00

 映画やテレビなどで、頭を撃ち抜かれて人が死ぬシーンがあったとしても、疑問に思うことはないだろう。頭は人体にとって決定的に重要な器官であり、1発の銃弾の衝撃は、小脳(生命維持機能を司る領域)を直接貫通しなかったとしても、命を奪うには十分なダメージを与える。

 だが、不運にも頭部に銃弾を受けながら、幸運にも生き延びるというケースが稀にある。ある推計によると、ヘッドショットを受けて死ななかったのは全体の5パーセントだという。だがそのうち完治したのは16パーセントでしかない。

 ここでは奇跡的に生還した10人の物語を見ていこう。完全に回復した人もいれば、後遺症に苦しむ人もいる。
スポンサードリンク

10. 女性の教育を訴えてタリバンに狙撃されたマララ・ユスフザイ



Malala Yousafzai, 16, and Her Miraculous Story of Surviving Being Shot by the Taliban

 2009年、マララ・ユスフザイは11歳にしてBBCのブロガーとなった。彼女は女性への教育の必要性を訴えていたが、住んでいたパキスタン、スワート渓谷が同年タリバンに制圧されたことで命を狙われるようになる。その危険は2012年に現実のものとなった。

 ユスフザイや一緒にいた少女へ向かって雨のように銃弾が撃たれ、その1発が彼女の頭蓋骨を貫通し、脊椎まで到達。これにより脳が腫れ上がり、頭蓋骨の一部の切除が必要となったが、地元の医療機関では手に負えず、イギリスへと搬送された。

 この事件の後、現代のカリスマとなった彼女は全快する。2014年、九死に一生を得た後でさえ女性への教育の必要性を訴え続けたことが評され、ノーベル平和賞を受賞した。


9. ショットガンが脳を貫通しても助かったパトリック・アイルランド


9_e2

  1999年4月20日、パトリック・アイルランドは米国史上最も有名な銃乱射事件に巻き込まれた。コロンバイン高校銃乱射事件である。

 被害にあった37名のうちの1人で、足と脳に銃弾を受け、2階の窓からSWATチームに救出されたことで、”窓の少年”という呼び方をされるようになった。銃弾はアイルランドの脳を貫通。彼の意識ははっきりしていたものの、会話が非常に困難となっていた。自分の名前すらつっかえる有様で、当初の診断では助かる見込みはないとされていた。

1_e4

 しかし彼は助かっただけでなく、足を少し引きずる以外はほぼ完治し、卒業後、金融分野に進んだ。事件について本を記したデイブ・カレンは、彼の過去の出来事から前に進む能力に強く感銘を受けたと語っている。


8. 死は免れたものの眠れなくなったポール・ケルン


3

 第一次世界大戦中、ハンガリー人ポール・ケルンは同盟国の兵士として、ロシアの前線に赴いていた。1915年、あるロシア兵士が彼の右のこめかみに発砲。弾丸は前頭葉を貫通して、反対側から外に出た。

 が、ケルンは死ななかっただけでなく、あっという間に回復。退役後、政府関連の仕事を得て、通常通りに日々を送っていた ― たった1点を除いては。

 頭を撃たれてから1955年に死ぬまでの40年間、彼は眠ることができなかったのである。病院を渡り歩き、様々な治療を受けた。その中には催眠術やアルコール(アルコールは特に眠れなくなったようだ)もあった。それでも1晩に2時間眠れれば満足しなければならなかった。

 この不眠症のハンガリー人はどのように夜を過ごしていたのだろうか。ケルンにはしばらくの間、夜にカフェに行って食事や読書をしたり、少々貧しい地区にいるホームレスの友人を訪れたりといった習慣があったようだ。非常に珍しい問題に見舞われた者と、当時悲惨だが珍しくなかった問題に見舞われた者という対比が面白い。


7. おでこに弾丸が命中するも何事もなかったように警官にお茶を入れたタミー・セクストン


4_e2

 ケガで気が動転した人は、周りの人をドキっとさせるようなことをすることがある。映画『プライベート・ライアン』では、ある兵士が砂浜でまるで靴を試着するかのようにのんきに自分の腕を拾い上げるシーンがあった。ミシシッピ州に住むタミー・セクストンも、撃たれた後でシュールなことをやっている。

 2009年、家庭内暴力で執行猶予中だった彼女の夫が自宅に現れ、妻のひたい目がけて発砲した後で自殺した。警察が到着すると、撃たれたはずの彼女はお茶を入れ、ご苦労様と言わんばかりに勧めてきたのだそうだ。どこかロボトミー手術を受けた人を想起させるが、彼女は奇跡的にも全快した。


6. 破片を残したまま数十年過ごしたジェイコブ・ミラー


5_e2

 アメリカ独立戦争時、北軍の兵士だったミラーは1863年9月19日にチカマウガの戦いで不運に見舞われる。マスケット銃で眉間を撃たれたのだから、仲間から死んだと思われるのも当然だ。だが死んでいたら、戦闘が終わってから銃を杖代わりに戦場を後にし、病院までたどり着くことなどできなかったろう。

 弾丸がひたいから摘出されたのは9か月後のことだ。それからさらに17年後、ひたいから鉛の塊がぽろりと落ちた。それだけではない。さらに14年後にも別の破片が落ちてきた。傷はずっと痛んだらしい。それでも彼は死んでもおかしくはない傷を負ってから54年間も生き続けた。


5. ショットガンで顔半分を失うも死ななかったリチャード・ノリス


6_e1

 1997年、22歳のリチャード・ノリスは誤ってショットガンで顔を撃ってしまった。事故は自宅でのことで、顔の一部は母親のすぐそばに落ちたという。奇跡的にも一命を取り留めたが、顔の半分を失ってしまう。自宅からは鏡が撤去され、外出時には黒いマスクをかぶるようになったのも当然だろう。

 それから10年後、母親が顔の再建手術を行うという医師の話を聞きつけた。手術は超最先端の技術で、これを受けた患者はノリスの前に2人しかいなかった。


Face transplant recipient Richard Norris meets donor family that gave him a new life - TomoNews

 体やドナーの皮膚を顔に移植するという、長く、いくつもの手術を受けなければならない方法で、2012年の手術は36時間にも及んだ。両親の家で人を避けるようにひっそりと過ごしてきた彼であったが、手術の甲斐あって自信を取り戻し、外へ出かけるようになった。恋人も見つけたという。


4. ひたいの弾丸を受けてもまったく怯まなかったロシアのターミネーター


7_e

 伝えられるところによると、2000年のロシア軍とチェチェン独立派が衝突した戦場で、ある無名の兵士に対して非常に原始的な手術が行われたという。彼のひたいにAK-47の銃弾が残っていたため、仲間の1人がペンチで引っこ抜くことに決めたのだ。

 その様子を映したビデオ(閲覧注意)で凄いのは兵士の態度だ。危うく死にかけた怪我や、ひたいからペンチで銃弾を引っこ抜く痛みに怯む様子がまったくない。

 散髪でもしてもらっているかのように涼しい顔なのだ。破片を摘出するために傷口をグリグリやられている間、カメラに向かってニコリと微笑みすらしている。タフなロシア人とも言えどもこれはもう、すごいとしか言いようがない。


3. タリバンによって脳を狙撃されたが、一命を取り留めたアリステア・マッキニー軍曹


8_e2

 王立アイルランド連隊のこの兵士自身がまさか助かるとは思っていなかっただろう。2005年、哨戒任務中だった彼をタリバンのスナイパーが狙撃。銃弾は右目の上に命中し、右耳の上部の頭蓋骨から飛び出した。生存確率0.1パーセントと告げられるほどの怪我だ。

 アリステア・マッキニー軍曹がそのときの感覚を憶えていないことは不幸中の幸いだったろう。パキスタンの現場に立ったかと思えば、次の瞬間イギリスのクイーンエリザベス病院にいた。

 回復は容易ではなかった。病院では結核などのいくつかの感染症にかかり、両目の左側の視力が失われた。それから3年経ってからも両親の看護を受けている。だがマッキニーは悲観などしていないと語る。命があっただけでも儲けものだったのだ。


2. 脳の異常のおかげでオーロラ銃乱射事件から生還したペトラ・アンダーソン



Petra Anderson Survives Colorado Shooting Thanks to Rare Brain Defect

 コロンバイン高校銃乱射事件と並んで米国史上に残る事件、オーロラ銃乱射事件が起きたとき、彼女は22歳だった。犯人はショットガンを3度撃ち、1発は彼女の腕に命中、1発は鼻の上から脳に達した。弾丸は脳をいとも容易く破壊するはずだった。だがアンダーソンは大脳に異常があり、これによって一命を取り留めた。

 彼女の脳にはどういうわけか液体が流れる細い経路があった。解剖学的にはまったく良性なものだ。このおかげで灰白質の破壊が抑えられ、深刻なダメージを負うことなく銃弾は脳から飛び出した。アンダーソンは助かっただけでなく、自力で現場から脱出することもできた。1週間集中治療室で治療を受けたが、その後回復。今は作曲家として活躍している。


1. 自らが発砲した銃の怪我で命拾いした幼児



Rare Recovery of a 3 Yr Old Who Shot Himself in the Head

 子供による銃のいたずらが原因で事故が起きるケースは驚くほど多い。ワシントンポスト紙によると、2015年、アメリカでは265人の子供が誤って人を撃ってしまっている。

 マイアミで起きた3歳のダーナル・マンディが自分の頭を撃ってしまうという2015年4月4日の事故もそう珍しいものではなかった。だが珍しいのは彼が助かったということだ。

 CNNによると、マンディは顔の真ん中を撃ち、銃弾は後頭部左側から貫通した。脳が腫れてきたため頭蓋骨の一部を切除するも、彼は3週間の昏睡状態に陥った。だが幸いにも回復し、3か月後には退院することができた。今は車椅子に乗りながら、右半身の機能を回復するリハビリに励んでいる。

via:10 People Who Survived Being Shot in the Head/ translated hiroching / edited by parumo
▼あわせて読みたい
統計でみる、銃社会アメリカの銃に関する驚くべき15の真実


事実はフィクションよりもすごかった。実在する9人の凄腕スナイパーたちとそのサイドストーリー


奇跡の生還:すべての乗客が生存していた9の飛行機墜落事故


サバイバーズ:あらゆる困難を乗り越え生きのびた奇跡の生存者たち25人


奇跡の生還!断崖から車が転落する瞬間をとらえた車載カメラ映像

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年01月24日 20:39
  • ID:GPOQKVb30 #

マララさんも一見完治しているようには見えるが、事件後は味覚や嗅覚がおかしくなったと言っている。

2

2. 匿名処理班

  • 2017年01月24日 20:45
  • ID:nYjf.zp20 #

頭撃たれても無事って運強スギィ!!
......撃たれてるから悪運なのかな?
人間の生命力って
すげぇって思うわ....
(頭蓋骨折から生還オジさん)

3

3. 匿名処理班

  • 2017年01月24日 21:17
  • ID:aCNdGTfs0 #

脳の手術不可能な場所に腫瘍ができて、諦めて自殺しようとしたらうまい具合に腫瘍を撃ち抜いて助かったって話を聞いたことがある
死神を迎えに行くつもりが撃ち倒しちまったってコメントがかっこよかった

4

4. 匿名処理班

  • 2017年01月24日 21:23
  • ID:DgDk.KDA0 #

オンラインゲームとかで、確実に頭をブチ抜いたと思っても死ななかったりするのはこれが原因か

5

5. 匿名処理班

  • 2017年01月24日 21:28
  • ID:dVzRLIA00 #

「自分の身は自分自身で守る」この開拓史時代の理念から一民間人でも銃を所持してるわけだが、身を守る為に銃が使われるのと犯罪に使われるのとどちらが多い?答えは後者。民間人が銃を所持する異常性を省みない限り不幸な事故や死は決して無くなりはしない。

6

6. 匿名処理班

  • 2017年01月24日 21:33
  • ID:MS8Q.rTn0 #

真っ先にシモ・ヘイヘが思い浮かんだけどあの人は頭部というよりは顔だった

7

7. 匿名処理班

  • 2017年01月24日 21:49
  • ID:f8gf5Zzj0 #

銃なんかもう本当になくなればいいのに…!

8

8. 匿名処理班

  • 2017年01月24日 21:51
  • ID:gWmvrcLf0 #

いででででで(汗)
ロシア人すげええ・・・

9

9. 匿名処理班

  • 2017年01月24日 22:11
  • ID:ihBJ.5xz0 #

戦争でもないのに 家庭で学校で撃たれることが多すぎな印象 

10

10. 匿名処理班

  • 2017年01月24日 22:15
  • ID:DqikEtt.0 #

脳は一部が無くなっても他の部分が補完すると聞いたけど、個人を決定付けているものって何だろうってこういうのを見ると思ってしまうよ

11

11. 匿名処理班

  • 2017年01月24日 22:16
  • ID:U.EcBK410 #

モハメド・アブドゥルが思い浮かんだ人、正直に手をあげなさい

12

12. 匿名処理班

  • 2017年01月24日 22:16
  • ID:io4w6Ir00 #

※2
ご無事で何より

13

13. 匿名処理班

  • 2017年01月24日 22:23
  • ID:EAuohtPa0 #

6ミリ低速マイナー弾だったら生きていた人って多いんだけど、5.56ミリ高速ライフル弾、9パラメジャー、カラシニコフ弾を頭にまともに喰らって生きている、って凄すぎる…
あ、ルーデルさんは別格ですけどね(笑)

14

14. 匿名処理班

  • 2017年01月24日 22:24
  • ID:wNJvZLoe0 #

11人目:則巻千兵衛

クリキントン(タロさ父)に44マグナムで撃ち抜かれたのに
次のコマで絆創膏貼って復活っていう

15

15. 匿名処理班

  • 2017年01月24日 22:25
  • ID:vahAdDvV0 #

顔面再建手術の話はほんと泣けるし、医療技術というもののもっとも善なる部分を見た思い。
恋人も見つけたって……ほんとめでたい。
けどおれ五体満足だけどいまだに一人身だよぉ……(TДT)。

16

16. 匿名処理班

  • 2017年01月24日 22:36
  • ID:iT1BtQef0 #

俺が打たれたときは痛みも感じず即死だったよ

17

17. 匿名処理班

  • 2017年01月24日 22:55
  • ID:6N1ThNhZ0 #

六条ひとま

18

18. 匿名処理班

  • 2017年01月24日 23:19
  • ID:Kzh4Tztd0 #

昔のマフィア、フランク・コステロも頭を撃たれたけど、
口径が小さかったので頭蓋骨一周しただけで助かったらしい。

19

19. 匿名処理班

  • 2017年01月24日 23:57
  • ID:.IsMthQw0 #

脳も臓器の一部であって「生きる」だけなら多少なくなっても平気なんやな

20

20. 匿名処理班

  • 2017年01月25日 00:18
  • ID:XQIgZ2m70 #

人間の生命力って凄い。

21

21. 匿名処理班

  • 2017年01月25日 00:43
  • ID:l1LO.ckH0 #

銃がなければ刃物で殺し合うだけ

22

22. 匿名処理班

  • 2017年01月25日 00:46
  • ID:AkM9HenH0 #

※11
YES I AM!

23

23. 匿名処理班

  • 2017年01月25日 00:52
  • ID:F0j4KoYE0 #

ジョジョ情報だけどゴッホも一発では自殺を遂げられずに二発撃ったというね。

24

24. 匿名処理班

  • 2017年01月25日 00:54
  • ID:q5rvtYS40 #

ロシアのやつ、いちおう特殊部隊だもの一般人より医療やサバイバルの知識はダンチだろうけど、、
引っこ抜いたら骨に外気が触れて〜とか大量出血が〜とか疑問はなかったんだろうか。。

25

25. 匿名処理班

  • 2017年01月25日 01:17
  • ID:3U5IAjl.0 #

※16
じゃけん成仏しましょうね〜

26

26. 匿名処理班

  • 2017年01月25日 06:52
  • ID:WtiInOhu0 #

死神が連れて帰るのを躊躇した人達なのかな?
でも、あまり死神には好かれたくないよねぇ?

27

27. 匿名処理班

  • 2017年01月25日 09:35
  • ID:XcU6QZAS0 #

脳幹のような"古い脳"が損傷を受けると即死だけど
大脳の損傷は生命維持にはさほど影響しないのかもしれないね・・・
3のマッキニー軍曹とか一人じゃ生きられない後遺症だろうけど
あれぐらい判りやすい傷だと社会福祉も受けやすいだろうね
ある意味傷痍軍人の恵まれてる部類かもしれない

28

28. 匿名処理班

  • 2017年01月25日 09:44
  • ID:5zLQ17Ie0 #

※11
SIR YES SIR!!

29

29. 匿名処理班

  • 2017年01月25日 09:53
  • ID:WtiInOhu0 #

※24
それ、高速道路の救助活動なんかで聞いた事が有る。事故で潰れた車体に体が挟まれて悲惨な状況なので、車体を切り開いて助け出すと、それまで押さえられていた傷口から一気に大量出血でショック死とか、たまに有ると言っていたな。でも、救急車には輸血の設備まではないのが普通だと思うんだが、今は医療設備も進化しているのか?(こういうのに詳しい人居ない?)弾丸自体が傷口の血止めの役目をしている例も、当然有るだろうねぇ?

30

30. 匿名処理班

  • 2017年01月25日 11:50
  • ID:TcQyzwKq0 #

サムネが頭貫通して背景の空が見えてるかと思ってビビった

31

31. 匿名処理班

  • 2017年01月25日 13:37
  • ID:MTYATKmM0 #

※24
銃創は傷口が焼けるから出血とかしないんじゃないか?

32

32. 匿名処理班

  • 2017年01月25日 16:33
  • ID:miKZ.uwJ0 #

5のリチャード・ノリス氏は最初の写真見た時分からなかったけど直後の動画で「あの人か!」ってなったわ
手術直後の腫れた顔までしか知らなかったけど物凄い回復してるなー良かった
普段の脳は9割使われてないなんていう言われ方もするけど
運と気持ち次第でどうにでもなる器官だっていうのはある意味真実かもしれない

33

33. 匿名処理班

  • 2017年01月25日 17:14
  • ID:gr3awp3P0 #

※11
チッ、チッ、チッ。YES I AM!

34

34. 匿名処理班

  • 2017年01月25日 17:57
  • ID:GSuFH56O0 #

※11
はい

35

35. 匿名処理班

  • 2017年01月25日 19:12
  • ID:yPCK7EVm0 #

※5
世界の銃の6割を民間人が所有してる現代。見渡せば、武器を持つことは当たり前であって、果たして異常な状態なのでしょうか。平常運転では?

取り上げたって変わらないですよ。
人間だもの。みつを

36

36. 匿名処理班

  • 2017年01月25日 22:14
  • ID:dKqKAJbQ0 #

×打ち ○撃たれ ?

37

37. 匿名処理班

  • 2017年01月26日 03:59
  • ID:Ydwl42YI0 #

人体も物と同じだよ。サドルや篭を壊されても自転車を走らせることは可能。
ハンドルが片方折れてもなんとか行ける。だけどタイヤやペダルやチェーンなどがやられると終わる。

38

38. 匿名処理班

  • 2017年01月26日 13:27
  • ID:Tyf7.uuU0 #

わい脳梗塞で右半身が麻痺して動かなくなった。
治療・リハビリで回復したけど
いまだに右手の握力低下や人差し指と親指が痺れなど
後遺症ぽいのがずっと残ってて生活しててあまり良い気分じゃない。

が・・・・銃で撃ち抜かれたりしてこうやって生きている人達
を見ると自分なんてまだマシだし励まされる

39

39. 匿名処理班

  • 2017年01月26日 21:26
  • ID:K3dpU4RM0 #

※4
そのジョーク、嫌いじゃないぜ?

40

40. 匿名処理班

  • 2017年01月26日 23:19
  • ID:WVweeTFA0 #

6は南北戦争だな。直しておこう

41

41. 匿名処理班

  • 2017年02月10日 17:35
  • ID:c8D9CH5G0 #

ヘルメット被った状態で1発くらって、その弾丸が
ヘルメットと頭蓋骨の間を跳ね回ったあと、最初にヘルメットに
開いた穴から弾丸が外に出て行った、何て話は聞いた事あるけど・・・

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク