00_e3

 古代エジプト人のDNAを新たに分析したところ、彼らはアフリカ人というより、トルコ人やヨーロッパ人に近いことがわかったという。

 今回、ドイツのチュービンゲン大学と、イェーナにあるマックス・プランク人類歴史科学研究所がチームを組み、古代を研究するときの正式な遺伝子データベースをまとめるため、初めて研究を行った。

 紀元前1400年〜紀元400年頃の古代エジプトのミイラからDNAを抽出し、それを分析した結果、彼らは遺伝子的には地中海地方の人々と近いことがわかったという。
スポンサードリンク

現代のエジプト人は古代エジプト人というよりアフリカ人を祖先にもつ


 Nature Communicationsに発表された内容によると、この研究で現代のエジプト人は古代エジプト人というより、サハラ以南のアフリカ人の先祖を共有していることがわかったという。

 さらに、古代エジプト人は当時の中近東の人たちとより近いこともわかった。

 エジプトは、世界的な交易の中心地であるため、古代の人口などを調べるのに好都合な場所なのだ。

 昨今、古代人のDNA分析は進歩している。このデータを使えば、エジプト人の起源や来歴について現代のわたしたちの理解を促す良い機会が得られる。

1_e8

ミイラのDNAの保存状態が鍵


 ただし、マックス・プランク研究所長のヨハネス・クラウスによると、有効なDNAがきちんと保存されている可能性について、懐疑的な面もあるという。

 「エジプトの気候は暑く、多くの墓は湿度も高い。ミイラを作るのに使われた化学物質が、DNAを劣化させる原因になる場合もあるだろう。エジプトのミイラのDNAが長い間きちんと保存されているとは考えにくい」と語る。

 だが、このようなミイラからでも核DNAを抽出して、それが研究するに足る信頼性があることを示した研究者たちの技量は画期的で、ミイラの直接研究の幅がさらに広がったといっていい。

4_e3

 研究チームは、中央エジプトのナイル川流域のアブシール・エル・メレクから発掘された151体のミイラと、チュービンゲン大学とベルリン先史学博物館にあるフェリクス・フォン・ルシャン頭蓋コレクションが管理する2体の人類学コレクションの中からのサンプルをとった。

 最終的に90体のミイラからのミトコンドリアDNAを採取し、3体からゲノム規模でのデータセットを抽出した。

 そこで集めたデータを使って、考古学的、歴史的データと、現代のDNA研究から引き出したこれまでの仮説を試験した。

3_e7

 チュービンゲン大学のアレクサンダー・ペルツァー教授は、特に興味を引いたのは、アブシール・エル・メレクの古代の住民の遺伝子構造が変化しているのか、そのまま変わらないで継続しているのかを見ることだったという。

 「アレクサンダー大王やほかの外国勢力の支配が、古代エジプトの人々に遺伝子的な痕跡を残したかどうかを知りたかったのです」

 研究チームは、古代の人たちが外国の支配によって遺伝子レベルでの影響を受けたのかどうかを判断するために、古代の人たちDNAと現代のエジプト人のDNAを比べてみた。

6_e3

古代エジプト人は、中東の人々に近い遺伝子を持つことが判明


 その結果、古代エジプト人は、現在のシリア、ヨルダン、イスラエルやレバノンであるかつてのレヴァント地方の人たちともっとも近いことがわかった。

 さらに、新石器時代のアナトリア半島(トルコ南部)やヨーロッパの人々とも関連があることがわかった。

 マックス・プランク研のリーダー、ウォルフガング・ハックはつけ加える。「アブシール・エル・メレクの社会は、わたしたちが研究した1300年の間で特に大きな変化をこうむらなかった。つまり、この人たちは外国の支配に遺伝子的な影響は相対的に受けなかったということだ」

5_e2

 データによると、現代のエジプト人は、古代エジプト人ではなく、サハラ以南のアフリカ人とおよそ8%の割合で核DNAレベルの先祖を共有していることがわかる。

 研究チームは、エジプトのミイラが研究に仕える信頼できる古代のDNAの源であると証明できたことを誇りに思っていて、これがエジプト人の来歴の詳細をより正確に理解するのに役立つと信じている。

via:natureboingboingなど/ translated konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
自分の祖先がどこに住んでいたかがわかる!1000年前の先祖の出身地をDNAから割り出すアルゴリズムが開発される(米・英研究)


人間には祖先から伝えられたものとは異なる、”外来”遺伝子が組み込まれている事が判明(英研究)


古代のDNAから判明した驚きの10の発見


更に古い仲だった!DNAの研究から犬が33,000年来の人類の友人であったことが判明(スウェーデン研究)


猫がいかにして世界を支配するにいたったか。古代猫のDNAからその拡散ルートの一部が明らかに(仏研究)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 09:17
  • ID:G5.XKcZg0 #

余談:ピラミッドは古代エジプト人が作ったものというよりも、もともと有った物(ピラミッド)を、再利用したという可能性が高い。

2

2. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 09:25
  • ID:H9DkCvtR0 #

そりゃメソポタミアの流れ汲んでるに決まってるでしょ

3

3. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 09:28
  • ID:lSu6cFyd0 #

ふーむ、すると旧約聖書にあるように古代エジプトと中東で人の行き来があったのかな?

4

4. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 09:31
  • ID:sfw7YwVi0 #

移民じゃないのか?

5

5. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 09:36
  • ID:30ZszN0I0 #

小さい頃エジプトは中東にあると思ってた

6

6. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 09:39
  • ID:ddbvABPU0 #

古代エジプト人全体がっていより、ミイラに残るような支配階級が
トルコ・ヨーロッパ系の血筋だったのかも

7

7.

  • 2017年06月06日 09:41
  • ID:XqokiLPz0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 10:00
  • ID:5aOcjoHK0 #

クレオパトラのプトレマイオス朝なんかはアレキサンダー大王の部下の
プトレマイオスが創設したしね
エジプト人じゃなくてマケドニア人だし

9

9. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 10:11
  • ID:6jS1bqUL0 #

紀元前1400年〜紀元400年頃の古代エジプトのミイラからDNAを抽出

エジプトだと紀元前1400年は新王国時代(第18 - 20王朝)なのがやばい
もっと前の時代の人々のも調べられるようになってほしい
クフ王(古王国時代 エジプト第4王朝  紀元前2613年頃 - 紀元前2498年頃)とか

10

10. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 10:45
  • ID:3Yr.qGJ50 #

昔から言われていたことを、科学的に証明できたということかな?

イエスを白人だと思ってる、白人は、おめでたいね

11

11. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 11:00
  • ID:UWUn7aNx0 #

データで出てるんだからそうなんだろうけど、昔 ヨーロッパの連中はこんな高度な文明はアフリカ人に造れる訳が無いって理由で古代エジプト人は白人だったって決めつけてたんだよね、サハラ以南の遺跡もプレスター.ジョンの国とかイスラエルの失われた支族とか、あんまり信じたくないなぁ。

12

12. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 11:22
  • ID:MboqatCY0 #

南から来たブラックファラオなんつーのもあるしね。
エジプト人という民族が支配していたわけではないんよね。
でも、エジプトの文化は継承されていたりするからおもしろい。

13

13. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 11:27
  • ID:..nagieL0 #

※9
古くなるとDNA分解がどんどん進むから、難しいでしょうね。

14

14. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 11:45
  • ID:rRomHRlH0 #

※10
いやイエスは白人(コーカソイド)だろ

15

15. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 11:50
  • ID:CnOqkBOZ0 #

ネアンデルタール人とホモ・サピエンスの交配の痕跡を突き止めたスヴァンテ・ペーポ博士の自伝で、20年以上前に古代人のDNAを解析するのに非常に苦労した話を読んだところだったので、技術が進歩してこういう知見が得られる時代になって良かったと思う。

16

16. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 12:07
  • ID:3AJX2Dn90 #

注・ただし母系系統での話です
何しろ、ミトコンドリアDNAは完全に母子間でしか遺伝しないわけだし

17

17. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 12:14
  • ID:q9BCPspS0 #

エジプトの北のシリア、パレスチナあたりに一時期コーカソイドが支配層のミタンニと呼ばれる王国があってエジプトのファラオと何度も通婚してましたし民衆と支配層でもDNAが異なりそう
(ネフェルティティをミタンニの王女と考える研究者もいるとか)

18

18. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 12:16
  • ID:9zFBD7Ji0 #

文明の進んだ中東人が、エジプトにやってきてアフリカ系の原住民を使ってピラミッドを作り、自分たちのミイラを保存させた。逆にアフリカ系原住民は地位が低かったから、ミイラになることは無かった。
現代のエジプト人がアフリカ系なのは、当時のアフリカ系の原住民をそのまま祖先に持つ。
って考えると辻褄が合うかな?

古代エジプト人が全部中東系だったというよりは、支配者層が中東系で、被支配者層がアフリカ系だったんだろう。

19

19. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 12:18
  • ID:WqOY6Wd50 #

知りたいのは欧州系のプトレマイオス朝による支配より前のことなんだがな。
マケドニアの子孫を調べれば、そういう結果が出るに決まってるじゃん。
ドイツの研究にしちゃあ、なんだか陳腐だな。

20

20. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 13:10
  • ID:PwYoTOXS0 #

※1
それは面白い説ですね。
宇宙人が五万年前に作ったものを、ファラオが再利用とかいいかも!

21

21. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 13:16
  • ID:ZkI69q5A0 #

中東はコーカソイドなんだからイエスウンタラカンタラは何も間違ってないと思うが

22

22. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 13:18
  • ID:PwYoTOXS0 #

※10
おそらくは黒髪で目も黒くて、肌の浅黒い、鼻が高い、ユダヤ教徒だったでしょうね。多くの日本人が想像する白人ではないけれど、白人はコーカソイドで、イエスもコーカソイドでした。モンゴロイドじゃなくて、西アジアの人ですね。

23

23. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 13:22
  • ID:dpyTzc3a0 #

クフとかラムセスとか、そこら辺のが興味ある。
アウグストゥスに滅ぼされたギリシャ人の王朝は、あんなものは古代エジプトじゃない。

24

24. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 14:00
  • ID:fsIHaiAt0 #

どの王朝かよっても変わって来るんじゃないかな

25

25. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 15:29
  • ID:TuJa44Ac0 #

要するにミイラが残っている時代のエジプト人と比べると、現代のエジプト人はアフリカ方面の人種との混血が進んでいるって事なんだろう。エジプトは長らく文明の中心地だったので、この地域の富を求めてアフリカ方面から人の流入が続いた結果かも知れない。数千年の時の隔たりは少なくない変化をもたらすと思う。そういう私達日本人だって、4,000年前と現在とでは、民族的に随分と変化して来ていると思う。(数千年前と比較して、ほとんど変化していない地域の方が珍しいかな?)こういう研究は、世界的に色々と事例を知ってみたいと思った。

26

26. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 16:11
  • ID:4L1pJM9.0 #

単に「古代エジプト人」としか書いてないからどの期間が調査対象なのか分かりづらいけど、いわゆる「黒いファラオ」のヌビア人王朝が出来る前と後で変わったのかな。

27

27. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 16:28
  • ID:tWgTsyZZ0 #

プトレマイオス朝の支配階層は、同じ民族内で交わっていたということか。

28

28. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 17:16
  • ID:BcX09yhz0 #

※5
中東だよ、エジプトも含めて中東

29

29. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 18:37
  • ID:iRqGf4qf0 #

※26
「紀元前1400年〜紀元400年頃の古代エジプトのミイラからDNAを抽出し」って書いてあるよ。
だからローマの支配の後、イスラム帝国やオスマン・トルコの下で徐々に混血が進んでいったんだろう。

30

30. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 18:50
  • ID:nv7YwBYq0 #

紀元前5000年前から取れないと意味ない
紀元前1400年前だともう色々な民族が流入してるのはあらゆる記録から明らかじゃないか
何が何でも白人に結び付けようとする悪い癖だ

31

31. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 19:40
  • ID:Pf.jISHR0 #

庶民のミイラもDNA解析したのかな。と一瞬ワクワクしたけど、庶民のミイラは王公貴族に比べたら保存状態悪いのが普通だから難しいって自己解決した。
でも古代エジプト文明を支えた庶民の暮らしぶりとその姿、いつか知りたいなあ。

32

32. 匿名処理班

  • 2017年06月06日 20:46
  • ID:2qI.eATk0 #

他国の統治下になったとしてもミイラにされるような王族や支配者階層はそう簡単には混血しないだろうから、市民レベルではやっぱりどんどん混血してたかもしれないね。

それにしてもミイラ作りは来世での復活や不滅を願ってのものだと思うけど、こうして未だに研究されてるのを見るとある意味彼らの願いは叶ったと言えなくもないのかも。或いはひょっとしたら科学の進展次第では真の意味での復活もあり得なくはないわけで、彼らはどこまで見通していたのかなと、妙に距離の近さを感じる。

33

33. 匿名処理班

  • 2017年06月07日 03:15
  • ID:bzcT9.aa0 #

プトレマイオス朝は混血に関してはかなり寛大な王朝だったんじゃなかったっけな
当時もっとも信仰されてたセラピス神からして、エジプト土着の神とギリシアマケドニア系の神を無理やり悪魔合体させたものだし。

34

34.

  • 2017年06月07日 03:54
  • ID:SGrhEU.00 #
35

35. 匿名処理班

  • 2017年06月07日 04:24
  • ID:IyuU5jBf0 #

ファラオの人種て確か非公開だったよね。
いわゆる「黒人」ではないってのが学者さんの間ではほぼ暗黙の了解になってるらしいけど、この情報てデマなのかな?個人的には古代エジプト好きだからすごーく気になる

36

36. 匿名処理班

  • 2017年06月07日 08:58
  • ID:f7f6k8N.0 #

※35
「非公開」の意味がわからない。
新たな王朝が古い王朝を否定するために墓所等を破壊しなかったことにする行為はあった。
しかし、発掘調査でわかることもあり、その場合は学術発表される。

あとさ、学者に「暗黙の了解」はない。
「前提となる資料」を提示しての研究発表がすべて。

その情報はどこの話なの?
ある意味、学者に対する冒涜でもあるよ。

37

37. 匿名処理班

  • 2017年06月07日 12:15
  • ID:P96C12Km0 #

※33
プトレマイオス朝は近親婚を繰り返すほど排他的だったよ。

38

38. 匿名処理班

  • 2017年06月07日 12:56
  • ID:6MEKDSE.0 #

※37
アレキサンダー大王の部下で軍人だった初代は近親婚を嫌ってたのに
実姉大好き!な2代目の息子が王族の近親婚復活させちゃったんだっけ

39

39. 匿名処理班

  • 2017年06月07日 19:33
  • ID:JX.Paqru0 #

大きくとらえると3万年前の出アフリカを果たした
ミトコンドリアイブのDNAを持ってるということだよね

アフリカの黒人はミトコンドリアイブの子孫じゃないから
それとは違うということがわかったにすぎない

40

40. 匿名処理班

  • 2017年06月07日 20:11
  • ID:52HhYulN0 #

実際古代エジプト人は赤褐色の肌を誇りにしてたそうなので
サハラ以南の人々と系統的に違うというのは頷ける話

41

41. 匿名処理班

  • 2017年06月07日 22:15
  • ID:x0nP8hTr0 #

古代エジプト王族はプトレマイオス朝以前でも近親婚が普通、だけど子作りしたのかな

今のトルコの人が現在のトルコに移ってきたのは紀元後の話だからスレタイ見てビビったw

42

42. 匿名処理班

  • 2017年06月07日 22:24
  • ID:F2HGzwJO0 #

エジプトのミイラで保存状態が悪いというなら
湿気だらけで酸性土壌の日本の遺体なんて調べようもないんじゃ…

43

43. 匿名処理班

  • 2017年06月08日 02:04
  • ID:brGuPRlN0 #

※37※41父が同じで生みの母が違う兄妹(姉弟)婚も、同父母の子の結婚も両方あったよ。王妃は王の姉妹が望まれたけど、妻が一人って王は少なかったような。外交の一環として外国から妃を迎えるのはよくあった。国内から妻を娶った例はツタンカーメンの母が代表、だったかなあ?
兄妹(姉弟)婚で子供は作ったり作らなかったり。

44

44. 匿名処理班

  • 2017年06月08日 04:31
  • ID:cm2W9tNo0 #

※36
そんな聞いてもいない点で激怒されたって困るよ…(汗
気に障ったらごめんね。

興味あるから調べて見ると、古代ファラオの人種は非公開・非公表だってあったから、単純に古代ファラオの人種が非公開(公表されてない)なのはなぜなの?、ってその答えを知ってる人がいたら聞いてみたいってだけだよ。

45

45. 匿名処理班

  • 2017年06月08日 13:21
  • ID:RXiJ1yWn0 #

※44それはどこのサイト?自分※36さんじゃないけど、面白い表記だね。

古代人の人種確定って実はけっこう難しいんだ。
何しろ古代に書き遺された人種名はカテゴリも意味合いも、今で言う人種に対応してない。民族名と混じってたり出身国名と混じってたり、かと思えば民族でも出身でもなく、その人が最後に所属した国を書いてるだけだったり。
例えば1世紀に亡くなったローマ市民、って墓に書き遺されていても、それは墓に葬られた彼/彼女がイタリア系って意味じゃなく、1世紀のローマ帝国の市民権ゲットしてた人、くらいの意味でしかない。
このケースだと、この墓の人、どこの人でもおかしくないんだよ。当時のローマ帝国、産まれた時からのローマ市民(親がもうイタリア系とは限らない)以外にもあちこちの地域から人が来て暮らしてて、その人たちの一部は成功の証としてローマ市民権ゲットしてたから。

これは大国で交易が盛んだった古代エジプトでも時々ある話。エジプト外の地域出身者が王朝作った例も複数ある。
だから、ご遺体をDNAからも調べてみようか?となるんだ。そうしたら、その国に当時実際どんな人たちがどんな感じで暮らしていたのか、のパズルの一片が解るから。

でも調査はお金かかるし時間かかるし、あちこちの許可は要るし、DNA検査ならご遺体の保存状態にも左右される。
だから大抵、「調査予定まだ組んでません〜調査予定〜調査中〜頑張って調査したけど不明/暫定ではあるが確定(未来にまた技術進歩したなら再検査お願い、再検査で結果違ったら訂正求むぞ未来人、くらいの意味)」がよく見るニュースの表現になるかな。

非公開非公表の表現ははじめて聞いた。斬新だ。どこのサイト?

46

46. 匿名処理班

  • 2017年06月08日 13:33
  • ID:RXiJ1yWn0 #

※42いやそれでも、まだ未発見の奇跡のご遺体があるかもしれない。技術進歩で判断できる例も増えるかも!諦めないぞ!
実際、江戸時代のお墓に遺されたお骨から生前のご病気を判断できた先例とか、弥生時代のご遺体からDNA調査の例だって存在してるんだ。さすがにそこまでさかのぼると、調査可能な埋葬地域が限られちゃうのが現在の悩みどころだけど……。自分のご先祖が、どんな暮らしをしてたのか知りたい!

47

47. 匿名処理班

  • 2017年06月08日 15:06
  • ID:Y5.GUTwI0 #

※44
あなたを非難するつもりはなかった。
気持ちのまま文章にするとキツく感じられるからね。
誤解させてごめんなさい。
ごめんね。ごめんね。

その上で…
「非公開非公表」って表記が気にかかる。
※45さんも書いているけど、学術的表記ではないよね。
「不明」「未調査」ならわかるんだけどね。
これが犯罪報道等なら人権問題として「非公開非公表」も理解できるんだけど…

「非公開非公表」には「判明しているけど公表・公開しない」という意味が含まれる。
それは学問の本質「真理の探求」に反する行為で「隠匿・隠蔽」だよね。
流行り言葉で「何らかの忖度が…」ということ。

学問の世界でこれほどヤバイことはないんよね。

48

48. 匿名処理班

  • 2017年06月08日 15:56
  • ID:.mxY.UaV0 #

※44ああゴメン、自分の話に夢中になって貴方の質問に答えてなかった!
けっこう自分もマニアな方だと思うけど、調査したのに非公開非公表になったファラオの話は読んだ事ないなあ。少なくとも自分は。

あと人種の三分類って、今のヒトDNA鑑定結果として精確さに欠けるから、あんまり使わないと思う。
例えばアメリカの黒人さんとアフリカ大陸南側の黒人さんとアフリカ大陸北側の黒人さん、遺伝子から見るとかなり差があるんだよね。長い歴史の中で人の交流の差があるんだから、考えたら当たり前だったんだけど。
で、差がかなりあるのに人種でひとくくりにするのは、未来に結果を繋げるのが目的の学術としては、乱雑でマズい。
だから、今のDNA鑑定結果発表はより精確さがあるだろう、「この調査した人のご先祖は、○○時代に○○地方にいた人ではないかと推測される」って表現になってるよ!

そう、例にするならクレオパトラかなぁ。彼女の妹は調査したら、母方のお祖母さんが地元の黒い肌の人らしいとわかった。で、クレオパトラとこの妹はお母さんが同じ。ってことは、クレオパトラはお母さんから黒い肌の遺伝子をもらってる。だから、クレオパトラの肌は黒かった可能性もある。でも父方はマケドニア系で白い肌の遺伝子も持ってる。クレオパトラの肌が真実父母どっちに似てたのかの鑑定は、将来の研究者に託します、って感じ。

49

49. 匿名処理班

  • 2017年06月10日 00:04
  • ID:AgYkoROR0 #

画像の所為かな?トルコ・ヨーロッパよりも、サウジアラビア・イエメン国境付近の方がマーカーの色が近く見えるんだが?

50

50. 匿名処理班

  • 2017年06月10日 02:49
  • ID:qZP0oX.C0 #

いやイエスが白人ってのはおかしいわ
遺伝子的にはコーカソイドのアラブ連中だって白人から差別される側だからね
しかも日本人やチベット人の起源であるアンダマン諸島のジャラワ族だって遺伝子的にはモンゴロイドだがどう見たって黒人だからやっぱりそんな扱いだ
インドも他のアジア人と似たようなもんだし
要は見た目よ

51

51. 匿名処理班

  • 2017年06月10日 03:01
  • ID:qZP0oX.C0 #

いや中東はコーカソイドだからイエスは白人ってのは明らかに間違っている
先ず人種的にはコーカソイドのアラブ人やインド人だって白人から差別される側だし
何より日本人やチベット人の起源に当たるアンダマン諸島のジャラワ族なんてモンゴロイドなのに外見は完全に黒人だからね
コーカソイドだからって理由で白人に書くなら同じ理由でジャラワ族を日本人的な外見で書いても良い事になる
それはどう考えてもおかしい

52

52. 匿名処理班

  • 2017年06月11日 14:00
  • ID:Eh.Bmhkt0 #

※50※51
最近の論文で、ヒトは環境に合わせ、今まで思われていたより素早く肌や眼、髪の色を変えるってあったよ。他にも世界各地のヒトDNA解析結果があちこちから公表されている。それらを総合した結果、身体外見・使用言語など外側からのみの情報でヒトを分類し人種ヘ分けていくやり方は不十分で不正確だったようだ、と学術レベルでは判断されつつある。
つまり、肌色による人種の三種類分けはそこまでこだわるべきものではないんだよ。
それより、環境に対するヒト種の柔軟さに感嘆しようじゃないか。

53

53. 匿名処理班

  • 2017年06月11日 16:56
  • ID:tmYMcadJ0 #

※52
言いたいことは分かる。でもこれは学術レベルの話ではないんだ。
世間一般では「白人」といった場合、コーカソイドの総称ではなく、白豪主義を根付かせた連中を指すのよ。だから同じコーカソイドでも褐色の人々は含まない。
例えばユダヤのパレスチナ問題を見てほしい。
本来住んでいたアラブ系をセファルディムと呼び、侵略者のアシュケナジムをわざわざ「白人系」と呼ぶことからも、まだまだ有色コーカソイドは白人扱いされていないだろう?
確かに日本人の俺達にとっては肌色の三種分けは拘るところではないが、問題にしてるのはそこに拘ってる白人至上主義者達の崇める白い肌に描かれたイエスキリストが本当は有色人種だってところなんだよ。
俺は※10じゃないが、彼がおめでたいと言ったのも恐らくこういう事だと。

54

54. 匿名処理班

  • 2017年06月12日 09:08
  • ID:f..F5iBt0 #

※53ねえ、気持ちはよくわかるけれど学問と政治問題は混ぜちゃいけないんだ。過去のあやまちが多数あるからこそだ。そこは貴方にも解って欲しい。
ましてや肌色も髪の色も目の色も、思われていたより早く変わるんだ。しかも人はいろんなものを求めて自ら移動する。二千年前のパレスチナ住民たちが全員今の住民と同じ肌色だったかどうかだって、まだ確定じゃない。学問的に言えるのはここまで。
政治問題としての個人的意見を言わせてもらうなら、肌色に限らず、他人を値踏みするやつは自らヒトとしての値打ちを下げている。肌色に限らず、ヒトは幸せを求めて三歩下がっては四歩進む繰り返しをしてきた。肌色にこだわるのは愚かだ。それだけだ。

55

55. 匿名処理班

  • 2017年06月12日 15:11
  • ID:ePP0XYbW0 #

※54
肌・髪・目の色が割と早く変わるのは知っている。見た事はないが純日本人でも東北には青や緑の目も居るらしいし、俺の母親も天然の赤毛だった。
まあ日本人には下手な白人より白い人から色の薄い黒人並みの人まで居るから、平均を考えれば海外からイエローやミディアムと呼ばれるのは別に良い。
でも流石に例のジャラワ族が学問的にアジア人だからと言って、「黄色人種」と呼ぶのは明らかに無理があるのと同様に、白人の訳にコーカソイドを当てるのも不具合が生じるって事を言いたいんだ。
今も白人至上主義者の掲げる白人に有色コーカソイドが含まれる事はほぼ無いから、どうしても齟齬が生じるし、こういう場合は学問的な定義を一旦切り離してほしい。
一言で白人と言った場合、広義ではコーカソイド全般だが、狭義ではアングロサクソンやゲルマン系で、アラブ系・ラテン系は勿論、もっと白いはずのスラブ系まで除外される始末。反して黄色人種と言った場合、広義ではモンゴロイドだけでなくオーストラロイドまで含まれる大雑把さよ。
外見で人種が分類出来ないと判明してる以上、こうした人種の命名に色を当てるのは不適切だし、実際、肌の色なんて紫外線の強さに左右されるものだから、そんなもので人種は分類出来ないが、少なくとも大概の白人至上主義者が掲げる白人の定義にキリストは含まれない。2000年前のイスラエル人を復元するイギリスの研究では完全に褐色だったし。

56

56. 匿名処理班

  • 2017年06月12日 15:25
  • ID:ePP0XYbW0 #

後これは余談だけど、何年か前にハリウッドでクレオパトラをアンジェリーナ・ジョリーが演じた時、「クレオパトラは黒人だから黒人を起用しろ」って黒人からの苦情が向こうで殺到したらしい。ハリウッドはいつも白人を起用するし、クレオパトラは白人だと思いたい連中も多いみたいだが、実際はギリシャ系とアフリカ系双方の血を引いてるから混血を起用しないとおかしい訳で、結局のところ、白人と言うより欧米人には自分が歴史上の偉人に近い人種だと思いたがるおめでたい連中が多いと思う訳ですよ。
他にも、連中の中には古代ローマ人が身長180兪宛紊龍眸永亡磴世隼廚辰討訶曚盖錣襪ら笑っちゃうんだが(実際は黒髪に小麦色の肌で身長も日本人とドッコイな記録がある)、逆にキリストは黒人だって主張する馬鹿も居るみたいで、もうどっちもどっちだわ。確かに人種じゃないね、教育だ。

57

57. 匿名処理班

  • 2017年06月13日 01:05
  • ID:bgxqGyO20 #

※56いまだに古い概念を振り回す学者(正直こうした人々には複雑な感情を持っている。アップデートしないこと自体が学者としてどうかと思うし、時に専門外にも関わらず肩書きを使って発言する者や、恥知らずにも堂々と倫理違反を行う者まで存在し、日々真面目にアップデートして努力する学者さんとその研究成果に迷惑掛けまくっているからだ)が存在するのは認める。
学問側からもこうした人々に対して非難の声がしっかり上がっている。

だが老婆心ながら一言言わせてくれ。あなたが主張されている内容は政治問題と社会問題とそこから波及した教育分野の一部の問題であって、メインの問題は政治と社会であり、教育はサブだ。そこも混ぜてしまっては、批判しても効果が薄れてしまうだろう。

58

58. 匿名処理班

  • 2017年06月13日 20:22
  • ID:X8oUELew0 #

※57
冷静な意見をありがとう。
確かにちょっと感情的になり過ぎたわ。これから気をつけよう。

59

59.

  • 2017年06月22日 21:05
  • ID:fx8Y9t6J0 #
60

60. 匿名処理班

  • 2017年06月29日 23:57
  • ID:nxUZ06Hq0 #

現在のエジプト人は古代エジプト人の子孫ではなく、エチオピア人が古代エジプト人の血を引いていてアフリカ黒人のなかでも眉目秀麗でもあるのは昔から有名じゃん。DNA調べても同じ結果が出たに過ぎなかったようだね。

61

61.

  • 2017年07月02日 16:35
  • ID:iQa6sF1A0 #
62

62. 匿名処理班

  • 2017年09月25日 13:31
  • ID:GeECeE3N0 #

またこうやって白人が捏造してくんだよ
ファラオの金の棺桶の装飾や埋蔵品を見たって、どう見ても目の黒い鼻が低く耳が大きいアジア系の顔
間違いなく日本はエジプトと繋がってる
日本人がその白人の捏造に洗脳されきってるから、日本人なんてあり得ないとか言ってしまうんだよ
世界中で日本の文化に、少しでも似た国があるか?遺伝的に見ればチベットとか東南アジアの一部民族だけだが
中国の文化などを入れたにしても、風習だけは全くのオリジナル
太陽神をアジアで祀ってるのは日本だけだぞ

63

63. 匿名処理班

  • 2017年10月03日 22:25
  • ID:6lCEYNXp0 #

現代のエジプト人も中東系じゃね?
エジプト人の美女とかレバノンとかシリア系の顔してるぞ。

64

64.

  • 2017年11月05日 02:27
  • ID:Gr0Q2vDw0 #
65

65.

  • 2017年11月05日 02:35
  • ID:Gr0Q2vDw0 #
66

66. 匿名処理班

  • 2017年12月17日 19:42
  • ID:wZUypp0D0 #

※24
そう…混血化している。
現代エジプト人のDNAを分析してみたら著しく混血化しているのが判ったらしい。古い時代に入ったマケドニア系の因子も引き継がれながらゴチャゴチャ混ざっているんだとさ。

67

67. 匿名処理班

  • 2018年06月04日 01:10
  • ID:fqyZe.RN0 #

紀元前1400年は中東から来たヒクソスがエシプトを支配した後なので、時代が新しすぎる。
ピラミッドが造られたのは前3000年項。
よって、もっと古い時代を調べないと本当のことはわからない。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク
必需品ファッションアイテム
人気のタブレット