tn

 ピーター・ロブソンさんは、スコットランドのダンディーにあるナインウェルズ病院で、最期のお迎えが来るのを待っていた。

 ピーターさんは自分の人生に満足していた。最期を迎えるに当たって、病院のスタッフもとてもよくしてくれているし、何も不満はない。

 本来なら心安らかに旅立てるはずだったが、ピーターさんにはあと一つだけ、最後に叶えたい望みがあった。それは、愛する家族の一員、ボーダーコリーのシェップにもう一度だけ会うことだったのだ。
スポンサードリンク

入院で愛犬と離ればなれに


 シェップがピーターさんの元に来たのは8年前、ピーターさんの妻が亡くなった後のことである。それ以来、ピーターさんはシェップを伴侶としてきた。

 しかし、肺の繊維症で入院することになり、ピーターさんは、もう二度とシェップには会えないだろうと覚悟を決めていたのである。



どうしても再会させたい。家族はダメ元で頼んでみたら


 ピーターさんの最期がいよいよ近くなった日のことである。看護スタッフが、病人のために用意したいものは何かあるか、と家族にたずねた。

 そこで家族は、シェップのことを話した。ここが病院であり、動物を連れて来ることが禁止されている以上、当然拒否されるだろうと思いつつも。

 しかし、そのわずか20分後のことだった。病院はシェップを病室に入れる特別許可を出し、連れてくるようにと家族に告げたのである。

 そしてピーターさんはシェップと再開を果たすことができたのだ。


 シェップと再会できたことで安心したのだろうか。
 その日のうちに、ピーターさんは旅立っていった。享年70歳。


再会を裏から支えたスタッフの働き


 動画を撮影したのは、ピーターさんの孫のアシュレイ・スティーヴンスさんだ。アシュレイさんは動画をフェイスブックに投稿し、ナインウェルズ病院第3病棟のスタッフに感謝と賛辞を送っている。

今日、ナインウェルズ病院のスタッフの皆さんがしてくれたことに、本当に驚き、感動しました。 祖父をとても幸せにしてくれた。第3病棟の主任看護師のシェリル・ホワイトさん、あなたは間違いなく天使よ!私たちは永遠に感謝します。 この病院に、どんなに素敵な看護師とスタッフがいるか、みんなに知ってほしいのです。

祖父との大切な思い出をシェアしてくれてありがとう。死に当たってとてもよくしてくれたスタッフの皆さんが、それに値するだけの注目と賞賛を受けたことを、祖父は喜んでいると思います。祖父の話すことといったら、スタッフがどんなによく、自分の望む以上のことをしてくれるか、ってことばかりだったですもの。

 患者の最後の願いではあっても、病院に犬を入れるのは簡単なことではない。愛犬との再会が可能になった裏には、スタッフの迅速かつ的確な働きがあったのだ。上司に当たるマッカラム上級主任看護師も、看護チームの働きを称えている。

 「チームは、同僚たちと一体となって感染症の防止に手を尽くし、今回のことを実現可能にしたのです。ロブソン氏とご家族に、単なる慰め以上のものをもたらしてくれたことについて、感謝してもしきれません」

第3病棟のスタッフ
staff
image credit: BBC Scotland

References: The Dodo / BBC など / written by K.Y.K. / edited by parumo
あわせて読みたい
余命いくばくもないおばあさんの最後の願いは「最愛の馬に別れを告げること」。その想いが実現した感動の瞬間


ホスピスで最後の医療を受けているおばあさんの唯一の願いは「死ぬまでに子猫をぎゅっと抱きしめたい」だった。その夢が叶う瞬間。


「最後にもう一度海が見たい」 ー 患者の人生最期の願いを叶えた救急救命士(オーストラリア)


この世から旅立つ人の最期の願いを叶えたい。末期患者に現世最高の手土産を持たせる活動団体の記録


「最後にもう一度だけ、愛犬に会いたい」そして男性は星となった。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.

  • 2018年04月05日 11:50
  • ID:IUnJbD0L0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 12:06
  • ID:uIhf5DHF0 #

涙で文字が見えなくなった…

その日のうちに亡くなったってことは、心から満足したんだろうね
御冥福をお祈りします

3

3. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 12:09
  • ID:a4mQR9rP0 #

あぁ、素晴らしいな
ただただ素晴らしい出来事だ

4

4. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 12:20
  • ID:N3lZM0KP0 #

粋な計らいだね

5

5. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 12:21
  • ID:324YL1060 #

花粉症じゃねえのに涙が…
病気なのは大変辛かっただろうけど、わんこにも会えて、家族にも囲まれてとても幸せそうな一時ですね

6

6. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 12:27
  • ID:IrdrkvZN0 #

やめろー!いま会社の休憩中なんだー!泣かせにくるなー!じいさんは天国へ!家族とワンコにはこの先に幸あれ!

7

7. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 12:29
  • ID:5dRWR6UZ0 #

日本の病院でも、ペットが入れるスペースを決めて会えるようにしてくれているところがあるよ。
流石に病室までとはいかないけど、玄関ホール近くとかでね
自分の親父の時も数日前にお願いしたら承諾してもらったわ

普段何でもかんでも喜んですっ飛んでいくラブだったけど、
親父の手をぺろぺろ舐めて横に座るだけの行動をよく覚えている。

8

8. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 12:32
  • ID:E3v9jSkt0 #

病院側の配慮と努力が素晴らしい

9

9. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 13:01
  • ID:F0yoPm..0 #

幸せな最期で良かったと思います。(ご冥福をお祈りします)

それにしても70歳って日本だと定年する年齢なんだがまだまだ若いのに肺の繊維症ってどんな病気なんだろう?
病院スタッフはピーターさんと御家族全員(ワンコもね)を救った事になるね。
良い事をしたと思う...が、スタッフの人達はもう少し減量した方が良い気がしました。
(良い人は健康で長生きしてもらいたいものです)

10

10. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 13:22
  • ID:uxU.uG2b0 #

もう、「アンタ絶対泣くから、会社でこういうの読んじゃダメ!」って言ったでしょう、アタシ!

でも、おじいさん、わんこさんに会えて良かった。会わせてくれたスタッフさんたちに幸あれ。

11

11. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 13:22
  • ID:LXZmvdzf0 #

その日のうちに逝ったのかあ
凄いタイミングだなあ
というより唯一の心残りが解消されたからなんだろうけど、何も思い残す事もなく逝けるっていうのはある意味幸せな事に違いない

12

12. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 13:36
  • ID:nU3fPrNq0 #

おっと目から汁が…

13

13. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 13:37
  • ID:EphjCNZR0 #

70歳よりも老けてみえるな
闘病きつかったのかなぁ…

14

14. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 13:42
  • ID:k.LevJnk0 #

あぁ ただただ胸を打つ

15

15. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 14:03
  • ID:EWuJfOqZ0 #

タイトル見たときにこうなるってのはわかってたんだ。
わかってたんだけど・・・やっぱり涙腺にくるなあ・・・。

16

16. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 14:09
  • ID:RkxDmAWm0 #

やべ、涙出た。

17

17. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 14:10
  • ID:6BYgXT730 #

病院に行かなければいつでも会えたのに・・・
医療と闘病の意味がわからん。
本当に幸せだったのだろうか?

18

18. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 14:17
  • ID:N7sAZY8S0 #

ベットごと大丈夫な場所に移動させりゃよかっただろ

19

19. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 14:38
  • ID:L0ze3Pf30 #

いい話だなあ。
それにしても20分で特別許可がおりるなんて日本じゃとても無理だろうな。

女性救命士に「女性は土俵に登らないで下さい」だもんなあ。

20

20. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 14:59
  • ID:AX2Kn8Xh0 #

俺ももしこうなったら家族よりも愛犬に会ってから逝きたいもんなぁ。
家族には悪いけど。

21

21. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 17:42
  • ID:g2SUcWFD0 #

犬が会いたがっていないように見えるが・・

22

22. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 19:18
  • ID:caRjVFn30 #

こういう心のこもった臨機応変な対応を見ると、日本では無理だろうなあと思っちゃう。規則だからとか、前例が無いとか言ってなにもしなさそう

23

23. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 19:38
  • ID:MV9oEUif0 #

ほんとだね
ほんとに素晴らしい

24

24. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 19:55
  • ID:FWqPEDUX0 #

こんなん見せられたら絶対泣きますやん・・・

25

25. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 21:34
  • ID:xGHdcdXX0 #

スタッフの方たちの迅速な決断と行動がすばらしいね。
おそらくすでに多くの時間は残されていないだろうことが分かっていたからだろうけど。
そしてワンコの力ってすごいね、動画ではとても死期がすぐそこにせまっている方の動きには見えないもの。おじいさんもそうとう嬉しかったんだろうね。ご冥福をお祈りします。

26

26. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 21:53
  • ID:NOgqZG8r0 #

目頭が熱くなる!
いいなぁ

27

27. 匿名処理班

  • 2018年04月05日 23:49
  • ID:pOtAw6.Y0 #

長期入院した時にどうしても飼い犬に逢いたくて
病院の駐車場まで連れて来てもらったのを思い出してしまった

28

28. 匿名処理班

  • 2018年04月06日 00:07
  • ID:Gr.aAlqa0 #

ジイちゃんその日のうちに…
けっこうしっかりしてるように見えるけど
わからんもんだなぁ…
最期に気力を出したのだろうか…

29

29. 匿名処理班

  • 2018年04月06日 02:19
  • ID:gDHID8yf0 #

日本じゃまず無理だろね…。

30

30. 匿名処理班

  • 2018年04月06日 07:45
  • ID:7sFt62TE0 #

その日のうちに.......
最後の心残りは本当にこの犬のことだけだったんだろうなぁ。この犬も若そうには見えないしきっと老犬だろうけどお爺さんに会えて本当に良かったね。

31

31. 匿名処理班

  • 2018年04月06日 10:12
  • ID:y5mSj4mR0 #

水を差すようで悪いんだが、犬がそんなに喜んでるよには見えないんだよなあ

32

32. 匿名処理班

  • 2018年04月06日 14:03
  • ID:xXbMNDzX0 #

ええ話や

33

33. 匿名処理班

  • 2018年04月07日 02:16
  • ID:mNnUOdjX0 #

刺青の老人好きだな
隠せず泣く親族に囲まれながら
しっかりした様子で死に向き合って犬を撫でるおじいちゃんの姿が凛々しい
素敵な最期ですね

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク