3_e10

 ヒマラヤの高地で暮らすチベット人は、薄い酸素と氷点下にまで下がる寒冷な気温に適応せねばならなかった。最新の研究によれば、この過酷な環境で生きるために彼らは5つの超遺伝子を進化させたのだそうだ。

 その1つは、4〜5万年前に生きていたデニソワ人から受け継いだものだという。4万年前にシベリアで暮らしていたと言われるデニソワ人の遺伝子は、これまでの研究で、イヌイットが継承しており、その為に厳しい氷河期を生き残ることができたと言われている。
スポンサードリンク

チベット人のゲノムを解析


 チベット人は標高が高く、乾燥した台地で数千年暮らしてきた。このために、低酸素、極端な低温、紫外線への暴露、乏しい食料に対する素晴らしい耐性がある。

 米テキサス大学の研究者は、チベット人27人のゲノム全体を解析し、そうした特徴を作り出している遺伝子を探した。

0_e10

デニソワ人から受け継がれた5つの遺伝子


 その結果、低地に生きる人間には見られない、血液の酸素吸収を助け、ビタミンDを速やかに処理させる遺伝子が発見された。

 例えば、EPAS1とEGLN1という2つの遺伝子が特定されている。これは高地への適応に役立つものとして以前から知られていたものだ。

 チベット人のEPAS1は古代のデニソワ人から受け継がれたもので、その祖先がデニソワ人との交配を通じて手にしたものと考えられる(なお、他の高地関連の遺伝子でデニソワ人を起源とするものは見つかっていない)。

 EPAS1は”スーパーアスリート遺伝子”と呼ばれることもある。低地においては、ヘモグロビンを増すことで血液の酸素運搬機能を向上させ、持久力を引き上げてくれるからだ。運動選手ならぜひとも欲しい機能である。

 PTGISとKCTD12という遺伝子も発見されている。これも低酸素状態と関連するものだ。
 
 さらにVDRの変異も見つかった。これはビタミンDの処理を助ける機能があり、チベットの遊牧民によく見られるビタミンD欠乏症を防ぐ効果がある。

00_e4


漢民族とチベット人の分岐点も明らかに


 分析結果からは、漢民族とチベット人の分集団が4万4,000〜5万8,000年前に分裂したことも明らかになった。だが両集団間の遺伝子流動は9,000年前までは続いていたようである。

 本研究はチベット人の人口動態と高地への適応の歴史に関するの抱括的な分析である。同じく高地で暮らしながらチベット人とは違う特徴を示す他民族の研究の基礎になるだろうとのことだ。

◆デニソワ人とは?
シベリアで暮らしていた絶滅したヒト属の人類。シベリアのアルタイ山脈にあるデニソワ洞窟で発見され、DNA解析からシベリアだけでなく、アジアの広範囲に分布していたことが判明している。

 同時期のアジア西部やヨーロッパにはネアンデルタール人が暮らしていたが、両者は20万年ほど前に共通の祖先から分岐した姉妹種であると考えられているがまだ謎は多い。

 当時、ネアンデルタール人、デニソワ人、ホモ・サピエンスは近種同士で交わっていた。現代人の遺伝子の5パーセントは、ネアンデルタール人との異種交配によって得られたものであるそうだ。

Tibetans inherited a 'survival gene' that lets them live at high altitude from an extinct species of human/ translated hiroching / edited by parumo
▼あわせて読みたい
イヌイットが氷河期を生き残った理由は、デニソワ人の遺伝子が受け継がれていたという研究結果


アジア人とアメリカ先住民の祖先が古代の中国人であることがDNA分析で判明(ドイツ研究)


人間には祖先から伝えられたものとは異なる、”外来”遺伝子が組み込まれている事が判明(英研究)


死んだ直後、2日間に渡り活発に機能する遺伝子の存在が明らかに(米研究)


私が浮気するのは遺伝子のせい。「不倫遺伝子」の存在が明らかに(オーストラリア研究)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年05月04日 09:41
  • ID:3CZsttD.0 #

アフリカから東進してきて、そこで新たな力を獲得したのでしょうね。 寒さと飢えに強い身体を手に入れて干上がったベーリング海峡を歩いて渡ったことを想像すると、胴長短足で太りやすい体質もやむを得ないかなと。 その後南下してペルー方面で高地で生活し始めた時にはるか昔に手に入れた低酸素環境にも対応できたのかと思うと興奮します。

2

2.

  • 2017年05月04日 10:42
  • ID:YML.nZax0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2017年05月04日 11:03
  • ID:V4U3CRfF0 #

※1
この人たちはチベットの高地出身の人やで。ペルーちゃう
まず、アフリカからユーラシア大陸へ先発のホモ属が渡って現地の環境に適応
7万年ほど前にトバ山が噴火し寒冷化が進行。
衣服の文化が発生? 寒冷な環境で生きられる遺伝子が生まれる?
5万8000年前以降にホモ・サピエンスがアフリカから世界各地へ進出し始める。
先発のホモ属と交雑しながら現地適応?
チベットの人の遺伝子はこれ以降に先発のデニソワ人から受け継いだ
4万年ほど前にフレグレイ平野で火山の噴火が起こり、ネアンデルタール人が大打撃を受け絶滅。デニソワ人については情報が出てこなかった
ホモ・サピエンスはアフリカやアジアに居て噴火の影響が少なかったため絶滅を免れた。
恐らくネアンデルタール人やデニソワ人は火山などの影響で集団の大きさが減り、ホモ・サピエンスに吸収されたのではないかと妄想(駆逐されたかも)

4

4.

  • 2017年05月04日 11:20
  • ID:M195.ali0 #
5

5.

  • 2017年05月04日 11:27
  • ID:YJpzaydZ0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2017年05月04日 12:39
  • ID:njmo4MvL0 #

火星に行ってもらいましょう

7

7.

  • 2017年05月04日 13:09
  • ID:1rMACcvL0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2017年05月04日 13:35
  • ID:BABbqoLd0 #

中国にマラソンランナー候補として連れ去られないか不安

9

9. 匿名処理班

  • 2017年05月04日 14:12
  • ID:3CZsttD.0 #

※3
指摘ありがとうございます。 チベットの人たちの元になった人たちの子孫がペルー方面の人、兄弟とかのようなイメージを妄想してしまって、あーいう書きようになりました。
日本人を含むモンゴロイドってヒマラヤを越えた時に、低い鼻と扁平な顔と胴長短足や糖尿病になりやすい体質(貧栄養状態に強い)を得たと読んだと思いまして、チベット系の人たちと近い性質を持ってるかなーとか。 ネイティブアメリカンやペルー・チリ方面へと妄想が暴走しました。
デニソワ人の遺伝子は、日本の弥生系とか縄文系の人たちにも入ってるのかなー

10

10. 匿名処理班

  • 2017年05月04日 14:30
  • ID:ocIv16Za0 #

チベットは独立国なのに中国に侵略、占領されててかわいそう

11

11. 匿名処理班

  • 2017年05月04日 14:33
  • ID:5COmo08v0 #

デニソワ人の子孫って見方は出来ないかな?
ネアンデルタール人に追われて此の地に生き残った。

12

12. 匿名処理班

  • 2017年05月04日 15:16
  • ID:VDBZwB1.0 #

ラスボスって大抵寒い地域にいるしね
周辺の敵もボスクラスに強いし
気候が育む強力な遺伝子

13

13. 匿名処理班

  • 2017年05月04日 16:37
  • ID:zNlKGibA0 #

絶滅した連中のサバイバル遺伝子って役に立つの?

14

14. 匿名処理班

  • 2017年05月04日 16:54
  • ID:y7figBr60 #

チベットのおにーさんの写真、かなり好みなんですけどー

こういう男前の顔立はデソアニアな男前なのかな、それとも現代人の男前なのかな

15

15. 匿名処理班

  • 2017年05月04日 17:03
  • ID:mkkifDyq0 #

絶滅した種族のサバイバル能力受け継いでも

16

16. 匿名処理班

  • 2017年05月04日 17:08
  • ID:u8uCHIex0 #

そういや日本人ってお隣の中韓飛び越えて遺伝子が近いのがチベット人だったって話なかったっけ?
と思ってググッてみたらY遺伝子D2系統とか言う奴だった

17

17. 匿名処理班

  • 2017年05月04日 17:18
  • ID:4FGv5cLK0 #

※10
「チベット人を虐殺するな」という指摘はヘイトスピーチだそうで
もう何がなんだか

18

18. 匿名処理班

  • 2017年05月04日 18:15
  • ID:y.XJxSxR0 #

もうチベットの人口も半分以上が漢民族で、混血も文化のチャイナナイズも進んでいることを考えると、今しかできない研究なんだろうね。チベット民族が消え去る前にせめて彼らの遺伝子や文化を記録に残してほしいものだ。

19

19. 匿名処理班

  • 2017年05月04日 18:32
  • ID:QLlmDNBo0 #

モンゴロイドってどこで生まれたんだろう
黒髪で直毛ということは寒冷で紫外線が強い地域だよね。やっぱりチベット?

20

20. 匿名処理班

  • 2017年05月04日 19:56
  • ID:oQMS9NDL0 #

昔はそれらの能力が必要で、それを持たなかった人たちが淘汰されてきたのはわかるんだ。ただ、それが消えずに今日まで保持されてるのが一番の驚きだよな……

21

21. 匿名処理班

  • 2017年05月04日 20:06
  • ID:AitkkPKU0 #

我々が高山病になるように、高知で生まれそこで暮らす人達は、低地に降りると酸素酔いを起こすとか。

22

22. 匿名処理班

  • 2017年05月04日 20:18
  • ID:.iBBntqV0 #

そういえば、チベット人にも成人T細胞白血病の人っているの?

23

23. 匿名処理班

  • 2017年05月04日 21:05
  • ID:bMM2UNb30 #

アラスカの先住民、イヌイットやエスキモーだって
負けないほど凄い環境と思うけどね

24

24. 匿名処理班

  • 2017年05月04日 21:48
  • ID:28xJWhpm0 #

※16
かつてはハプログループD2と呼ばれていた型は、今ではハプログループD1b(ハプログループD-M64.1)と名称が変わったよ
チベットはハプログループD1aで、日本はD1b。両者が分岐したのは4万年前といわれていて、そこまで近縁であるともいえないんだよ
今の名称でのハプログループD2はフィリピン・(&台湾)に見られる型だよ

25

25. 匿名処理班

  • 2017年05月04日 23:24
  • ID:zL7CzVnV0 #

※13
残ってるって事はサバイバルに成功してますやん

26

26. 匿名処理班

  • 2017年05月05日 00:03
  • ID:1aRwvfJT0 #

逆に低地人が持っててこの人らが持ってない因子もあるんだろうな

27

27. 匿名処理班

  • 2017年05月05日 18:33
  • ID:odBlSjBP0 #

※16
日本人といっても多様だけど、チベット人とそっくりな人たちはいるよね。

28

28. 匿名処理班

  • 2017年05月05日 19:05
  • ID:jwLTgySX0 #

漢人の男とチベット人の女性が結婚させられてどんどん民族が薄れてんだよね

29

29.

  • 2017年05月05日 21:23
  • ID:ezXFzwY80 #
30

30. 匿名処理班

  • 2017年05月06日 00:59
  • ID:KbnhsnPS0 #

出アフリカしたのは現生人類ホモサピエンスサピエンスが初めてじゃなくて、ユーラシア、はてはアメリカ大陸まで渡ったホモ(ヒト)属の先輩が複数いたみたいなんだよ。
こないだ北米大陸で、13万年前に人為的に解体されたマストドンの化石が発掘された。アフリカ大陸から北米大陸まで移動してマストドンを美味しく頂いたのは、デニソワさんネアンデルタールさん、それともまた別のホモ属先輩?とりあえず年代からしてホモサピエンスサピエンスではない。

彼らは私達ホモサピエンスサピエンスより寒さや低酸素に強かったらしい。それって当時の気候と環境だととても有利だ。
混血は厳しい気候に加えて相次ぐ大天災の中、先住の彼らとご近所付き合いし、ともに必死に生き抜こうとした名残なんだろう。
まだ私達のDNAの中で眠る他のホモ属先輩の名残、もしかしたらあるかも。

そしてここの※欄では重要そうだから表明する、私は民族自決を常に支持する。だからフリーチベット。チベット民族の決定権は、チベット民族の手ヘ。

31

31. 匿名処理班

  • 2017年05月06日 01:48
  • ID:Zt3XvNTZ0 #

今の所アフリカで見つかった人骨が最古だというだけであって、アフリカが現人類の祖先発祥の地だという確証は無い。

32

32. 匿名処理班

  • 2017年05月06日 02:22
  • ID:cw8R4BRX0 #

※16
ハプログループDは日本以外だと中韓飛び越えてチベットとかに飛ぶのはその通り。
ただ日本のD1bは日本列島で誕生した独自の型で日本にしかいない。

ちなみに最近だと中国が沖縄の独立運動を煽っているが、沖縄もハプログループでみるとD1bで日本本土と同じ型。

33

33. 匿名処理班

  • 2017年05月06日 02:33
  • ID:VLfMZSnY0 #

※28
民族浄化が現在進行形なんだよな・・・

34

34. 匿名処理班

  • 2017年05月06日 12:26
  • ID:22zL1qNZ0 #

チベット僧の弾圧が続いてるからか、最近日本にチベット僧の人が来てるのよく見るようになった。いいこっちゃで

35

35.

  • 2017年05月06日 15:12
  • ID:U.c2q.6c0 #
36

36. 匿名処理班

  • 2017年05月07日 17:57
  • ID:fp3kkdu00 #

※33
いわゆる同化政策だね。

37

37. 匿名処理班

  • 2017年05月13日 13:41
  • ID:YidbgWGG0 #

エベレストの山岳民族シェルパも同じような遺伝子を持ってるかも。
そういえばイヌイットは野菜が一切手に入らない場所で暮らしていてもビタミン不足による病気に罹らないらしいけど、彼らも身体の中でビタミンを合成出来る能力があるんだろうか。

38

38. 匿名処理班

  • 2017年05月15日 02:49
  • ID:BxRcmukw0 #

※37
いや、それは生肉を食べているときの話だよ(クマの生肉は旋毛虫症の為厳禁)
生の肉からはビタミンCが摂取できるから(加熱すると失われる)
食生活の様式が変わり肉の生食が無くなると、虫歯と同時に子ども達の間では皮膚病が問題になっている
手に入る野菜の缶詰は不味くて子どもはそれを食べない子が多いから

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク