3_e0

 現在は世界遺産となっている古代都市、テオティワカンは、メキシコの首都メキシコシティ北東約50キロの地点にあり、紀元前4世紀から6世紀まで繁栄したとされている。

 その最盛期、エジプトのものに匹敵するピラミッドがいくつも建設され、まさに世界最大の都市であった。しかし、この都市についての記録はほとんど存在せず、今もなお謎だらけである。わずかに残された手がかりから当時の姿を推測できるのみだ。
スポンサードリンク

10. 建設者は不明


1_e0

 スペインのコンキスタドールが初めてテオティワカンを目にしたとき、そこにはまだアステカ人が暮らしていた。だが彼らはここに移住して帝国を作ったのであって、都市を一から築き上げたわけではない。

 アステカ人がやってくる1,000年前、マヤ人がやってくる500年前からそこにあったのである。考古学的な調査からは、紀元前400年頃に建設が始まったらしいことが分かっている。そこには溶岩流で形成された地下洞窟の入り口があった。それを聖地と考えた古代人が神殿を建て、そこで暮らすようになったと推測される。


9. 火山が大都市を作り上げた


2_e0

 テオティワカンが繁栄の一歩を刻んだ当時、クィクィルコ火山が噴火した。大規模な共同体が吹き飛ばされ、生存者は新たなる家を求めて旅に出た。たどり着いた先がテオティワカンである。

 だが生活は一変。自然の力とそれによる破壊を目の当たりにした彼らは、神を頼るようになった。新しい安住の地となったテオティワカンは単なる都市ではなく、自然の力から逃れ、神々の庇護を得るためのシェルターであった。

 一説によると、ピラミッドは故郷を破壊した火山を模したものだという。神官たちの役割は、神々の力で災害を防ぐことだ。テオティワカンに定住した難民たちは、故郷のクィクィルコを偲び、石像を残している。


8. 生贄の儀式


3_e0

 テオティワカンの神々は血を欲する。彼らはアステカやマヤの神々とまったく同じではなく、また不明な点も多い。確かなことは、神々には生贄が捧げられていたということだ。

 太陽のピラミッドの地下トンネルには、生贄が埋葬されていた墓地が4ヶ所ある。うち3ヶ所からは、大人だけでなく、子供の遺体も発見されている。ピラミッドの新しい層が作られるたびに、惨たらしい人身御供が行われていたと考えられている。月のピラミッドからは動物の死体のほか、12体の人間の遺体も発掘された。うち10体は首を切断したものだ。


7. 太陽のピラミッドの儀式


4_e

 太陽のピラミッドは現在でもなお世界で3番目に大きな建造物だ。それは都市が始まった聖なる洞窟の上に建てられている。そこは太陽が誕生すると信じられていた場所だ。

 当時、頂上には祭壇があり、儀式が行われていた。その内容は推測するしかないが、単なる祈祷の類や、あるいは後にアステカ人が真似したような心臓を抉り出すようなものだったかもしれない。テオティワカンの支配者層の家からは翡翠のマスクが発見されている。儀式の最中、緑のマスクを被った権力者たちが太陽のピラミッドの神官たちに加わったのだろう。


6. かつての西洋最大の都市


5_e

 紀元前100年頃までに、テオティワカンは西洋世界最大の都市にまで発展している。一部の推定によると、最盛期の人口は20万人であったという。これに匹敵する都市は1400年代になるまで登場していない。

 これほどまでに発展した理由は、それが一帯における宗教の中心地であったからだ。太陽の動きをなぞった長方形のグリッドでレイアウトされ、「死者の大通り」という大通りが中央にある大ピラミッドまで伸びていた。各地から人々が集まり、700年間も世界最大の都市であり続けた。


5. 多文化都市


6_e

 アステカ人はテオティワカンを作り上げた人々のことを知らなかった。どうやら彼らは単一のグループではなく、現在のニューヨークのような多文化都市だったようだ。

 テオティワカンはマヤ、ミシュテカ、サポテカの文化エリアに分けられ、それぞれに独特の神殿や遺構が残されている。だからといって、人々が平等だったということではない。一般人はそれぞれの神殿を建て、儀式を執り行うことを許されていたが、支配者層が暮らすピラミッドのある中心部からは隔離されていた。


4. 軍隊による支配


7_e

 テオティワカンは周辺地域に対して強大な権力を誇っていた。周辺諸国と貿易が行われ、メソアメリカの宗教を完全に作り変えてしまったようだ。しかし周辺諸国を支配した方法については明らかではない。壮大なピラミッドを作ったことで、単純に畏敬の念が払われていたのだろうか。だが、あるいは力で支配したという可能性もある。

 テオティワカンの壁画には、目をゴーグルで覆い、頭部を羽根飾りで飾り、手に武器を握る、かつてそこを守ったであろう戦士が描かれている。その彼らが人々を強制するために使われていたと信じる理由がある。

 ケツァルコアトルの神殿は、戦争の神を象った羽の生えた蛇の彫刻で覆われている。神殿が完成したとき、200人が生贄に捧げられた。後ろ手に縛られ、穴に埋められたのだ。犠牲となったのは地元の人々ではない――打ち倒され、捕獲された他の都市の人々である。


3. 地下の秘密トンネル


8_e

 太陽のピラミッドとケツァルコアトルの神殿には地下トンネルがある。ケツァルコアトルの神殿のものは、底部の陥没穴によって発見され、100メートル先の中庭まで続いていた。単なる通路などではなく、神々へ生贄を捧げる場所だったようだ。

 そこにある十字型の部屋の内部からは供物が発見されており、ネックレスや小さな像のほか、人間の皮膚まであった。理由は不明であるが、1,800年前に封鎖され、再び発見されるまで誰の目にも触れることがなかった。


2. 落日のテオティワカン


9_e

 アステカ人がここを発見したとき、すでに廃墟となっていた。テオティワカンが滅んだ理由は分からない。最も有力な説は、暴動が原因であるとするものだ。都市の周辺に住むことを強制されていた750人の一般人が、支配者層に反旗を翻したのだ。

 当時、一帯ではひどい干ばつが発生していた。貧しいものは飢えたまま放置されていた可能性が高く、支配者層が所有していた建物が狙われたというわけだ。

 都市が崩壊し、人々は去った。散り散りとなり、それぞれが新しい共同体を作り、新しい土地への定住を記念して生贄を捧げた。150人が生贄にされた事例もある。かつて共に暮らしていた彼らだが、まもなく敵対するようになり、戦争と混乱の新しい時代が幕を開けた。


1. アステカが宗教を模倣


10_e

 それから600年間放置され、1300年代にアステカ人がやってきた。彼らには単なる人間がテオティワカンのような壮大なものを作れるなど想像もできなかった。ゆえに神々が自らを生贄に捧げ復活するための場所であり、また彼らが世界を作ったその場所であると信じた。

 アステカ人の宗教はテオティワカンに残された信仰を基にしていると考えられている。アステカ人もまた羽の生えた蛇、ケツァルコアトルを信仰した。またピラミッドを模倣し、人間を生贄に捧げた。600年放置されてもなお、テオティワカンは世界を形作り続けたのである。

via:Top 10 Insights Into The Mysteries Of The Aztec City Of The Gods/ translated hiroching / edited by parumo
▼あわせて読みたい
メソアメリカ最大級。メキシコで巨大なピラミッドが発見される。


伝説の古代都市アトランティスは沈んでいなかった?津波によって破壊された遺跡の残骸がモロッコの陸地にある可能性が浮上(ドイツ研究)


海底に眠るエジプトの古代都市、ヘラクレイオンとその失われた財宝


人々を魅了する、世界5つの失われた都市


地球上で発見されたものの未だその真相が解明されていない12の遺跡・遺物

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
4504 points
孤児になった子熊たちが大量のりんごを目の前に、猫のゴロゴロのような音をだす

孤児になった子熊たちが大量のりんごを目の前に、猫のゴロゴロのような音をだす

2020年10月21日
3364133233
2位
4449 points
雪積る日、猫をくわえ自分の犬小屋に運び寒さから守ろうとした犬

雪積る日、猫をくわえ自分の犬小屋に運び寒さから守ろうとした犬

2020年10月26日
2284171248
3位
4375 points
野良犬のピットブル、迷子の子供を発見し自らボディーガード役となり親と再会するまで守り抜く(アメリカ)

野良犬のピットブル、迷子の子供を発見し自らボディーガード役となり親と再会するまで守り抜く(アメリカ)

2020年10月22日
894249235
4位
4247 points
野良の子猫、犬の散歩をしていた人にロックオン。粘り強く後をついていき永遠の家を手に入れる(アメリカ)

野良の子猫、犬の散歩をしていた人にロックオン。粘り強く後をついていき永遠の家を手に入れる(アメリカ)

2020年10月25日
1334094119
5位
3940 points
ちっちゃかわっ!5匹のコツメカワウソの赤ちゃん生まれたよ(ニュージーランド・オークランド動物園)

ちっちゃかわっ!5匹のコツメカワウソの赤ちゃん生まれたよ(ニュージーランド・オークランド動物園)

2020年10月19日
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年05月17日 20:40
  • ID:BE1fC1K60 #

こうやってみると宇宙人やら神様が手伝ってたといわれてもなんとなくそうなのかもと思ってしまうほどに壮大だ

2

2. 匿名処理班

  • 2017年05月17日 21:00
  • ID:eSoLMpCn0 #

アレ?夢の中で囲まれた像だ。

3

3. 匿名処理班

  • 2017年05月17日 21:17
  • ID:P.BFkt8W0 #

※1
アステカ人の生き残りがこんなところにいるとは・・・

4

4. 匿名処理班

  • 2017年05月17日 21:30
  • ID:USHeiNEP0 #

ツチダマ様でトラウマになって土偶怖い。
でも、こんな形の埴輪は好き
┌|∵|┘

5

5. 匿名処理班

  • 2017年05月17日 21:47
  • ID:794J69W90 #

日本のハート型土偶に似てる

6

6. 匿名処理班

  • 2017年05月17日 21:52
  • ID:g4cQWfMp0 #

2年くらい前にベビメタの3人もツアーのついでに観光してたね
なんか力でも授かったんだろか

7

7. 匿名処理班

  • 2017年05月17日 22:17
  • ID:B9ZVQn.h0 #

と、考古学者がファンタジーを申し立てております。

8

8. 匿名処理班

  • 2017年05月17日 22:32
  • ID:pAsI.RNt0 #

人形から漂うJOJO感
テオティワカンは幽波紋使いだった…?

9

9. 匿名処理班

  • 2017年05月17日 22:32
  • ID:RAxxqrZJ0 #

そうか…メキシコやブラジルのギャングは
大昔の生贄の儀式のDNAを受け継いじゃってるんだな
奴らやたら首チョンパするし…色々ぶった切るし…

10

10. 匿名処理班

  • 2017年05月17日 22:49
  • ID:3I03.ehj0 #

あり?ルコアさんって生贄拒んだんじゃなかったっけ

11

11. 匿名処理班

  • 2017年05月17日 22:58
  • ID:t.O1oVt90 #

メソアメリカって「西洋」に入るのか?

12

12. 匿名処理班

  • 2017年05月17日 23:13
  • ID:MXSQK19i0 #

※9
それ言い出すと日本人は江戸時代まで人柱なんていう生贄の儀式をやってましてね

13

13. 匿名処理班

  • 2017年05月17日 23:26
  • ID:qAQ4q0R10 #

8 遮光器土偶だ

14

14. 匿名処理班

  • 2017年05月17日 23:39
  • ID:w4sYNRYq0 #

胸が開いてる土偶は当時人気だった巨大ロボットのフィギュアだよ
今も昔も求めるものは変わらないのさ

15

15. 匿名処理班

  • 2017年05月17日 23:53
  • ID:xU9KoPBY0 #

微妙にリアルな顔してて かつちょっと苦悶の表情でやだなぁ
もうちょっと口元をニヤってしてくれれば良いのに

16

16. 匿名処理班

  • 2017年05月18日 00:57
  • ID:3EHHwIlA0 #

※10
実際にケツァルコアトルを名乗った王が生贄を
廃止しようとした経緯が神話に組み込まれたらしいね。

17

17. 匿名処理班

  • 2017年05月18日 01:26
  • ID:uuGajpTg0 #

2000年以上、他の文明と殆ど接触がなく独自の発展をし、尚且つ複数の文明が代るがわる現れた場所なんで、ものスゴく複雑ではあるよね。
おまけに、西洋とも東洋とも違う文明だしさ(記事中では西洋になっているが…)
だからこそ、土偶や文様・神の形態等の類似性は「人間」に共通する感性なのかもしれないと思う。

※7
考古学は科学的裏付けを持った「推測」であって、アンタのコメントは妄想でしかないよ。
様々な発掘調査で「比定」されてきた内容を「否定」するならば、その根拠を示さねば「冒涜」でしかない。

18

18.

  • 2017年05月18日 09:10
  • ID:DCYu6PWf0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2017年05月18日 12:41
  • ID:khr4mo680 #

アステカというと祭壇で石仮面をつけた男が生贄の心臓を取り出すイメージ

20

20. 匿名処理班

  • 2017年05月18日 12:44
  • ID:0rzo619x0 #

>700年間も世界最大の都市であり続けた

その頃なら、斉の臨淄の圧勝だろ

21

21. 匿名処理班

  • 2017年05月18日 14:14
  • ID:Ohp3d2vH0 #

※11
そこも気になるし、人口規模で言えば20万なんて大した事無いんだが

>>これに匹敵する都市は1400年代になるまで登場していない。

これも何処を差しているのか具体的に示していないので、筆者が言うところの都市の基準が解らない(人口規模なら20万超えの都市なんてざらにある)
学術的な内容を記すのにこういうあやふやな書き方されると、それだけで内容までがあやしく思えてくるので、しっかりやって欲しいわ
内容理解せずまともな検証もせずに書いちゃったのかね

22

22. 匿名処理班

  • 2017年05月18日 15:08
  • ID:u67U4IF.0 #

だいぶ前に行ってきました。
階段が思ったより急でところどころ崩れてる割には、
ほとんど登れるし触れるし、保護とかどうなってるんだろうと思う状態でした。
崩れすぎたとこだけロープ張って進入禁止。
こーゆーの読んだ上で行ったらもっと楽しめたんだろうな…

23

23. 匿名処理班

  • 2017年05月18日 20:08
  • ID:AGaQXN.g0 #

※17
やだなにこいつ格好いい//////

24

24. 匿名処理班

  • 2017年05月18日 21:47
  • ID:qmynZVTv0 #

メソアメリカは、いつから西洋文明になったんだ?

25

25. 匿名処理班

  • 2017年05月20日 21:02
  • ID:jvv86N.z0 #

8生贄の儀式の写真左の像の頭部は、赤ちゃんの奇形の1種「無能児」に似てる。ぜんぜん関係ないかもしれないけど。

26

26. 匿名処理班

  • 2017年05月25日 15:10
  • ID:ePGxnX7S0 #

中米の民族史は先史時代から断続的に勃興を繰り返している。

日本以上に自然の力が強い熱帯雨林の地なので、打ち棄てられればものの数年でジャングルに飲まれてしまうんだよ。
雨季と乾季の差も大きい。文明が維持できないほどの飢饉もしばしば起り、その度に疫病を避けたりする理由などから棄都されたことなどが研究などからわかってきている。

そうした厳しい自然の中で暮らした人々だから、人智の及ばない自然の脅威を神に写して祀り、太陽や地底に「最高の捧げもの」をして神に祈ったんだろう。
それが、人間の命のエッセンスである「血液」であったり「命そのもの」だったりした。
そこまでさせたということは、それだけ人々が大きな危機意識を持っていたという裏返しでもある。

厳しい自然の中で糧を得るために天文学が発達し、信仰の域にまで達した高度な暦の作成などもそうした環境に生きるための正当な進化・発展だったんだろうね。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク