物、行方不明者、遺体及び逃亡者の発見を含む捜査ができるよう専門的に訓練しているが、ピットブルの能力は、伝統的な警察犬と非常によく似たレベルだと主張している。

K9 Riggs is representing community safety and #tongueouttuesday!

Animal Farm Foundationさんの投稿 2018年12月11日火曜日

 Universal K9の創設者は、「犬種が犬の仕事能力を左右することはない」と述べており、またAnimal Farm Foundationスタッフは、「人は外見や過去で犬を判断するのではなく、個々に(犬を)評価すべきです」と話している。

 事実、K9にするべくピットブルを訓練する際に最も困難なことの1つが、人間に対して攻撃的に振舞うように訓練することだそうだ。

K9 Coco and Officer Dave Contreras are the perfect K9 team! They're in a contest to win a brand new SUV equipped for K9...

Animal Farm Foundationさんの投稿 2018年10月3日水曜日


既にいくつかの州で活躍中のピットブル


 現在、ニューヨーク州やジョージア州、ワシントン州など複数の警察機関では、既にピットブルをK9として採用し、現場での捜査に同行させている。

 飼育禁止や制限されている法律に存在を脅かされているピットブルだが、Protect Pit Bulls from BSLのようなサポート団体は、従順さや忠誠心といったピットブルの前向きな特徴を強調することによって、その法律を阻止しようと尽力している。

References: written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
引っ越しで置いて行かれたピットブル。シェルターで涙を流しながら飼い主が再び現れるのを待ち続けていた(アメリカ)


ずっとギュっとしてたいの。殺処分寸前のピットブルを救った女性、ピットブルから愛の嵐が待っていた(アメリカ)


ガス漏れをいち早く探知した犬。家から脱出して警察を家まで案内し家族たちを救う(アメリカ)


かっこいい!警察犬「K9」が颯爽と車から出てくるシーンを動画で(オチあり)


人なつっこすぎて警察犬失格。だけど彼には天職があった。総督犬となったガベルの場合(オーストラリア)


すごいぞポンチョ!心肺蘇生法で警官の命を救う警察犬(スペイン)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年07月25日 11:39
  • ID:oOUM6Eaf0 #

ピットブルのペットの飼育は禁止にすべきと考えてるけど
別にペットブルが憎いわけでないので殺処分以外の方法は無いかと思ってたが
こういう使い道があるのは良かった

2

2. 匿名処理班

  • 2019年07月25日 12:44
  • ID:t0u5borS0 #

当然ながらきちんと躾ければ良い犬なんだよね。安易に飼って持て余して捨てる飼い主が駄目なだけで。
とても良い取り組みだが、今度は「警察犬なら賢いと思った」みたいな理由で躾もできないのに飼う馬鹿が出て来ないことを祈る。

3

3. 匿名処理班

  • 2019年07月25日 12:45
  • ID:j9h9AfwU0 #

※1 使い道って…犬は物じゃないぞ

4

4. 匿名処理班

  • 2019年07月25日 13:12
  • ID:byPUcyjN0 #

ピットブルって本来は人懐っこくて情に厚いいい犬種なんだけどな
偏見を持った心無い人間がいることのほうが問題
悪いのはいつだって人間

5

5. 匿名処理班

  • 2019年07月25日 13:34
  • ID:IxD4P4FQ0 #

マズル短いから、嗅覚大事な警察犬には不向きなのかと思ってたらそうでもないのね
この試みで少しでも彼らに居場所ができればいいな
しかし上級者向けイメージの強い犬種が施設に保護されるってことがもう何というか
覚悟ない人は飼うべきじゃない
売る人も適正な知識のある飼い主にしか譲るべきじゃない
半端に動物飼いたがる人が動物嫌いな人より
よほど不幸な動物増やしてるよ……

6

6. 匿名処理班

  • 2019年07月25日 13:52
  • ID:bkVrk.9g0 #

別に嫌いじゃないけど、なんでアメリカはピットブルが人気なのかな

7

7. 匿名処理班

  • 2019年07月26日 21:58
  • ID:zjyECZFm0 #

いい取り組みだな〜
こういうの好き

8

8. 匿名処理班

  • 2019年07月26日 22:51
  • ID:zPa6fD830 #

警察犬は賛成だけど一般人が飼うのは禁止にすべき
ピットブルが人襲う事件何件も起きてる

9

9. 匿名処理班

  • 2019年07月27日 12:20
  • ID:SJ3sjQtI0 #

>>6
ドラマの影響で日本にシベリアンハスキーが一瞬流行ったように、カッコいいってんで向こうではブームなんだよ

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク