0_e1
Roberto Chavez-Arce

 1万年以上前に訪れた最後の氷河期では、北米と南米とを結ぶ”橋”にオオカミのような肉食獣や地球史上最大のクマがうろついていた。

 橋――すなわち中米にあるメキシコの水中洞窟の底には、太古の時代の墓場がある。

 ここから、大きく顔の短いクマ(Arctotherium wingei)の頭蓋骨、オオカミのようなイヌ(Protocyon troglodytes)の骨、さらにはナマケモノ、バク、サーベルタイガー、クーガー、ゾウに似た動物ゴンフォセレなど、さまざまな骨が発掘されており、中には1万2000年前の人骨すら見つかったという。
スポンサードリンク

巨大水中洞窟の闇に潜む狡猾なトラップ


 骨が発見されたのは、ユカタン半島東海岸に伸びる世界最大級の水中洞窟、サク・アクトゥン洞窟のオジョ・ネグロ穴だ。

 オジョ・ネグロとはスペイン語でブラックホールのことで、後期更新世の名残りを今に伝える天然のタイムカプセルのようなところだ。

 ここは数千年前、狡猾なトラップのような場所だった。なにしろ落ちれば60メートルはあり、何も知らない動物がたくさんの命を散らせてきたのである。

 やがて氷河が解けて、無数の死体が折り重なる穴を水で満たす。こうして彼らは永遠に水の中に保存されることになった。

2_e1
Roberto Chavez-Arce

南米でしか発見されていなかった動物の骨


 熱帯の中央アメリカで大昔の骨が発見されることは滅多にない。

 だが過去12年間で収集されてきた骨の中に大型のクマやオオカミのものがあったことが衝撃だったのは、それだけが理由ではない。

 これまで、この2種は2000キロ以上も離れた南米でしか発見されたことがなかった。それなのに、南米ではない地域で、これまでで最高の状態のサンプルが発見されたのである。

4_e
Schubert et al, Bio Letters, 2019

 歴史的に見れば、動物たちは北米と南米の両大陸の間をいくども移動してきた。

 もしかしたら今回のクマとオオカミは、そうした移動の最中、ふと立ち止まってみる気になったのかもしれない。そして、そのまま中米の青く生い茂った地域に居ついてしまった。

 別の可能性としては、3万5000年から1万2000年前の最後の氷河期の間か後に、一度南に移住した彼らが、再び北へと移動を始めたのだとも考えられる。

3_e0
Roberto Chavez-Arce

氷河がうながした動物の移動


 現場から多様なナマケモノが発見されていることからも、中米の生物の歴史は想像以上に複雑であることが窺える。

 研究者は、後期更新世の末期において氷河が引き起こした風景や生態系の変化が、クマやオオカミ、あるいホモ・サピエンスが移住をしたことの裏付けであると考えている。

 なお、この洞窟でなされた最大の発見は、2007年に発掘された2つの人骨である。その1つは、およそ1万3000年前に生きていた10代の少女のものだ。

・なんという神秘的光景。メキシコの水中洞窟で12000年前の少女の頭蓋骨が発見される。 : カラパイア

 この地域の人たちは、かつて巨大な陸上性ナマケモノや見上げるほどに背の高いクマと一緒に生活をしていたのだ。

 この研究は『Biology Letters』に掲載された。

References:phys.org/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
70万年前を生きた世界最大種のクマ「アルクトテリウム・アングスティデンス」の化石が発見される(アルゼンチン)


洞窟内で発見された15の奇妙なもの(ミイラ・爬虫類・昆虫出演注意)


「地獄への入り口」マヤ文明時代の生贄の犠牲者となった少女の遺骨が宿るアクトゥン・チュニチル・ムクナル洞窟


先史時代の人類が戦ったであろう恐るべき10の動物


夢とロマンと危険がいっぱい。世界10の水中洞窟

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年05月06日 22:52
  • ID:bjIfDyZw0 #

拾われたクマー
  ∩___∩
ノ      ヽ
 ●   ●
  ( _●_) 

2

2. 匿名処理班

  • 2019年05月06日 23:17
  • ID:IJagQE9D0 #

洞窟探検とかは迷い込んだら一巻の終わりという恐怖を感じるが、同時に浪漫だけではなく、こういった学術的にも価値のある太古の時代の生物の死骸を肉眼で見てみたいという願望が湧き出てくる。

この気持ち、分かる人いる?

3

3. 匿名処理班

  • 2019年05月06日 23:21
  • ID:LFvoBLQ.0 #

オジョ・ネグロじゃなくてオホ・ネグロでは?
スペイン語ではJと母音の組み合わせはJを発音しないはず

4

4. 匿名処理班

  • 2019年05月07日 09:12
  • ID:xuQ1.Q9c0 #

多様なナマケモノ( 'ω')?

5

5. 匿名処理班

  • 2019年05月07日 09:48
  • ID:Ftg72uCm0 #

※4
絶滅種の地上性ナマケモノ(メガテリウムのたぐい)は
いろいろいたらしいから、そのことを指してるんじゃ
ないかな。

ちなみにメガテリウムの和名は大懶獣(だいらんじゅう)
という非常に中二心をくすぐる名前がついてるw
懶はものぐさという漢字だから意味はあってるんだがw

6

6. 匿名処理班

  • 2019年05月07日 11:07
  • ID:cF0PW2TA0 #

ホラアナグマの骨って訳じゃなくて洞穴に落ちちゃったクマーの骨なのか

7

7. 匿名処理班

  • 2019年05月07日 12:25
  • ID:s2ZJ24Aq0 #

※3
スペイン語の影響が強く残る米国西部などでもモハベ砂漠( Mojave Desert )、ナバホ族( Navajo )、サンノゼ市( San Jose )と J はハ行か読まないかですね。

8

8. 匿名処理班

  • 2019年05月07日 17:31
  • ID:xuQ1.Q9c0 #

>>5
なるほどです(・ω・)
ありがとうございます٩( *оωо* )۶

9

9. 匿名処理班

  • 2019年05月07日 21:00
  • ID:z0yWJcy.0 #

※5 現存の樹上性ナマケモノと違って、おっきいんだよねー。先日のクマよりデカイ。ぜひ特集を、と待ってるの。

10

10. 匿名処理班

  • 2019年05月07日 21:33
  • ID:CUyIMwgy0 #

こういうの残ってくれるってのは有難いもんよね

11

11. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 09:01
  • ID:IyyGgUB80 #

※3
穴はスペイン語で hoyo だから発音はオヨまたはオジョで合ってるかと。

12

12. 匿名処理班

  • 2019年05月08日 20:21
  • ID:OsKNRQw60 #

※11 Harajyuku(原宿)は「ハラユク」と読まれる。

13

13. 匿名処理班

  • 2019年05月09日 22:49
  • ID:SwZ7Laio0 #

メキシコってカラカラなイメージで、
そのおかげでミイラの保存状態が良いのでしょう?
こういう水中洞窟の水って飲むのに適してるのかな。。。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク