iStock-488614806_e
Chalabala/iStock

 犬や猫、その他ペットを飼っている人ならば、そのペットが虹の橋へ向かうその日までお世話をしたい。少なくとも、自分を看取ってもらうつもりでペットを飼い始める人というのはそうそういないだろう。

 だが、人生には不測の事態というのがつきものだ。急な病気や交通事故など、ペットより先に飼い主の方が虹の橋へ向かう羽目になってしまう事例だって、世の中にはある。

 ゴールデンレトリバーのミックス犬であるリオも、そうした何かの事情で飼い主を亡くしてしまった。そして、すぐに犬を引き取れる人もいなかったことから、デトロイトの公営シェルターに連れて来られたのだ。

 しかし、10年間を共に暮らした飼い主を亡くしたリオの悲しみは、非常に深かった。エサも食べず生きることを放棄してしまうぐらいに。

 この物語は、「デトロイトで一番悲しんでいる犬」と言われたリオが、再び生きる希望をみつけだすまでを記録したものである。
スポンサードリンク

生きることを放棄した犬


 シェルターに連れて来られたリオは、明らかに心を閉ざしていった。

 最愛の飼い主を失った悲しみに加え、見知らぬ場所での生活や、共に暮らすたくさんの犬たちといったストレスが重なっていたのだから、無理もない。リオはエサを食べようとせず、スタッフの働きかけにも反応せず、目を見ようともしなかった。



 その様子に気づいたスタッフは、リオを犬舎から出し、スタッフの働くオフィスで過ごさせた。しかし、リオはじっと壁の方を向いたきりで、誰かが撫でようとすると身を震わせるのだ。

 悲しみにくれるリオの様子は、「デトロイトで一番悲しんでいる犬」としてニュースにもなった。

 この世に望むことなど、リオにはもう何もなかったのだ。



心のケアをしてくれる専門のシェルターへ移送


 このままではリオは遠からず飼い主の後を追ってしまう。スタッフはそう考え、「デトロイト・ドッグ・レスキュー」(DDR)に助けを求めた。DDRでは、特に心身に問題を抱えた犬を積極的に受け入れ、専門的なケアをしているのだ。

 リオはDDRに受け入れられた。この時点で、リオは深い喪失感からうつ状態になっていると考えられた。「リオはこれまで知っていた全てのものから引き離されて、とてもつらい時を過ごしていました」とDDRの代表のクリスチナ・ミラン=リナルディ氏は言う。

 「犬という生き物が、どんなに直観力に優れ、繊細であるかということに気がつかない人は多くいます。犬は身の回りで起こっていることを全て感じています、人間と同じように」

 程なくして、DDRはリオの治療に適切な場所を見つけ出した。DDRで犬の一時預かりボランティアをしている、ライアンとターシャのキャラハン夫妻の家である。



キャラハン家で少しずつ回復の兆しを見せたリオ


 キャラハン家には既に、飼い犬二匹と、同じくDDRから預かっている犬一匹がいた。だが、夫妻は快くリオを受け入れた。

 「適切な犬を、適切な時に、適切な場所に、ただそれだけのことですよ」とキャラハン夫妻。「リオは私たちを必要としていましたし、私たちはリオに必要な一対一で過ごす時間をつくることができましたからね」

 キャラハン家では、リオに特別な居場所を用意して待っていた。在宅で働くライアンさんの仕事部屋だ。

 ライアンさんの足元で過ごすリオは、一日ごとに緊張を解いていった。やがてライアンさんの膝に乗り、その目を覗き込むようになった。人間との関係を新しく構築し始めたのだ。



自分はこの世にいていいんだ。希望を持ち始めたリオ


 さらにリオは、人が通りかかると尻尾を振るようになり、一緒に森での散歩を楽しむようになった。

 リオの目覚しい回復についての、ライアンさんの理論は単純だ。「誰かの人生の中に居場所が必要だっただけだと思いますね」



自分を必要としてくれる人がいる。自信をもって新しい家族のもとへ


 それから半年ちょっと。すっかり回復し、心身の健康を取り戻したリオの新しい家族の募集が、DDRで始まった。

 さらに約2ヶ月の後、リオは新しい家族に引き取られていった。悲しみに満ちたリオの物語を目にして、「それなら是非私たちが引き取ろう」と決心したカップルである。関係者もみな、リオが新しい家族にスムーズになじむよう、最大の努力をした。

 また引越しをすることになったリオだが、今回は自信に満ちており、悲しみのかけらも見られない。

 自分を愛してくれる人間はいつでもいる、ということを学んだのだ。



 レトリバーの血を引き、10歳を越えているリオが虹の橋へ向かい、元の飼い主と出会うのも、そう遠い先のことではないかもしれない。

 けれど、おそらくリオはすぐには橋を渡らないのではなかろうか。一匹と一人は、きっとその場で、新しい家族の皆や、キャラハン夫妻を待っていることだろう。

References: The Epoch Times / M Live / Facebook など / written by K.Y.K. / edited by parumo
あわせて読みたい
愛するものと引き離され、捨てられた悲しみからなのか?涙を流す犬の姿が人々の心を打つ(アメリカ)


引っ越しで置いて行かれたピットブル。シェルターで涙を流しながら飼い主が再び現れるのを待ち続けていた(アメリカ)


人間から虐待を受け続けてきた犬が心を開くとき。ある保護犬の物語(アメリカ)


それでも人を信じたいの。ひどい虐待を受けていた犬が、保護された直後に見せた人間への愛(アメリカ)


生まれつき顔が変形していた犬。里親の元を転々とし、ようやく運命の飼い主と巡り合うまで



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 11:44
  • ID:cLKBg8Zz0 #

タイトルだけで涙腺が緩み始めて読み終わった今はグズグズだよ...幸せになれよ...

2

2. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 12:20
  • ID:mZ9.XOMu0 #

そのまま夫妻のところには居られないのか

3

3. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 12:33
  • ID:D7mxi.Wk0 #

みっともないくらい悲しみを全身で受け止めちゃっていいんだよ!
あとは時間が傷を癒やしてくれるさ。

4

4. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 12:53
  • ID:3l15JRVS0 #

わんこが笑ってくれてうれしいぞ

5

5. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 12:58
  • ID:2rAA0eAZ0 #

また引越しをすることになったリオだが、今回は自信に満ちており、悲しみのかけらも見られない。

 前の飼い主のことは忘れてしまったようだ

よかった。よかった

6

6. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 13:13
  • ID:g5LCZoCI0 #

泣くのはわかっていたけど、号泣……
虐待され、保護されずに亡くなっていく犬達も多い中、リオは最初の飼い主さんをはじめ、優しい人達に出会えて幸せですね。
さてと、天気も良いし、うちの柴と近所のドッグランに行くとするかな。

7

7. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 13:23
  • ID:teygZdRB0 #

人間に「ペットロス」があるように、
ペットにも「飼い主ロス」があるのかな。

8

8. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 13:36
  • ID:Ifo2dZU10 #

たぶんだけど忘れてないと思う。

9

9. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 14:22
  • ID:Lq6MKqRE0 #

だから僕は独りでいようと思ったんだ

10

10. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 14:26
  • ID:MFUfWvHy0 #

リオを心配した以前の飼い主さんがリオに自分の分迄生きてほしいと思いきっと良いご縁をリオに授けてくれた様に思います。我が家でも21歳の子が最後の愛犬として一昨年亡くなりましたが我が家の子も最後迄私達家族を守る事を懸命な姿で貫きました私達家族も日々頼りにしているよと声をかけながら過ごしていました。リオの心の中の光は以前の飼い主の愛ですリオ愛の光を大切に健康で元気な日々を過ごしてね!リオを私も見守っていますよ。

11

11. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 14:35
  • ID:.EBWumtG0 #

>>5
忘れたんじゃなくて人間みたいに気持ちの整理をつけたんだと思うよ。

12

12. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 14:38
  • ID:b.Ls5pGi0 #

俺も大事な人をなくしてもうこの世になんの希望も無い。
何もいらないし求めたくない。犬の気持ちはわかる。
希望すれば安楽死させてくれる制度があればいいのに

13

13. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 14:58
  • ID:aIgQC1w20 #

人間のパートナーになるべくして狼から進化した犬は、人間と一緒に幸せに生きるべき
人間には犬を幸せにする義務がある
これからの日々もたくさんの愛情を受けて生きていけることを祈ってる

14

14. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 15:48
  • ID:mUkNSCha0 #

色々な人間の所を転々としている時点で不幸だ
犬って協調性が高いけど、全部が全部誰にでも懐くというわけではないからな

15

15. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 15:55
  • ID:X6fdyVwb0 #

表情が全然違うのがよくわかる
幸せになってほしいな

16

16. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 16:05
  • ID:XpWXxKUl0 #

※5
犬は最初の飼い主を一生忘れないらしいよ。

17

17. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 16:27
  • ID:8cZIw8Ay0 #

こんなに悲しそうな犬みたことない
笑顔が戻っでよかったよ

18

18. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 17:15
  • ID:W6.Xe85G0 #

大きな喪失感で、自分の生きる意味を見失ってしまったんだろうね。 自分を必要とする人、愛する人が出来たことで生きる気力が湧いてきたのかな。

19

19. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 17:38
  • ID:as3VDUz80 #

日本のローカル新聞がお手本にすべき記事。

20

20. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 20:40
  • ID:7bXgnjlW0 #

>>12
自分もあなたと同じ気持ちになって1年経った。
1年経っても全然乗り越えられてないし、今も突発的に
「あぁ今タヒにたいなぁ」と思うことがあるが、そういう時は
夢にも出てきてくれなかったりする。
本当かどうか知らないが、残された者に生きることの
本当の意味を考えさせる為の課題でもあるらしい。
1年経って自分はようやく一緒に写った写真を見ることができる
ようになったし、少しだけど思い出の話もできるようになった。
あなたが自分より長い期間苦しんでいるのなら、このコメントも
全くおせっかいな文章になるのだが、どうかあなたがまた心から
笑顔になってくれることを願う存在が確実に今居ることを
感じてもらえたらな、と思う。
お互いゆっくりながらでも前に進めればいいね。

あ、記事と関係ないレスですまん。

21

21. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 20:58
  • ID:dccEBGu10 #

目から油がガガガ

居場所を必要とするのは誰もが一緒か
そして自分はそこに居ていいと許すのもまた自分なんだね犬も人間も

22

22. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 22:04
  • ID:NnKC4xy00 #

幸せな結末でほんとうによかった。
これほど眉間のしわの深い犬はみたことないよ!悲しくてシワがついてしまったんだろうね。いまはきっと、どんどん浅くなってるとおもうけど

23

23. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 22:57
  • ID:b8r.4xIk0 #

我が家の子は、あんまり悲しまないと思う(笑)。
もちろん飼い主として、それでうれしい。
これは珍しいケースだから、ニュースなんだよね。
多くの犬たちは、愛情を注がれると新しい場所でも、
次第に楽しく暮らせるようになる。
「今、この瞬間を生きる」。
そこが、犬が求められ飼われる魅力なんだと思う。
ニンゲンは過去に悔んだり、未来を心配しすぎる。
「今」を楽しむ犬からもらえる影響は大きい。

24

24. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 23:25
  • ID:UptEEN2u0 #

預かりボランティアが必要なのはわかるけど、悲しみで落ち込んでいる犬をあまり転々とさせないで欲しいと思った
うちの犬を引き取った時のストレスのかかり具合を見て、もう二度とこんな思いはさせたくないって思ったから
ハッピーエンドならまあいいんだけどね

25

25. 匿名処理班

  • 2019年04月20日 23:36
  • ID:Dwh.gZnJ0 #

※7
犬もペットロスと思っているかもしれない

26

26. 匿名処理班

  • 2019年04月21日 04:44
  • ID:k3cTU9Oz0 #

※5
悲しみのかけらも見られない世の中のたくさんの人にも、身近な人を亡くした経験があるんだぜ。

27

27. 匿名処理班

  • 2019年04月21日 05:01
  • ID:UgfP4OFD0 #

犬は愛情深いからね…
人間はたくさんのものを持っているけど
犬が持っているのは飼い主への愛だけだ

28

28. 匿名処理班

  • 2019年04月21日 11:18
  • ID:gAILuKGK0 #

なにかケチつけないと気がすまない人のコメントはホント虚しい。イイハナシダナーでいいじゃない。なにも悪い事は起きてないんだし。回りを不愉快にしているって気づけないのかな?誰に対してもマウンティングするのって、人間が怖くて吠えかかる事しか出来ない怯えた子犬みたいだよ。否定ではなく他人を受け入れる事から始められない?

29

29. 匿名処理班

  • 2019年04月21日 11:45
  • ID:YSzsm8uf0 #

自分に万が一の事があった時の為に、愛犬の社会化の徹底と安心して任せられる後見人を探す事も、『ペットを最後まで愛情を注いでお世話する』に含まれます。
必死でお世話をしても、力不足で期限内に心を開いてもらえず虚しさに何度も心折れそうになっている愛護センター職員からのお願いです。
飼い主さんが亡くなられたり施設入居・入院でのペットの引取が多くて、そのうち捕獲数を上回るのでは?という勢いです。
リオのように悲しい想いをする動物達が少しでも減りますように。

30

30. 匿名処理班

  • 2019年04月21日 19:20
  • ID:XYmfojqX0 #

※9 でも一生誰にも触れられないのって、さびしくない?

31

31.

  • 2019年04月22日 08:28
  • ID:91wGheoi0 #
32

32. 匿名処理班

  • 2019年04月22日 13:26
  • ID:RYZqSeSv0 #

※5
人間と同じでしょ悲しい出来事があっても回復はする
長期に渡って回復しない場合はやっぱり鬱等の病気の可能性大だよ

33

33. 匿名処理班

  • 2019年04月22日 14:58
  • ID:5quqPCme0 #

※14
他人、もとい他犬の不幸を勝手に決めるな。何様のつもりか。

34

34. 匿名処理班

  • 2019年04月23日 07:17
  • ID:DYGAmtM.0 #

泣いてしもた……。゚(゚´Д`゚)゚。
新たな飼い主さんと共に幸せになってほしいね
きっと最初の飼い主さんもそれを望んでるよ

35

35. 匿名処理班

  • 2019年04月23日 11:05
  • ID:lrMjkdk90 #

※7
前に、一緒に暮らしてた犬の片方が死んだらもう片方が〜っていう話で
動物にもペット?ロスがあるって記事があったと思った

36

36. 匿名処理班

  • 2019年04月25日 02:47
  • ID:ZmCb2dLn0 #

>>20

自分はペットへのサバイバーズギルトがある者です。

残された者に生きることの本当の意味を考えさせる為の課題

この一文に心が少し軽くなりました。ありがとう

37

37. 匿名処理班

  • 2019年04月26日 19:59
  • ID:iee3Glgx0 #

よかった。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク