tn

 「なくて七癖」というように、大抵の人にはちょっと変わった癖やこだわりががあったりするものだ。

 それは人間だけではなく、動物だって同じことである。動物と一緒に暮らしたことのある人は、一つや二つ、思いつくのではなかろうか。

 ブラジルのクリチバ市で、ジョイス・ラマスさんとその夫と一緒に暮らしている犬のオッタービオにも、一風変わった癖があった。もらうエサの量に関係なく、いつでも半分だけ食べて半分残すのだ。

 彼は食が細いわけでもないし、遊んでいるわけでもない。
 では一体なぜ?

 その理由はオッタービオの過去と深くかかわりがあるようだ。彼は元保護犬で、ひどい環境の中に置かれていた。そこには多くの犬がいた。
スポンサードリンク

犬が必ずエサを半分残す理由


 オッタービオは、去年の初めにジョイスさんの家にやってきた。レスキュー団体に保護されていたところを、ジョイスさん夫妻が引き取ったのである。

 保護されるまでのオッタービオの環境はひどいものだったようだ。他のたくさんの犬たちと共に、ネグレクトされた状態におかれ、心にも身体にも傷を負っていたという。

 そのような状態では、エサも定期的に十分な量が与えられるということはなかったであろう。エサを半分残すのは、その当時に身についた習慣だろうとジョイスさんは考えている。

 未来の自分のため、あるいは一緒に暮らす他の犬と分け合うためにとっておいたのだろうと。

 「悲しいことです」とジョイスさん。

 「いつもオッタービオに言ってるんです、全部食べちゃっても大丈夫よ、って」

2
image credit: Joice Lamas

心に傷を負っていたオッタービオ


 レスキュー団体の元で保護されていた頃のオッタービオは、非常に臆病な犬だった。人間に心を開くことができず、とくに初めて見る人間には非常に怯えたのだ。身体の傷が治ってからも、その臆病さは変わらなかった。

 そんなオッタービオを一目見て運命を感じ、助けたいと思ったのがジョイスさんなのである。

 一度でも虐待を経験した犬は、心を閉ざしてしまい、人に適応するのに時間がかかる。また人を信じてもらうには、忍耐と愛情が必要となる。

 だけど、心からの愛情を受け続け、それを感じることができたら、保護動物は大きく変わる。愛情と感謝に満ち溢れ、生きる輝きを増していく。ジョイスさんはそう確信しており、根気よくオッタービオに愛情を示し続けた。

1
image credit: Joice Lamas

ついに心を開き始めたオッタービオ


 ジョイスさんの信念通り、引き取られて何ヶ月も経つうちに、オッタービオの本来の性格が花開いてきた。今では人に擦り寄って甘えるのが大好きな犬になっている。

4
image credit: Joice Lamas

 オッタービオの悲しい過去を思わせるものは、今ではエサを半分残すというあの癖だけだ。

 「この子のこれからの人生に、欠けるものは一つもありません、エサも、愛情も」とジョイスさんは宣言した。「私たちは、子の子を可能な限り幸せにしてやるつもりです」

 さらに時が経てば、オッタービオにも、過去は実際に「もう過ぎ去った」ことなのだとハッキリわかる日が来るだろう。

 愛情に満ちた家族に囲まれて、その日が早く来ることを願おう。

5
image credit: Joice Lamas

References: The Western Journal written by K.Y.K. / edited by parumo
あわせて読みたい
【涙】器の中には深い愛情。1匹が先だった後も必ず半分餌を残し続ける、2匹の犬の物語。


人間から虐待を受け続けてきた犬が心を開くとき。ある保護犬の物語(アメリカ)


人間男性を見ると怖くて吠えたてるピットブル。虐待されていたピットブルが再び人を信じるまで


引っ越しで置いて行かれたピットブル。シェルターで涙を流しながら飼い主が再び現れるのを待ち続けていた(アメリカ)


3度目の正直は確実にあった!かつて2度飼い主に見捨てられた犬に訪れた3度目の運命の出会い


生まれつき顔が変形していた犬。里親の元を転々とし、ようやく運命の飼い主と巡り合うまで


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 11:34
  • ID:RO8DfZs60 #

ここの記事みてると人権より犬権のほうが尊重されてるんじゃないかと思う

2

2. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 11:38
  • ID:CHKkvgPJ0 #

やめてよ、泣いちゃうでしょ

3

3. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 11:38
  • ID:UUYpQPRe0 #

オッタ―ビオさんが遠慮することなくお腹いっぱいご飯を食べれる様になりますように

4

4. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 11:48
  • ID:.DsEGGnT0 #

給料全部趣味に使っちゃう俺なんかより、この犬のほうが人間ができてる。

5

5.

  • 2019年03月30日 12:15
  • ID:MrG1kX8o0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 12:48
  • ID:cTvo6dqg0 #

『他の犬の為』ももちろんだけど、『明日の自分の為に』という部分が凄く悲しくなった。
もう、ごはんも愛情も、おなかいっぱいに貰ってもいいんだよ。

7

7. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 13:04
  • ID:44JTfdQa0 #

大きなタライにあふれんばかりにドックフード入れとく

8

8.

  • 2019年03月30日 13:22
  • ID:NXIH4MKP0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 13:35
  • ID:CowduF090 #

泣ける…
半分残すなら、2倍の量をあげたい
それなら半分でお腹いっぱいになれるよ

10

10. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 13:40
  • ID:.KRBc6GJ0 #

※1
わからなくはないw
でも現実では人権の方が遥かに守られてるし尊重されてるから
ネットでくらいは他の動物の幸せを祝いたいし祈りたいっていう感じじゃないかな

11

11. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 13:47
  • ID:rdODITYB0 #

他の子達の為に自分の食べ物を残してあげるんだね。虐待する人間よりずっと立派だよ。慈しむことを知ってるんだ。

12

12. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 13:50
  • ID:Q4AxbFWL0 #

きっと、ほかの子にもらったことがあるんだね、
「うばい合えば
      足らぬ
     わけ合えば
         あまる」
相田さんって言う方がおっしゃってました。

13

13. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 15:04
  • ID:K5Nkar930 #

何かのために半分残すって相当賢くなきゃできないんじゃない?
悲しい話だけどその部分には感心してしまった。
きっとまたちょっとずつ学習して一回分は食べ切っても大丈夫って理解するんじゃないかな。

14

14. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 15:07
  • ID:EpwFO25w0 #

半側空間無視なんじゃない?

15

15. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 15:27
  • ID:XF.dWh.50 #

ウチの子は大事にしてるけど餌は一瞬で食いつくす
そういうのって「食える時に食っておく」という遺伝子に刻まれた悲しい知恵なのかと思ってた
ただの食い意地だったのかよ

16

16. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 15:38
  • ID:73TH5tHB0 #

※1
安心してほしい、日本の犬猫の殺処分は年間犬1.6万頭、猫6.7万頭(2017年)
全然犬権や猫権は守られていないので、心配無用。

17

17. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 16:14
  • ID:9AFoC.9O0 #

わざわざ言うまでもないことだけど、残したご飯をすぐに片付けるようにすれば全部食べるようになるんじゃないのかな

18

18. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 16:57
  • ID:2ONPuS7v0 #

※1 犬が大事にされてる社会では人間はもっと大事にされてるよ 人間の中の弱者は言うまでもない 犬だけが大切に扱われている社会なんてない 

19

19. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 17:09
  • ID:pm03T9p.0 #

戦争を子どものころ体験した世代(もちろん人間の)は、バイキング形式の食事でつい取り過ぎてしまうことが多いという話を思い出したわ……
食事の心配を無意識にしてしまうことは、本当に不幸。

20

20. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 17:10
  • ID:k25yig1K0 #

犬は純粋だから、信じている人に傷つけられたら深く傷ついてしまうんだな。
忍耐強い愛情で氷を少しづつ解かしてゆくしかないね。

21

21. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 18:21
  • ID:3J0UhpdZ0 #

お腹いっぱい食べて欲しい。けど一度習慣付いてしまうと中々、難くなな所もあるんだよね。犬って(´;ω;`)

22

22. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 18:45
  • ID:iA.nHoWf0 #

珍しいね
ネグレクト等と言った理由で保護された子の多くは空腹の経験から、ご飯を食べ過ぎるケースが多いらしいよ

23

23. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 19:27
  • ID:Zcu7.DwD0 #

オッタービオが、幸せのうちに虹の橋を渡れますように

24

24. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 20:26
  • ID:.FJPTdvf0 #

※4
この意見には同意だけど、
「人間ができてる」とか「人間みたい」とかいうのは
褒め言葉でもなんでもないんじゃないかと最近は思ってる

25

25. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 20:42
  • ID:qgi7d2Ll0 #

ただ猫の習性真似てるだけじゃねえの

26

26. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 21:22
  • ID:yVyxzM030 #

※22
ですよね

真実は餌がまずかったから
もっとウマイのをよこせと言っているのでしょう

27

27. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 22:03
  • ID:3o5I8Haw0 #

うちの野良歴4年の猫も、カリカリを必ず残してたよ
24時間食べ放題にしてあるのに(´・ω・`)

※肥満ではなく痩せ気味だったので、食べ放題にしていました

28

28. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 22:25
  • ID:rUfH2ma00 #

そうだね。きっと、他の子にもらったときのことを覚えたりしてるんだろう。
なんかもう、幸せになってほしいよ。

29

29. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 23:04
  • ID:RO8DfZs60 #

※12
それ聖書

30

30. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 23:57
  • ID:iA.nHoWf0 #

※26
個々の性格や、どのような形での飢餓だったのかにもよるかもしれません

南極で取り残され一年後に生存確認された「タロとジロ」は、長い飢餓を経験した為なのか、その後の生活ではある程度空腹を満たすと、残りのご飯を保存するかのように埋める行動をとっていたという噂を聞いた事があります

31

31. 匿名処理班

  • 2019年03月31日 00:58
  • ID:IC6d.4wp0 #

野良時代ずっと2匹で旅してて、今ではもう会えない1匹の犬か誰かのためにご飯を半分こにしてるのかと思った。

32

32. 匿名処理班

  • 2019年03月31日 01:18
  • ID:0NEQaJsx0 #

悲し

33

33. 匿名処理班

  • 2019年03月31日 13:44
  • ID:Ds1N2lCA0 #

ビスケット一枚あったらあったら
オッタ―ビオと僕とで半分こ

34

34. 匿名処理班

  • 2019年03月31日 17:42
  • ID:VWUo1Oyq0 #

人間も良い飼い主(経営者)に飼われ(雇われ)ないと不幸だし同じだよなと思ってしまった。わんこに幸あれ。

35

35. 匿名処理班

  • 2019年04月02日 11:48
  • ID:phzPHwyK0 #

>>15
悲しいかはさておき、食べられるときに食べようとするのは生存のための当たり前の本能だよ

この子は逆に、そんな本能すらねじまがるほど「これを食べきってしまったら次がない」という苦しみを味わったという事

36

36. 匿名処理班

  • 2019年04月02日 21:31
  • ID:kW4gptA00 #

4倍置けばいいじゃないか!(威圧

37

37. 匿名処理班

  • 2019年04月15日 07:48
  • ID:wQ4C8FWc0 #

>>27
猫こそ好き嫌いで残すし、小腹満たされればがっつかず平気で残す。いつでも食べれるようにしたなら尚更急いで全部食べなくても良いってわかるから残すし、香りが飛ぶと入れ替えろと言わんばかりにとりあえず催促するよ

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク