top

 アメリカのサンフランシスコを拠点に活動するアーティスト兼デザイナーのレイチェル・シアバレラは、複数の素材を使い、触れながら遊べるおもちゃを制作している。

 「モリス」と名づけられたかわいらしいアンコウのぬいぐるみは、裏返すとカラフルな配色で、骨や歯、鰓などがぎっしりつまっているのだ。

 いろんな形で楽しむことができ、魚の知識を深めるきっかけにもなるモリスは、ネットを通じて大勢のファンを獲得している。
スポンサードリンク


Morris, the reversible fish


中身も楽しめるアンコウのぬいぐるみ


 裏返し系のぬいぐるみアートは以前も紹介したが、こちらはリバーシブル構造だ。モリスの内部はフェルトやフリースといた様々な素材でできた骨や歯、数種の臓器がついていて、そちらを表にすればカラフルな中身が観察できる。

top
image credit:creativeboom

 シアバレラによると、実はモリスは学生時代の課題で作ったものが始まりで、素材が持つそれぞれの肌触りを楽しむ面白い作品を目指したという。

8_e
image credit:rachelciavarella

3_e
image credit:rachelciavarella

9_e
image credit:rachelciavarella

レイチェル・シアバレラシアとモリス
5_e
image credit:rachelciavarella

7_e
image credit:rachelciavarella

モリスの形は試行錯誤の結果、実際の魚の姿を参考にした
11_e
image credit:rachelciavarella

素材や質感、色にもこだわった
10_e
image credit:rachelciavarella

 モリスは複数のサイトで紹介され、読者からリクエストのメールが殺到。大量の注文を受けたシアバレラは、昨年末にキックスターターで資金を獲得。今後は工場でモリスの限定生産を開始する予定だという。

 モリスの情報はシアバレラの公式サイトでも公開中だ

via:thisiscolossalcreativeboomrachelciavarellaほか・translated D/ edited by parumo

▼あわせて読みたい
なぜひっくり返した?テディベアのぬいぐるみを分解して裏返しにして再結合した「テディベアの裏の顔」シリーズ


アンコウスティック!味わい深いルックスをしたアンコウの新種が発見される


家に巨大なタコがいる暮らしっていいなー。ふわふわ触手のタコのぬいぐるみ


屈強なカンガルーがウサギのぬいぐるみを抱きしめている姿にくにゅ〜ん!!


「大切なぬいぐるみをなくしちゃった。なんとか見つけたい。」そんな子どもたちの願いをかなえるインターネットサイト「Teddy Bear Lost and Found」


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年01月10日 19:01
  • ID:R6f.p9uf0 #

アンキモが取り外しできるかどうか
日本人にとってはそれが重要だ

2

2. 匿名処理班

  • 2017年01月10日 19:05
  • ID:JqXZPISy0 #

ぬいぐるみでさえ頭のどこかで「あ、美味そう」と思ってしまう日本人のDNA

3

3. 匿名処理班

  • 2017年01月10日 19:07
  • ID:K9lhjiw20 #

急にアンコウ鍋食べたくなった

4

4. 匿名処理班

  • 2017年01月10日 19:12
  • ID:Eo.RgzYN0 #

本物のアンキモは付属しますか?

5

5. 匿名処理班

  • 2017年01月10日 19:17
  • ID:kkbtyNHY0 #

アンコウ内臓付きと聞いて捌く為かと一瞬思ったけどやっぱり違うよなw
吊るし切りが練習出来るアンコウとかあったら需要…いや、どうだろ

6

6. 匿名処理班

  • 2017年01月10日 19:25
  • ID:2Kz0sn2r0 #

雄はついてきますか?

7

7. 匿名処理班

  • 2017年01月10日 19:29
  • ID:Hec1kBg60 #

日本なら七つ道具の場所を覚えるおもちゃで
調理師学校用の教材ですw

8

8. 匿名処理班

  • 2017年01月10日 19:29
  • ID:OuPgy5hg0 #

モズマかwww

9

9. 匿名処理班

  • 2017年01月10日 19:50
  • ID:yLFMT7ug0 #

吊るし切りは難しいから構造から知っておくことはその一助になるかも。

10

10. 匿名処理班

  • 2017年01月10日 19:57
  • ID:91imKUJH0 #

アンコウは皮も食べられるけど
皮は湯どうししないと生臭いんだよね…
皮も身も肝も美味しいけど調理にコツがあるね

11

11. 匿名処理班

  • 2017年01月10日 20:13
  • ID:I.VoV1gM0 #

裏返す為には構造的に魚が適してるのね

12

12. 匿名処理班

  • 2017年01月10日 20:27
  • ID:agLMIEqS0 #

コメントの大半が食べることに関係してて酷い

13

13. 匿名処理班

  • 2017年01月10日 22:11
  • ID:LdUT3xc50 #

コメント欄がみんな食べる前提で笑った
あんこう鍋の季節ですね

14

14. 匿名処理班

  • 2017年01月10日 22:17
  • ID:CKrZV98W0 #

この手の縫いぐるみに猫入っていなかったっけ?

15

15. 匿名処理班

  • 2017年01月11日 00:05
  • ID:.84y.fvx0 #

カツオ解体君とかこういうの好きだわ

16

16. 匿名処理班

  • 2017年01月11日 00:06
  • ID:a86hqMft0 #

河豚を食べるのは日本人だけだが、きっと鮟鱇だって西洋人の手にはおえんわなw

17

17. 匿名処理班

  • 2017年01月11日 01:59
  • ID:ayw4NQ6V0 #

乙幡さんみたいだ。

18

18. 匿名処理班

  • 2017年01月11日 08:14
  • ID:MYJFCMoL0 #

諸星大二郎の漫画に人間がこう裏返る話あったなー・・・

19

19. 匿名処理班

  • 2017年01月11日 10:23
  • ID:y6HoN3Au0 #

※18
けいのうですな。
レイチェルさんが玄牝ってことになりますなぁ。

20

20. 匿名処理班

  • 2017年01月11日 11:54
  • ID:.1qlUftc0 #

※16
ヨーロッパで主に食べられるアンコウはアングラー、北アメリカで食べられるアンコウは、アメリカンアングラーと呼ばれるらしい(wikipediaより)

河豚という漢字は中国語。淡水のメフグは中国や韓国で食べられているよ
あと、フグは筋肉まで毒がある種類は全く食用に適さなく、欧米近辺でのフグはほとんどがそれなので食用だと認識しないのだと思う(日本近海で取れるのはは50種類のうち22種類が食用になっているみたい)

21

21. 匿名処理班

  • 2017年01月11日 13:25
  • ID:L4myhzeM0 #

ぬいぐるみの中に本物の内蔵が入っているのかと勘違い><

22

22. 匿名処理班

  • 2017年01月11日 17:14
  • ID:bAEcxsKI0 #

可愛くは無い

23

23. 匿名処理班

  • 2017年01月11日 17:25
  • ID:NwtOl.JD0 #

思ったより大きいな。
着眼点が面白いけど、ちょっとグロいかなぁ。
いろんな動物のスケッチ画が一番好きかもです。

24

24. 匿名処理班

  • 2017年01月11日 18:56
  • ID:RMIdVcj10 #

※16
アンコウはフランスでも大西洋沿岸部じゃ食べる。
スープにしたりソテーにしたりするけどソテーが美味しい。
残念ながらキモは食べるかはわからないw

25

25. 匿名処理班

  • 2017年01月12日 14:56
  • ID:rPtAVMGO0 #

彼女を理解するには、俺のカワイイの概念を改める必要がありそうだ

26

26. 匿名処理班

  • 2017年01月12日 15:17
  • ID:5YxoHtaQ0 #

内臓というには少ないような・・・
側に置いてあるピンクの代物は何?

27

27. 匿名処理班

  • 2017年01月12日 17:00
  • ID:VttNy.PN0 #

深海魚って圧力差で内臓吐き出すもんな

28

28. 匿名処理班

  • 2017年01月12日 22:16
  • ID:aFH9Gvxj0 #

※24
そういえば西洋料理で鮟鱇ソテーとかありましたな・・・牛刀でどうやって丸太の鮟鱇捌くのか想像できないな。

29

29. 匿名処理班

  • 2017年01月12日 22:21
  • ID:LK3P8.xF0 #

キュートでキッチュで、ちょっとグロくてタメになる
実にカラパイア的でステキ

30

30. 匿名処理班

  • 2017年01月13日 11:50
  • ID:KEAU4Fxl0 #

※24
アンコウの肝はフランスではFoie de Lotte、スペインではhígado de rapeという呼称らしい。フランスでは肝は瓶詰めでも売られてるみたい。スペインでは料理の食材として使用
イギリスではアンコウの肝は入手しにくい様で、ここでの呼び名はMonkfish liver

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク