0_e2

 アラスカ州アンカレッジに住むティム・ニュートンさんは、ある朝、自宅のデッキから聞こえる奇妙な物音で夜明け頃に目を覚ました。

 それは今までに聞いたことがないような音だった。ガサゴソと素早く動く小さな足音がデッキを駆け回っていたのだ。

 何この音?ティムさんは起き上がり、外を覗こうと北側の窓に近づきそっとカーテンを開けた。「な〜んだ、猫か」と一瞬安心したのだが、よーく見るとなんか変だ。
スポンサードリンク

デッキで遊んでいたのはイエネコっぽいけどちょっと違う!


 その「猫」は、ティムさんのいる窓からわずか60cmばかりしか離れていないところで、追いかけっこしながら遊んでいた。



 窓越しに「猫」をじっくり観察したティムさんは、猫の耳にはえた長い房のような毛に気づいた。そして、足。猫の足は、その顔ほどの大きさがあったのだ。真実に気がついたティムさんは、大きなショックを受けた。

 「オオヤマネコだ!」

 そう、そこで遊んでいたのはオオヤマネコの仔猫だったのだ。仔猫とはいえ、イエネコの成猫と同じ位かそれ以上の大きさがあったのである。



元気一杯の仔猫たち


 アマチュアとはいえカメラマンであるティムさんは、本能的にカメラを掴み、家の南側へ向かった。そちら側のカーテンは全部開けてあったのである。

 南のデッキでは、オオヤマネコの仔猫たちが、休むことなくデッキ中を「飛び回って」遊んでいた。痩せているにもかかわらず、その身体にはエネルギーが満ちているのである。



 「母猫がウサギを追いかけているのは、起きている時間の1%程度でしょう」というのが、仔猫の様子を見たティムさんの感想だ。「残りの99%は、自分の子を追いかけることで手一杯でしょうから」

 ティムさんは写真を撮り続けた。長年アラスカで暮らすティムさんでも、野生のオオヤマネコと遭遇したのは片手で数えられるほどの回数しかない。その内3回は5秒にも満たない出会いだったのだ。



母猫との遭遇


 仔猫たちが北の地平線に向かって姿を消したとき、ティムさんは「これで自分の幸運を使い果たしたのだ」と考えた。最後に一目だけでも、とドアを開けてみたが、そこにはもうその姿はなかったのだ。

 しかし、ドアを閉めようとしたその瞬間、ティムさんの耳は茂みから聞こえる「ミャオウ」という声を聞きつけたのである。



 「イエネコの鳴き声とは違うものでした。アクセントが違っていました」とティムさん。「まず短い『ミュウ』、そして長い『ミュウ』という声でした。明らかに仔猫たちを呼んでいたのです。というのも、その声がした途端に、家の下の草が揺れ始めて、草の波が母猫のいる場所に向かっていったのです」

 「猫の言葉で、『デッキに沿ってここへ整列!』という意味だったのでしょう」

 母猫は茂みに隠れて立っており、仔猫たちは一匹ずつデッキに上って来たのである。ティムさんが隠れていた網戸のすぐ前だ。信じられないほどの幸運を喜びつつ、ティムさんはシャッターを切った。



 と、シャッター音に興味を引かれた仔猫たちが、音源を求めて辺りを探し回り始めたのである。しまいには、その様子を見た母猫もデッキへ上ってきたのであった。



 「猫たちは揃って、1.5〜2mほど前に立っていました。そして、5秒〜10秒ほどの間、網戸越しにできるだけ、私を調べていました。母猫はざっと私の全身を眺め、危険はないと判断したのでしょう。また遊びに戻っていきました」



仔猫のクローズアップ


 ここまででティムさんが撮った写真はすでに100枚を超えている。そしてティムさんは次のアイディアを実行に移したくなった。すなわち、「網戸を挟まずに写真を撮る」ことだ。

 ティムさんは、できるだけゆっくりと、デッキに下りる段のついたドアへ向かった。デッキとほぼ同じ高さまで降り立ち、ティムさんは、オオヤマネコ一家の邪魔にならないようにと願いながら撮影を再開したのだ。

 しかし、1匹の仔猫がシャッター音に気がついた。仔猫はカシャカシャと音のする箱に興味を持ち、近寄ってきたのだ。

 そしてこの素晴らしいクローズアップ写真が撮影されたのである。



 あまりのできごとに「興奮しすぎて」、我を忘れてしまったティムさん。カメラをどけて、仔猫に顔を見せてしまったのである。

 「(仔猫は)私の目を見た瞬間に恐怖で顔を歪めました。恐ろしさのあまり、目を見開いていたのです。そして全速力でデッキを横切って逃げていきました」

 「何故(自分が)そんなことをしたのかはわかりません。仔猫の可愛さにやられちゃったのでしょう」



 ほどなく「パーティー」は終了し、7匹の仔猫たちは母猫と共に森へ戻っていった。ティムさんの元には、奇跡の40分間の記憶と、数多くの写真が残されたのである。

 ティムさんは、この一家に再び会えるであろうとは思っていない。しかし、仔猫たちが、いつか次の世代を連れて庭で遊び、あるいは庭を横切っていく姿を見られることを願っているのある。

 ティムさんの撮影した写真は数多く、ここに載せ切れていない。残りの写真は、ティムさんのウェブサイト、またはフェイスブックにて。

via: Love Meow / The Dodo / Bored Panda など / translated by K.Y.K. / edited by parumo
あわせて読みたい
ちょっと大きい猫だけど・・・孤児だったオオヤマネコを家族に迎え入れたロシアのご家庭の日常


スイスで再導入された幻のヤマネコ、「ヨーロッパオオヤマネコ」の野生の姿をとらえた写真と生態系に関する話


手のでかさがすごいけど、その動きはイエネコみたい。カナダオオヤマネコもしのほんわかブラッシングタイム


人間のこととか知ったこっちゃねぇ!オオヤマネコが路上で交渉中につき車両通行止めのハプニングが発生中(アメリカ)


動物園で飼育されているヨーロッパオオヤマネコと仲良しになった野良猫の物語


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
4065 points
ディズニーのファンタジーかな。同じ柄を持つ大親友トリオ、馬とポニーとダルメシアンの種を超えた絆が美しい(オランダ)

ディズニーのファンタジーかな。同じ柄を持つ大親友トリオ、馬とポニーとダルメシアンの種を超えた絆が美しい(オランダ)

2021年1月11日
9573091314
2位
3965 points
永久凍土が解け、毛が残された状態のケブカサイの子供が発見される(ロシア)

永久凍土が解け、毛が残された状態のケブカサイの子供が発見される(ロシア)

2021年1月5日
5643358340
3位
2859 points
ハイエナだって甘えたい。もっと撫でてとおねだりするよ

ハイエナだって甘えたい。もっと撫でてとおねだりするよ

2021年1月4日
1972616244
4位
2380 points
人間の犯した過ちで50年間燃え続ける巨大なクレーター、トルクメニスタンの地獄の門

人間の犯した過ちで50年間燃え続ける巨大なクレーター、トルクメニスタンの地獄の門

2021年1月6日
2752031767
5位
2202 points
ずっと見てられるやつ。ビーバーが作ったダムを横断する野生動物たちの1年間を早回しで(アメリカ)

ずっと見てられるやつ。ビーバーが作ったダムを横断する野生動物たちの1年間を早回しで(アメリカ)

2021年1月8日
2691901725
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. メヤニーくん。

  • 2017年10月10日 11:34
  • ID:QDhCktJw0 #

手足が大きくてかわいいな。

2

2. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 11:38
  • ID:bpE6wP6A0 #

興奮したオオヤマネコ達に襲われていたらひとたまりもなかったろうに…
カメラマンの習性とは凄いものだなぁ
この奇跡は、彼にとって何かの予兆になるのだろうか…?

3

3. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 11:41
  • ID:3FkLeD2B0 #

一生のうちに一度でも、こんな出会いがあったらラッキーだよね

4

4. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 12:01
  • ID:CnQ.Qc.b0 #

親もおるやんけ…

5

5. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 12:16
  • ID:lPWQGZqf0 #

保存した、
スナネコに続いて保存した

6

6. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 12:39
  • ID:li501JwL0 #

オオヤマネコってこんなに産むのか

7

7. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 12:48
  • ID:TPIad.R30 #

凄い幸運だし、それを写真で全世界にお裾分けしてくれた。ありがとー♪

8

8. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 12:51
  • ID:DCN2wXvb0 #

動画で撮らないのはアホだから

9

9. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 12:55
  • ID:vDmNncId0 #

幸せの瞬間...とても羨ましいなまったくのう

10

10. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 12:56
  • ID:qSqwLPEB0 #

顔はイエネコなんだけど、前足が大きかったり、尻尾が短かったり、所々違うね。
親が民家に子ども達を誘導するなんて、珍しいなぁ。

11

11. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 13:00
  • ID:loB7emn60 #

感動しつつも、
<ファンのくせに重箱の隅をつつくコーナー>  
→「行く」「来る」の謙譲語は「伺う」「参る」で、
尊敬語は「いらっしゃる」「おいでになる」です。

なのだーそうです。なので「いらっしゃったんかーい」
または「おいでになったんかーい」でお願いしまっす。

12

12. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 13:00
  • ID:xV8OPtMZ0 #

子猫の顔がライオンっぽいね

13

13. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 13:05
  • ID:pJXeF6eS0 #

いいなぁ、夢のような時間だね

14

14. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 13:18
  • ID:42N.ua1R0 #

7匹も行動予測不能ですばしっこいのがいたらそりゃ母親もやせ細るわw

15

15. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 13:28
  • ID:VlTbVsES0 #

ちょっとライオンぽいな・・・

16

16. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 13:40
  • ID:Yw4kPIXT0 #

裏山

17

17. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 13:45
  • ID:ISo6fSAN0 #

うふふ・・・
子猫の集団に同じような写真撮ったことある
数回ほど親猫を見ていて、決して奴らのテリトリーを
脅かさずにいたのが功を発したみたいだ
ただ夫婦猫って意外に探すのが難しいし、ましては
子育てする姿ってそうない。逃げたといえかなり貴重な
写真かもしれない

18

18. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 13:48
  • ID:6pLcmWMl0 #

この人の興奮が伝わってきて鳥肌立った。

こんな光景にふと出くわしたら鼻血もんです

19

19. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 13:57
  • ID:ejwcptZr0 #

尻尾が短いな

20

20. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 14:11
  • ID:vpUpei6D0 #

ヤバイよおおおおおぉぉぉぉぉぉぉ!!
チビどもかわいすぎるよおおおおおぉぉぉぉぉぉぉ!!
チビりそうだよおおおおおぉぉぉぉぉ!!

21

21. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 14:13
  • ID:fQoVjoX10 #

つい先日、ポタリングをしてたら初めてヌートリアに遭遇した
スマホで撮影しても逃げなかったなぁ
普段見ない動物に遭うとテンション上がっちゃうよね
だいたい逃げられるけど

22

22. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 14:14
  • ID:6gOnfwAU0 #

カメラのレンズが目に見える説もあるよね
目が取れてさらに顔があったらそら驚くわ

23

23. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 14:25
  • ID:4MhiYlwh0 #

足が太ましくてめっちゃ可愛い!
親子大勢でこんなに民家へ遊びに来る事ってあるんだね、良いものを見た

24

24. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 14:49
  • ID:aXTrGf9H0 #

※8
ッハアアアアアアアアアアアア〜〜〜…カメラマンやから普通カメラで撮るやろが…そんなん…

25

25. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 15:06
  • ID:iyUx3JPw0 #

足長いな〜
この家族が肉がついていない所為もあってか、長距離での狩りをするイヌ科の体つきにみえてしまった

26

26. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 15:18
  • ID:6J8RVuri0 #

な、なに?飼ってくれだって?
スマイルで見つめられたら困っちゃうね

27

27. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 15:20
  • ID:3MC68jSY0 #

すげー子沢山だなあ
あと今の一眼レフって動画機能普通に搭載しているから、モードダイヤルをmovieにしてボタン押すだけ

28

28. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 15:23
  • ID:SYU.Dzz20 #

餌付けはダメだから
マタタビ撒いとくわ

29

29. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 15:31
  • ID:dQqX2mDS0 #

カメラマンの家に遊びに来るなんて、偶然も粋なはからいをするものだね

30

30. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 16:06
  • ID:p3cV1Hst0 #

この時のカメラマンの表情が眼に浮かぶようです。
きっと同じ顔をしてシャッター切りまくるし、肉眼にも焼き付けたいと思う。

31

31. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 16:08
  • ID:qRXF8AY70 #

※2
NNNが訪ねてくる予兆ですかね

32

32. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 16:27
  • ID:1u.fnRu10 #

えーと、右上が波平だよね

33

33. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 16:30
  • ID:I3eUHgiX0 #

俳優の西田敏行は昔、カナダでこいつの肉を食べたことがある。

34

34. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 17:18
  • ID:GKZMk.2O0 #

はぇ〜、目を合わせたら駄目ってのは本当なんすねぇ・・・

35

35. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 17:21
  • ID:53ijhAsV0 #

オオヤマネコが激減したのは人間のせいなんだろ
ごめんな、これしか言えない

36

36. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 17:44
  • ID:fUcVV.Zd0 #

このちび猫一匹でも本気にさせたら人間はかなわないんだよなぁ。

37

37. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 18:07
  • ID:ydx8gUqR0 #

NNN野戦部隊はついに・・・にんげんの家の占領作戦を開始する段階に至ったか

38

38. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 18:49
  • ID:loB7emn60 #

※6  カナダオオヤマネコだったら一回の出産で1〜6匹(主に3〜4匹)らしいから、7匹は多いケースだね。食糧事情が良かったからなのか、もしや生き残り率が低下したからなのか。。。?

39

39. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 20:06
  • ID:VdRPsUtr0 #

とりあえずティム氏の興奮が凄い伝わるw
良かったなあ

40

40. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 20:08
  • ID:Wqhvie.z0 #

かわいい。かわいいが…こいつら本気で戦ったら熊よりもはるかに恐ろしいぞ!
オオヤマネコが理知的な動物であったことに感謝するべきだなw

41

41. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 20:38
  • ID:ZabIujJp0 #

「仔猫の可愛さにやられちゃったのでしょう」そうだろうとも

42

42. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 22:38
  • ID:yKwz8PfP0 #

数ヶ月にはまた倍になってやって来たりして。

43

43. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 22:38
  • ID:A2RG1UKX0 #

手足の大きさのアンバランス加減が可愛い。人間の赤ちゃんも手足が大きいと、大きな子に育つと言われるのは、こういった動物からくるのかもな。

44

44. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 23:20
  • ID:4G.ZxMeM0 #

※8
写真でこれだけ高感度ノイズが写ってるってことは外はほぼ真っ暗だったはず。
動画が取れるような状況じゃないよ。

45

45. 匿名処理班

  • 2017年10月11日 00:20
  • ID:dmxl1j.d0 #

顔はネコだけど骨格がちがうんだよね。
ピューマの方がまだネコっぽい。
ヤマネコはネコよりイヌな感じだし。さらにいえば手塚治虫のえがく動物ぽい。

ママンも子育て頑張れ!

46

46. 匿名処理班

  • 2017年10月11日 03:25
  • ID:L5i2SjCS0 #

カメラマンさん渾身の鬼気迫る状況説明がすごくツボだったw

ワイルドとの邂逅、興奮するわな
一家でなんて生活が垣間見えるからますます興奮する

47

47. 匿名処理班

  • 2017年10月11日 07:10
  • ID:XB65EpO70 #

親の顔がSkyrimのカジートみたいだな。

48

48. 匿名処理班

  • 2017年10月11日 08:14
  • ID:bkgVIjfg0 #

すばらしいぞティム、そしてヤマネコたち。生涯に一度だけ、ほんの一瞬。それでいい。

49

49. 匿名処理班

  • 2017年10月11日 08:16
  • ID:yQTwcnA60 #

子供が増えすぎて、御飯ちょーだいか面倒見てくださいのどっちかなんだろうかね

50

50. 匿名処理班

  • 2017年10月11日 10:18
  • ID:1vTC5omh0 #

※44
高緯度地方の朝方だからねぇ。かなり暗かったはず。

51

51. 匿名処理班

  • 2017年10月11日 11:49
  • ID:Tt3xY.Wx0 #

※6
通常は一胎、2~4匹
4匹は超レアでもないがめずらしいほう

そういうことや、子の3匹はかなり成長が速いことから
もしかしてもしかすると、この母親ははぐれた子たちをいっしょに育てている可能性もある
7匹もいると成長に差が出るだろうから外れているかもしれないが

52

52.

  • 2017年10月11日 12:28
  • ID:U2eLwosU0 #
53

53. 匿名処理班

  • 2017年10月11日 15:11
  • ID:Rby.coWb0 #

※37 NNNヤマネコ支部。

54

54. 匿名処理班

  • 2017年10月12日 19:10
  • ID:rWfacDKL0 #

※49 ほんと、それ考えちゃうよ。
だって7匹だよ!
まあ現実的にはニワトリ小屋を襲おうとして来たのか。。。
でもここで食べ物をあげちゃうのは、とってもマズいんだよね?
みんな育つといいなあ。。。

55

55. 匿名処理班

  • 2017年10月12日 23:29
  • ID:44DUDjP20 #

そっとしておいてあげたいな〜(´・ω・`)
有名になって人が集まるようになったら、弊害も起きる可能性もあるし

56

56.

  • 2017年10月13日 13:49
  • ID:BAcBOjJa0 #
57

57. 匿名処理班

  • 2017年10月13日 14:34
  • ID:BI4WI0QX0 #

もしかしたら何故か乳離れしなかった娘か、
もしくは母猫の子供が一緒なのかもしれない

58

58. 匿名処理班

  • 2017年10月13日 15:25
  • ID:napMRd5m0 #

こんな都合の良い偶然が起きるとは考え辛い
カメラマンと母猫の間で何らかの取引があったと考えるべき

59

59.

  • 2017年10月18日 22:55
  • ID:WZ.m9wQZ0 #
お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク