yemeni-81175_640_e

 人類史上最悪の年は何年だろう?

 中世を専門とするアメリカ・ハーバード大学の歴史家マイケル・マコーミック氏にたずねたところ彼は、「西暦536年」と答えた。

 それは、ペストがヨーロッパの人口を半減させた1349年でもなく、スペイン風邪の流行で5000万から1億人の犠牲者が出た1918年でもない。

 日本では古墳時代にあたる。
 いったい536年に、世界に何が起きていたのだろう?
スポンサードリンク

536年、謎の霧が太陽から光を奪う


 その年、ヨーロッパ、中東、アジアの一部で謎の霧が垂れ込め、18ヶ月に渡って昼夜を問わずに暗闇にしてしまった。

 「1年中、まるで月のように太陽の光から輝きが失われた」と東ローマ帝国の歴史家プロコピウスは記している。

 536年の夏の気温は1.5〜2.5度下がり、過去2300年間で最も寒い10年が始まった。

 中国では夏に雪が降り、作物は枯れ、餓死者が出た。「降ってきた黄色い塵を手ですくい上げることができた」と『南史』に記されている。

 朝鮮半島では雷が鳴り、疫病が大流行した。アイルランドには、536〜539年にかけて不作が続いたという記録がある。

 さらに541年、エジプトにあるローマ帝国の港町ペルシウムを腺ペストが襲った。

 「ユスティニアヌスのペスト」と呼ばれるようになったそれは、とんでもない勢い蔓延し、東ローマ帝国の3〜2人に1人の命を奪い、帝国の崩壊を早めた。

fantasy-landscape-1481154_640_e


謎の霧の正体は大規模な噴火による火山灰だったことが判明


 この暗黒時代と呼ばれる時期を覆ったミステリアスな霧の原因は、長い間謎とされてきた。

 しかしマコーミック氏らがスイスにある氷河を解析した結果、その犯人は536年初めに起きたアイスランドの噴火によって、北半球中に撒き散らされた火山灰であることが分かった。

 さらに540年と547年にも大きな噴火があり、これにペストの流行が追い打ちをかけたことで、ヨーロッパ全土の経済活動は640年まで停滞することになったのだ。

ashes-1867440_640_e


異常な夏の気温低下と火山噴火に関連性


 1990年代の木の年輪の研究によって、540年前後の夏は異常なまでに寒かったことが明らかになって以来、その原因の究明が進められてきた。

 火山が噴火すると、硫黄や蒼鉛といった物質が大気中に舞い上げられ、それがエアロゾルの幕となって日光を反射する。

 気温が低下するのはこのためだ。

 スイス、ベルン大学のミヒャエル・シグル氏らが、グリーンランドと南極から採取した氷のデータを年輪と比較すると、過去2500年で生じた異常な冷夏のほぼすべてで、事前に火山の噴火があったことが明らかになっている。

 シグル氏らによると、535年末か536年初め、次いで540年におそらく北アメリカで生じた大規模な噴火によって、当時の日照量の低下と寒冷な気候を説明できるだろうという。

fantasy-2925250_640_e0


最新の高解像度機器で発見された火山性ガラス粒子


 一方、マコーミック氏と一緒に研究をしたアメリカ・メーン大学のポール・マエフスキ氏は国際的なチームを率いて、2013年にスイスアルプスのニフェッティ峰氷河で採取した氷床コアを調査した。

 それは72メートルもの氷のサンプルで、2000年分の火山灰、サハラ砂漠の砂嵐、人間の活動の痕跡が残されたものだった。

 研究チームはこのサンプルを、レーザーで120ミクロン(積雪数日〜数週間分に相当)単位で区分する最新の機器を用いて分析。過去2000年の間に生じた砂嵐、噴火、鉛汚染を1ヶ月の単位で明らかにした。
 
 その結果、536年の春の氷から火山ガラスの粒子が2つ発見された。

 これをX線で調べると、ヨーロッパの湖や泥炭湿原ならびにグリーンランドの氷床コアで以前発見されたものとよく一致していることが分かった。

 そして、以前発見された粒子はアイスランドの火山岩と似ている。
 
 こうした化学的な類似点は、スイスで採取された氷床コアの粒子がアイスランドの火山から飛んできたものである可能性を窺わせる。

 現時点では、噴火が生じたのが北アメリカだったのか、アイスランドだったのか断定できない。

 それでも、536年の風と気候が噴火の煙を南東へと流し、ヨーロッパ全土を横断し、さらにはアジアにまでいたらせたに違いないと、メーン大学のアンドレイ・クルバトフ氏は話す。
 
 これが太陽を遮った霧の正体なのである。

iStock-174994803_e

それから1世紀後、明るい兆しが見え始めるが・・・


 それから数度の噴火が生じた1世紀の後、氷の記録からは明るい兆しを見ることができる――640年に大気に含まれる鉛の量が一気に増えたのだ。

 銀は鉛鉱床から精錬される。つまり鉛は銀の需要が増加し、経済が復活したサインである。

 その次の鉛のピークは660年で、これは新しく興った中世社会の経済に銀が大量に流れ込んだという痕跡だ。 

 このことは、取引が増加するにつれて金が不足するようになり、金貨から銀貨主体の経済に変化したことを示している。

 イギリス・ノッティンガム大学のクリストファー・ラヴラック氏によると、それは初めて商人階級が台頭した印であるという。

 氷の記録には、それからさらに先の時代、またもや暗黒時代がやってきた痕跡も残っていた。

 1349〜1353年に大気中の鉛が消えてしまうのだ。

 黒死病――ペストの大流行によって、経済は再び崩壊した。

 人生山あり谷ありというが、人類は、ランダムに自然に試練を与えられながら、なんとか今日まで存続しているのだ。さあ、明日はどっちだ。

511250dd

追記:(2018/11/26):本文の一部を修正して再送します。
References:Why 536 was ‘the worst year to be alive’/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
19世紀以降、一歩間違えば人類滅亡の危機につながっていたかもしれない10の出来事


日本が2つも!火山噴火・竜巻・巨大地震、近い将来必ず来る!と予測されている10の自然災害


自然災害・疫病・人為ミス・小惑星など、かつて地球を危機に陥れた12の事象


日本が2つも・・・ もし噴火したら世界を終わらせる可能性を秘めている、恐るべき6つの火山


デジタル化社会が抱える闇。今後テクノロジー暗黒時代に突入していくかも知れない10の理由

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 20:38
  • ID:gySBjDmS0 #

536年は古墳時代だぞ

2

2. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 20:46
  • ID:F5JopTXv0 #

536年は古墳時代な

3

3. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 20:47
  • ID:fc2P0PQb0 #

泪橋を渡ってくれ、ジョー!!

4

4. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 20:50
  • ID:Da50yC840 #

この研究からわかる大事なことが2点あって、まず、大規模な噴火では二酸化炭素を含めたいわゆる温暖化促進物質も大量に放出されるけど、短期的にはそれ以外の寒冷化促進物質の方が圧倒的に影響力があるということ、次に、1〜2度の寒冷化が人類に大打撃を与えるということ。

野放しの温暖化はもちろん良くないけど、実際には今の地球の温度は人類にとってまだ寒い。だから赤道付近以外の地域は夏以外は何かしらの防寒をするし暖めるんだよね。気候変動に関してはこういう事実を元に客観的に考えた方がいいと思う。

5

5. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 20:56
  • ID:3B41G.tU0 #

これが岩戸隠れの由来だったりするのかなぁ
それとも普通に日食由来なのかなぁ

6

6. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 21:01
  • ID:tElfuALm0 #

地球の歴史上はつい最近だな

7

7. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 21:04
  • ID:l..YwERl0 #

興味深い記事でした。黒死病を超える危機があったのですね…
歴史はやはり奥深いです。

蛇足ですがユスティアヌス大帝ではなくユスティニアヌス大帝では...?
あと東ヨーロッパ帝国ではなく東ローマ帝国ですね。

8

8. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 21:08
  • ID:3lyl9En40 #

年表の東ヨーロッパ帝国ってなんぞ……。

9

9. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 21:16
  • ID:EhvVYRF50 #

ああ、あの年は冷夏で寒かったなあ。

10

10. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 21:19
  • ID:L2F.6DP20 #

こうしてみると

人類は滅亡する
なんだってー!!

っガチなんだなって思うわ
人類がここまで文明を築けた事
その事自体が奇跡なんだな
産業革命以後しばらくは
気候が安定してたのも理由だろう

でもこれからどうなるのか?
温暖化とかもあるし
数年後人類は衰退してました
なんて事もありなんだろうな

11

11. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 21:25
  • ID:GoQum6gg0 #

これがのちの「536(ゴッサム)era」である

12

12. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 21:46
  • ID:73wd2u3M0 #

蒼鉛ってなんだと思ったらビスマスのことか。

13

13. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 21:55
  • ID:SXrqqKE70 #

536年は古墳時代だよ!(知らないのバレないように指摘しよっと)

14

14. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 22:11
  • ID:3lyl9En40 #

※12
漢字で書かれると途端にわからなくなる物質って
あるよね。骸炭(がいたん。コークスのこと)とか。

15

15. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 22:18
  • ID:ynneWnp80 #

中世以前の世界史は一見バラバラだけど、こういう世界的な異変で共通した歴史があったと思うと興味深い

16

16.

  • 2018年11月26日 22:29
  • ID:THFKiAe30 #
17

17. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 22:38
  • ID:scxTLUzU0 #

536年ごろに日本で何か大きな変化は起きてたっけ?

18

18. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 22:43
  • ID:AAR0oY7o0 #

冬来たる。

19

19. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 22:54
  • ID:ayx39TNE0 #

太陽がもしもなかったら地球はたちまち凍りつく
花は枯れ 鳥は空をすて 人は ほほえみなくすだろう

20

20. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 23:14
  • ID:igW7GB750 #

映画「ミスト」には どっ霧させられたっけ・・・

21

21. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 23:30
  • ID:RijfdDG40 #

紀元前だけど、出エジプト歴の災厄もこれ系じゃないかと考察されてるよね
同様の現象で暗闇・雹・異常気象によるぶよや虻、蝗の大量発生
疫病や腫物なんかの災厄がだいたい辻褄合うらしい

22

22. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 23:38
  • ID:B58ySpxv0 #

※5 自分も思った!日蝕だとインパクトは大きいけど人々が困って神様が宴会するまでもなく太陽は短時間で復活しちゃうなと。実際はもっと長い期間太陽は隠れていたんじゃないの?って、この記事読んでなんか腑に落ちた。

23

23. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 23:46
  • ID:Pkq4YRTa0 #

中世経済の始まりって言い方恰好いいな

24

24. 匿名処理班

  • 2018年11月26日 23:50
  • ID:S6CzRGDE0 #

天照大神の話っぽいけど、年代新しすぎか

25

25. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 00:05
  • ID:8u9dTdfs0 #

※19
イエーイ!

26

26. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 00:13
  • ID:u.1ej5.g0 #

今の時代、火山ガスで太陽が長い間遮られても、アメリカとかが空にミサイル爆発させてどうにかさせそうと思った。

ただ毎年発生する台風でさえ莫大な量のミサイルが必要だから、あり得ないかな

27

27. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 00:17
  • ID:8u9dTdfs0 #

535年にあったクラカタウ火山(インドネシア)の噴火じゃないの
あれもそれなりに影響は与えていると思うけど

日本は宣化・欽明天皇の頃

28

28. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 00:20
  • ID:7GAijaOx0 #

人間同士争ってる場合じゃねえ!

29

29. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 00:35
  • ID:A5ozk1GX0 #

日本はいつもどこかの山が噴火してるしこの程度なら平常運転だったんじゃね
「あぁまたか」的な

30

30. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 00:56
  • ID:Tw1Gsny20 #

こんな時代でも人間は生き延びてるんだからちょっとやそっとじゃ滅亡しねーなとも思う

31

31. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 00:58
  • ID:s8KOvm.B0 #

うーん、崩壊を速めたって言ってるけど十字軍とトルコで滅びるまでうん百年あるし、周りも被害食らってるから言うほどじゃないと思うよ。この噴火がなかったら東ローマ帝国の寿命が延びるってわけでもないだろうし。

32

32. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 01:19
  • ID:75iMYtwl0 #

535年のインドネシアのクラカタウ火山の噴火との関連はどうなんだろう

33

33. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 02:04
  • ID:J4Z.xlE.0 #

※28
悪い事は重なるもんでね・・。
場合によっては、より暖かい土地を求めて大移動するハメになる。

ペンタゴンのレポートにもあったと思う。
気象変動による水不足が、情け容赦の無い戦争を引き起こす可能性について。

34

34. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 04:11
  • ID:3RClmKgq0 #

※20
ミスト大好きな映画!!Σd(≧∀≦d)

35

35. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 05:08
  • ID:hRxTVxJl0 #

※29
日本でも異常な冷夏、飢饉、疫病が記録されてますが。
適当なことを言うもんじゃない。
※31
巨大国家ほど影響が大きいだろう。
規模の大きい国家であれば、領内の余剰食糧を融通することで、地域的な不作の被害は抑え込める。
しかし領内全域、交易可能な他国全てが不作となると、もはや打つ手がない。
前近代においては、天災は自然現象ではなく「神の罰」と考えられており、
為政者が不道徳、不信心だから天罰が下ったということになる。
結果、大規模な天災は国を揺るがすことになる。
※32
一般的に、6世紀の冷夏の原因として言われているのはそっちだよね。
この記事が事実なら、クラカタウとアイスランドのダブルパンチだった、ということなのかね。
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/夏のない年

36

36. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 06:57
  • ID:fVJfk.sG0 #

この先生きのこれた

37

37.

  • 2018年11月27日 09:12
  • ID:xzJKO2T.0 #
38

38. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 09:17
  • ID:8TwjYFMv0 #

火山の噴火、あなどれない。

39

39. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 09:38
  • ID:xBeORHe.0 #

※5
天岩戸伝説は噴火だろうと前々から言われていたりした
近い記録ので「夏のない年」1816年 インドネシアのタンボラ山の噴火の影響を調べた結果からだったけど
日中の空は常に赤く 冷夏で飢饉があちこちで発生した 絵画 ムンクの叫びこの時の状況を描いたものらしい

40

40. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 10:22
  • ID:HQ1j90Of0 #

大化の改新

41

41. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 11:09
  • ID:e3MLlPQ.0 #

これが現代で起きたら、国家として機能しなくなり消滅する国が続出するだろうな。
まず、当時と違って人口が桁違いに多いことやテクノロジーは案外脆弱であり、それに頼り切っている事が仇になりそう。

42

42. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 11:29
  • ID:mtLsdtf70 #

2010年のアイスランド火山噴火で世界中の空港がマヒしたことあったよね。
アイスランドの噴火すごいな。

43

43. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 12:09
  • ID:PaMGS3dq0 #

※41
日本の1993年の米不足なんかがその例だね
全国で高く売れる同じ種類の米ばかり作ったせいで冷害一つで大規模な不作になってしまった

44

44. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 12:21
  • ID:2r25fgLa0 #

東ローマ帝国の滅亡ってこの事件から何年後の話だよ
流石にコレを滅亡の原因にするには無理あるぞ

45

45. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 12:26
  • ID:5IesdBBi0 #

地球ヤバイ。こんな恐ろしい星の薄皮にへばりついて何億年も頑張ってきた生き物達も、それはそれで凄いわ。

46

46. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 13:29
  • ID:1HBssqGD0 #

※44
だよね。ビザンチンが滅んだの1400年代だし。
昔すぎて関係無いと思う。

47

47. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 16:27
  • ID:qrOJkrVa0 #

暗黒時代が本当に暗かったとは・・・

48

48. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 18:58
  • ID:WnhkYHtj0 #

氷床コアから文明史の出来事が分かるなんて凄いね。

49

49. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 19:37
  • ID:jbDlvIXL0 #

※35
ヴェスヴィオ山ならまだしも九州では割かし普通、というかまたか、が常よ。
鹿児島で過ごしたことはおあり?

50

50. 匿名処理班

  • 2018年11月27日 20:16
  • ID:b4ZcE.XD0 #

※24
紀元前の日本にも、大規模な火山の噴火があって、それが下敷きになった可能性もあるかもよ。

たとえば、桜島の大規模噴火とか。

51

51.

  • 2018年11月28日 00:55
  • ID:1VdBw1K30 #
52

52. 匿名処理班

  • 2018年11月28日 02:31
  • ID:IvPY8Pix0 #

こんな事があったと始まって知った。
調べる方法とかみて久し振りに科学の力って凄いと思った。科学者の脳内妄想か研究費用を得る為の時間稼ぎみたいな記事ばかりだったからな

53

53. 匿名処理班

  • 2018年11月28日 07:42
  • ID:59oYFukm0 #

仏教伝来のころにこんなことがあったんだね

54

54. 匿名処理班

  • 2018年11月28日 08:34
  • ID:FAlCJi.70 #

※19
サンバルカン懐い

55

55. 匿名処理班

  • 2018年11月30日 11:06
  • ID:Z35uGVND0 #

※49
毎度噴火してるようなのとは規模が違う。
話題に挙がったクラカタウの噴火は、かつて繋がっていたスマトラ島とジャワ島を分離し、スンダ海峡を作ったほどの噴火だった。
桜島がその規模の噴火をしたら、鹿児島は市どころか県ごと吹き飛んで海中になる。
そして、北半球全体が寒冷化した、と本文にあったのを読んでいないのか。
日本は北半球にあるだろう。日本も影響受けてたんだよ。

56

56. 匿名処理班

  • 2018年11月30日 22:54
  • ID:E6etRGAS0 #

※48
鉛の含有量から銀の生産量わかるって
学者さんほんとすごいわ

57

57. 匿名処理班

  • 2018年12月02日 19:33
  • ID:5KrHPTUH0 #

※49
縄文時代に阿蘇山の巨大カルデラ全体が噴火した時には、南九州の縄文人が全滅したらしいよ。30センチも降灰が積もって、食料がなくなってしまったと考えられるそうだ。

58

58. 匿名処理班

  • 2018年12月03日 11:34
  • ID:lL0sS9NN0 #

一昔前の歴史学は書物や遺跡・遺物が研究材料のほぼ全てだったけど、こうやって気象学や天文学の発達とともに色々な観点からの研究が可能になり、ますます面白くなってくる。
いいぞ、もっとやれ〜。

59

59. 匿名処理班

  • 2018年12月04日 17:03
  • ID:g4v71dYy0 #

「宣化天皇元年(536年)、蘇我稲目が大臣となる。同年、天皇の命により凶作に備えるため尾張国の屯倉の籾を都に運んだ。」(Wiki)

「凶作に備えるため」とあるけれど、この備えが通常の備蓄だったのか、それとも何か大凶作の兆候を見てのことなのか、だね。

60

60. 匿名処理班

  • 2018年12月06日 03:41
  • ID:Bbxn7XYS0 #

そっかぁ。
それだとやっぱり
恐竜が絶滅したのは(隕石などで)大気が濁って太陽が隠れたからなのか・・
妙にリアルで納得した。
噴火でも何でも、規模がデカくなれば
そりゃ今の人類だって全員お釈迦だよなw
夏は憎いけど、それでも太陽は隠しちゃいけないんだw

61

61. 匿名処理班

  • 2018年12月06日 20:11
  • ID:qfAd0qA10 #

この件について、ディビッド・キーズ『西暦535年の大噴火』(文藝春秋、2000年刊)に詳しい解説があったが、この記事の本文にその名前が見当たらないのはどうしてだろう。ちょっと不審ですね。

62

62. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 00:38
  • ID:ep7Ij.K60 #

そのデビッド・キースの「西暦535年の大噴火」によると、
『クラカタウ火山の噴火の後からの日本の様子(546年頃)
日本で異常事態が起こった。ひどい伝染病(おそらく天然痘)が発生したのだ。多くの人びとが亡くなった。日本では何世代も前から天然痘が流行したことはなかったので、免疫もほとんどなかったに違いない。
「国に疫病がはやり、人民に若死にする者が多かった。それが長く続いて、手だてがなかった」と『日本書記』には書いてある。
伝染病が流行した地域は、おそらく人口密度の高い地域だったのだろう。そうした地域では、人口の六割が死亡したと推定される。とくに被害に大きかった地域では、住民の九割が罹患し、生き残ることができたのは三割だけだったと思われる。』
と記している。

63

63. 匿名処理班

  • 2018年12月07日 06:26
  • ID:MZe6XiYS0 #

こんな凄いことが今になって明らかになるなんて……

64

64. 匿名処理班

  • 2018年12月08日 22:09
  • ID:XKkNW9KT0 #

※5 『岩戸隠れ』は有史以前(縄文時代かそれ以前の旧石器時代の巨大噴火?)に鬼界カルデラが太陽を隠してしまうほどの大噴火をした事実を神話として経験を語り継いでいる説がある。 
スサノオとは火山の神で荒ぶる火山活動の比喩
古事記に記録されている神話は当然、元ネタがあるはずで数分で終わる日食説では常夜にうろたえた神々の描写の説明がつかない。
古事記や日本書紀は当時の権力者の都合の良いように意図的に編纂されてるし、学校で教わる日本の歴史は不自然、ある日突然 神武天皇が日本国を統一(それ以前の王朝は?)
日本各地の聖域や神社周辺を調査すれば教科書の内容も一気に変わりそう、私達が知っている以上に日本の歴史は古い、神話に込められたメッセージは深い。

65

65. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 14:48
  • ID:y8Re5jdw0 #

アマテラスの岩戸隠れのエピソードは、ギリシャ神話のデメテルの洞窟隠れが元ネタのようだ。
ギリシャ神話は紀元前に完成しているので、AD535年の噴火は関係はないだろう。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク