no title
image credit:Anja Boot

 コアラ、オポッサム、猿にクマなど、子どもを背に乗せている動物の姿はおなじみだが、まさかこの動物が!と専門家たちを驚かせているのは、われらのアイドルウォンバットだ。

 オーストラリア・タスマニア州にあるクレイドル山=セント・クレア湖国立公園で、珍しいウォンバットの行動が目撃された。

 なんと母親の背中の上にウォンバットの子どもが乗っかっているのだ。コロンと丸い体なもんだから何度も落ちる。それでもめげずに何度も母の背に乗りなおしているのだ。
スポンサードリンク

赤ちゃんウォンバットがお母さんウォンバットの背中に!?


 約2週間前、アンジャ・ブートさんが娘のルビーちゃん(11歳)と友だち数人を連れてハイキングに出掛けたときのこと。

 ルビーちゃんが「ママ、見て!ウォンバットの上にウォンバットがいるよ!」と叫んだ。

 何それ意味不明なんだけど・・・と思いつつ見ると、なんと確かにウォンバットの上にウォンバットがいたのだ。

wonbat4
image credit:Anja Boot

 その珍しい光景は、アンジャさんたちから約10m離れた場所で繰り広げられていた。赤ちゃんウォンバットはなんとかバランスをとろうと頑張っているみたいだった。

 アンジャさんと子どもたちは安全な距離を確保した上で、草むらの陰からしばらくウォンバット親子を眺め、何枚かの写真を撮影した。

wonbat2
image credit:Anja Boot

何があっても背中の上にいたいんやからぁ〜!


 アンジャさんによると、お母さんウォンバットが歩いても赤ちゃんウォンバットはなんとか背中にいようと必死だったそうだ。

 お母さんウォンバットは慣れた感じであまり気にしていない風だったが、それは心配する必要がなかったからかもしれないとのこと。

wonbat3
image credit:Anja Boot

 しかしお母さんウォンバットが小さな水路を飛び越えようとしたとき、ついに赤ちゃんウォンバットは背中から振り落とされてしまった。

 自力で水の中からはい上がった赤ちゃんウォンバットは、またお母さんウォンバットの背中によじ登ったという。

wonbat5
image credit:Anja Boot

ウォンバット専門家も驚きの光景だった


 ボノロン・ワイルドライフ自然保護区の管理者でウォンバット専門家のグレッグ・アイアンさんは、

赤ちゃんウォンバットのこんな行動、とても珍しい!写真に撮っておいてくれてよかったよ!
 と喜びの声をあげる。

 グレッグさんの話では、ウォンバットの赤ちゃんはとても遊び好きで、いたずら感覚で母親の背中に飛び乗ることはよくあるらしい。

 でもアンジャさんらが目撃した赤ちゃんウォンバットのように、お母さんウォンバットが歩こうがとびはねようが背中にしがみついているのは一般的な行動ではないのだとか。

wonbat0

かわいらしいウォンバット親子にみんな夢中!


 アンジャさんは撮影したウォンバット親子の写真を自身のフェイスブックで公開したところ、そのかわいらしさに多くの人が夢中になった。

 タスマニア州ではたくさんのウォンバットが治る見込みのない疥癬(かいせん)に苦しんでおり、それにより命を落とすこともあるそうだ。

 また、現在は保護動物のウォンバットだが、いまだ害獣だと考えて駆除しようとするケースもあるという。

 アンジャさんは自身が撮影したウォンバット親子の写真を見て、少しでもみんながウォンバットに関心を向けてくれれば、としている。

ここに行けば会える!保護したウォンバットたちが所せましと動き回るウォンバットおばさんの店(フリンダーズ島) : カラパイア

References:The dodo / Facebookなど / written by usagi / edited by parumo
あわせて読みたい
何よりもヒトが好き!ウォンバットに関する10の知識


【R.I.P.】世界最高齢のウォンバット、パトリックさんが永遠の眠りにつく。享年32歳。


飼育員さんをどこまでも追いかける、孤児となったウォンバットの赤ちゃんのかわいさにメロメロ


かわいすぎキタ!ウォンバットの赤ちゃんのかまって攻撃に心臓バクバク


ここに行けば会える!保護したウォンバットたちが所せましと動き回るウォンバットおばさんの店(フリンダーズ島)


塀の上のぽにょっとした動物、背中に8匹のこどもを乗せて・・・


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年04月20日 12:21
  • ID:bSV7F7zU0 #

かわいいのお
疲れた体と心を癒してくれる

2

2. 匿名処理班

  • 2018年04月20日 12:23
  • ID:wktWJ.iw0 #

お尻が固くて甘えっ子なウォンバットさんじゃないですか

3

3. 匿名処理班

  • 2018年04月20日 12:24
  • ID:kiaNTxaL0 #

ある時謎のインド人!!

4

4. 匿名処理班

  • 2018年04月20日 12:41
  • ID:SqKHEpTV0 #

ウォンバットさんが敵に襲われたときの対処法。
断固として、お尻で向かって行く!
それは・・・、
くっさーいおならが出るのか?肛門の脇に特殊な臭いのする粘液を出す器官があるからか?後ろ足の鋭い爪で迎撃する為か?ちがいます。
「怖いから」だそうです。

5

5. 匿名処理班

  • 2018年04月20日 13:19
  • ID:Nwb89a6P0 #

適応進化の一端を垣間見てるのかもしれないが
可愛いという個人的感情の前には些細なことなのかもしれない

6

6. 匿名処理班

  • 2018年04月20日 14:04
  • ID:Jskq2rdX0 #

ヒトの幼児も仔猫も仔犬も親に登りたがるけど、ほ乳類の子供は親登りたがり遺伝子でも持ってるんでしょうか?

7

7. 匿名処理班

  • 2018年04月20日 15:03
  • ID:xt.ZPu3x0 #

ウォンバットの赤ちゃんは、タスマニアンデビルに襲われることがあると聞いたよ。たぶん親とはぐれた時かな。

8

8. 匿名処理班

  • 2018年04月20日 17:21
  • ID:vGE6of0t0 #

タスマニアデビルも致命的な腫瘍が流行っているようだし、ウォンバットの疥癬にも良い手立てが見つかるといいな

9

9. 匿名処理班

  • 2018年04月20日 18:43
  • ID:fiXwJ5AK0 #

モルモット飼ってたけど同じ事やってた
お母さんの上にずっと乗ってる派と、お母さんを乗り越えて向こうに行く派に
遊び方が分かれる。

10

10. 匿名処理班

  • 2018年04月20日 19:59
  • ID:iwL22fwc0 #

ウーウォンバット!

11

11. 匿名処理班

  • 2018年04月20日 23:54
  • ID:jsN4WyFM0 #

カラパイアのおかげで
ウォンバット大好きになったので
ウォンバットの記事が上がるたび
ウッキウキで見ちゃうよ〜!
しかし害獣扱いされることもあるなんて知らなかったからショック・・・
こんなにもコロンコロンでずんぐりむっくりでSo Cute!なのに・・・
国内の動物園にいるウォンバットも知名度があがってくれればいいのなあ

12

12. 匿名処理班

  • 2018年04月21日 00:34
  • ID:6.jaOHc20 #

厳しい自然界でたくましく生き延びる様、この子はサンダース軍曹と名付けよう。

13

13. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 11:55
  • ID:WjCkwTQL0 #

動画が欲しかったぁぁぁぁ。でも静止画でも充分に可愛い。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク