0_e
image credit:UNIVERSITY OF BRISTOL

 触手の数はロマンの数。古代生物の謎めいたルックスは、同時代に生きることができなかった、くやしさとせつなさと潤いをしっとりともたらしてくれる。

 でもって今回発見されたのは、口のまわりに18本の触手がはえているクリーチャーである。

 5億1800万年前を生きたであろうその生物は「ダイフア・サンチョン(Daihua sanqiong)」と名付けられている。
スポンサードリンク

口のまわりに18本の触手


 この魅力的なクリーチャーの化石は、中国の澄江で雲南大学の研究者によって発見されたものだ。

 古代海洋生物のその姿は現在のクシクラゲに似ており、この不思議な生物の起源の謎を解明する手がかりになるかもしれないそうだ。

 研究の中心人物である英ブリストル大学の古生物学者ジェイコブ・ビンザー氏は、「この化石によって、奇妙なクシクラゲの起源を知ることができた」と話す。


クシクラゲの先祖か?


 ダイフア・サンチョン(Daihua sanqiong)の名称は、雲南省に暮らす少数民族ダイ族と中国語の「花(フア)」にちなんだものだ。

 その口の周囲には18本の触手が生えており、それぞれは繊毛が並び、細かい羽毛のように枝分かれしている。

 注目されたのは、この繊毛だ。現在のクシクラゲ(有櫛動物)は美しい玉虫色の光を放つことで知られているが、これは繊毛をはためかせたときに生じるものなのである。

 さらにダイフア・サンチョンからは、18本の触手を持つシャンガンギアやチューリップのような姿をしたディノミスクスシファッソークタムといった、古代の生物との興味深い共通点も見つかっている。

3_e1

クシクラゲの系統樹を再構築


ビンザー氏によれば、こうした生物の解剖学的な特徴を比較することで、クシクラゲの系統全体を再構築することができた。

 これは重要なことだ。というのも、クシクラゲは地球上で最初に進化した動物の仲間であるという学説があるからだ。

 これに対して、ビンザー氏は、クシクラゲの以前にも長い系譜が存在すると主張しているのである。

 新たに構築された系譜が示しているのは、クシクラゲの祖先の中には骨格があるものがいるということや、その触手が今日のクシクラゲのクシに進化したということだ。


Facts: The Comb Jelly (Ctenophora) クシクラゲ

クシクラゲとサンゴは親戚?


この発見は、こうした古代の生物が系統樹のどこに位置するのかという点についても光を投げかける。

 たとえば、これまでシャンガンギアはイソギンチャクの仲間だと考えられてきたが、今回の研究によれば、じつはクシクラゲの仲間かもしれないのだ。

 またクシクラゲがサンゴ、イソギンチャク、クラゲの親戚であるらしいことも強く示唆されている。その口のまわりの触手は、サンゴやイソギンチャクに生えている触手とまさに同じものだという。

0_e
image credit:UNIVERSITY OF BRISTOL

ダイフア・サンチョンをめぐる議論


しかし、ビンザー氏の説に異を唱える向きもある。

 米イェール大学のケイシー・ダン氏もそうした1人だ。彼は、ダイフア・サンチョンとそれに関連するとされる生物の形状は大きく異なっており、どのように関連しているのか見て取ることは難しいと主張する。

 たとえば、チューリップのようなディノミスクスとシファッソークタムなら、親戚であると言うこともできるだろう。

 一方、シファッソークタムの繊毛が体内に生えているのに対して、その後に続くとビンザー氏が主張するガレアクテナ(Galeactena)の場合は体外に生えている。体内の繊毛が体外に生えるにいたった進化を想像するのは難しいだろう。

 今回の研究の根拠は薄弱で、まだ結論を出せる段階にはないとのことだ。

 研究は『Current Biology』(3月21日付)に掲載された。

References: University of Bristol / maritimeherald./ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
ワクワク古代生物。カンブリア紀の化石層から新種の生物が発見される


古代浪漫に心フワフワ。有史時代以前の地球上に存在していた25の古代生物


巨人は本当に存在していたのか?世にも信じがたい5つの巨大な足跡や化石


「恐竜?ああいたね、そんな奴らが。遠い昔の話だよ」。生きた化石と呼ばれる10の生物


頭と体がちぐはぐな謎のカンブリア紀の古代生物。その分類学上の地位が判明(英研究)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年04月03日 10:05
  • ID:.0jfxo9i0 #

ひょっとして何かの生き物の尻の…

2

2. 匿名処理班

  • 2019年04月03日 10:54
  • ID:bd.vPsbt0 #

それ、うちの爺ちゃんが井戸の周りに描いた絵だよ

3

3. 匿名処理班

  • 2019年04月03日 11:04
  • ID:1fDqdSkd0 #

エイリアンエッグまさか実在していたとは

4

4. 匿名処理班

  • 2019年04月03日 11:14
  • ID:xgyVSoEl0 #

ミギー?

5

5. 匿名処理班

  • 2019年04月03日 11:28
  • ID:tnT6PaWF0 #

サルラック(SW ep.)「ナカーマ!ヽ( ゚∀゚)人(゚-゚ )ノ」

6

6. 匿名処理班

  • 2019年04月03日 11:39
  • ID:fxJO.ZDP0 #

イソギンチャクの仲間と思ったけど違うのね

7

7. 匿名処理班

  • 2019年04月03日 11:49
  • ID:sY9kpk7N0 #

カンブリア紀か・・・
なんか漂流教室に出てきた化け物に似ている。

8

8. 匿名処理班

  • 2019年04月03日 12:35
  • ID:eshHroFw0 #

臭い息吐いてきそう

9

9. 匿名処理班

  • 2019年04月03日 12:54
  • ID:JMjENlHG0 #

※6
広い意味ではイソギンチャクの仲間だよ
クラゲをさかさまにしたのがイソギンチャクだから

10

10. 匿名処理班

  • 2019年04月03日 13:02
  • ID:PrtfCs760 #

アメリカ産のBMかな?

11

11. 匿名処理班

  • 2019年04月03日 13:04
  • ID:nOYwt7uR0 #

子供の頃に古代生物の図鑑見てトラウマになった記憶が蘇る・・・
海洋生物とかもう遊星からの物体Xの世界だぜ。

12

12. 匿名処理班

  • 2019年04月03日 13:11
  • ID:Y3anFQFQ0 #

うーん、これは…ある界隈が

13

13. 匿名処理班

  • 2019年04月03日 13:39
  • ID:bkg26auy0 #

写真の化石を見た時、2,30年前の子供の頃によく図鑑で目にしたフデイシ(筆石)を思い出したけど、改めてフデイシを調べたらそれは半策動物門だからこれとは違うのか…
化石の同定・分析は奥深いですな

14

14. 匿名処理班

  • 2019年04月03日 13:42
  • ID:bd.vPsbt0 #

※9
さかさクラゲは楽しいお宿ってのが昭和の定番だったが
平成では意味が変わっていたのか
さて令和ではどういう意味に変わっていくのか……

15

15. 匿名処理班

  • 2019年04月03日 13:49
  • ID:NpjoXMhQ0 #

スターミー?

16

16. 匿名処理班

  • 2019年04月03日 15:23
  • ID:bkg26auy0 #

※9
イソギンチャクや多くのクラゲを含む刺胞動物と
この記事の有櫛動物は異なるグループに分けられてるから仲間というのは違うと思う

17

17. 匿名処理班

  • 2019年04月03日 15:46
  • ID:NVzxoTz60 #

中国は化石がいっぱい出て来て羨ましいな。
ドイツやアメリカもそうだけど。

18

18. 匿名処理班

  • 2019年04月03日 16:07
  • ID:i5SckGz.0 #

※14
サカサクラゲっていう種も実際いるしねえ。
クラゲのクセに泳ぐのやめちゃって、ひっくり返ってイソギンチャク化したヤツ。

19

19. 匿名処理班

  • 2019年04月03日 16:11
  • ID:i5SckGz.0 #

ナマコの触手が丁度こんな感じだよな。
細かいものを濾し取るにはこの形がいいんだろうね。
ナマコは棘皮動物で全然違うグループだから、収斂進化ってやつかな。

20

20.

  • 2019年04月03日 17:40
  • ID:2uv9qNaS0 #
21

21. 匿名処理班

  • 2019年04月03日 20:18
  • ID:DcaKhSmj0 #

※12
???「ガタッ」

22

22. 匿名処理班

  • 2019年04月04日 12:59
  • ID:DgheaGhZ0 #

スターミーじゃん!!

23

23. 匿名処理班

  • 2019年04月04日 14:31
  • ID:q4m.BZbW0 #

※17
超長流域を持つ大陸河川だと川砂も海に届くまでに限界まで揉まれてパウダー状になる
それで古代の大河流域と沿岸だった場所の砂由来の頁岩から良質の化石が大量に出てくる
人類の環境破壊で河川に土砂が流入して今はもう存在しない砂だけど

24

24. 匿名処理班

  • 2019年04月04日 14:37
  • ID:QhPjDcNq0 #

こんな奴と会ったらSAN値下がるわ絶対

25

25. 匿名処理班

  • 2019年04月04日 16:58
  • ID:4f1UY9V30 #

MTGで見かけたわ
赤マナ使うヘリオンだろ

26

26. 匿名処理班

  • 2019年04月05日 08:10
  • ID:nsTetBIP0 #

現代に生きる海月って99%が水分とか言うけど化石になって残ってるのが凄いよね
触手の本数は少ないけどクリオネことハダカカメガイ先輩のクリーチャー具合もなかなかだよね

27

27. 匿名処理班

  • 2019年04月05日 11:43
  • ID:2GpSfbo60 #

ハナモグラ「ご先祖様?」

28

28. 匿名処理班

  • 2019年04月11日 08:56
  • ID:MbxSYC.T0 #

モルボル

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク