00

 犬は人の気持ちを敏感に感じ取ることができるといわれている。悲しみを抱えている人を見ると、例え飼い主じゃなくても、そばに寄り添い、慰めようとする習性があるという研究結果もある。

 彼らの無償の愛情で、どれだけ多くの人間が慰められたことだろう。

 アメリカのワシントン州に住む、長年一人暮らしだったおばあさんも、ある日隣に越してきた大きな犬と小さな犬の存在に、大きく癒されたようだ。
スポンサードリンク


St. Bernard Keeps 95-Year-Old Widow Company

人暮らしのおばあさんの隣に越してきた大きな犬


 ワシントン州スカジット郡マウント・バーノンに住む95歳のサリーさんは、30年前に夫を失くしてから、ずっと1人暮らしをしてきた。

 しかしある日、孤独なサリーさんの生活を変える出来事が起こった。存在感たっぷりな大型犬が隣に越して来たのだ。

 ブローディーと名付けられたセント・バーナードの飼い主デーヴ・マッツァレラさんは、以前ブリザードというセント・バーナードを飼っていたが、ブリザードが他界した後、生後12週目のブローディーをロシアのトゥーラから連れて来た。

 サリーさんとブローディーの出会いは、デーヴさんが外の郵便ボックスに郵便物を取りにやって来たサリーさんを偶然見かけた時だった。

 ブローディーは何を思ったのか、サリーさんの元へと駆け寄っていったという。サリーさんは大型犬に怖がる様子はまったくなく、それどころか大歓迎して用意していたおやつをブローディーにあげた。

 それ以来、ブローディーはサリーさんにとてもなつくようになったという。

 デーヴさんはブローディーの他にもルルという小型犬も飼っており、ルルもすぐにサリーさんが大好きになった。


2匹はいつもサリーおばあさんの家へ


 それからというもの、サリーさんは親友2匹の来訪を楽しみにするようになった。

 天気のいい日には揃ってサリーさん宅の玄関先を訪問することが、ブローディーとルルにとっても日課になったようだ。


2匹の姿が見えなくなっても、どこにいるのかわかりますよ。2匹は、サリーさんの声や発音のアクセントが心地よくて大好きなのでしょう。とにかく仲がいいので、サリーさんがいる時は、飼い主の私のことなど2匹は気にも留めていません。

と苦笑するデーヴさん。

サリーさんはついに介護施設へ。ドアの前で寂しそうに待つ2匹


 しかし、そんな状況に変化が訪れた。

 ブローディーとルルのおかげで、きっと一人での生活に楽しみが生まれていたであろうサリーさんが、自宅から姿を消したのは今から半年前のことだ。

 軽度の心臓発作を起こしたサリーさんは、高齢ということもあり、介護施設へ移ることを余儀なくされたのだ。

 これまで毎日といっていいほどサリーさん宅を訪ねていたブローディーとルル。サリーさんに会えなくなった2匹が、サリーさんを恋しがっている様子はデーヴさんにもひしひしと伝わった。

 2匹は、サリーさんがいなくなった空っぽで人気のない家を訪れ、サリーさんがいつものようにドアを開けて中に入れてくれるのを待っている。

 そんな姿を見て、悲しみを感じたデーヴさんは、2匹を連れてサリーさんのいる施設を訪ねることを思いついた。


 そして現在、デーヴさんはブローディーとルルを連れて1週間に1度、サリーさんのいる施設を訪問している。

 尻尾を振りながら近付いてくる2匹の姿を見ると、満面に笑みを浮かべて迎え入れるサリーさん。とても嬉しそうだ。

 ブローディーの誕生日には、もちろんサリーさんも一緒にお祝いした。


 縁があって巡り合えたおばあさんと2匹の犬。この深い絆はおばあさんと犬たちの心に深く刻み込まれることだろう。

 犬たちとおばあさんのこれまでの様子、これからの様子は、instagramのアカウント「blizzardandlulu」で見ることができる。

References:insideedition/ written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
野良犬だって恩を忘れない。日頃お世話をしてくれたおばあさんの葬儀にやってきた犬たち(メキシコ)


まわりの人々が心打たれたやさしい世界。車いすを老犬にゆずり、買い物をしていたおばあさん(アメリカ)


愛犬を亡くし失意のどん底にいるおばあちゃんに再び笑顔を。運命の導きで新たなる相棒が訪れた!(アメリカ)


犬も本当に悲しいときには声を詰まらせて泣く。亡くなったおばあさんのお墓に寄り添い嗚咽をあげるウルフドッグ(アメリカ)


世界一忍耐強い犬。高齢となった飼い主の歩調に合わせて飼い主を気遣いながらゆっくりと散歩する。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 11:47
  • ID:TWxnJa7v0 #

アロンスジョリートゥルルルルルルルー
ジョリージョリージョリーの世界な2匹やな。種類違うけど

2

2. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 11:48
  • ID:2P1o5JK00 #

泣いちゃった

3

3. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 11:48
  • ID:LW.A.cL10 #

こんなん泣くわ

4

4.

  • 2019年05月08日 11:54
  • ID:.LUzPRFJ0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 11:55
  • ID:0R0yaRY40 #

こんなん泣くわ(´;ω;`)

登場人物(犬)のみんなに幸あれ

6

6. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 12:10
  • ID:Q3bXkEHT0 #

こういうお話大好き
長生きしてねみんな

7

7. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 12:16
  • ID:MggA41A90 #

ブローディーかわいいな!ルルは狆かな?

8

8. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 12:33
  • ID:TtFCpPw30 #

おばあちゃんの嬉しそうな顔と声がなによりこちらも嬉しい。

9

9. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 12:53
  • ID:XxF9id.V0 #

感動するところが違うだろ

この物語の主人公は
婆さんでもなく
犬でもなく
デーヴなんだけどな

10

10. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 12:55
  • ID:m.ZpzvLH0 #

うちの犬も優しくて穏やかな性格のよそのおば様にめちゃ懐いてたな
犬も穏やかな人間の方を好き

11

11. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 12:56
  • ID:HTTassjC0 #

とびっきり、おしゃれなおばぁちゃんですな。

12

12. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 13:13
  • ID:LDv.lWXy0 #

いくら懐いているとはいえ週一の訪問をしてあげるなんて、飼い主の男性もやさしいね
幸せな時間が長く続くといいな

13

13. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 13:13
  • ID:3fYaUqkH0 #

「犬にとって視線を合わせるのは敵意の表れだけど、人間とだけは視線を合わせて絆を強める」って言われるのがよくわかるよね
カーラー巻いたおばあちゃんとブローディーの写真とか本当に心温まる

14

14.

  • 2019年05月08日 13:20
  • ID:.LUzPRFJ0 #
15

15. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 13:23
  • ID:8WzHEMRt0 #

ブローディーもルルも、サリーさん大好きだけど大好きの気持ちのままに飛びかかっちゃいけないってちゃんと理解してて、負担のないように接してるのがすごく優しくて、サリーさんも二匹を受け入れてる感じもすごく優しくて、ブローディーとルルの飼い主のデーブさんも週一で訪ねて来てくれるとかすごく優しくて、登場する人たちみんな優しい…!
素晴らしいご近所づきあい。
良いお話教えてくれてありがとう!

16

16. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 13:26
  • ID:fAUuuf4L0 #

30年間も一人っきりだったお婆ちゃんが2匹の犬と出会ったことで生きる楽しみが出来て良かった。
今は離れてしまったけど、隣の飼い主の男性が1週間に1回も訪問してくれるなんて、とっても良い人!
優しさに溢れているお話。

17

17.

  • 2019年05月08日 13:26
  • ID:.LUzPRFJ0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 13:29
  • ID:kseL9gIt0 #

最近小型犬を飼いだした家の前をちょうど通勤時に通るのだけど、キャンキャン吠え立てられて、不快なんだよね
こういう好き好きーっと寄って行く風景は、心がなごむ

19

19. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 13:52
  • ID:H49j9xlO0 #

いいね
凄くいい
穏やかな気持ちになったよ

20

20. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 14:33
  • ID:OsKNRQw60 #

※18 犬は「この群れにはリーダーがいない」と判断したら、
「自分がならなければ自分を含めこの家族は終わりだ」
と考える。その結果の1つが、警戒吠え。
自由に吠えさせてあげないのは可哀想と思う?
犬はその器もないのに、必死に仮想外敵に向かって
怯えながら精一杯吠える。苦しいのだ。(特に夏は熱中症を招く。)
人間の子が近所の人に芯から怯え、「来るなー!
来たらブッコロすぞー!」と叫び続けていると想像してみて。

21

21. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 14:34
  • ID:hAfkkfuj0 #

ものすごく温かい気持ちになった。
にしても、飼い主さんが良い人だなぁと思う。

22

22. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 14:45
  • ID:mHpHFL590 #

※9
そうなんだけど、多分デーブという人は粋な人なんだと思う
飼い犬と隣人の幸せを見て満足するような

23

23. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 14:53
  • ID:KqTNR39D0 #

飼い主さんが素敵です。
なんて善い人なんだろう!

24

24. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 14:54
  • ID:DXl..jBw0 #

飼い主のデーヴさんがナイスな人であることにも触れてほしいね。
隣にいたときだけでなく、施設に移った後でも、愛犬をサリーさんのところへ連れて行き会う時間を作ってあげる。
これもまた掛け値なしのあたたかな思いやり。

25

25. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 15:17
  • ID:9R1FaO2H0 #

犬って引越しするんだ?!w
言葉喋れる犬かー

26

26. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 15:20
  • ID:oxZtMjxa0 #

これはサリーさんとデーヴさんの友情物語だと思うよ
なんて心の優しい隣人なんだろう

27

27. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 15:24
  • ID:Fxsa.c5i0 #

イッヌすごいな
BBAがちゃんと弱い生き物だって理解してんだな
自分の巨体で怪我させないように振る舞ってるじゃないか

28

28. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 15:58
  • ID:6tu7zdL80 #

週1で通うって結構大変だし、そもそも肉親でもないただ隣に住んでいるだけのおばあちゃんなのに、なんて親切なんだ…優しいね

29

29. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 16:39
  • ID:2UQE2FHl0 #

ルルがブロディーの上に乗ってる時点でとんでもなくかわいいのに更にかわいいおばあちゃんの組み合わせとは…。

ところでルルは狆かな?

30

30. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 18:31
  • ID:ST0TDv.a0 #

犬運ってあるよね

31

31. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 19:24
  • ID:y1XwejZb0 #

ただのお隣さんを気にかけてわざわざ犬をつれていくデーヴって一体何者なんだ。
動画撮ってるときも嬉しそうに笑ってるし。すげえイイヤツだな。

32

32. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 19:59
  • ID:mUjJIJ030 #

そもそも、飼い主さんも良い人だと思う

33

33. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 20:52
  • ID:.atXPk2M0 #

嬉しがってばーちゃんに飛び掛からないのがまた愛を感じる

34

34. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 21:13
  • ID:.LNpzTbb0 #

愛と労りの世界

35

35. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 21:35
  • ID:R0RQx7CW0 #

(´ノω;`)あ、あれ早起きしたからかな…

36

36. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 22:21
  • ID:Qw9bw.XW0 #

尊い
こんな隣人でありたいと思うしこういう老後を迎えたいわ

あ、わい犬アレルギーやった(´;ω;`)

37

37. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 22:34
  • ID:uIUohT2a0 #

デーヴの優しさがしみる・・・

38

38. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 23:17
  • ID:L.aheS5K0 #

>>7
インスタの写真を見ると、狆だね。

39

39. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 23:41
  • ID:PTKOkRTR0 #

寝る前にこんな優しい話を読めて良かった(泣)
おばあちゃん、良かったねぇ。

40

40. 匿名処理班

  • 2019年05月09日 05:13
  • ID:aOS9n9u30 #

セントバーナードってさぁ…
生後半年でまだ子犬なのにさぁ…
30祖兇┐舛磴辰討気 
そこから更に倍以上の体重になるんだよね…
大きい子は100舛砲覆觧劼發い襪鵑世辰討諭

41

41. 匿名処理班

  • 2019年05月09日 10:10
  • ID:yUELmSAt0 #

人類と犬の関係ってホント不思議だわ。素敵な奇跡だわ。

42

42. 匿名処理班

  • 2019年05月09日 10:35
  • ID:ux32UCzr0 #

ヨーゼフみたいだ

43

43. 匿名処理班

  • 2019年05月09日 12:48
  • ID:R3lHZGyn0 #

心優しいワンコたちのおかげで
おばあちゃんは新しい家族を
飼い主さんはワンコの友達を得た

44

44. 匿名処理班

  • 2019年05月09日 19:01
  • ID:0pEi.Nxf0 #

いい話だ
隣人さんから犬と同じくらい純粋な優しさを感じる

しかし小さい犬が大きい犬の背中で
ツルツル滑りそうになってるのはかわいそうに見える
犬は喜んでるのかもしれんけど腰に悪そう
あれ人が乗せたんだよな?
早くおろしてあげてとしか思えん

45

45. 匿名処理班

  • 2019年05月09日 20:44
  • ID:CUXDIVjT0 #

うちの祖母も祖父が亡くなってから20年生きた。
ひ孫が20人もいたから寂しかったかどうかは分からないけど、
意外と人生は長い。

46

46. 匿名処理班

  • 2019年05月09日 21:03
  • ID:CGcnxd.G0 #

狆だ!どちらも利口でおとなしい犬

47

47. 匿名処理班

  • 2019年05月09日 22:08
  • ID:42obVQQI0 #

ブローディーは施設のばあちゃんに会いに行った時に尻尾をグルングルンと回してたけど、これは本当に心から喜んで、尻尾を振るだけでは収まらない嬉しさなんだよねぇ
お愛想で尻尾振ってるんじゃなくてホントにばあちゃんのこと好きなんだね
ガッツリよだれつけられたばあちゃんも嬉しそうw
毎週会いに行くなんて、簡単に出来ることじゃない
飼い主は神

48

48. 匿名処理班

  • 2019年05月09日 23:08
  • ID:XF4vvSbF0 #

飼い主のデーヴさんの懐の深さよ
おばあちゃんは良い隣人に恵まれたね

49

49. 匿名処理班

  • 2019年05月10日 14:38
  • ID:ZA9l4VQL0 #

※41 (ネコともなー・・・)

50

50. 匿名処理班

  • 2019年05月11日 01:36
  • ID:cYFqV56R0 #

※15

自分犬飼ったことないから良くわからんけど、施設を訪れた時の動画(?サリーさん椅子に座ってる)でブローディーさん尻尾ぶんぶん振ってサリーさんの所に寄って行くけど、サリーさん側にお尻を向けた時は尻尾の動きを封じている気がする・・・!

51

51. 匿名処理班

  • 2019年05月11日 02:41
  • ID:eKLsalCt0 #

日本の施設もペットや飼い犬の立ち入りを許可して欲しい。祖父は入院してから1度も飼い犬に会えずに、飼い犬の事を心配したまま亡くなったから、せめて個室なら許可して欲しかった。

52

52. 匿名処理班

  • 2019年05月12日 06:16
  • ID:qCthkI6w0 #

>>9
言いたいことはわかるけど、
主軸は殆どばあちゃんと犬だしな…
天才バカボンの主役は本来パパじゃなくてバカボンなんだからと言われても、困るやん?

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク