no title

 もはやタッチ操作で画面を操作するのが当たり前となったスマートフォンだが、次世代のスマートフォンはどうなっているのだろう?

 最近、ドイツ、ベルリンで開催された「UIST2018」には、世界各地で開発中の最新のUI(ユーザーインターフェース)が展示された。

 ここでいうインターフェースとは、コンピューターとそれを使用する人間側を結びつける役割を果たすものを示す。

 ここに集まった数々の実験プロジェクトの中から、世界を席巻することになる革新的デバイスが生まれるかもしれない。
スポンサードリンク

ドローンスクリーン「GridDrones」



GridDrones: A Self-Levitating Physical Voxel Lattice for Interactive 3D Surface Deformations
GridDrones: A Self-Levitating Physical Voxel Lattice for Interactive 3D Surface Deformations

 スマートフォンは画面上でアプリを掴んだり、軽々とドラッグしたりできる。だが、この物理世界で同じことができたらどうだろう?

 「GridDrones」は、小型ドローンを並べて浮かべて、それを画面のピクセルに見立ててしまった。ケージに収められたドローンをピクセルとして空中に配置して、さまざまなパターンの”画面”を作ることができる。プログラムでアニメーションさせることも可能だ。


指インターフェース「Touch+Finger」



Touch+Finger: Extending Touch-based User Interface Capabilities with “Idle” Finger Gestures in ...

 タッチスクリーンは便利だが、クリックとドラッグ以上の作業をするには限界がある。そこで、この「Touch+Finger」では、画面にタッチしている部分以外の場所まで感知することにした。指の動きを解析し、画面の触れ方を感知することで、いっそうニュアンスに富んだ操作を可能にする。

 ペアになった指輪状のセンサーをはめて、たとえば人差し指を親指でなぞると画面が拡大される。また親指をサッと動かして画面を閉じたり、親指で人差し指を叩いてゲームのショットを撃ったりといったこともできる。タッチスクリーンではできない操作を実現するためのインターフェースだ。

空気注入式インターフェース「PuPOP」



PuPoP: Pop-up Prop on Palm for Virtual Reality

 バーチャルリアリティは素晴らしい。だが、そこにある物体に手を伸ばした瞬間、嘘であることに気づかされる――ただの画面に映ったピクセルでしかないことに。

 だが「PuPOP」ならそれを一変させてしまうかもしれない。バーチャルリアリティの物体をつかんだ瞬間、デバイスがその世界の物体の形に膨らむのだ。

 こうして現実世界でも物に触れた感覚を味わうことができる……もしかしたら、高度なジップロックみたいな感覚かもしれないが。


タトゥースクリーン「Tactoo」



Tacttoo: A Thin and Feel-Through Tattoo for On-Skin Tactile Output


 「Tactoo」はタトゥー型インターフェースだ。人間の髪の毛と同じ35マイクロメートルという極薄のデバイスで、皮膚が感じる触覚をシミュレーションすることができる。バーチャルリアリティや拡張現実にはぴったりだ。

 しかも非常に薄いので、現実にある物体に触れたとき、それをきちんと感じることができる。だから、デバイスを着用したからといって、手袋をしたときのように指先の感覚が鈍くなるといったこともない。

References:fastcompany/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
スマホ装着型の一本指ロボットがスリスリなでなでしてくれる。スマホがかわいいペット的存在に進化。


米軍の「最強兵士」プロジェクト。兵士の脳に埋め込むインプラント式インターフェースの開発


タッチできる仮想現実。投影されたホログラムに触れた感覚がわかる画期的なバーチャルリアリティが開発中


中国政府が労働者の脳から直接データを取り出す計画を推進中(中国)


生物と機器を融合。米陸軍が研究中の「合成生物学」を利用した新たなる技術

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年10月22日 18:31
  • ID:JdRvRSR.0 #

メガネ型

2

2. 匿名処理班

  • 2018年10月22日 18:47
  • ID:J2jyN2bs0 #

30年後は細胞レベルの大きさのコンピュータを脳内に直接入れてるんじゃないか?

3

3. 匿名処理班

  • 2018年10月22日 18:59
  • ID:G3P0d.Vq0 #

攻殻機動隊みたいな世界になるのは何年後ぐらいになるかなあ
今はマイクロチップ埋め込んでる人がいるくらいだけどそれも近い将来当たり前になって保険証や財布がいらなくなるかもね

4

4. 匿名処理班

  • 2018年10月22日 19:29
  • ID:SwzOlASR0 #

ナデシコのあれになるか

5

5.

  • 2018年10月22日 19:58
  • ID:XX0.BuG50 #
6

6.

  • 2018年10月22日 20:09
  • ID:s6.wizfU0 #
7

7. 匿名処理班

  • 2018年10月22日 21:16
  • ID:WkmaHR.g0 #

完全翻訳機=翻訳コンニャクの実現。
言葉の壁がなくなれば世界は変わる。
たかが言葉、されど言葉。全ての人の就職先が
国内にとらわれる必要がなくなる。同じ仕事内容でも
海外は給料が倍から良かったりするからね。

8

8. 匿名処理班

  • 2018年10月22日 21:36
  • ID:8tnYwyal0 #

ただの思いつきだね。
サイバーグローブ(パワーグローブ)すら実用化漕ぎ着けなかったんだから。

9

9. 匿名処理班

  • 2018年10月22日 22:02
  • ID:kmDB6YaA0 #

質量を持ったソリッドビジョンシステムは当分先の未来になりそうだな

10

10. 匿名処理班

  • 2018年10月22日 22:06
  • ID:1TEjcy2Z0 #

新技術の話聞くたびに思う
100年後に猫に生まれ変わりたいと

11

11. 匿名処理班

  • 2018年10月22日 22:16
  • ID:3myP839b0 #

オーグマーの実現はよ

12

12. 匿名処理班

  • 2018年10月22日 22:16
  • ID:VSlOVlMJ0 #

ドローンと組み合わせれば、新生代感を演出できる
という思い込みはそろそろやめたほうがいいと思う。

13

13.

  • 2018年10月23日 03:06
  • ID:xFTPcgy.0 #
14

14. 匿名処理班

  • 2018年10月23日 07:51
  • ID:yp0fF0ck0 #

つまりPuPOPならVRで実際に胸をもむ感覚が味わえるのだな?

15

15. 匿名処理班

  • 2018年10月23日 08:58
  • ID:HI8jSbeh0 #

※8
HAL研究所製...かと思ったら
バックスか。

16

16. 匿名処理班

  • 2018年10月23日 11:54
  • ID:tmTQB.Ee0 #

ネタが出尽くしたのか、迷走を始めるデバイス開発

17

17. 匿名処理班

  • 2018年10月24日 12:29
  • ID:tb3cplhQ0 #

メガネディスプレイに球体型スライドタッチでよくない?手のひらにすっぽり収まるくらいの小さな玉に人差し指をちょっと動かすだけでポインターが動く的な。虚空に指走らせるのは難しそうじゃん?
え?論点違う?

18

18. 匿名処理班

  • 2018年10月24日 18:43
  • ID:v2mTOgRu0 #

アクセルワールドで普及してたARキボン

19

19. 匿名処理班

  • 2018年10月24日 22:49
  • ID:W.GWwUA.0 #

現在のVRは視覚と聴覚はできるから次は触覚か。
その次は嗅覚や味覚。
難しいのは実際に歩く感覚か。これは脳神経に直接アクセスしたフルダイブ型まで無理かなぁ。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク